白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

夏の商戦期と言えば、ボーナスが支給される6月~7月。この時期は家電量販店のCMをよく耳にすることもあり、自然と家電の購入意欲も高まってくるのではないでしょうか。さらに猛暑に備えて、性能のいいエアコンをボーナスで購入する人も多いと言われています。今回は白物家電の中でも「エアコン」と「洗濯機」に注目して、購買検討行動の中でどのようなニーズが発生し、ネットがどんな使われ方をしているのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


夏の「エアコン」検索数は冬の2.8倍に

まずは、「エアコン」と「洗濯機」の直近2年間の検索ユーザー数推移を見てみましょう。

「洗濯機」は年間を通して大きな波はなく、季節に左右されていないことがわかります。これに対し「エアコン」は5月頃から検索数が徐々に伸び始め8月にピークを迎えることがわかりました。「エアコン」は、夏には冷房を、冬には暖房を利用するイメージがありますが、2020年8月と2021年1月を比較すると検索数に2.8倍もの差があり、「エアコン」関連のワードは圧倒的に夏に需要があるようです。

これは、エアコン以外で涼をとる手段として候補に挙がるのが扇風機くらいなのに対し、暖をとる手段は、ストーブ、オイルヒーター、ホットカーペットなどエアコンに代わる選択肢が多いのも冬にエアコンの検索数が伸びていない理由なのかもしれません。

検索ユーザー数推移

検索ユーザー数推移

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「エアコン」は男性割合が、「洗濯機」は女性割合が高い

続いて、それぞれの検索者の属性を見てみましょう。

性別では、大きな差はないものの「エアコン」は男性割合が高く、「洗濯機」は女性割合が高くなっていました。

検索ユーザーの属性:性別

検索ユーザーの属性:性別

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

年代別では、「エアコン」は40代、「洗濯機」は30代~40代の割合が高くなっています。

検索ユーザーの属性:年代別

検索ユーザーの属性:年代別

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「エアコン」は価格、「洗濯機」はメーカーを重視?

「エアコン」の検索ワード

次は、直近1年間の「エアコン」の検索ワードを見てみましょう。

『ダイキン』や『パナソニック』などのメーカー名と共に検索されているものの、上位には『価格』や『掃除』がランクインしていました。中でも『価格』は2番目にランクインしており、価格に対しての興味関心度が高いことがうかがえました。

「エアコン」検索ワード/TOP10

「エアコン」検索ワード/TOP10

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、この『エアコン 価格』と検索したユーザーはどんなサイトに流入しているのでしょうか。

トップは販売価格やクチコミ情報などが比較検討できる『価格.com』となっていました。
2位の『楽天市場』と比較しても約10倍もの大差をつけていることから、価格はもちろん、スペックや口コミなど一度に多くの情報を収集でき総合的に判断できる『価格.com』が強さをみせつけた結果となりました。

「エアコン 価格」検索ワードの流入サイト/TOP5

「エアコン 価格」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

さらに、検索数が多かった『エアコン 掃除』の流入サイトも見てみたところ、上位は『お掃除本舗』や『くらしのマーケット』、『あなたのマイスター』となっていました。

ユーザーは自動洗浄機能が付いている「お掃除機能付きエアコン」を探しているのではなく、プロのエアコンクリーニング業者を探しているようです。

「エアコン 掃除」検索ワードの流入サイト/TOP5

「エアコン 掃除」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『エアコン 電気代』と検索したユーザーの流入ページも見てみまた。

つけっぱなしの場合の電気代や、夏の電気代、電気料金プランなどが気になっているようでした。
温暖化による気温上昇や、新型コロナの影響でテレワークなど在宅時間が増加していることもあり、『電気代』も悩みの1つとなっているようです。

「エアコン 電気代」検索ワードの流入ページ/TOP5

「エアコン 電気代」検索ワードの流入ページ/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ちなみに、『エアコン 電気代』と検索しているユーザーの年代別を見てみると、40代の次に20代が多いことがわかりました。

エアコン全体の20代と比較すると『エアコン 電気代』は5ポイントほど高くなっており、電気代を特に気にしていることがうかがえました。

「エアコン 電気代」検索ワードの属性/年代別

「エアコン 電気代」検索ワードの属性/年代別

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「洗濯機」の検索ワード

次は、「洗濯機」はどんなワードが検索されているのか見てみましょう。

『パナソニック』や『日立』、『シャープ』などのメーカー名の指名検索が上位にランクインしており、「エアコン」と比較するとメーカー名で検索をしているユーザーが多いことがわかりました。「洗濯機」の検索ユーザーは価格よりも、メーカーを重視している可能性があります。

また、最近話題のジェネリック家電の代表でもある『アイリスオーヤマ』の洗濯機も関心が高いようです。

「洗濯機」検索ワード/TOP10

「洗濯機」検索ワード/TOP10

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、『洗濯機 おすすめ』と検索したユーザーの流入ページも見てみましょう。

洗濯機も各メーカーで特徴があり、多彩なラインナップとなっています。縦型とドラム式の違いや、使いやすさ、人気商品などの記事を参考にしていることから、価格やスペック以外の情報を少しでも多く収集したい気持ちが読み取れました。

「洗濯機 おすすめ」検索ワードの流入ページ/TOP5

「洗濯機 おすすめ」検索ワードの流入ページ/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『パナソニック 洗濯機』と検索したユーザーの流入サイトも見てみました。

トップはパナソニックの公式サイトとなっていましたが、次いで『価格.com』がランクインしていました。メーカー名で検索しているユーザーも『価格.com』を参考にしていることから、総合比較サイトは商品を検討する際に頻度高く利用されていることがわかりました。

「パナソニック 洗濯機」検索ワードの流入サイト/TOP5

「パナソニック 洗濯機」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「リエア」など、プライベートブランド家電も人気

最後に、直近3ヵ月と昨年同時期の「エアコン」検索ユーザーの季節ワードを比較してみました。今年と昨年でどんな違いがあるのでしょうか。

今年はヤマダホールディングス オリジナル商品である「RIAIR」や「リエア」などのワードが目立っていました。近年、家電量販店が注力している”プライベートブランド家電”ですが、昨年は「AMADANA」や「アマダナ」が目立っていました。こちらは家電量販店ビックカメラのamadana監修ブランド「TAG Label」となっています。

「エアコン」は『価格』との掛け合わせワードが多いことから、比較的安価なプライベートブランド家電も気になっているのかもしれません。

また、昨年は『コロナ対策』や『抗菌』、『換気機能付』など新型コロナに関するワードが目立ちましたが、今年はランクインしていないことも特徴的でした。

「エアコン」季節比較

「エアコン」季節比較

期間:2021年4月~2021年6月、2010年4月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ヤマダオリジナルエアコン RIAIR<リエア>yselect | ヤマダウェブコム

TAGlabel by amadana

まとめ

今回は「エアコン」と「洗濯機」について調査・分析しました。

「エアコン」は夏に需要が高まるのに対し、「洗濯機」は年間を通して安定していることがわかりました。

「エアコン」はメーカーよりも価格が気になっているようで、特に『価格.com』で情報収集しているようです。
「洗濯機」はメーカー名での検索が多く、各メーカーの公式サイトから情報を得ている他に、商品紹介の記事や『価格.com』からも情報を得ているようです。

このように、商品はもちろんカテゴリでもニーズが異なることから、トレンドの変化をキャッチし情報提供することが重要と言えそうです。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2019年7月~2021年6月におけるユーザーの行動を分析しました。

「Dockpit」は、検索キーワード分析や消費者のトレンド調査にも役立ちます。 無料版もありますので、下記よりご登録ください。



dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


急上昇ワードに「GC2」「MIDJOURNEY」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/31~2022/8/6)

急上昇ワードに「GC2」「MIDJOURNEY」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/31~2022/8/6)

2022年7月31日~8月6日の検索急上昇ワードでは、「GC2」「東谷義和」など、政治家のガーシー氏が立ち上げた独自SNSに関する検索や、話題のAI画像生成サービス「Midjourney」などが上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

Yakult 1000…Why is it making a buzz on the internet? Why many are posting about it on social media

We will analyze food trends targeting marketers who are sensitive to trends in the food industry. The focus is ‘Yakult 1000.’ We hear about ‘Yakult 1000’ everywhere these days, but why has it become so popular? Let’s find out the reason behind Yakult’s popularity by analyzing the search data.


急上昇ワードに「フジロック」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/24~2022/7/30)

急上昇ワードに「フジロック」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/7/24~2022/7/30)

2022年7月24日~7月30日の検索急上昇ワードでは、29日〜31日に開催された「フジロック」に関する検索が複数上位入り。その他、「ふらっと集まれる作業通話アプリ」である「もくり」の検索も急上昇。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年上半期「バズりワード」を発表!北京五輪、大人様ランチ、povo2.0などの検索数が急上昇

2022年も既に半分が経過しました。上半期も色々な出来事がありましたが、どのようなコトやモノ、人などが話題になったのでしょうか。検索数が急上昇したワードを振り返り、2022年上半期のトレンドを分析しました。


【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

【事例集】3C分析を具体的に解説!テンプレートよりも簡単なやり方

3C分析とは、市場・顧客、自社、競合の3つの視点から対象を分析し、マーケティング戦略を考える手法の一つです。しかし、「具体的に分析をイメージできない」、「テンプレートで上手く進められない」方もいるかもしれません。 本記事では、3C分析の目的やメリット、具体的な事例集、テンプレートより簡単なやり方を解説します。とくにWebサイトの分析にお困りの方は、最後までお読みください。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら