白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

夏の商戦期と言えば、ボーナスが支給される6月~7月。この時期は家電量販店のCMをよく耳にすることもあり、自然と家電の購入意欲も高まってくるのではないでしょうか。さらに猛暑に備えて、性能のいいエアコンをボーナスで購入する人も多いと言われています。今回は白物家電の中でも「エアコン」と「洗濯機」に注目して、購買検討行動の中でどのようなニーズが発生し、ネットがどんな使われ方をしているのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


夏の「エアコン」検索数は冬の2.8倍に

まずは、「エアコン」と「洗濯機」の直近2年間の検索ユーザー数推移を見てみましょう。

「洗濯機」は年間を通して大きな波はなく、季節に左右されていないことがわかります。これに対し「エアコン」は5月頃から検索数が徐々に伸び始め8月にピークを迎えることがわかりました。「エアコン」は、夏には冷房を、冬には暖房を利用するイメージがありますが、2020年8月と2021年1月を比較すると検索数に2.8倍もの差があり、「エアコン」関連のワードは圧倒的に夏に需要があるようです。

これは、エアコン以外で涼をとる手段として候補に挙がるのが扇風機くらいなのに対し、暖をとる手段は、ストーブ、オイルヒーター、ホットカーペットなどエアコンに代わる選択肢が多いのも冬にエアコンの検索数が伸びていない理由なのかもしれません。

検索ユーザー数推移

検索ユーザー数推移

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「エアコン」は男性割合が、「洗濯機」は女性割合が高い

続いて、それぞれの検索者の属性を見てみましょう。

性別では、大きな差はないものの「エアコン」は男性割合が高く、「洗濯機」は女性割合が高くなっていました。

検索ユーザーの属性:性別

検索ユーザーの属性:性別

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

年代別では、「エアコン」は40代、「洗濯機」は30代~40代の割合が高くなっています。

検索ユーザーの属性:年代別

検索ユーザーの属性:年代別

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「エアコン」は価格、「洗濯機」はメーカーを重視?

「エアコン」の検索ワード

次は、直近1年間の「エアコン」の検索ワードを見てみましょう。

『ダイキン』や『パナソニック』などのメーカー名と共に検索されているものの、上位には『価格』や『掃除』がランクインしていました。中でも『価格』は2番目にランクインしており、価格に対しての興味関心度が高いことがうかがえました。

「エアコン」検索ワード/TOP10

「エアコン」検索ワード/TOP10

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、この『エアコン 価格』と検索したユーザーはどんなサイトに流入しているのでしょうか。

トップは販売価格やクチコミ情報などが比較検討できる『価格.com』となっていました。
2位の『楽天市場』と比較しても約10倍もの大差をつけていることから、価格はもちろん、スペックや口コミなど一度に多くの情報を収集でき総合的に判断できる『価格.com』が強さをみせつけた結果となりました。

「エアコン 価格」検索ワードの流入サイト/TOP5

「エアコン 価格」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

さらに、検索数が多かった『エアコン 掃除』の流入サイトも見てみたところ、上位は『お掃除本舗』や『くらしのマーケット』、『あなたのマイスター』となっていました。

ユーザーは自動洗浄機能が付いている「お掃除機能付きエアコン」を探しているのではなく、プロのエアコンクリーニング業者を探しているようです。

「エアコン 掃除」検索ワードの流入サイト/TOP5

「エアコン 掃除」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『エアコン 電気代』と検索したユーザーの流入ページも見てみまた。

つけっぱなしの場合の電気代や、夏の電気代、電気料金プランなどが気になっているようでした。
温暖化による気温上昇や、新型コロナの影響でテレワークなど在宅時間が増加していることもあり、『電気代』も悩みの1つとなっているようです。

「エアコン 電気代」検索ワードの流入ページ/TOP5

「エアコン 電気代」検索ワードの流入ページ/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ちなみに、『エアコン 電気代』と検索しているユーザーの年代別を見てみると、40代の次に20代が多いことがわかりました。

エアコン全体の20代と比較すると『エアコン 電気代』は5ポイントほど高くなっており、電気代を特に気にしていることがうかがえました。

「エアコン 電気代」検索ワードの属性/年代別

「エアコン 電気代」検索ワードの属性/年代別

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「洗濯機」の検索ワード

次は、「洗濯機」はどんなワードが検索されているのか見てみましょう。

『パナソニック』や『日立』、『シャープ』などのメーカー名の指名検索が上位にランクインしており、「エアコン」と比較するとメーカー名で検索をしているユーザーが多いことがわかりました。「洗濯機」の検索ユーザーは価格よりも、メーカーを重視している可能性があります。

また、最近話題のジェネリック家電の代表でもある『アイリスオーヤマ』の洗濯機も関心が高いようです。

「洗濯機」検索ワード/TOP10

「洗濯機」検索ワード/TOP10

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、『洗濯機 おすすめ』と検索したユーザーの流入ページも見てみましょう。

洗濯機も各メーカーで特徴があり、多彩なラインナップとなっています。縦型とドラム式の違いや、使いやすさ、人気商品などの記事を参考にしていることから、価格やスペック以外の情報を少しでも多く収集したい気持ちが読み取れました。

「洗濯機 おすすめ」検索ワードの流入ページ/TOP5

「洗濯機 おすすめ」検索ワードの流入ページ/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『パナソニック 洗濯機』と検索したユーザーの流入サイトも見てみました。

トップはパナソニックの公式サイトとなっていましたが、次いで『価格.com』がランクインしていました。メーカー名で検索しているユーザーも『価格.com』を参考にしていることから、総合比較サイトは商品を検討する際に頻度高く利用されていることがわかりました。

「パナソニック 洗濯機」検索ワードの流入サイト/TOP5

「パナソニック 洗濯機」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「リエア」など、プライベートブランド家電も人気

最後に、直近3ヵ月と昨年同時期の「エアコン」検索ユーザーの季節ワードを比較してみました。今年と昨年でどんな違いがあるのでしょうか。

今年はヤマダホールディングス オリジナル商品である「RIAIR」や「リエア」などのワードが目立っていました。近年、家電量販店が注力している”プライベートブランド家電”ですが、昨年は「AMADANA」や「アマダナ」が目立っていました。こちらは家電量販店ビックカメラのamadana監修ブランド「TAG Label」となっています。

「エアコン」は『価格』との掛け合わせワードが多いことから、比較的安価なプライベートブランド家電も気になっているのかもしれません。

また、昨年は『コロナ対策』や『抗菌』、『換気機能付』など新型コロナに関するワードが目立ちましたが、今年はランクインしていないことも特徴的でした。

「エアコン」季節比較

「エアコン」季節比較

期間:2021年4月~2021年6月、2010年4月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ヤマダオリジナルエアコン RIAIR<リエア>yselect | ヤマダウェブコム

TAGlabel by amadana

まとめ

今回は「エアコン」と「洗濯機」について調査・分析しました。

「エアコン」は夏に需要が高まるのに対し、「洗濯機」は年間を通して安定していることがわかりました。

「エアコン」はメーカーよりも価格が気になっているようで、特に『価格.com』で情報収集しているようです。
「洗濯機」はメーカー名での検索が多く、各メーカーの公式サイトから情報を得ている他に、商品紹介の記事や『価格.com』からも情報を得ているようです。

このように、商品はもちろんカテゴリでもニーズが異なることから、トレンドの変化をキャッチし情報提供することが重要と言えそうです。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2019年7月~2021年6月におけるユーザーの行動を分析しました。

「Dockpit」は、検索キーワード分析や消費者のトレンド調査にも役立ちます。 無料版もありますので、下記よりご登録ください。



dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

本レポートでは、ダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit』の活用方法について、コロナ禍で関心の高まるキャンプを例にご紹介しています。Dockpitを用いて抽出したデータから何を読み取り、どのようにメディア戦略に活かせるのか、ぜひ参考にご覧ください。(ページ数|17p)


Research on the website users and customer attraction structure of the Top 30 home appliance manufacturers in Japan

Research on the website users and customer attraction structure of the Top 30 home appliance manufacturers in Japan

Dockpit, Values' research tool for marketers, provides industry analysis that allows you to understand the number of website users, user attributes and customer attraction structure for each industry. In this research, we focus on home appliance manufacturers in Japan. We hope this helps your marketing research.


岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデータ分析で得た知見をもとに新規事業開発を計画しています。データの収集からデジタルプロモーションまで一貫して行うDX Labの取り組みについて、ゼネラルマネージャーの石川氏、アソシエイトの小島氏に取材しました。


急上昇ワードに“月見バーガー”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/9/5~2021/9/11)

急上昇ワードに“月見バーガー”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/9/5~2021/9/11)

2021年9月5日~9月11日の検索急上昇ワードでは、9月8日から期間限定で発売されたマクドナルドで毎年恒例の「月見バーガー」の検索が急増。今年で30周年を迎えたとのことで、発売開始日はTwitterで「#月見バーガー」がトレンド入りするほどの盛り上がりを見せました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

本レポートでは、ダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit』の活用方法について、コロナ禍で関心の高まるキャンプを例にご紹介しています。Dockpitを用いて抽出したデータから何を読み取り、どのようにメディア戦略に活かせるのか、ぜひ参考にご覧ください。(ページ数|17p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー