白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

白物家電購入時のネットの役割とは?「エアコン」「洗濯機」の購買検討行動を調査

夏の商戦期と言えば、ボーナスが支給される6月~7月。この時期は家電量販店のCMをよく耳にすることもあり、自然と家電の購入意欲も高まってくるのではないでしょうか。さらに猛暑に備えて、性能のいいエアコンをボーナスで購入する人も多いと言われています。今回は白物家電の中でも「エアコン」と「洗濯機」に注目して、購買検討行動の中でどのようなニーズが発生し、ネットがどんな使われ方をしているのか、Web行動ログ分析ツールの「Dockpit」を用いて検索データから調査しました。


夏の「エアコン」検索数は冬の2.8倍に

まずは、「エアコン」と「洗濯機」の直近2年間の検索ユーザー数推移を見てみましょう。

「洗濯機」は年間を通して大きな波はなく、季節に左右されていないことがわかります。これに対し「エアコン」は5月頃から検索数が徐々に伸び始め8月にピークを迎えることがわかりました。「エアコン」は、夏には冷房を、冬には暖房を利用するイメージがありますが、2020年8月と2021年1月を比較すると検索数に2.8倍もの差があり、「エアコン」関連のワードは圧倒的に夏に需要があるようです。

これは、エアコン以外で涼をとる手段として候補に挙がるのが扇風機くらいなのに対し、暖をとる手段は、ストーブ、オイルヒーター、ホットカーペットなどエアコンに代わる選択肢が多いのも冬にエアコンの検索数が伸びていない理由なのかもしれません。

検索ユーザー数推移

検索ユーザー数推移

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「エアコン」は男性割合が、「洗濯機」は女性割合が高い

続いて、それぞれの検索者の属性を見てみましょう。

性別では、大きな差はないものの「エアコン」は男性割合が高く、「洗濯機」は女性割合が高くなっていました。

検索ユーザーの属性:性別

検索ユーザーの属性:性別

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

年代別では、「エアコン」は40代、「洗濯機」は30代~40代の割合が高くなっています。

検索ユーザーの属性:年代別

検索ユーザーの属性:年代別

期間:2019年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「エアコン」は価格、「洗濯機」はメーカーを重視?

「エアコン」の検索ワード

次は、直近1年間の「エアコン」の検索ワードを見てみましょう。

『ダイキン』や『パナソニック』などのメーカー名と共に検索されているものの、上位には『価格』や『掃除』がランクインしていました。中でも『価格』は2番目にランクインしており、価格に対しての興味関心度が高いことがうかがえました。

「エアコン」検索ワード/TOP10

「エアコン」検索ワード/TOP10

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、この『エアコン 価格』と検索したユーザーはどんなサイトに流入しているのでしょうか。

トップは販売価格やクチコミ情報などが比較検討できる『価格.com』となっていました。
2位の『楽天市場』と比較しても約10倍もの大差をつけていることから、価格はもちろん、スペックや口コミなど一度に多くの情報を収集でき総合的に判断できる『価格.com』が強さをみせつけた結果となりました。

「エアコン 価格」検索ワードの流入サイト/TOP5

「エアコン 価格」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

さらに、検索数が多かった『エアコン 掃除』の流入サイトも見てみたところ、上位は『お掃除本舗』や『くらしのマーケット』、『あなたのマイスター』となっていました。

ユーザーは自動洗浄機能が付いている「お掃除機能付きエアコン」を探しているのではなく、プロのエアコンクリーニング業者を探しているようです。

「エアコン 掃除」検索ワードの流入サイト/TOP5

「エアコン 掃除」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『エアコン 電気代』と検索したユーザーの流入ページも見てみまた。

つけっぱなしの場合の電気代や、夏の電気代、電気料金プランなどが気になっているようでした。
温暖化による気温上昇や、新型コロナの影響でテレワークなど在宅時間が増加していることもあり、『電気代』も悩みの1つとなっているようです。

「エアコン 電気代」検索ワードの流入ページ/TOP5

「エアコン 電気代」検索ワードの流入ページ/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ちなみに、『エアコン 電気代』と検索しているユーザーの年代別を見てみると、40代の次に20代が多いことがわかりました。

エアコン全体の20代と比較すると『エアコン 電気代』は5ポイントほど高くなっており、電気代を特に気にしていることがうかがえました。

「エアコン 電気代」検索ワードの属性/年代別

「エアコン 電気代」検索ワードの属性/年代別

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「洗濯機」の検索ワード

次は、「洗濯機」はどんなワードが検索されているのか見てみましょう。

『パナソニック』や『日立』、『シャープ』などのメーカー名の指名検索が上位にランクインしており、「エアコン」と比較するとメーカー名で検索をしているユーザーが多いことがわかりました。「洗濯機」の検索ユーザーは価格よりも、メーカーを重視している可能性があります。

また、最近話題のジェネリック家電の代表でもある『アイリスオーヤマ』の洗濯機も関心が高いようです。

「洗濯機」検索ワード/TOP10

「洗濯機」検索ワード/TOP10

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

では、『洗濯機 おすすめ』と検索したユーザーの流入ページも見てみましょう。

洗濯機も各メーカーで特徴があり、多彩なラインナップとなっています。縦型とドラム式の違いや、使いやすさ、人気商品などの記事を参考にしていることから、価格やスペック以外の情報を少しでも多く収集したい気持ちが読み取れました。

「洗濯機 おすすめ」検索ワードの流入ページ/TOP5

「洗濯機 おすすめ」検索ワードの流入ページ/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

『パナソニック 洗濯機』と検索したユーザーの流入サイトも見てみました。

トップはパナソニックの公式サイトとなっていましたが、次いで『価格.com』がランクインしていました。メーカー名で検索しているユーザーも『価格.com』を参考にしていることから、総合比較サイトは商品を検討する際に頻度高く利用されていることがわかりました。

「パナソニック 洗濯機」検索ワードの流入サイト/TOP5

「パナソニック 洗濯機」検索ワードの流入サイト/TOP5

期間:2020年7月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

「リエア」など、プライベートブランド家電も人気

最後に、直近3ヵ月と昨年同時期の「エアコン」検索ユーザーの季節ワードを比較してみました。今年と昨年でどんな違いがあるのでしょうか。

今年はヤマダホールディングス オリジナル商品である「RIAIR」や「リエア」などのワードが目立っていました。近年、家電量販店が注力している”プライベートブランド家電”ですが、昨年は「AMADANA」や「アマダナ」が目立っていました。こちらは家電量販店ビックカメラのamadana監修ブランド「TAG Label」となっています。

「エアコン」は『価格』との掛け合わせワードが多いことから、比較的安価なプライベートブランド家電も気になっているのかもしれません。

また、昨年は『コロナ対策』や『抗菌』、『換気機能付』など新型コロナに関するワードが目立ちましたが、今年はランクインしていないことも特徴的でした。

「エアコン」季節比較

「エアコン」季節比較

期間:2021年4月~2021年6月、2010年4月~2021年6月
デバイス:PCおよびスマートフォン

ヤマダオリジナルエアコン RIAIR<リエア>yselect | ヤマダウェブコム

TAGlabel by amadana

まとめ

今回は「エアコン」と「洗濯機」について調査・分析しました。

「エアコン」は夏に需要が高まるのに対し、「洗濯機」は年間を通して安定していることがわかりました。

「エアコン」はメーカーよりも価格が気になっているようで、特に『価格.com』で情報収集しているようです。
「洗濯機」はメーカー名での検索が多く、各メーカーの公式サイトから情報を得ている他に、商品紹介の記事や『価格.com』からも情報を得ているようです。

このように、商品はもちろんカテゴリでもニーズが異なることから、トレンドの変化をキャッチし情報提供することが重要と言えそうです。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2019年7月~2021年6月におけるユーザーの行動を分析しました。

「Dockpit」は、検索キーワード分析や消費者のトレンド調査にも役立ちます。 無料版もありますので、下記よりご登録ください。



dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年11月20日~11月26日は、「FIFAワールドカップ」で持ちきりだった様子。テレビで視聴できる日本戦だけでなく、W杯の全試合を無料生中継しており、「本田圭佑」さんの解説が話題になっている「ABEMA」も多く検索されていました。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


トレンドワードに「国宝展」「ブラックフライデー」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/13~2022/11/19)

トレンドワードに「国宝展」「ブラックフライデー」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/13~2022/11/19)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年11月13日~11月19日は、「東京国立博物館」で11月2日から開催中の「国宝展」や、11月25日~12月1日開催のAmazon「ブラックフライデー」などの検索が急上昇。今回は中でも、チケット難が叫ばれるほどの大盛況を見せる東京国立博物館の施策について紹介します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら