ママたちの関心はコロナ禍でどう変化した? SNSトレンド・Webログ分析で子育て市場を解明|ヴァリューズ×cozre共催ウェビナーレポート

ママたちの関心はコロナ禍でどう変化した? SNSトレンド・Webログ分析で子育て市場を解明|ヴァリューズ×cozre共催ウェビナーレポート

コロナ禍でママたちの関心や行動はどのように変化したでしょうか。9月15日に開催されたセミナーでは、子育て情報メディア「cozreマガジン」を運営する株式会社コズレによる、コロナ禍における妊婦さん・乳幼児を育てるママさんの意識や関心の変化を、SNSトレンドを踏まえたアンケート結果を用いてご紹介。株式会社ヴァリューズからは、コロナ前後におけるママたちの検索ワード変化や、育児コンテンツのニーズなど、ママたちのWeb行動ログデータ分析を解説しました。 ※株式会社ヴァリューズの詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


ママたちの関心はコロナ禍でどう変化した? SNSトレンド・Webログ分析で子育て市場を解明

スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

気になる3つのSNSトレンド|株式会社コズレ 子育てマーケティング研究所

株式会社コズレ 山内彩子氏(以下、山内氏):「私はよくSNSの#(ハッシュタグ)検索をして情報を収集するのですが、本日はそうして収集した情報のうち、気になったトレンドワードを、「妊娠」、「出産」、「育児」の3時期に分け、それぞれご紹介します。」

図:本日のテーマ(cozre)

図:本日のテーマ(cozre)

#妊婦ごはん

妊娠中の食生活における悩みから考える考慮すべき事項

山内氏:「女性は「妊活」や「妊娠」をきっかけに、急に食生活を見直さなければならない、と言われることが多くあります。
実際に行ったアンケート調査でも、「妊活中」を含め「妊娠期」に食生活を気にすると答えた人は実に95%を占めることがわかりました。

図:妊娠中の食事について意識し始めた時期

図:妊娠中の食事について意識し始めた時期

具体的な悩みの声としては、「栄養バランスのとれた食事が摂れないこと」や、「料理を作るのが面倒であること」、また「総菜やレトルト食品に頼ってしまうこと」などがあがっていました。」

図:妊娠中の食生活について悩んでいること

図:妊娠中の食生活について悩んでいること

山内氏:「どのようなサービスを希望しているか、さらにアンケート調査を行いました。下図が、妊娠中に食生活を送るにあたって、あったらいいなと思う商品などの声の一部です。」

図:あったらいいなと思う商品・サービス

図:あったらいいなと思う商品・サービス

山内氏:「初めてのことでわからないことも多く、体の自由も制限されていく妊婦生活において、「妊婦向け」というカテゴリの商材があることを望まれている意見が多く見られます。
わざわざ一般商品から妊婦でも摂取可能なものや、妊婦に優しいものを選び取るのではなく、「妊婦さん向けコーナー」というものがあれば良いなという意見には、私も経験者としてとても共感しました。

一方で、気になる意見もありました。
それは「産後の食生活、栄養状況」についてです。
実は「妊娠期」よりも「産後期」の方が栄養状況が足りていないと感じているママさんが多く存在するということがわかりました。

「妊娠は食生活を見直す機会」だと多くの妊婦さんが思っているという事実に加え、 しかし、産後は自分の食生活に気を配れなくなるという悩みも浮き彫りになった今回のアンケート。

これらのことから、「食」に関しては妊娠中から子育て中までの継続したサービスが必要と考えられます。そのためには、妊娠中・子育て中というように、 時期によってセグメントを分けないことも重要なのかもしれません。」

#ジェンダーリビールケーキ

希望する子どもの性別から見えてくるママの価値観

山内氏:「次は、生まれてくる子どもの性別に関する話題です。

皆さんは「ジェンダーリビールケーキ」をご存知ですか?
これは、妊娠期にお腹の赤ちゃんの性別が判った際、その性別をお披露目するケーキのことです。
妊娠中の方へのアンケートによると、「ジェンダーリビールケーキ」の「認知度」は70%以上ありました。しかし、実際に「実施した」経験者は認知している人のうちの17%と、実際の広がりはまだまだ伸びしろがあるようです。

このようなイベントにもなる子どもの性別を知るという出来事は、「妊娠」「出産」において、とても重要な要素の1つでもあると言えます。

次のアンケートでは子どもの性別について、どちらの性別を望んでいたかという問いに対しての結果です。
結果は「どちらでもよい」が56.87%、「男の子を希望」が13.74%、「女の子を希望」が29.39%となり、比較的「男の子」より「女の子」を望む割合のほうが高くなりました。
理由の一部をご紹介すると、「男の子」では、「家業を継がせたい」、「長男の子だから」という、男性が家を継承するべきという意味合いに取れる理由が目立ち、「女の子」では、「大人になっても仲良くできそう」、「お嫁に行っても帰ってきてくれそう」といったイメージ先行型な意見が見られました。」

図:子どもの性別について

図:子どもの性別について

山内氏:「今やジェンダーの問題は、社会的にも大きく取り上げられるようになりました。
そのような背景もあってか、「男の子には飛行機柄、女の子には花柄のスタイを購入したい」との意見は28.95%にとどまり、習い事に関しても「男の子にはサッカー、女の子にはピアノを習わせたい」という意見はわずか7.24%という結果になりました。これは、多様性を認める風潮が「育児」においても広がりつつあるとも言えるでしょう。

しかし、いざ性別が判明すると、完全には固定観念を拭うことができないという現実もあるようです。
その傾向は「女の子ママ」に比較的強く、「男の子には黒のランドセル、女の子には赤のランドセルを購入したい」という質問に対して、「男の子ママ」は10%、「女の子ママ」では26.83%という結果が現れました。」

図:子どもの性別に関する価値観

図:子どもの性別に関する価値観

山内氏:「こういった結果から、ケースによっては「赤ちゃんの性別」による色柄への固定観念はいまだ一部存在することがわかりました。

一方、大人の女性向け商品などでは、このような固定観念から脱却する動きも見られます。
もし今後、ベビー市場にも固定観念を脱却したマーケティングを考えるならば、女の子には、ピンク色のスタイに 飛行機柄を、男の子には青色のスタイに チューリップ柄を、というような新しい訴求も面白いのではないかと考えます。」

#パパとお風呂

ママがパパにやってほしい家事・育児から考える新商品開発

山内氏:「今や「育児」はママパパ問わず大きな問題です。「育児」だけでなく「家事」の分業も重要視されています。
そこで、妊娠期と出産後にママがパパへ求める育児と家事のランキングを調べてみました。

妊娠期・出産期、ともにランキングの内容は大きくは変わらない結果に。
注目すべき点は、上位の「子どもと入浴」「風呂掃除」。そして、出産後に上位に入った「子どもの寝かしつけ」が興味深いところです。」

図:【妊娠期】やってほしい「育児」と「家事」(願望)

図:【妊娠期】やってほしい「育児」と「家事」(願望)

図:【出産後】やってほしい「育児」と「家事」(現実)

図:【出産後】やってほしい「育児」と「家事」(現実)

山内氏:「それでは、実際のパパたちの「育児」事情を見てみます。
ママが望む「育児」内容とほぼズレはなさそうですが、先ほど上位にあった「子どもの寝かしつけ」はちょっと難題を抱えていそうです。授乳をしながらの「寝かしつけ」などを考えると、どうしてもママ頼りになりがちな育児内容とも考えられます。
それならば、パパにとって「寝かしつけ」に役立つツールがあればどうだろうと、私たちは考えます。

ベビーグッズを見ると、やはりママ目線から作られているものが多数であることが現実です。それぞれの「育児」の特色を見極めて、パパにも役立つベビーグッズがあっても良いのではないでしょうか。
更に訴求すれば、おじいちゃんやおばあちゃんも然りです。ママに偏りがちな負担を減らせる、誰にでもやさしいベビーグッズやサービスが今後、より必要になるのではないかと思います。」

図:パパが実際にやっている「育児」

図:パパが実際にやっている「育児」

育児系商材のトレンド分析|株式会社ヴァリューズ

コロナ禍の今、ママたちに起きていること

株式会社ヴァリューズ 海野秋生(以下、海野):「ママたちのインサイト発掘にあたって、まずはママたちの情報収集方法について見ていきましょう。

以前、リトルママというママ系メディアがママたち2,500名に対して行った調査によると、「友人・知人の口コミ」が、子育て世代のママたちに最も頼りにされているという結果が出ました。いわゆるママ友ネットワークであったり、子育てを経験した女性からの意見を求めているという結果です。これらの次に「育児Webサイト」や「ネット検索」が続きました。

ところが、今、このコロナ禍において情報が得られにくくなっていると感じているママたちが多くみられると聞きます。
こちらはMama’s Lifeというメディアからのデータですが、子ども用品などの情報を得にくくなったという理由に、「両親学級などのイベントがなくなったから」、「友人や親戚との交流が減ったから」、「子育てセンターでの情報交換の場がなくなったから」などが挙がり、ママたちをめぐるネットワークが軒並み絶たれてしまっていることがうかがえます。

このように、今、「口コミ」などのリアルなネットワークがコロナによって断たれたことで、スマホやパソコンによる検索情報の重要性が高まっていると考えられます。」

図:コロナ禍の今、ママたちに起きていること

図:コロナ禍の今、ママたちに起きていること

Web検索ログに見る育児ニーズの違い

海野:「それではヴァリューズの保有するWeb行動ログデータを使って、育児期別によるニーズの違いを見てみましょう。
例えば、「生後3ヶ月」というキーワードとの掛け合わせ検索ワードをみてみます。掛け合わせワードを分析すると、その言葉と一緒にその人が「知りたい情報」を深く知ることが出来ます。
「生後3ヶ月」ですと「体重」と掛け合わせ検索をしている人が多く、お子さんの体の成長進度を気にしている人が多いと言えそうです。」

図:「生後3ヶ月」との掛け合わせワード

図:「生後3ヶ月」との掛け合わせワード

海野:「同じように、「生後6ヶ月」「生後8ヶ月」でも検索結果を見ていきましょう。
「生後3ヶ月」ではランキング外だったワードの「離乳食」が、「生後6ヶ月」「生後8ヶ月」に突如現れます。逆に「生後3ヶ月」でよく検索されていた「ミルク」はお子さんの成長とともに掛け合わせの順位が下がっていきます。

このように、子どもの成長フェーズに応じて、掛け合わせワードが変わっていくことがよくわかります。」

図:子どもの成長とともに関心ワードが変わる

図:子どもの成長とともに関心ワードが変わる

ママたちの育児ログから読み解く情報探索ニーズ

海野:「続いてママたちのWeb行動ログを深掘りするため、以下の3つをご紹介したいと思います。

⚫︎ママたちはどんなサイトを見ているのか?
⚫︎コロナ前後でママたちの検索ワードに変化はあったか?
⚫︎検索ワードに見る育児情報探索ニーズとは?


まずは「ママたちはどんなサイトを見ているのか?」を探っていきます。
楽天やAmazon、Yahoo!ショッピングなどが上位にランクインしています。こうしたECサイトを賢く活用しているママたちが多いと言えそうです。

また、情報収集という観点で見ると、アメーバブログやFC2ブログ、ライブドアブログというブログサイトも目立ちます。ママブログ文化の根強い人気が感じられます。

まずはこうしたサイトの接触状況から、EC利用、ブログ閲覧といったママたちの実態が把握できるかと思います。」

図:ママたちはどんなサイトをみているのか?

図:ママたちはどんなサイトをみているのか?

海野:「続いて「コロナ前後でママたちの検索ワードに変化はあった?」を、見ていきましょう。
まずはコロナ期に検索率が減ったワードを並べたものです。
1位は「旅行」。そして4位には「ディズニーランド」と、いわゆるお出かけ関連のワードがポイントを下げています。まさにコロナ禍の影響と言えるでしょう。
また、お出かけに間接的に関係すると考えられそうな「ベビーカー」の検索も減っていました。
このように、想定外な検索実態を把握することもできる点がWebログ分析のメリットだと考えます。」

図:コロナ前後でママたちの検索ワードに変化はあったか?(減少)

図:コロナ前後でママたちの検索ワードに変化はあったか?(減少)

海野:「一方で検索率が増えたワードも見てみましょう。
「テイクアウト」「離乳食」などを注目してみると、これらのワードから、外食が減りテイクアウトサービスや離乳食を自宅調理するといった生活様式の変化がうかがえます。」

図:コロナ前後でママたちの検索ワードに変化はあったか?(増加)

図:コロナ前後でママたちの検索ワードに変化はあったか?(増加)

海野:「最後に「検索ワードに見る育児情報探索ニーズとは?」を見てみます。
こちらは、誕生月から生後8ヶ月までの間に、どのようなワードが検索されたかを抽出したデータです。
誕生月では「陣痛」や「臨月」といった出産前後のワードが見られます。

2ヶ月後には「レシピ」、5ヶ月後から「離乳食」といった食関連の検索語が増え始め、以後上位に位置するという動きをしていることがわかります。子どもに何を食べさせるかというテーマは関心が高いと思われます。
また、食に関する関心が長く続く一方で、検索される期間が短いものもあります。
この中では「哺乳瓶」や「ベビーカー」が見受けられます。

このように、長期に渡って検索されるワードもあれば、短期間に出現するワードもあります。いずれにせよ、商品企画などを検討する際には、季節や子どもの成長タイミングに合わせたターゲットの検索情報、探索ニーズを、積極的に施策に取り入れていく必要があるのではないかと考えます。」

図:検索ワードにみる育児情報探索ニーズとは?

図:検索ワードにみる育児情報探索ニーズとは?

海野:「しかし、前述のように具体的な言葉として現れる分かりやすい探索ニーズもあれば、そうではないものもあります。
最後に注目するのは「いつから」というワードです。
このワードからは、「いつから◯◯したらよいのか?」という、常に不安がつきまとう育児の中、正解を探している不安な気持ちが連想できます。

このように情報探索の背後にある心情にはいくつかの傾向が見られます。

情報探索は下図のような8つのモチベーションが生まれた時に発生すると考えられています。
こちらは、Google社とヴァリューズが共同でデータ分析を行い提唱している、新しい購買行動に関する概念です。
上段の4項目は購入前の「さぐる」検索(行為)を示しています。下段の4項目は、購入するものを決定するために「(考えを)かためる」検索(行為)と分類しています。

前述に頻繁に現れていた「いつから」という言葉には、「みんなの教えて」や「解決させて」のようなヘルプの気持ちが強いことがうかがえます。
こういった消費者心理を的確に把握することが、様々な施策を打つ際に重要なヒントとなるのではないかと考えます。」

図:情報探索を掻き立てる8つの動機

図:情報探索を掻き立てる8つの動機

海野:「ここまでWeb行動ログでママたちの接触サイトの特徴を見たり、検索ニーズを探ってきました。このようなログデータを見ていくことで、細かな情報ニーズを把握することができ、表面的には把握しづらいようなインサイトを探索することが可能になります。

このようなデータを見ることができるヴァリューズの「Dockpit」にご興味のある方は、無料版のご用意もございますので、ぜひご検討頂ければと思います。」

セミナー資料ダウンロード【無料】

ママたちの関心はコロナ禍でどう変化した? SNSトレンド・WEBログ分析で子育て市場を解明|ヴァリューズ×cozre共催ウェビナーレポート

株式会社ヴァリューズのパートのセミナー資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。ご登録頂いた方にはヴァリューズからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融・通信・メディア業界を経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


【2022年6月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年6月6日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座を開設する消費者像の調査を5ヶ月実施してわかったこと

証券(投資信託)口座の開設数はここ数年、ネット証券を中心に大きく伸びています。皆さまの周りでも「投資、資産運用を始めたよ」という方が増えてきているのではないでしょうか?本記事では、各金融機関で口座開設する消費者像についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントとデータアナリストが5ヶ月に渡って分析した試みをご紹介します。


【2022年5月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年5月30日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


シニア層にリーチするなら朝がおすすめ?シニアのデジタル生活実態を徹底調査 〜 ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

シニア層にリーチするなら朝がおすすめ?シニアのデジタル生活実態を徹底調査 〜 ヴァリューズ×リクシス共催セミナーレポート

シニア市場の拡大に伴い、シニアマーケティングは各企業にとってますます重要な課題となっています。一方、シニアの生活実態は想像することも調査自体も難しく、実態に即していないマーケティング施策が行われていることも少なくありません。本セミナーではシニアの生活実態に迫ることを目的として、ヴァリューズのWeb行動ログ分析を活用し、シニアの住んでいる場所や時間帯によるサイト閲覧やWeb利用の実態を徹底調査。有効なシニアマーケットへの施策のヒントとなる結果をご紹介します。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー