中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

北京冬季オリンピックの影響を受けて、中国ではスキーブームが到来しました。それに伴い、中国におけるスキー産業も急速に発展し、中国は投資や貿易の対象となりました。本記事では、中国のスキーブームの現状とスキービジネスの実態について考察します。


2022年北京冬季オリンピックが近づくにつれ、ウィンタースポーツは一段と注目を集めるようになりました。昨年度の中国において、スキー・スノーボードは最もポピュラーなウィンタースポーツの一つでした。特に若者の間では、友人との週末のスキーはかなり流行ったようです。本記事では、中国のスキーブームの現状に触れ、それに伴って発展するスキービジネスについて分析していきます。

中国ではスキーブームが到来

2015年に2022年北京冬季オリンピックが決定してから2020年までの5年間、中国のウィンタースポーツビジネスの市場規模は2700億元(約4.6兆円)から6000億元(約10兆円)に上り、2025年には1兆元(17兆円)に達する見込みです。

また、スキーの参加人口に関しては、今年までにはすでに2076万人に達しました。
中国のInstagram「RED(小紅書)」が公表したレポート「2021年ライフスタイルトレンドキーワード」によれば、2020年11月に「RED」において、キーワード「スキー」の検索量の前年同期比は150%に達しており、さらに「スキー」に関する記事の数は前年同期と比較すると3倍も増えました。

中国におけるスキー人口の特徴

「2021〜2027年の中国スキー業界の需要と供給の分析及びスキー市場の潜在性に関する報告」によると、昨年度の中国におけるスキー人口は1051万人で、延べ人数は1724万でした。スキー人口1人当たりの平均スキー回数は1.6回で、その値は2015年から年々増加しています。

若年層に人気のスキー

スキーは全体として男性の参加率が女性よりやや高めだという傾向が見られます。例えば、滞在型と日帰り型のスキーリゾートの利用者はそれぞれ男性が57.7%、52.8%を占めています。

しかしながら、屋内スキー場の利用者では女性の割合が高く、55.63%を占めています。また、年代別で見てみると、40代以下の割合は全体の95%を占めているので、スキーは若年層に人気のスポーツであることが分かります。

屋内スキー場

スキーの地域別参加率

スキー人口の居住地域の分布を確認したところ、上海、北京などの1級都市の割合が最も高く、全体の38.7%を占めていました。それに続いて、新1級都市と2級都市も高めで、それぞれの割合は19.4%と18.7%でした。

スキービジネスの発展

スキーブームに伴って、スキービジネスも発展を遂げています。9月7日に幕を閉じたウィンタースポーツの博覧会「WORLD WINTER SPORTS (BEIJING) EXPO 2021」では、中国国内外の各種ウィンタースポーツ産業の関連事業者が500以上集いました。

スキーウェアやスキー板はもちろん、ゴンドラリフトや人工降雪機、スノーリゾートなども展示の内容となっており、企業間の交流も促進されました。

「WORLD WINTER SPORTS (BEIJING) EXPO 2021」の様子

スキー用品

中国のスキー用品市場は長年、海外のブランドによって支配されてきました。通常、スキー用品は大きく(1)スキー板とストック、スキー靴のような大型道具、(2)スキーウェア、(3)ゴーグルやヘルメットのスキーを安全に楽しむためのグッズ、という3種類に分けられます。

安心してスキーするには高品質のスキー用品が必要であるため、オーストリアやドイツ等の製品技術の優れており、認知度の高いブランドが中国では人気です。また、中国のスキーヤーはレンタルより、自分好みのスキー用品を購入することが多く、その際、K2やBurton、Nitroなどの専門的なスキーメーカーから、DiorやLOUIS VUITTONなどの高級ブランドまでが彼らの守備範囲だそうです。

中国ではネット通販の利用率が高いため、スキー用品は実店舗だけでなく、タオバオなどのECサイトを通してもよく売れています。タオバオでも海外のスキーブランドが人気ですが、NitroやJONESのように店舗を構えているブランドもあれば、冷山(COLD MOUNTAIN)や肆加貳装備庫などの代理店と契約を結んでいるブランドも多数あります。

スキーブランド代理店「冷山」の創立者である頼剛氏によると、スキー用品は依然として伝統的な産業であり、スティッキネスは非常に高いそうです。9月入荷の商品は翌年3月に売り切るのが常で、昨年度だけで8万以上の顧客に対応しましたが、リピート率ががかなり高かったようです。

スキーブランド代理店「冷山」が取り扱うブランド

スキー場の設備・施設

「中国スキー産業白書(2019年度報告)」によると、2019年までに中国には既に770のスキー場が建てられ、北京冬季オリンピックの開催が決定される前の2010年に比べると、3.77%の増加率を見せました。それに伴い、スキー場の設備・施設の需要も高まりました。

スキー場の設備・施設には主にロープウェイやグルーミング、スノーモービルなどがありますが、その中でも特に重要なのはスノーマシンです。「中国スキー産業白書(2019年度報告)」によれば、2019年には新たに1149台のスノーマシンが増設されましたが、そのうちの682台が海外から輸入でした。即ち、国産のスノーマシンが増えつつも、今もなお、輸入に頼っているところがあるということです。

スキーレッスン

2020年までに、中国のスキーヤー数は1,051万人に達しましたが、オンライン旅行会社である「携程旅行(Ctrip)」のテーマツアープラットフォームの責任者である張怡によると、中国では、スキー旅行で初めてスキーを体験する旅行者は全スキーヤーの8割を占めており、年に平均1〜2回しかスキーしていない人は9割も上回っています。

つまり、スキー初心者が多い分、スキーインストラクターが不足しています。しかしながら、中国でのインストラクターの養成システムはまだまだ先進国に追いついておらず、インストラクターの育成が難しいのが現状です。従って、中国でのスキーインストラクター不足の状況はまだまだ改善されないと予想できるでしょう。

一方、現在ではスキーテクニックを分析してくれる製品「カーブ」というウェアラブルデバイスが開発されました。元々、滑り方の分析はスキーインストラクターの指導が必要ですが、「カーブ」を靴に装着すると、「カーブ」は動きや圧力を測定し、リアルタイムでイヤホンにデータを送信してくれます。まさに「デジタルコーチ」です。このような製品を導入することで、スキーインストラクター不足の問題も軽減されるのではないでしょうか。

まとめ

スキー産業において、現在の中国は最も注目されているエマージングマーケット(新興成長市場)であり、投資や貿易の対象として価値があります。これから冬季オリンピックに向けて、中国でのスキー熱はさらに高まるに違いありません。またそれに伴った、スキー産業の更なる発展も期することができるでしょう。

<参考文献>
「万亿滑雪市场,有机会诞生下一个lululemon吗?」
https://www.cbndata.com/information/144366
「冬奥会临近,滑雪产业又「爆」了」
https://www.163.com/dy/article/GKF085MJ05299B1S.html
「中国滑雪行业白皮书」
https://www.sohu.com/a/459478895_100809
「爆红的滑雪,新的万亿市场?」
https://www.tmtpost.com/4928728.html
「为什么雪季一结束,滑雪场就不行了?」
https://www.tmtpost.com/5040292.html
「2021冬博会圆满闭幕 共赴冬奥之约、共享冰雪经济新未来」
http://ent.people.com.cn/n1/2021/0908/c1012-32221521.html
「万亿市场前景下,滑雪教练人才缺口问题何解?」
http://www.ispo.com.cn/news/detail/50fLTxP
「テクノロジーの発展で変わりつつあるスキービジネス」
https://halftime-media.com/sports-market/technology-skiing/
「2020年中国滑雪产业发展现状分析:一线城市滑雪人群占比较高」
https://www.chyxx.com/industry/202107/960685.html
「中国初级滑雪市场探析」
https://www.sohu.com/a/409271081_120046640

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

近年、中国ではペットブームが巻き起こっており、ペットにかける金銭を惜しまない飼い主も多いです。感染症の流行下で需要が増えたことも影響し、ペット業界の市場規模は拡大の一途を辿っています。本記事では中国のペット業界の中で、関心が高まっている「スマート家電業界」を中心にご紹介します。


中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

消費水準が高まるにつれて、現在中国における調味料業界が全体的に好調を見せています。2021年から新型コロナウイルスの影響を受けたものの、消費者は外食を控え、自炊比率が上がっため、中国の調味料業界の発展潜在力は依然として高いと言えます。一方、近年若者たちにとって、自宅で自炊することが幸福感を高めることから、料理は人気を増してきました。本記事では、中国の調味料業界の発展過程及び中国Z世代の調味料に対するニーズを解説していきます。


外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

外資に負けない強い化粧品ブランドを作るには?海外ブランドの戦略に見る日本の課題

韓国コスメや中国メイクがトレンドになる昨今。海外勢がめきめきと認知を上げる中、日本の化粧品ブランドはどう対抗していくべきなのでしょうか。各国の戦略と日本の現状とは。シャネルパリ本社でエグゼクティブメイクアップアーティストを務め、化粧品開発からコンサルティングに至るまで、世界を股にかけて活動する東風上尚江さんにお話を伺いました。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


新型コロナ収束後のインバウンド旅行 〜 台湾・タイ・中国編|ホワイトペーパー

新型コロナ収束後のインバウンド旅行 〜 台湾・タイ・中国編|ホワイトペーパー

2022年10月11日からの入国者数上限の撤廃・個人旅行の解禁などで、街にはさまざまな国の訪日観光客の姿を見ることも多くなった昨今。これからどれほどのスピードでコロナ以前の状態に戻るのでしょうか。本レポートでは、「台湾・タイ・中国」の人々にアンケート調査を実施。加えて、ヴァリューズに所属する外国籍スタッフへのインタビューも交え、訪日観光に対するリアルな声をまとめました。(ページ数|43ページ)


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら