インスタ映えからストーリー映えへ。インスタストーリーに凝る若者たち

インスタ映えからストーリー映えへ。インスタストーリーに凝る若者たち

「インスタ映え」が流行語大賞となったのは2017年。そのころはいかに“映える”写真をUPしてアピールするかが醍醐味でしたが、今どきはストーリー(※)に気軽に投稿し、友達のストーリーも流し見で終わらせるユーザーが増えているようです。「インスタ映え」から「ストーリー映え」へ。今回はストーリーの魅力にはまるユーザーについて分析します。 ※正式にはストーリーズ機能


「インスタ映え」から「ストーリー映え」へ

インスタのストーリー(正式にはストーリーズ機能)とは、通常の投稿(タイムライン投稿)とは別で、24時間という限定制限付きの投稿のことです。投稿できる動画は、1ストーリー最大15秒まで。

24時間後に自動的に消えてしまうため、ちょっとした投稿、わざわざタイムラインに残さなくてもいい投稿、タイムラインに残したくない投稿に向いている機能です。

「インスタ映え」を狙ったフィード投稿なら時間と手間がかかります。すぐに消えるからこそ、そう悩まずにさっと上げてしまえて、今どきの若者にはうってつけ、というわけです。

Instagramの「ストーリーズ」と「フィード」

Instagramの「ストーリーズ」と「フィード」

実際、Facebook社によると、日本におけるデイリーアクティブアカウントの約70%がストーリー(Instagramストーリーズ)を利用しています(2018年10月時点)。3年前のデータのため、現在はこれより増加していると想像できます。

Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破 - Facebookについて

https://about.fb.com/ja/news/2019/06/japan_maaupdate-2/

日本におけるデイリーアクティブアカウントの70%がInstagramストーリーズを利用(2018年10月)

インスタ ストーリーは若者に支持されている

ここで、「インスタ ストーリー」と「インスタ」それぞれのキーワードについて、ネット上の検索ユーザーの属性を比較します。分析には、Web行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を利用しました。

以下のグラフのように、「インスタ」と検索したのは、女性が59%、20代〜40代が20〜25%でした。一方、「インスタ ストーリー」と検索したのは女性が7割以上を占め、年代は20代が40%と最多です。
ストーリーのメインユーザーは若い女性と考えていいでしょう。

インスタは20代〜40代の幅広いユーザーに利用されている一方で、ストーリーへの関心を示しているのは若年層が中心ということがわかりました。

「インスタ」検索ユーザー属性/性別・年代

「インスタ」検索ユーザー属性/性別・年代

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2019年10月〜2021年9月

「インスタ ストーリー」検索ユーザー属性/性別・年代

「インスタ ストーリー」検索ユーザー属性/性別・年代

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2019年10月〜2021年9月

インスタ ストーリーの楽しみ方

続いて、「インスタ ストーリー」と検索した後の動向を分析します。

「インスタ ストーリー」と同時に検索されたキーワードは以下の表のとおりです。
「保存」「足跡」「PC」などの機能について検索している人が多いようです。

「インスタ ストーリー」と同時に検索されたキーワードランキング

「インスタ ストーリー」と同時に検索されたキーワードランキング

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2019年10月〜2021年9月

属性別マップで詳しくみてみると、インスタストーリーのメインユーザーである若い女性は、「足跡」「保存」などの機能の他に、「おしゃれ」「エフェクト」「背景色」などの「ストーリー映え」を狙った検索も多いことがわかります。

「インスタ ストーリー」検索ユーザー属性マップ

「インスタ ストーリー」検索ユーザー属性マップ

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2019年10月〜2021年9月

インスタストーリーへのニーズは?

次に、インスタストーリーについて検索したユーザーの流入ページをまとめました。

ストーリーの使い方のまとめページが14万UUと最もユーザーを集めましたが、これらのページの特徴を見ると、以下のようなニーズが浮かび上がりました。

・足跡(既読)をつけたくない
・消えてしまうストーリーを保存したい
・URLリンクを貼りたい
・複数の画像をコラージュしたい
・リポストしたい
・背景色を変更したい
・音楽を設定したい(MUSIC機能)

「ストーリー映え」を狙うこだわりニーズに加え、「足跡を残したくない」というニーズも多いことがわかりました。

※インスタは基本的には足跡(既読)を残す機能はありませんが、ストーリーを含むいくつかの機能で、何人が見たか、誰が見たかがわかるようになっています。そのため、若者の間ではサブアカウント(通称:サブ垢)を持つのが一般的になっているようです。

「インスタ ストーリー」検索ユーザーの流入ページ

「インスタ ストーリー」検索ユーザーの流入ページ

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2019年10月〜2021年9月

失敗しない、インスタグラム「ストーリー」の使い方まとめ | アプリオ

インスタグラムのストーリー機能とは?投稿方法、足跡やシェアなど、使い方を解説|TIME&SPACE by KDDI

インスタストーリーの企業活用事例

インスタストーリーの人気急上昇を受け、多くの企業がマーケティングやファン形成などで活用し始めています。実際の活用例をご紹介します。

スターバックス公式(@starbucks_j)

スターバックス公式(@starbucks_j)

スターバックス公式(@starbucks_j)

スターバックスジャパンは、季節の限定メニューやキャンペーンをタイムラインで展開し、同時に、カスタマイズやビバレッジのランキングやファン参加型のイベント(投票など)、スタッフの声など、フォロワーとの交流目的、またはSNS横断のキャンペーンなどをストーリー投稿にするなど、戦略的にインスタを活用しています。

いろいろなランキングをすべてタイムライン投稿していては、ユーザーのタイムラインをすべて埋め尽くしてしまいます。あえてストーリー機能を選択し、後からハイライトにまとめる手法もさすがです。

また、UGC(User Generated Contents:ユーザーが発信したコンテンツ)をストーリーに再掲し、ハイライトにまとめることで、よりたくさんの投稿、かつ身近に感じやすいストーリーを展開し”バズ”を生んでいます。もちろん、ストーリー映えする写真加工、おしゃれなGIF、背景など、ハイセンスな世界観も支持される所以です。

クラシル(@kurashiru)

クラシル(@kurashiru)

クラシル(@kurashiru)

クラシルのストーリー投稿はすべて自社サイトの動画へスワイプアップさせるように設計されていて、各ストーリーが自社サイトの送客に大きく貢献しています。また、注目されているレシピを日常的にストーリーで紹介した後、月ごとにそれらをハイライトでまとめています。

このように、ストーリーのたくさんの投稿をして後からハイライトからまとめるという手法は、Instagramアカウント運用では王道のマーケティング手法となっているのかもしれません。

ユーザーを巻き込むコンテンツ戦略にインスタストーリーは必須

この他にも、インスタストーリーを巧みに活用している企業は多く、マーケティング、サイト送客、ブランディングに大いに貢献しているようです。

時間限定投稿とはいえ、タイムライン投稿では出せない限定感と親近感はユーザーの心を掴みます。限られた時間でいかに伝えるか、どう伝えるか、好事例は他にもたくさんあるのでぜひ研究してみてください。

まとめ

今回はインスタストーリー(正式にはストーリーズ機能)について、ユーザー属性やニーズについて分析しました。

インスタストーリーとは、通常の投稿(タイムライン投稿)とは別で、24時間という限定制限付きの投稿のことです。24時間後に自動的に消えてしまうため、ちょっとした投稿、あえてタイムラインに残したくない投稿に向いている機能です。その手軽さが、今どきの若者のライフスタイルに合っているようです。

「インスタ」と検索したのは、女性が59%、20代〜40代が20〜25%でした。一方、「インスタ ストーリー」と検索したのは、女性が7割以上を占め、年代は20代が40%でした。ストーリーのメインユーザーは若い女性と考えていいでしょう。

「インスタ ストーリー」と同時に検索されたキーワードは、「保存」「足跡」「PC」などの機能が上位を占めました。さらに詳しく分析すると、若い女性には「おしゃれ」「エフェクト」「背景色」などの「ストーリー映え」を狙った検索も目立ちました。

ストーリーについて検索したユーザーの流入ページからは、以下のようなニーズが浮かび上がりました。

・足跡(既読)をつけたくない
・消えてしまうストーリーを保存したい
・URLリンクを貼りたい
・複数の画像をコラージュしたい
・リポストしたい
・背景色を変更したい
・音楽を設定したい(MUSIC機能)

「足跡を残したくない」というニーズは多く、既読をつけない方法、裏技などもよく検索されていることがわかりました。

また、インスタストーリーをうまく活用している企業事例として、スターバックス公式(@starbucks_j)とクラシル(@kurashiru)をご紹介しました。どちらもストーリーならではの機能を戦略的に活用しています。

企業が取り組むインスタストーリー戦略
・投稿機能など双方向コミュニケーション
・人気ランキングなどマーケティング(商品化も!?)
・ストーリーは一旦消えるがハイライトで再掲
・ストーリー映えコンテンツでブランディング
・UGCの活用でバズを生む
・自社サイトへの送客

分析概要

今回の分析には、マーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、ユーザーのデジタル行動を分析しました。

『Dockpit』は、競合サイト分析や消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、無料版もありますので、下記よりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

脱クルマ社会実現へ。いま最も注目されているスマートモビリティ「電動キックボード」の関心層について調査

2022年4月19日、改正道交法が国会で成立し、規制緩和が徐々に進み身近になってきている電動キックボード。16歳以上であれば運転免許証不要・ヘルメット着用は努力義務となり「ほぼ自転車扱い」となります。中でも電動キックボードのシェアリングサービス「LUUP」が着々とユーザー数を伸ばしており、都心には高密度にポートが設置され、好きな場所で借りて返すことが可能になってきています。今回は、より身近になった電動キックボードについて、どんな点が注目を集めているのか、どのような人達が関心を持っているのかを調査・分析します。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー