Z世代のファッション選びで「骨格診断」が主流に?検索ワードからみる最近のトレンドとは

Z世代のファッション選びで「骨格診断」が主流に?検索ワードからみる最近のトレンドとは

Z世代の女性の間で流行っているファッションのトレンドについて調査します。最近流行の「マーメイドスカート」や「骨格診断」について、検索ユーザー数の推移、年代別属性や、流入先のコンテンツなどを分析。ファッション選びの際のインサイトを考察しました。


最近、女性の間で骨格診断やパーソナルカラー診断が流行っています。「骨格ウェーブさんにおすすめ」など、診断結果に基づいたスタイルを提案している商品も多く目にするようになりました。自分の骨格や肌の色を知ることで自分に似合うスタイルやカラーが分かり、ファッションで失敗することがなくなると評判のこれらの診断ですが、診断にとらわれず好きな服を着るべきだという意見も一定数見受けられます。そこで本稿では、ファッション選びの際のポイントについて、最近のトレンドを調査してみたいと思います。

最近のトレンドをあらためて振り返る

まず、Z世代女性の間の最近のファッションのトレンドをおさらいしておきましょう。主に10代~20代の女性から支持され300万人超えの会員数を誇る通販ファッションブランド『GRL』のボトムス人気ランキングトップ10を見てみると、マーメイドスカートが3種類もランクインしていました。

同ブランドでは他にも32種類のマーメイドスカートを販売しており、人気の高さがうかがえます。また、日本最大級のファッション通販サイト『ZOZOTOWN』でも、スカートの人気ランキング2位・3位にマーメイドスカートがランクインしていました。

GRL ボトムス売れ筋ランキング
第3位・第5位・第7位にマーメイドスカートがランクイン

ZOZOTOWN スカートの人気ランキング
第2位・第3位にマーメイドスカートがランクイン

Web行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」で検索ユーザー数推移を見てみても、右肩上がりに検索ユーザーが増加しており、2021年10月は約2万人が検索しています。

「マーメイドスカート」検索ユーザー数推移

「マーメイドスカート」検索ユーザー数推移
(期間:2020年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

ユーザー属性をみてみると、20代が圧倒的に多く、次いで10代・30代からの関心も高いようです。性別はやはり9割以上が女性となっていました。今20代女性の間ではマーメイドスカートがトレンドであることがうかがえます。

「マーメイドスカート」検索者の年代構成比

「マーメイドスカート」検索者の年代構成比
(集計期間:2020年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

「マーメイドスカート」検索者の性別構成比

「マーメイドスカート」検索者の性別構成比
(集計期間:2020年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

では、マーメイドスカートを検索するユーザーは、それらの何に関心を持って、何について調べようとしているのでしょうか。掛け合わせワードから、検索目的を探っていきます。

「マーメイドスカート」検索者の掛け合わせワード

「マーメイドスカート」検索者の掛け合わせワード
(集計期間:2020年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

先述の「GRL」などマーメイドスカートを販売している人気ブランド名のほかに、「骨格ウェーブ」「骨格ナチュラル」「骨格ストレート」というワードが上位にランクインしていました。マーメイドスカートがどの骨格タイプと相性がいいのかが、検索者の興味の対象のひとつと考えることができます。

Z世代の間で骨格診断があたりまえに

「マーメイドスカート」の検索者の分析から、服選びにおいて骨格タイプに興味を持っている事実が浮かび上がりました。では、そもそも骨格タイプとは何なのでしょうか。骨格タイプとは、骨格診断により生まれ持った骨格の違いについて分類したもので「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3タイプがあります。骨格診断は、自分の骨格を知ることで自分に似合う素材や形がわかり、ファッションをより楽しむことができるというものです。

MERYが行った調査によると、7割以上の人が骨格診断の存在を認知、3割ほどの人は実際に診断を受けたことがあると回答していました。他にも「パーソナルカラー診断」や「顔タイプ診断」などもあり、診断を通して自分を知ることが当たり前となりつつあることがわかります。(参考:『正解はないけど正解を知りたい?「骨格診断」 「顔タイプ診断」、診断に答えを求める心理とは』https://forbesjapan.com/articles/detail/39340/1/1/1

「骨格3タイプ」の特徴(Illust by Adobe Stock)

そこで、「Dockpit」を使って「骨格3タイプ」の検索推移をみてみます。2021年に入ってから注目度がさらに上がり、現在まで非常に高い水準でキープされていることが分かりました。

「骨格3タイプ」検索者のユーザー数推移

「骨格3タイプ」検索者のユーザー数推移
(集計期間:2019年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

ユーザー属性をみてみると、検索層は20代が圧倒的に多く、女性が9割以上を占める結果となっていました。やはり、20代女性の中で骨格診断が主流となっていることがうかがえます。

「骨格3タイプ」検索者の年代別構成比

「骨格3タイプ」検索者の年代別構成比
(集計期間:2019年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

「骨格3タイプ」検索者の性別構成比

「骨格3タイプ」検索者の性別構成比
(集計期間:2019年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

骨格診断で何を気にしている?検索者の興味とは

検索者の行動をさらに詳しくみていくことで、骨格診断について何に興味をもっているのか明らかにしていきましょう。まず、「骨格3タイプ」検索者がともに検索しているワードにおいて関係性が深いものを、ワードネットワークのかたちで表した下の図を見てみます。

「骨格3タイプ」検索者のワードネットワーク

「骨格3タイプ」検索者のワードネットワーク
(集計期間:2019年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

中央の「骨格ストレート」に結びついた2階層目のワードとして、「コーデ」「ワンピース」などのワードがみられました。検索者は自分の骨格を知ったうえで、自分に似合うファッションを探っていると考えられます。また、「芸能人」や「ブランド」といったワードもみられ、ファッションの参考となるイメージについても併せて検索していることがわかりました。

「骨格3タイプ」検索者の関心ワードランキング

「骨格3タイプ」検索者の関心ワードランキング
(集計期間:2019年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

また、検索者が特徴的に関心を持っているキーワードを調査できる「関心ワード」では「イエベ秋」や「顔タイプ」といった診断系のワードが大部分を占めていました(「イエベ秋」とはイエローベースの秋色、黄みがかった色味で、くすんだ深みのある色が似合う人のこと)。このことから、「パーソナルカラー診断」や「顔タイプ診断」など他の診断にも興味があることがうかがえます。

「骨格3タイプ」検索者の流入ページランキング

「骨格3タイプ」検索者の流入ページランキング
(集計期間:2019年11月~2021年10月、対象デバイス:PC&スマートフォン)

流入ページとしては『骨格スタイル診断!アイテム/着こなし/素材などあなたに「似合う」が見つかる◎』という記事が1位となっています。このページは、骨格診断を自分でしたのち似合うコーディネートも探すことができるという記事でした。

まとめ|骨格診断などの診断系コンテンツがZ世代に人気

今回の調査から、20代女性の間では骨格診断をはじめとしたファッション系の診断が主流になっていることが見えてきました。トレンドのマーメイドスカートについても骨格3タイプが掛け合わせて検索されており、それらの診断がファッション選びの参考になっていることがわかります。なかでも骨格診断は2021年に入ってからずっと高水準で検索数をキープしていて、特に20代女性からの関心が高かったことが分かりました。

以上のことから、現代の20代女性にとっては自分の骨格や肌色に似合うかどうかがファッション選びの重要なポイントとなっていると考えられます。今回の分析をぜひ業務にご活用いただければ幸いです。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2019年11月〜2021年10月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC&スマートフォン

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

大学では広報PR・広告を専攻。2022年の春からは新卒としてヴァリューズに入社。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

2023年のヒット商品から推測される「コスパとタイパの掛け合わせ」。なぜこのトレンドが昨年注目を集めたのか、なぜここまでパフォーマンスにこだわるのか。関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


JTBコミュニケーションデザイン&伊藤忠ファッションシステム、Z世代の旅に関する共同調査を実施!

JTBコミュニケーションデザイン&伊藤忠ファッションシステム、Z世代の旅に関する共同調査を実施!

株式会社JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステム株式会社は、「Z世代の旅」に関する共同調査プロジェクトを実施。「令和的非日常 Z世代における生活価値観・消費傾向から読み解くこれからの旅行スタイル」を発表しました。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


Z世代がスマホに入れているカメラアプリは平均2.5個 BeReal利用者の4割が利用以降に無加工写真を投稿する機会が増加【ナイル調査】

Z世代がスマホに入れているカメラアプリは平均2.5個 BeReal利用者の4割が利用以降に無加工写真を投稿する機会が増加【ナイル調査】

ナイル株式会社は同社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」にて、カメラアプリを利用するZ世代の男女を対象にカメラアプリに関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ