ネットユーザー行動分析トレンドreport <2014夏の旅行>

ネットユーザー行動分析トレンドreport <2014夏の旅行>

閲覧サイトから読み解く、旅行検討者の消費意欲と情報感度


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下ヴァリューズ)は、一般ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、この夏に旅行予定がある消費者のネット行動を分析しました。また、昨年も同様の調査・分析を実施しており、前年度データとの傾向比較も行っています。

分析概要

夏の旅行予定については、全国のVALUESモニターを対象として、2014年6月25日~7月1日にアンケート調査を実施、その回答者14,199人をネット行動分析の対象としました。
前年度データについては、2013年6月18日~24日に、全国のVALUESモニターを対象にアンケート調査を実施、その回答者16,395人をネット行動分析の対象としました。
※ネット行動はPC上の行動ログを分析対象としています。
※サイト分類の「旅行・交通」カテゴリは、ヴァリューズが独自に定義しています。

考察サマリ

【結果サマリー】 旅行業界のサイト訪問者数ランキング(6月度) ー JAL、JR東日本、JTBは前年比プラス成長

ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、2014年6月度のサイト訪問者数ランキングを集計したところ、1位「楽天トラベル」、2位「じゃらんnet」、3位「日本航空(JAL)」という結果になりました。上位10サイトを前年同月のサイト訪問者数と比較すると、昨年6月よりも訪問者数を落としているサイトが多い中で、JAL(前年比:112%)、JR東日本(前年比:107%)、JTB(前年比:103%)の3社は前年よりもプラスとなっており、サイト集客が好調な様子がうかがえます。

今夏の旅行予定、国内派:32.4%、海外派:7.0%、行先は未定だが検討中:9.5%

6月25日~7月1日に実施したアンケートで、今年の夏に旅行予定があるかどうか尋ねると、国内旅行派は32.4%、海外旅行派は7.0%、行先は決めていないが旅行を検討中が9.5%となり、合わせると48.9%が、この夏の旅行を予定していることが分かりました。昨年度のアンケート調査では、夏の旅行予定者が51.5%と半数を超えており、国内派・海外派の比率には変化がみられないものの、旅行予定者割合の合計では、昨年度よりも微減という結果になりました。今年4月の消費税増税の影響も考えられます。

女性海外旅行予定者は情報収集に積極的。ブログ、Q&A、キュレーションメディアで男女差

海外旅行予定者において、男性よりも女性がよく閲覧するサイトランキングを作成したところ、「アメーバブログ」「Yahoo! 知恵袋」「教えてgoo」などブログやQ&Aサイトに加え、「All About」や「NAVER まとめ」などキュレーションメディアがランクイン。旅行サイトもクチコミ系メディアで男性よりも女性の閲覧量が多くなっており、女性海外旅行予定者の情報収集に対する積極性があらわれた結果となりました。

【結果概要】 旅行業界のサイト訪問者数ランキング(6月度) ー JAL、JR東日本、JTBは前年比プラス成長

ヴァリューズが独自に定義する「旅行・交通」カテゴリのサイトにおいて、2014年6月度のサイト訪問者数ランキングを集計したところ、1位「楽天トラベル」、2位「じゃらんnet」、3位「日本航空(JAL)」、4位「Yahoo!トラベル」、5位「全日本空輸 (ANA)」という結果になりました。

 また、前年同月のサイト訪問者数と比較すると、昨年6月よりも訪問者数を落としているサイトが10サイトのうち7サイトを占める中で、3位の「JAL」(前年比:112%)、6位の「JR東日本」(前年比:107%)、7位の「JTB」(前年比:103%)の3社は前年度よりもサイト訪問者数がプラスとなっており、サイト集客が好調な様子がうかがえます。

今夏の旅行予定、国内派:32.4%、海外派:7.0%、行先は未定だが検討中:9.5%

6月25日~7月1日に実施したアンケートで、今年の夏に旅行予定があるかどうか尋ねると、「国内旅行を予約・手配済」(15.4%)と「国内旅行を検討中」(17.0%)を合わせた32.4%が、国内旅行を予定していると回答しました。一方、「海外旅行を予約・手配済」(4.2%)、「海外旅行を検討中」(2.8%)の計7.0%が、海外旅行を予定していました。これらに「行先は決めていないが旅行を検討中」(9.5%)を合わせると、合計48.9%が、今年の夏の旅行を予定していることが分かりました。

 昨年同時期のアンケート調査では、夏の旅行予定者が51.5%と半数を超えており、国内派・海外派の比率には変化がみられないものの、昨年度よりも旅行を予定していると回答した割合が微減しています。今年4月の消費税増税が旅行検討にも若干影響を与えていることが考えられます。
 夏の旅行を予定している時期については、昨年と同様8月が最多の44.9%、次いで7月の27.0%、9月は20.2%となっています。「まだ決めていない(未定)」と答えた人も15.4%いました。

国内旅行予定者がよく閲覧するサイトランキング   ─ 宿泊予約サイトの他、「食べログ」やECモールの閲覧も高い 海外旅行予定者がよく閲覧するサイトランキング  ─「フォートラベル」「トリップアドバイザー」「Facebook」などクチコミ、SNS接触が高い

旅行を検討していない人(非検討者)との乖離(差)が大きい順にランキングを集計し、国内旅行予定者、海外旅行予定者、それぞれでよく閲覧するサイトランキングを作成しました。

旅行を検討していない人に比べて国内旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトの1位は「じゃらんnet」で、2位に「楽天トラベル」、3位「Yahoo! JAPAN」となっています。さらに、4位に「楽天市場」、7位に「Amazon」がランクインしており、国内旅行予定者は消費意欲が活発なためか、ECモールへの接触量も多いことがわかります。また、6位「食べログ」、12位「Yahoo!天気情報」など、旅先での食事場所や、現地の天気情報などをネットで情報収集していることがうかがえます。

一方、旅行を検討していない人に比べて海外旅行予定者(手配済+検討中)がよく閲覧するサイトをみてみると、1位「HIS」、2位「JTB」、3位「全日本空輸 (ANA)」と続きます。海外旅行予定者では、4位「フォートラベル」や6位「トリップアドバイザー」などクチコミサイトが上位にきており、また5位「Facebook」の接触率も高くなっています。海外旅行予定者は、実際に旅行した人の評価や信頼できる友人からの情報など、より詳細でリアルな情報をネットから集めようとしているのではないかと考えられます。

女性海外旅行予定者は情報収集に積極的  ― ブログ、Q&A、キュレーションメディアなどでネット接触量に男女差あり

次に、海外旅行予定者において、女性と男性とのサイト接触率の乖離(差)が大きい順にランキングを集計し、男性よりも女性の海外旅行予定者がよく閲覧するサイトランキングを作成しました。

1位のレシピサイト「COOKPAD」、9位のコスメサイト「@cosme」などは、もともと女性向けのメディアですが、2位「アメーバブログ」、3位「Yahoo! 知恵袋」、4位「教えて!goo」などブログやQ&Aサイトに加え、5位「All About」や15位「NAVER まとめ」など専門家や一般ユーザーによるキュレーションメディアがランクインしています。

また、旅行サイトも7位「フォートラベル」、12位「トリップアドバイザー」などクチコミサイトで男性よりも女性の接触量が多くなっており、女性海外旅行予定者の情報収集に対する積極性があらわれた結果となりました。

この夏の旅行予定者の検索キーワードランキング

最後に、GoogleおよびYahoo!の検索を対象に、この夏に旅行を予定している人が、どのようなキーワードで検索しているか、2014年6月度の検索キーワードランキングを作成しました。

国内旅行予定者では、3位「じゃらん」、7位「ANA」、16位「楽天トラベル」、18位「JAL」、25位「JTB」などの旅行系ワードがTOP25に入りました。海外旅行予定者では、2位「HIS」、3位「ANA」、8位「JAL」、14位「JTB」、15位「じゃらん」、16位「楽天トラベル」などが、TOP25にランクインしました。7位の「翻訳」というキーワード検索も、国内旅行予定者や旅行非検討者より多くあがっています。

一方、旅行を検討していない人(非検討者)の検索キーワードランキングをみてみると、旅行系ワードでは21位に「ANA」がランクインするのみとなっています。検索量においても旅行検討者と非検討者の差が明確にあらわれています。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第18弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「名探偵コナン」「ゴールデンウィーク」「MBTI診断」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 登場キャラクターや企業とのタイアップで話題を呼んだ劇場版「名探偵コナン」、Z世代の過ごし方が気になる「ゴールデンウィーク」、Z世代の出会いの場で活用される「MBTI診断」など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


若者は海外旅行に積極的?最新の旅行需要を調査。航空会社大手、LCCの集客動向は

若者は海外旅行に積極的?最新の旅行需要を調査。航空会社大手、LCCの集客動向は

全国旅行支援や新型コロナウイルスの5類移行の影響もあり、徐々に人の移動が活発になってきました。今回は、昨今高まっている旅行需要に注目し、検索データを通じて旅行や観光への人々の関心を調査します。また、各航空会社の集客層の違いについても比較していきます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「イマーシブ・フォート東京」「変な家」のプロモーションを考察(2024年3月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「イマーシブ・フォート東京」「変な家」のプロモーションを考察(2024年3月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第17弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「イマーシブ・フォート東京」「変な家」「新生活」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。イマーシブ・フォート東京が刺さるのはどんな人?映画化で話題の「変な家」と、マンガ広告が生み出す購買活動とは?、Z世代のニーズに刺さる家電のサブスクリプションとは?など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ