【VALUES×MRT共同調査】「医療相談」「健康相談」の検索から読み解くニーズの違いとは?

【VALUES×MRT共同調査】「医療相談」「健康相談」の検索から読み解くニーズの違いとは?

IT先端技術を活用してネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズならびに、医療情報プラットフォームを提供するMRT株式会社は、オンライン上のネット行動ログとユーザー属性情報を用いて定量的に消費者インサイトを明らかにする調査を共同で行いました。 withコロナの状況下でメディアにより目にする機会が増えた「医療(健康)相談」についてインターネット上のユーザー行動データから紐解くために、今回は検索キーワードに基づき、「医療相談」と「健康相談」の消費者の関心について、定量的な分析と医療視点での専門知見を掛け合わせて分析しました。


「オンライン診療」だけでなく注目されている「遠隔健康医療相談」

2018年にオンライン診療及び遠隔健康医療相談に関するガイドラインが日本で制定され、コロナ感染拡大によりオンライン診療への注目が高まり、2020年4月以降「オンライン診療」の認知度は70%*を超えました。

一方、オンライン上で“診察”を行う「オンライン診療」とは別で、健康や医療に関する相談や助言を受けることができる「遠隔健康医療相談」についての調査は少ないのが現状です。今回は「健康相談」「医療相談」の検索者ニーズに迫りたいと思います。

*LINEリサーチの調査メディア「リサーチノート」2021年2月17日より
https://research-platform.line.me/archives/37188977.html
*デロイトトーマツ調査、 2021年8月16日より
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20210816.html

「健康相談」より「医療相談」の検索者数は2倍近く多い

まずは、「医療相談」および「健康相談」の検索ユーザー数の推移を見ていきましょう。

医療相談・健康相談の検索は新型コロナウイルスの感染ピークに合わせて数が増えていることがわかります。新型コロナウイルスに関する情報と合わせてメンタルや体調の不安など相談窓口のアナウンスも流れていたことから、医療(健康)相談の関心度が高かったことが考えられます。

「医療相談」「健康相談」は類似した意味合いではありますが、ユーザーの検索ワードは「医療相談」のボリュームが高く、健康相談に比べて医療相談での検索者数は2倍近く多いことがわかりました。サービス展開を考えるのであれば、名称やSEO対策など医療相談を主軸に取り組むと良いかもしれません。

「医療相談」「健康相談」検索ユーザー数推移

「医療相談」「健康相談」検索ユーザー数推移

青線:「医療相談」、赤線:「健康相談」
期間:2020年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

「医療相談」「健康相談」に興味があるのは30代が最多

続いて、「医療相談」「健康相談」を検索するユーザーの属性をみていきます。

「医療相談」では女性55.3%、「健康相談」では女性58.5%と男性に比べ女性の関心が高いことがうかがえます。また検索ユーザーの違いは年齢層でも見られました。「医療相談」「健康相談」ともに特に30代の関心が高く、健康相談では特に30代の関心度が高いことがわかります。(a)

(a)「医療相談」「健康相談」検索ユーザー属性

(a)「医療相談」「健康相談」検索ユーザー属性

期間:2021年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

「医療相談」「健康相談」別々に年代別にみてみましょう。(b)

「医療相談」・・・30~50代にかけて多い
「健康相談」・・・30代の比率が高く、働きざかりの20~50代の関心が多い

(b)「医療相談」「健康相談」各検索ユーザー:年代

(b)「医療相談」「健康相談」各検索ユーザー:年代

期間:2021年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

また、地域別にみてみました。(c)

医療相談・健康相談の関心が他地域に比べ、関東で高く、「医療相談」「健康相談」各検索でみると、東京居住者が非常に多いことがグラフからわかりました。

(c)「医療相談」「健康相談」各ユーザー属性:居住都道府県

(c)「医療相談」「健康相談」各ユーザー属性:居住都道府県

期間:2021年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

医療(健康)相談はオンラインよりも電話・メールなど顔が見えない形式でのニーズが高い

さらに、キーワード同士のつながりを可視化したワードネットワークを見てみました。ワードネットワークでは、掛け合わせ検索件数が多く関連性が強いワード同士が線でつながっているため、潜在的な興味関心を把握することができます。今回は「医療相談」「健康相談」それぞれのワードネットワークを比較してみました。

その結果、「医療相談」における興味関心は『電話』『無料』『24時間』『クレジットカード』『東京』が高く、上記との関連検索では『地域名』や『連絡手段』などがありました。また健康相談においては『電話』『無料』『産業医』『LINE』の興味関心が高いことがみてとれました。

「医療相談」「健康相談」検索ユーザーのワードネットワーク

「医療相談」「健康相談」検索ユーザーのワードネットワーク

期間:2021年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

面白いインサイトとしては、「診療」検索ユーザーの興味関心は『オンライン』『日曜』『休日』『コロナ』が高く「診療」の場合は、『オンライン』、「相談」の場合は『電話』『メール(チャット)』と提供方法のニーズが違うことが明確になりました。オンラインでできることがまだ認識されていないのか、あるいは診療と相談ではニーズの違いが出ていることが考えられます。

「診療」検索ユーザーのワードネットワーク

「診療」検索ユーザーのワードネットワーク

期間:2021年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

もう少し詳しくニーズを探るため、掛け合わせワードで詳細をみてみましょう。

医療相談と健康相談ともに『電話』『相談窓口』が上位にランクインしています。しかし、検索ニーズには少し違いがあることもわかりました。

「健康相談」の掛け合わせワードランキングをみると『こころの健康相談統一ダイヤル』『こころの健康相談』がランクインしています。また「医療相談」では『夜間医療相談電話』『24時間』がランクインしていることがわかりました。

医療相談は医療に関する幅広い相談、健康相談はこころの相談のニーズが高いのではないでしょうか。

「医療相談」(左)と「健康相談」(右)の掛け合わせワードランキング

「医療相談」(左)と「健康相談」(右)の掛け合わせワードランキング

期間:2021年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

最も閲覧されているサイトは「健康医療相談サービス」と「自治体相談窓口」

最後に「医療相談」「健康相談」検索後の流入サイトのランキングを調査しました。

トップ15位までを見ると、『行政・自治体』の相談窓口と『医療(健康)相談』サービスの大きく2つのタイプのサイトを閲覧されていることがわかりました。

『行政・自治体』の相談窓口…
1位は『厚生労働省』で健康や医療相談の情報ページが閲覧されており、5-7位そして10-15位は関東地域(埼玉・神奈川・東京・千葉)の自治体の医療安全相談窓口などでした。

『医療(健康)相談』サービス…
2,4,8位は医療に関する相談サービスを受けることのできるサービスページが閲覧されており、相談窓口として使用されていることがわかりました。
また3位のMedionLifeは健康相談サービス紹介のページが閲覧されており、どのサービスを活用するか調べるために閲覧されていることがわかりました。

面白いインサイトとして、8位のYahoo!知恵袋は無料のQ&Aサイトで、民間の人に医療(健康)相談として活用されていることもこの流入サイトランキングから見てうかがえました。

「医療相談」「健康相談」検索ユーザーの流入サイトランキング

「医療相談」「健康相談」検索ユーザーの流入サイトランキング

期間:2021年1月~2021年12月
デバイス:PCおよびスマホ

まとめ

今回は「医療(健康)相談」について調査しました。

今回の調査でわかったことをポイントとしてまとめました。
・ 医療相談、健康相談ともに男性より女性の検索数が高い。また30代のニーズが高い。
・ 地域では東京都在住者の検索ボリュームが最も多い。
・ 医療相談と健康相談の意味合いは一緒だが、ユーザーの検索ボリュームを見ると健康相談より、医療相談の方が2倍近く多い。
・ サービス名称やSEO対策するのであれば、健康相談より医療相談という言葉を使う方がよい(とはいえ、両方の言葉を使用していくことがベスト)
・ 健康相談は医療相談に比べ、メンタルやこころの相談に関連が強い。
・ 現在は政府・自治体の無料相談窓口が主流になっている印象。検索プラットフォームはニーズが高そうだ。


MRT株式会社

東京大学附属病院の医師たちの互助組織を母体として現役医師が2000年に設立。

「医療を想い、社会に貢献する。」を企業理念とし、24時間365日対応の外勤診療紹介を目的とした、医師やコメディカル向けの人材紹介をはじめとする様々な事業を展開。2014年には東証マザーズに上場。

現在、全国に約70,000名の医師、20,000施設の医療機関とネットワークを形成し、全国の医療機関への非常勤医師の累計紹介件数は150万件 超えで、業界トップクラス。

他に、オンライン健康相談・オンライン診療・往診を一気通貫で行うアプリ「Door. into 健康医療相談」を提供し、新しい医療サービスを創造し、コロナ禍での社会課題解決にも取り組んでいる。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、インターネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、2020年1月~2021年12月における検索ユーザーの行動を分析しました。

「Dockpit」は、検索キーワード分析だけでなく、競合サイト分析や消費者のトレンド調査にも役立ちます。
もし宜しければ、無料版もありますので、下記よりご登録ください

dockpit 無料版の登録はこちら

関連記事

【VALUES×MRT共同調査】コロナ後、検索者数が12倍に増加!「オンライン診療」検索者のニーズに迫る

https://manamina.valuesccg.com/articles/1370

IT先端技術を活用してネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズならびに、医療情報のプラットフォームを提供するMRT株式会社は、オンライン上のネット行動ログとユーザー属性情報を用いて定量的に消費者インサイトを明らかにする調査を共同で行いました。 withコロナの中で注目されるオンライン診療についてインターネット上のユーザー行動データから紐解くために、今回は検索キーワードに基づき、オンライン診療の消費者の関心について、定量的な分析と医療視点での専門知見を掛け合わせて分析しました。

この記事のライター

2018年MRT株式会社に新卒入社。オンライン診療サービス新規事業部に所属し、医師患者医療業界の方の声からオンライン診療情報サイトの重要性を感じ「MedionLife」を立ち上げる。リアルな声を大事にした"web上にいきるbookづくり"を目指し日々奮闘中。料理したり植物を育てたりすることがすきです。マナミナ編集部元ライター。

関連する投稿


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年11月20日~11月26日は、「FIFAワールドカップ」で持ちきりだった様子。テレビで視聴できる日本戦だけでなく、W杯の全試合を無料生中継しており、「本田圭佑」さんの解説が話題になっている「ABEMA」も多く検索されていました。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


トレンドワードに「国宝展」「ブラックフライデー」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/13~2022/11/19)

トレンドワードに「国宝展」「ブラックフライデー」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/13~2022/11/19)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年11月13日~11月19日は、「東京国立博物館」で11月2日から開催中の「国宝展」や、11月25日~12月1日開催のAmazon「ブラックフライデー」などの検索が急上昇。今回は中でも、チケット難が叫ばれるほどの大盛況を見せる東京国立博物館の施策について紹介します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら