SNSブランディング用途で利用者急増中…link in bio主要サービスのWebサイト訪問者数を調査

SNSブランディング用途で利用者急増中…link in bio主要サービスのWebサイト訪問者数を調査

SNSなどを通じた、新しいマーケティング手法の1つとして注目されている「link in bio」。この記事では、link in bioの拡大する背景と、国内でも利用者が伸びている「lit.link」や「Linktree」といったサービスについてユーザー数の推移を調査していきます。


複数のリンクをまとめられる「link in bio」とは

「link in bio(リンクインバイオ)」は、主にSNSのプロフィール欄から他のWebサイトへ遷移するためのURLリンクです。SNSの発信者が、自身の詳細なビジネスプロフィールや、手がけるプロダクト・ブランドなどをPRするために、「私の商品はこちらのリンクから見てね」といった風に誘導するのに用いられます。

Katy Perryさんのインスタグラムより

また、「URLリンクをクリックした先に表示される、SNSやブログページなど複数の情報発信プラットフォームをひとつにまとめるWebサービス」のことも、link In bioと呼称される傾向にあります。

Red Hot Chili Peppersのlink in bio(Linktree)

link in bioサービスの利用者増にはインスタのURL制限がある?

link in bioのサービスは海外を中心にユーザーが増えていき、徐々に日本国内にも広がってきました。その拡大には主に以下3点の背景があります。

複数のSNSやプラットフォームで情報発信するユーザーが増えていること
• コロナ禍を通じて企業のオンライン活用やSNSの利用も増えていること
Instagramのプロフィール欄に載せられるURLに制限があること

社会全体にSNSが普及してから久しいですが、様々なプラットフォームが増えていく中で、複数の情報発信元を利用しているユーザーも多くなりました。また、2020年の新型コロナによるパンデミック以降はWebへ販路を切り替える企業も多くなり、以前よりさらにSNSを活用した営利活動が盛んになっています。要は、Web上の複数の媒体を通じたブランディングや販促が増え、それをまとめてユーザーに届ける仕組みへの需要が増えているということです。

そして、おそらく最もクリティカルなポイントは、過去数年で急激に利用者が増えているInstagramのプロフィール欄に設置できるURLが1つに限定されている、という点があります。複数の媒体を通じてユーザーに接触しようとする企業やインフルエンサーがあったとしても、すべてのリンク先をInstagramへ掲載することができません。

なので、Instagram自体の存在感が増すにつれ、この「1つのURLしか設置できない」という仕様への対策としてlink in bioの利用者が増えている、という理由も大きいのではと考えられます。

link in bioの国内の主要3サービス

2022年3月現時点における、link in bioの主要サービスを紹介します。

1.lit.link(リットリンク)

lit.linkはTieUps株式会社が手掛けるlink in bioのサービスで、2021年1月に提供が開始されました。リリースから1年ほどで55万人を超えるユーザーを獲得し、累計PV数も2億6,000万と急成長しているサービスです。

テンプレートを活用してデザイン性の優れたリンクまとめが作成できる点が、サービスの主な特徴です。

2.Linktree(リンクツリー)

Linktreeはオーストラリア発のlink in bioのサービスで、提供開始は2016年からです。2022年3月現在では日本語に対応しておらず、また一部機能が有料プランでのみ提供されています。

無料版ではlit.linkと異なり、テンプレートを使用したページ作成ができませんが、「背景画像を自由に設定できる」「簡易的なアクセス解析が行える」などのサービス差異を持ちます。

3.Blink(ブリンク)

Blinkはサイバーエージェント社の子会社である、株式会社CAMが提供するlink in bioの無料サービスとして2021年11月よりサービスが開始されました。lit.linkのようにデザインテンプレートが用意されており、またLinktreeのようなアクセス分析機能も持ち合わせます。

lit.linkのWebサイト訪問者数は2021年にLinktree超え

以降は国内のlink in bioのサービスとしてユーザーを二分していると思われるlit.linkとLinktreeを取り上げ、Webサイトへの訪問者数や属性などを調査していきます。なお、分析には毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用します。

「lit.link」と「Linktree」のサイト訪問ユーザー数の推移

「lit.link」と「Linktree」のサイト訪問ユーザー数の推移(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年3月〜2022年2月
デバイス: PC・スマートフォン

上記グラフを見ると、過去1年でlit.linkとLinktreeともにユーザー数が上昇しています。やはり、Link in Bio全体のサービス利用者が増えていることが窺えます。

また、国内発サービスの「lit.link」のWebサイト訪問者数がLinktreeを追い抜いていることが見て取れます。2021年3月時点ではlit.linkのユーザーが30万ほどだったのに対して、2022年2月では150万を超える急成長を見せています。同期間のLinktreeのユーザーが90万弱から100万~130万といった値までしか伸びていないことを考えると、国内発のlit.linkが急激にサービス拡大を見せていることは間違いなさそうです。

訪問者は20〜30代が中心、流入元はTwitterが多い

次に、Dockpitを用いてlit.linkとLinktreeの利用ユーザー像を見ていきます。はじめに、性別と年齢のデータからです。

「lit.link」と「Linktree」の利用ユーザーの「性別」「年代」データ

「lit.link」と「Linktree」の利用ユーザーの「性別」「年代」データ(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年3月〜2022年2月
デバイス: PC・スマートフォン

ユーザーの男女比はほぼ半々で、年代は20代~30代が中心の様子です。年代に関しては特に若者が大きな割合を占めており、50代以上の利用者は全体の20~25%ほどに留まります。

この割合は、InstagramやTwitterのユーザー年代と比較するとどうなっているのでしょうか。次のデータを見ると、これらのSNSではlink in bioの利用者ほど若者のユーザー割合が多いわけではないようです。

「Instagram」と「Twitter」の利用ユーザーの「年代」データ

「Instagram」と「Twitter」の利用ユーザーの「年代」データ(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年3月〜2022年2月
デバイス: PC・スマートフォン

インスタグラムやTwitterは若年層にとどまらず、全年代において広く利用されているサービスとなっている様子。この対比から、link in bioはまだ若年層に限定された認知・利用に留まっているかもしれないと推察します。

続いて、lit.linkとLinktreeのサイトに訪れたユーザーのうち、SNSが流入元だったセッションはどれくらいなのか見てみましょう。

「lit.link」と「Linktree」の「ソーシャル」データ

「lit.link」と「Linktree」の「ソーシャル」データ(「Dockpit」画面キャプチャ)
期間:2021年3月〜2022年2月
デバイス: PC・スマートフォン

※「シェア」欄…青色はlit.link、赤色がLinktree

送客元のSNSとして圧倒的に多いのがTwitter、次点でInstagram、Youtubeと続いています。

2022年3月現在、国内ではTwitterのほうがInstagramよりも1.4倍ほど月間アクティブユーザーが多い程度であるとされていますが(※出典)、link in bioの利用(セッション)という数で比べると、Twitter経由がInstagramの8倍ほどある計算になります。インスタでは個別の投稿に対してURLを貼り付けられないため、双方からのセッション数を計測した場合に大きな差異が出ているものと思われます。

3位にはYouTubeが登場しています。YouTubeも、投稿者と閲覧者の主なタッチポイントは動画の概要欄になるため、YouTuberや企業アカウントがファンを誘導するのに用いられているようです。

link in bioサービス分析のまとめ

いまlink in bioの拡大する背景には、年々増えていく情報発信サービスと、 Webを介して個人や企業がブランディングを行っていくのに適した特性があるからだと考えられます。特に、企業のように広告宣伝費に大きな投資ができない個人は、一期一会にもなり得るSNS上でのタッチポイントを活かし、いかに自身の認知を広めていくかが重要です。

そのうえで、link in bio上で「自分が何をしている人間で」「どこに自身の情報は置かれていて」という発信やマーケティングを手軽に行えることで、個人がファンを囲い込んでいく構図ができているのではないかと感じました。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2021年3月〜2022年2月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


【急上昇サイト】ヤクルトのオウンドメディアや冷凍食品サイトが集客に成功した理由|2022年5月

【急上昇サイト】ヤクルトのオウンドメディアや冷凍食品サイトが集客に成功した理由|2022年5月

2022年5月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


クラフトコーラは第2のスパイスカレーになれるのか?検索ワード分析で見えた意外な共通項

クラフトコーラは第2のスパイスカレーになれるのか?検索ワード分析で見えた意外な共通項

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層をターゲットに、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「クラフトコーラ」と「スパイスカレー」。直接的には関連のなさそうなこの2つの食品ですが、「健康志向」「スパイスを使用している」そして「特別感のある遊び系料理」という点が共通しています。そこで今回は「クラフトコーラ」と「スパイスカレー」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


企業イメージ経営 ~「レピュテーション」を考える

企業イメージ経営 ~「レピュテーション」を考える

SNSにより企業の評判はプラス・マイナス双方の側面で時として急速に拡大し、全く想定外の方向へと進むこともあり、事前予測が難しい時代になりました。今回は、評判、風評、評価、信用などの意味を持つ「レピュテーション」がテーマ。広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏に、企業イメージを戦略的にコントロールするヒントを寄稿いただきました。


Who are the major players of the Twitter-based word game “Wordle”? An investigation into the online behavior log

Who are the major players of the Twitter-based word game “Wordle”? An investigation into the online behavior log

An investigation has been under way into “Wordle”, a popular Twitter-based word game. We conducted a thorough investigation of the number and characteristics of its users using their online behavior log that we came to know that the game is played by youths, well-offs, and individuals’ genuine interest in learning.


大ヒットRPGゲーム「エルデンリング」のオンライン上での話題性を分析

大ヒットRPGゲーム「エルデンリング」のオンライン上での話題性を分析

本記事では、2022年2月の発売と同時に大きな話題を呼んだ、オープンワールドのアクションRPG「エルデンリング」に着目し、どのようなタイミングでどのようなトピックがオンライン上で話題になっていたのか調査。ヴァリューズが保有するWeb行動ログデータを活用して、消費者の興味関心を定量的に分析します。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら