ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

ブラウザ拡張機能やアプリ分析など新機能が続々発表!「Dockpitユーザー会」レポート

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツール、Dockpitの有料契約者限定で半年に1度開催される「Dockpitユーザー会」。4月18日に開催されたDockpitユーザー会では、日本ペットフード株式会社、株式会社Kaizen Platformの2社とDockpitの開発リーダーである山本、執行役員の子安を迎え、ツールの活用方法やDockpitに追加された新機能について紹介されました。マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。今回は新機能、今後の開発予定についてレポートします。


スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

図:スピーカー紹介

Agenda

・【Dockpit】リリースサイクル
・【Dockpit】2022年1月リリースの機能
・【Dockpit】2022年5月リリースの機能
・【Dockpit】今後の開発予定機能

【Dockpit】リリースサイクル

Dockpitは2020年10月にリリースされてから約1年半。
「競合も、業界も、トレンドもわかるマーケターのためのリサーチエンジン」をコンセプトに、これまで幾度となく新しい機能を追加し、進化を遂げてきました。

Dockpitユーザーから日々頂く要望やプロダクトの戦略をもとに、約3~4ヵ月に1度の頻度で新機能のリリースを行っています。2022年1月には機能改修をメインに12の機能をリリース。5月中旬にまた新たな機能をリリースいたしました。

具体的に「どんな機能を追加したのか」「これからどんな機能を開発していく予定なのか」を順番に紹介していきます。

【Dockpit】2022年1月リリースの機能

2022年1月にリリースした機能は下記の通りです。

ブラウザ拡張機能「Dockpit lite」

「Dockpit lite」はサイトを閲覧しながら情報収集・データ分析ができるブラウザ拡張機能となります。今見ているサイトのデータが気になった時、画面一つで瞬時に情報を取得できるのが魅力です。
※Dockpit liteはDockpitのオプションサービスとして提供しています。

使い方はとてもシンプルです。

1.Google Chromeのブラウザ拡張機能に追加

2.閲覧しているサイトのページで拡張機能のアイコンを押す

3.閲覧しているサイトの同画面上で情報収集・データ分析する


このようにDockpitにわざわざアクセスしなくても、サイトを閲覧しながらクリック一つで性別や年代構成、集客経路などを把握できます。さらにもっと深い情報を収集・分析したい場合や複数のサイトを比較したい場合は、「Dockpitで分析」と表示されたボタンを押すだけで、通常閲覧しているDockpit本機能のページに直接飛ぶことが可能です。

Dockpit liteの活用シーンや、実際の閲覧画面が確認できるページはこちらからご覧ください。

閲覧可能なデータ期間が2年→3年に延長

続いてはデータ期間延長についてです。

コロナ禍も2年が経過しましたが、消費者行動の分析にあたっては「コロナ禍以前の分析対象と比較したい」という声を多くいただいていました。そのことから、閲覧可能なデータ期間を2年(26ヶ月)から3年(38ヶ月)に大幅延長しました。

システムの都合により一度に検索できる期間は最大26ヵ月のままですが、カスタムで期間を遡っていくことで、最大3年分のデータ閲覧が可能です。

過去3年のデータを遡ることで、コロナ禍以前~現在の「自社・競合調査」「業界分析」「トレンド把握」の変化を分析することができます。

クリップしたレポートのタグ整理機能が追加

最後にレポートのタグ整理機能についてです。

これまでは、クリップしたレポートにタグやフォルダという概念が無く、「クリップが多くなると探しにくい」というご意見を多くいただいていました。そのことから、クリップしたレポートに任意のタグを付与する機能を付けました。

プロジェクトごとに付与するタグを変えるなどすることで、レポートの整理が簡単にできるようになりました。

【Dockpit】2022年5月リリースの新機能

続いては、2022年5月にリリースした新機能についてのご紹介です。

アプリデータ対応

ヴァリューズが保有しているスマートフォンの行動ログには、「アプリに関するデータ」「アプリの起動」「インストール」も含まれています。このようなスマートフォンアプリの独自データが、Dockpit上で確認できるようになりました。

アプリデータ対応は大きく3つに分けられます。
1.入力サジェストに「アプリ」がサジェスト表示
2.競合分析に「関心アプリ」の機能追加
3.トレンド分析に「アプリトレンド」の機能追加


具体的にどういった機能なのか順番に見ていきましょう。


■入力サジェストに「アプリ」がサジェスト表示
Dockpitで競合分析をする際、これまでは競合となるサイトだけがサジェストされていましたが、今回のリリースでは入力サジェストにアプリも追加されるようになりました。

サイトの基本指標に加え「アプリ所持ユーザー数」や「月平均アプリ起動日数」など、アプリ独自の指標が把握可能です。

また、スマートフォンデータではアプリ利用のユーザー数だけでなく、ブラウザ利用とアプリユーザーでのユニークユーザー数も把握できます。例えばサイトとアプリの両方を持つサービスであれば、両方を指定することでサービス全体のユニークユーザー数を抽出できるようになりました。


■競合分析に「関心アプリ」の機能追加
競合分析の項目にある「関心サイト」のアプリ版、「関心アプリ」の機能が追加されます。関心アプリは特定のサイト訪問者やアプリ起動に親和性の高いアプリを見つけることができます。

■トレンド分析に「アプリトレンド」の機能追加
トレンド分析の項目に6ヶ月上昇や前月比上昇が分かる「アプリトレンド」の機能が追加されました。サイトやキーワードと同様に、今注目されているアプリやアプリの当月ランキングを確認できるようになりました。

キーワードの自動分類~「検索モチベーション」メニュー追加

これまでは検索キーワードを入力し検索すると、大量のキーワードだけが表示されていましたが、検索意図を自動で分類してくれる機能が追加されました。検索意図がひと目で把握できることによって、素早い情報収集と分析が可能です。

キーワードの自動分類にはGoogle社とヴァリューズが共同研究し発案された、「バタフライ・サーキットと8つの動機」という情報探索行動モデルを採用しています。

そもそも「バタフライ・サーキット」とは、Web上の購入行動に基づく情報探索動機の考え方です。例えばインターネットで物を購入しようとしたとき、「AISAS」や「AIDMA」といった購買行動フレームワークのように、従来は認知から購入まで一個ずつステップを踏んだ行動をとると考えられていました。

しかし、ヴァリューズの行動ログデータを見ていくと、商品の選択肢を広げる「さぐる」、商品の選択肢をしぼる「かためる」といった2つの動きが、まるで蝶の動きのようにぐるぐる動いた行動をとっているということが分かっています。この情報探索行動が「バタフライ・サーキット」と呼ばれています。

「さぐる」と「かためる」を行ったり来たりするバタフライ・サーキットの動きの中には、次の8つの検索動機があるのではないかと考えられています。


■8つの検索モチベーション
≪さぐる≫

・気晴らしさせて(へー)
・学ばせて(ふむふむ)
・みんなの教えて(そんな感じか)
・にんまりさせて(うしし)

≪かためる≫
・納得させて(なるほどね)
・解決させて(はいはい)
・心づもりさせて(やっぱりか)
・答え合わせさせて(ですよね)

サイトを訪れ商品を購入する際、この8つの検索モチベーションが実際の検索キーワードに表れているのではないだろうかということが推測できます。そうして出来たのが「さぐる」と「かためる」を自動で分類する機能「キーワードの自動分類」です。

Dockpit上での実装イメージは下記のとおりです。

Dockpitの画面左側にある「競合分析」の中に、「検索モチベーション」というメニューが追加されました。検索キーワードが並べてあった従来のものから、「さぐる」と「かためる」の割合がどれくらいあるのか円グラフで表示しつつ、検索モチベーションごとの内訳を自社と他社で比較しながら閲覧できます。

【Dockpit】今後の開発予定機能

次回のアップデートや機能の追加はどういった内容なのでしょうか。

今後の開発の方向性

今後の新規機能追加やアップデートにあたり、以下3つの方向性をもって考案・開発をしています。

1.変化やインサイトを、よりわかりやすく
  見ただけであらゆる変化に気づけるようなツールへ

2.課題を素早く把握できるツールへ
  見ただけで問題が起こっていることに気付けるようなツールへ

3.毎日使える・マーケ施策全体をチェックできるツール
  少しの変化を逃さない毎日使えるチェックツールへ

開発予定機能はこちら

現在開発が進められている機能は次の3つです。

1.カスタムダッシュボード
2.Daily、Weeklyでのデータ分析
3.自社サイト分析機能のGA4対応



ここでは「カスタムダッシュボード」について簡単にご紹介します。

■カスタムダッシュボード
従来のDockpitでは決まったグラフやデータの閲覧が可能ですが、他のデータと組み合わせたカスタムダッシュボードを開発予定です。

例えば、いつもの指標に加えてコンバージョン率やコンバージョンセッション率などのカスタムしたデータを、自社と他社で比較できるような機能です。さらに、変化ごとにアラートをかけることで、少しの変化も見逃さず情報収集ができるツールを目指しています。

まとめ

今回はDockpitの新機能や今後の展開についてご紹介しました。

Dockpitを開発・提供しているヴァリューズでは、ユーザーの皆さまのご意見を反映させながら、「スピーディーにデータが見れる」「直感的にわかりやすい」ツールを目指して開発を推進しています。

より簡単に競合分析や課題発見ができたり、業務に欠かせないデイリーツールとなるよう進化していきますので、ご要望やご意見をぜひお寄せください。

Dockpitにご興味のある方は下記より無料版をお試しできますので、ぜひご利用ください。



dockpit 無料版の登録はこちら


この記事のライター

フィリピン在住4年のフリーWebライター。
セブ島留学を機にフィリピンの魅力を発信していきたいと思いWebライターの世界へ。人より動物とすれ違うほどの田舎町で、リアルな現地を体験中です。

前職では旅行業や飲食業に携わった経験を活かしながら、アジアを中心に日本国内外のグローバルな記事制作を得意としています。

留学・海外移住・国際結婚の経験で得た、日本とは異なる価値観や文化、教育など驚きの毎日です。フィリピン体験の一部を切り取り、SNSで発信をしています。

関連するキーワード


Dockpit セミナー

関連する投稿


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


【2022年7月4日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月4日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは? | 「VALUES Marketing Dive」レポート

DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは? | 「VALUES Marketing Dive」レポート

ヴァリューズは、“データを通じて顧客のことを深く考える”“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込め、新しいマーケティングイベント「VALUES Marketing Dive」を5月26日に開催しました。本セミナー全体のテーマは「Update Your Marketing」。Withコロナ時代、生活者には新たな価値観や消費行動が生まれ、マーケティング戦略や施策においては、さらなるアップデートが求められています。本講演では、『DX推進に潜むギャップと落とし穴。高まる「Demand」の重要性とは』と題し、キーノートをお届けしました。


What are the the differences between the searches of “medical consultation” and “health consultation”?

What are the the differences between the searches of “medical consultation” and “health consultation”?

Values Inc. (online behavior analysis services provider using advanced IT technologies) has conducted a collaborative survey with MRT inc. (medical information platform provider) to quantify consumer insights using online behavior histories and user attributes.


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら