競合サイト分析に使えるツール12選(無料版も!)

競合サイト分析に使えるツール12選(無料版も!)

無料から有料まで競合サイト分析に使えるツールをまとめました。SEO対策や広告出稿の方法はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することも有効です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


競合分析の目的

Googleの検索ロジックは複雑化し、特定のタグを変更するといった単純なSEO対策では検索順位を上げづらくなっています。

こうした状況において、現在検索結果上位のサイトにはGoogleが評価する要素があるとし、上位サイトと自社サイトを比較して差分を補いつつ、自社サイトの戦略を改善するための方法にする、というのが競合サイト分析の主な目的となります。

そのほかにも以下の目的も挙げられます。

キーワードリサーチ
競合サイトがどのようなキーワードに焦点を当てているかを調査し、自社サイトのキーワード戦略を改善に利用します。

コンテンツの強化
競合サイト上でどのようなコンテンツが提供されているかを見て、自社のコンテンツが市場のニーズに合っているかを確認します。また、新たなコンテンツ作成のアイデアを得ることも可能です。

リンク構築戦略の強化
競合サイトがどのようなサイトから被リンクを得ているかを分析し、自社のリンク構築戦略を向上につなげます。

こうした自社サイトを見直して修正や新たな要素を加える以外にも、広告出稿において似た顧客層を持っている競合サイトの分析は、効率的な施策立案に役立ちます。

競合サイト分析のメリット

競合サイトを分析するメリットとしてまず挙げられるのは、競合サイトと差別化するポイントを得やすい点です。

SEOではGoogle側から「ここまでやればOK」と教えてくれることが少なく、上位を獲得するのにどのくらいの記事本数や品質が必要なのか、基準を決めづらいことが多いはず。また、検索順位は相対的に決まるので、どのキーワードでも一律同じ基準ではなく、その分野における競合サイトを上回る記事本数や品質が必要になってきます。

そのために競合サイトを分析し、相手が打ち出している強みを自社サイトに取り入れたり、自社サイトだけが持つオリジナリティをどうするか考えます。

分析を進めていくと、差別化要素以外にも、競合サイトの戦略が見えてくる場合もあるでしょう。競合サイトで注力している施策で自社サイトにて着手していないものがあれば、積極的に取り入れるべきです。

また、ある程度同じ施策を打っているサイト同士であれば、競合サイトの流入キーワードで自社がまだコンテンツを用意していないキーワードはないか、など差分を抽出する手法も有効です。

こうした競合サイト分析を通じて、ユーザーのニーズに気づける点もメリットの一つです。

競合サイトの見つけ方

競合サイトを探すには、まずは自社サイトで重視するキーワードを決め、そのキーワードで検索結果上位を取っているサイトをピックアップします。

自社サイトで重視するキーワードは、「自社サイトのアクセス流入上位キーワード」と「これから検索上位を取りたいキーワード」の2種類があります。検索上位を取りたいキーワードは、リソースの都合上、数個に絞るのが得策です。ビッグワードで検索上位を狙うとなると、複数記事、場合によっては数十記事の投入が必要になってしまう場合もあるので注意します。

ピックアップした競合サイトが多い場合、無関係なサイトを除外し、よりユーザー層が近いと考えられるサイトにしぼります。例えば、大手企業が運営していてドメインの強さで上位になっているようなサイトは、外してもよいでしょう。

なお、上位を取っているサイトは半年1年単位で見ると入れ替わっていることも多いので、どのサイトが上がっているか分析すると、検索トレンドの理解に役立ちます。競合サイトの探し方については以下のリンクにてさらに詳しく解説しています。ぜひご確認ください。

SEOに効く!競合サイトの見つけ方と分析方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/738

狙っているキーワードで上位を獲得している競合サイトを分析して良い部分を自社サイトに取り入れましょう。すべてのサイトを見るのは大変なので、効率的に競合分析するには競合サイトの見つけ方が大事。メインの流入キーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトと比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。

競合分析で得るべき情報

競合分析にあたって、「アクセス数・UU数」「属性」「直帰率」「流入経路」「流入キーワード」「流入先コンテンツ」「被リンク獲得先」「上位表示ページ」といった指標をもとに調査を進めます。

アクセス数・UU数

アクセス数やUU数(ユニークユーザー数)を競合サイトと比較し、差が開いているのであれば、自社サイトに伸びしろが多く残されていると言えます。

とくにUU数の計測は競合サイトの人気度を知る指標になります。競合サイトに比べてUU数の差が開いている場合は、人気を高めるにはどのようなサイト構築を行うべきか、またどのようなサイト誘導施策を行っているのか、を掘り下げて調査します。

一人のユーザーが複数ページ閲覧することもあるため、一般にはアクセス数よりUU数の方が小さくなります。流入に注目するなら、UU数で十分です。

属性

性別、年齢、興味や関心といったユーザーの「属性」調査は、自社サイトで作成すべきコンテンツ内容の精査、そしてそこから施策を出すために必要となります。

直帰率

直帰率の調査は、そのサイトがユーザーにとって良いか悪いかの基準となります。競合サイトよりも直帰率が高いのであれば、コンテンツや誘導の導線を見直したり、UIの改善やモバイルの最適化などの施策に取り組む必要性が上がります。

流入経路

流入経路の調査・分析は、集客方法の確認が第一です。しかし、集客はひとつの手段で、最終的な目標はそこからコンバージョンにつなげることです。したがって、単に流入経路を探るのではなく、コンバージョン率を高められる流入経路を特定するようにします。

流入キーワード

競合サイトを訪問したユーザーが検索エンジンで入力したキーワード、流入キーワードの調査は、競合サイトがそのキーワードでサイトに誘導していると分析できます。よって、その流入キーワードで自社サイトを検索上位に表示できるよう、流入キーワードに関するコンテンツの増加などのSEO対策を施します。

流入先コンテンツ

流入先コンテンツとは、そのサイトのどのコンテンツが人気かを測る指標ですが、これを測定できるツールは珍しいのが現状です。しかし、ヴァリューズが提供する「Dockpit(ドックピット)」というマーケティングツールでは、検索後にどのようなコンテンツを見ているかであったり、サイト内の人気コンテンツをページ単位で詳細に分析可能です。

被リンク獲得先

Googleの検索エンジンは、被リンクを獲得しているページを信頼度の高いサイトと解釈します。つまり、被リンク数が多いほどGoogleからの信頼を得て上位表示される可能性が高くなるのです。競合サイトの被リンク数が自社サイトよりも上回っていれば、自社サイトにさらに被リンクが集まるように改善策を講じます。

上位表示ページ

極めて基本的な事柄ですが、検索上位のサイトはアクセス数が多く、それだけユーザーのニーズ・人気を集めていることになります。上位表示されている競合サイトにあって自社サイトにないものはなにか、徹底的に調査・分析を行います。

競合分析後に行うべきこと

上で紹介した指標をもとに、競合サイトの情報を仕入れたら、参考にできる部分は積極的に自社サイトにも取り入れるようにします。しかし、すべてそのままでは競合サイトに双肩できても追い抜くには至りません。

したがって、自社(サイト)にしかない強みがあれば、それを積極的に打ち出し、競合サイトとの差別化を図ります。それによって、アクセス数の向上、新規ユーザーの獲得を期待できます。

【無料版あり】おすすめの競合分析ツール

競合サイトの分析を行うにあたって便利なツールを「無料版あり(使用期限あり。その後は有料)」「有料」「無料」の3つのカテゴリーに分けて紹介します。

Dockpit

リサーチ企業のヴァリューズが提供する「Dockpit」は、マーケティングツールの一つ。ユーザーがキーワード、サイトURL、業界を指定すると、競合調査、業界分析、トレンドの洞察が可能になります。

「Dockpit」の特徴は、直感的なダッシュボード。データを一覧で閲覧し、それから詳細な分析へと進むことができます。

消費者モニター会員としてヴァリューズが抱える250万人規模のWeb行動ログデータが、Dockpitの強力な分析源。性別、年代、エリア、年収といったユーザー属性情報も取り扱います。

競合サイトの状況や市場動向もDockpitにより明らかに。データ駆動型マーケティングを短時間で実現できるツールです。

Dockpitの無料版も存在します。一部機能制限がありますが、その性能をお試しいただけます。

dockpit 無料版の登録はこちら

Dockpit無料版の機能を詳しく解説

Dockpitならではの利便性の高い機能や活用方法を解説

Gyro-n SEO

「Gyro-n SEO」は、株式会社ユニヴァ・ジャイロンのSEO対策ツールで、広告チームからマーケターまで、事業規模を問わずに活用可能です。

ダッシュボードやキーワードランクトラッキング、競合分析といった機能に加え、Google Analyticsとの統合も可能。地域性を重視するキーワードのチェック機能で、地元向けの検索最適化も支援します。

「Gyro-n SEO」は複数の提供形態に対応し、クラウド、SaaS、ウェブベース、デスクトップからモバイルから利用可能。

サポートはメールやヘルプデスク、FAQ、フォーラム経由で行います。

また、Gyro-n SEOの活用法を理解するための教育支援も充実。直接トレーニングからライブオンライン、ウェビナー、ドキュメンテーション、ビデオを介した学習方法があります。

初めての方には3ヶ月無料トライアルが提供され、その後は月額500円から利用が可能です。

SEOツールならGyro-n

https://www.gyro-n.com/seo/

【SEOツール】なら検索順位チェックから競合比較、内部対策管理まで、インハウスSEO担当者が行うフロー、SEO対策のノウハウを詰め込んだGyro-n SEO。効率的にSEOを管理する高機能SEOプラットフォームです。無料から利用OK!

パスカル

「パスカル」は、1,540社以上が活用する信頼性あるSEOツール。5つの主要機能を駆使して、ユーザーのSEO対策を支援します。

「競合分析」では、わずか1分未満で50以上の競合サイト項目を分析。順位影響度を直感的な視覚表示で示します。

「サイト内リンクの最適化」では、記事間の内部リンク管理を行い、ユーザビリティと検索エンジン評価を高めます。

「コンテンツ分析」では、読者の求める情報が記事に適切に反映されているか検証。記事の構成支援を提供します。

「キーワード分析」で、適切なキーワード選定を自動化し、競合サイトのキーワードも調査。その結果から自社の対策を明確にします。

そして、「順位チェック」では、地域やデバイス別の順位を調べ、変動があればアラートメールで知らせます。

パスカルは4日間の無料トライアルも提供。その後は月額45,000円からの料金設定となります。

圧倒的に使いやすいSEOツール【パスカル】

https://www.pascaljp.com/

SEOツール・パスカルは、コンテンツマーケティング および SEOの大幅な作業効率化を実現する有料ツールです。時間のかかる競合サイトの分析を自動化。検索上位ページの傾向からコンテンツやタグの改善点を比較分析します。

【無料】おすすめの競合分析ツール

SEOチェキ!

「SEOチェキ!」は、操作が簡単で初心者にも取り組みやすい無料の競合分析ツール。ホームページのURLを入力するだけで、SEO分析結果を返します。

SEOチェキ!では、サイト内情報、検索順位、キーワード出現頻度といったSEO対策の基礎的なデータを取得できます。これらの情報は自社サイトのパフォーマンス評価や改善策立案に有効です。

また、SEOチェキ!はブックマークレット機能を搭載しています。これはブラウザ上で動作するプログラムで、ブックマークから直接アクセスすることで調査対象のサイトを自動で分析します。これにより、競合サイトの分析と比較作業の手間を省くことが可能です。

サイトSEOチェック - SEOチェキ!

https://seocheki.net/site-check.php

サイトのさまざまな情報をチェックします。SEOチェキ!は、サイト調査・検索順位チェックなど、SEOに役立つさまざまなツールを無料でご提供いたしております。あなた自身のサイトや気になるあのサイトをチェック!

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/2181

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。

Internet Archive Way Back Machine

除、改変)過程を追跡し、SEO対策の検証に利用できるツールです。

競合サイトのあるページのどの変化が検索順位変動要因になったか分析するのは難しいですが、「Internet Archive Wayback Machine」を使用すれば、過去のコンテンツと現在のコンテンツを比較し、「特定の要素の有無が順位に影響を与えた」などの洞察を得られます。

昔のURLと比較することで、そのページの見出しが増えたり、コンテンツ量が倍になったなどの変化を分析できます。

また、Googleの検索エンジンはユーザーの利便性を重視するアルゴリズムを採用しています。そのため、テキストの追加や修正だけでなく、画像や動画などの視覚的要素の追加も重要なリライトの一部となります。

Internet Archive Wayback Machineはこれらの変更も追跡可能で、全体的なSEO戦略の検証に貢献します。​​

Page Speed Insights

「PageSpeed Insights」は、Googleが提供する、無料のWebページ高速化の分析ツール。

「PageSpeed Insights」では、特定のURLのページ表示速度と改善のための具体的なアドバイスが提示されます。全34項目をカバーする詳細な評価から、どの要素が改善を要するかわかる仕組みになっています。

自社ウェブサイトにおけるページの読み込み速度は二つの理由から重要です。

一つ目は、遅いページ読み込みがユーザーのストレスを引き起こし、その結果サイト離脱を促す可能性があるからです。

Googleの研究によると、モバイルページの読み込みが3秒を超えると訪問者の53%がサイトを離れるという結果が明らかになっています。

二つ目は、Googleのアルゴリズムがページ表示速度をランキングの要素として評価するためです。ページ表示速度の遅いウェブサイトは、検索ランキングを低下させるリスクがあります。

ページ表示速度の最適化は、SEO対策の一部としてその重要性を増しています。従って、「PageSpeed Insights」の利用は、SEOの戦略立案には欠かせないツールと言えます。

SEO TOOLS

「SEO TOOLS」は、ウェブサイトの基本的なSEO状況を一覧表示するための無料の分析ツール。

「SEO TOOLS」を使うと、アクセス解析、順位チェック、被リンクチェックといった、SEO戦略を策定する際に基礎データを手軽に収集できます。事前の登録は必要なく、指定したURLやキーワードを基に即座に調査を開始することが可能です。

「SEO TOOLS」は、SEOに必要な情報を包括的に提供する便利なツールとして知名度があります。

その一方、現在は検索順位の指標として使用されない「ページランク」が分析項目に含まれているなど、最新のSEOの動向に完全に対応していない部分も多くなっていることに注意してください。

Built With


「Built With」は、対象となるウェブサイトのシステム構成や、WordPressで利用されているプラグインなど、さまざまなシステムやツールを瞬時に識別する無料のツール。

「Built With」を使うと、ウェブサイトがどのように構築され、どのテクノロジーが使用されているか、そのサービス名を具体的に把握できます。

例えば、CMSがWordPressを使用しているか、Googleアナリティクスやサーチコンソールが導入されているかなどを即座に確認できます。

これにより、競合ウェブサイトがどのようなサービスや技術を活用しているのかを理解し、自社のウェブサイト構築や運用に役立てることができます。

さらに、「Built With」では主要な顧客層を明確に特定し、まだ接触していない潜在的な顧客を発見することも可能です。また、競合他社のマーケットシェアの動向、個別の競合ウェブサイトの分析、インターネット全体のトレンド把握などの機能も提供されています。

BuiltWith

https://builtwith.com/ja/

ウェブテクノロジ情報プロファイラツール。ウェブサイトの何で構築されているのかを確認する。

MOZ

「Moz」は、キーワードリサーチ、ランキングトラッキング、被リンク分析など、SEOに必要な機能を総合的に提供する海外製のツールです。

「Moz」の被リンク分析機能を使うと、特定のキーワードに対するSEO難易度の評価、被リンクに使われている中古ドメインの識別、それらを手作業で行う場合に対する時間と労力の節約が可能です。

また、「Moz」のスパム被リンクチェック機能は、ウェブサイトが不適切なリンクによるペナルティリスクを軽減する上で、非常に有用です。

SEO Software for Smarter Marketing

https://moz.com/

Backed by the largest community of SEOs on the planet, Moz builds tools that make SEO, inbound marketing, link building, and content marketing easy. Start your free 30-day trial today!

【有料】おすすめの競合分析ツール

GRC

測ツールです。無料プランでは20個のキーワードを登録可能で、最低料金プランの月額495円では、500キーワードを登録できます。

GRCの最大の強みは、自社サイトに対する登録したキーワードの順位だけでなく、上位100サイトの順位履歴も調査できる点です。

この機能により、自社サイトのランキングが低い場合でも、上位ランキングのサイトを参照し、自社のウェブページ改善のためのベンチマークとすることが可能になります。

さらに、「GRC」では登録したキーワードの順位とともに、ランクインしている具体的なページも確認できます。これにより、期待していたページがランクインしているのか、あるいは予期しないページがランクインしているのかを明確にすることができます。

検索順位チェックツールGRC

https://seopro.jp/grc/

SEOツールラボでは、アクセスアップを支援するSEO/SEMツールを無料配布しています。検索エンジン順位チェックツールGRCはプロにも利用されているお勧めツールです。

無料で使えるおすすめ検索順位チェックツールと効果的な使い方

https://manamina.valuesccg.com/articles/2321

日々の検索順位チェックは、SEO対策の上で必須の作業。大量のキーワードに対応したり、データ抽出やレポートもこなす高機能なツールは、有料のものがほとんど。今回は一定規模のサイトの運用に使える検索チェックツールをレビューしていきます。本記事では、検索順位チェックツールの重要性やおすすめのツール、SEOとの関係、効果的な戦略について解説します。これらの情報を活用し、検索順位チェックツールで成功を掴みましょう。

SEARCH WRITE

「SEARCH WRITE」は、サイト診断、キーワードリサーチ、バックリンク分析、コンテンツ作成を含む包括的な競合分析ツールです。

自社サイトの健全性を評価し、問題点を特定するための診断機能から、競合他社のバックリンクを分析する機能、さらには効果的なキーワードリサーチとコンテンツ作成をサポートする機能まで、一通りの機能を備えています。

本当に必要な機能だけを集めたSEOツール

https://searchwrite.jp/

SEARCH WRITE(サーチライト)は、SEO成果の可視化・分析・施策立案からタスク管理までを総合的にできるSEO対策支援ツールです。自社キーワードの分析からページ調査・競合分析までを1つのツールで。

Ahrefs

「Ahrefs」は全世界で60万人以上が使用するSEOツールで、その最大の特徴は、豊富な被リンクデータの収集、インデックスの迅速化、そして予測データの高精度などにあります。

「Ahrefs」は海外製ですが、日本のユーザーからも高い評価を受けています。キーワード研究、競合分析、SNSの調査など総合的な機能を持ち、利用者の多様なニーズに対応できます。

「Ahrefs」の最大の強みは、自社のウェブサイトだけでなく、競合他社のウェブサイトに関する詳細な情報も調査可能であることです。この広範なデータアクセス能力が、「Ahrefs」を多くのユーザーから支持される理由となっています。

Ahrefs - SEO Tools & Resources To Grow Your Search Traffic

https://ahrefs.com/

You don't have to be an SEO pro to rank higher and get more traffic. Join Ahrefs – we're a powerful but easy to learn SEO toolset with a passionate community.

競合分析ツールを利用するメリット

ツールの利用によって効率的なデータ収集を行えるため、大切なデータを見落としてしまうといったリスク軽減につながります。そのほかに継続的に競合サイトと自社サイトをモニタリングできるようになるため、自社サイト改善につながるデータを発見しやすいといったメリットがあります。

まとめ

競合分析にあたっては、まず自社で重視したいキーワードを決め、そこから競合サイトを絞り込みます。その後、アクセス数などの指標を用いて調査・分析を進めます。

その際には、今回紹介したツールの利用が効率的かつツールによってはわかりやすく表示されたり、具体的に自社サイトに取り入れるべき内容を教えてくれるものもあるので便利です。

ツールごとの得手不得手やデータの精度もあり、複数のツールを組み合わると、より確実な分析が期待できます。また、ツールから得られた情報を利用するのではなく、独自の要素を付け加えることが、競合サイトに打ち勝つ要因となります。

競合サイト分析をツールで行うにあたってのFAQ

競合サイト分析の概要やツールの紹介をひととおり終えたところで、改めてツールを用いて競合サイト分析を行うにあたって、疑問に感じるであろう点を以下にまとめました。

競合サイト分析でキーワードやトレンドを調査する理由は?

キーワードとトレンドの調査によって、業界のキーワードやトレンドの理解を助けます。それによって、自社サイトがどのようなキーワードに焦点を当てるべきか、またどのようなコンテンツを提供するべきかを見つけ出すことができます。また、業界のトレンドを理解することで、自社サイトが時代遅れにならないようにする=どのようなコンテンツを提供するべきかを見つけ出すことにも役立てられます。

競合他社の被リンクを調査する重要性は?

被リンクはサイトの検索エンジンランキングに大きな影響を与えます。競合サイトのリンク調査によって、自社サイトがどのような外部リンクを得るべきか、またはどのようなサイトから被リンクを得るべきかを特定できます。また、競合他社がどのようなリンク構築戦略を採用しているかを理解することにより、自社のリンク構築戦略を改善するための洞察を得ることにもつながります。

競合サイト分析は1回だけでOK?

競合分析の頻度は、業界の変動性や競争状況によりますが、一般的には少なくとも年に一度は行うことが推奨されます。しかし、可能であれば四半期ごとや半年ごとに分析すれば、よりタイムリーに競合状況の変化を捉え、自社の戦略に反映させられるでしょう。デジタルマーケティングの世界は素早く変化しているため、定期的な分析が重要です。

競合サイト分析を定期的に行うことの重要性は?


競合サイトの戦略は変化し、業界のトレンドも変わります。そのため、競合分析は定期的に行うことで、自社の戦略を最新の状況に適応させられます。また、新たな競合が出現した場合や、競合他社が新しい戦略を採用した場合にすぐに対応できるというメリットがあります。

こうした要素すべてが組み合わさることで、競合分析は自社サイトならびにデジタルマーケティング戦略を強化し、業界での競争力を維持するための重要なツールとなり得ます。

競合サイト分析によってどのような戦略が得られる?

競合分析により、たとえば競合サイトが特定のキーワードに焦点を当てていて、その結果として高い検索エンジンランキングを獲得しているとわかったとします。この場合、自社でも同様のキーワードに焦点を当てることを検討すべきでしょう。また、競合他社がユーザー体験を向上させるようなサイトのデザインや構造を改善していることを見つけた場合、自社サイトにも同様の改善策を施すべきか?と考えられます。

競合サイト分析を成功させるためのポイントは?

競合分析を成功させるためには、まず正確な情報の収集が重要です。これには、業界における主要な競合他社を正確に特定し、そのサイトやデジタルマーケティング戦略を詳細に調査することも含まれます。もっとも重要なのは、得られた洞察を具体的なアクションに変え、それを実行し、結果を測定することです。競合分析は継続的なプロセスであり、その結果をもとにした改善をつねに行うことが、最終的な成功につながるでしょう。

まとめ:ツールで効率化する競合サイト分析

競合分析にあたっては、まず自社で重視したいキーワードを決め、そこから競合サイトを絞り込みます。その後、アクセス数などの指標を用いて調査・分析を進めます。

その際には、今回紹介したツールの利用が効率的かつツールによってはわかりやすく表示されたり、具体的に自社サイトに取り入れるべき内容を教えてくれるものもあるので便利です。

ツールごとの得手不得手やデータの精度もあり、複数のツールを組み合わせると、より確実な分析が期待できます。また、ツールから得られた情報を利用するのではなく、独自の要素を付け加えることが、競合サイトに打ち勝つ要因となります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


LINEヤフー、2023年下期におけるインターネットの利用環境 定点調査結果を発表

LINEヤフー、2023年下期におけるインターネットの利用環境 定点調査結果を発表

LINEヤフー株式会社は、同社が半期に一度実施しているのインターネット利用環境に関する調査について、2023年下期(10月)の結果を公開しました。


DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

DAC、生成AIを活用しワンストップでインフルエンサー施策を支援するサービスを提供

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社は、生成AI機能を活用し、インフルエンサーの選定からデータクリーンルーム分析による広告効果の可視化までをワンストップで支援する「インフルエンサーAIナビ」の提供を開始することを発表しました。


最新の投稿


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/02/05〜2024/02/11)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/02/05〜2024/02/11)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ