今日から始める!Webサイトの競合調査とライバルの見つけ方

今日から始める!Webサイトの競合調査とライバルの見つけ方

オウンドメディアを企画したり、新たに自社サイトのSEO担当になったとき、どこから手を付けたら良いでしょう?メインの流入キーワードを見つけ、そのキーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトを比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。


Webサイトの競合調査をする必要性

WebサイトのSEO担当になったら、多くの場合は月に何本記事を更新するか、計画することになります。デザインやリンク施策もありますが、全く更新せずにアクセス数を伸ばせるサイトは少ないからです。

コンテンツ更新計画をWHATの要素に分解すると、
・どのキーワードに対して
・どのくらいの品質で
・どのくらいの文字数で
・どのくらいの更新頻度で
を決める必要があります。誰がどのように作るかのHOWはその後の話です。

また、記事を更新する予算を獲得するため、検索順位なりアクセス数なりの目標を立て、社内に説明する必要があります。その根拠となる数字はどのように決めれば良いでしょうか。決め方の一つに、検索結果で上位のサイトをベンチマークとする方法があります。Googleの検索ロジックは年々複雑化していますが、上位のサイトはGoogleから評価される要素を含んでいると考えられるからです。

上位のWebサイトを競合調査し、自社サイトとのギャップを埋めるのに必要なコンテンツ量を計算すると、コンテンツ更新計画を立てたり、社内に説得力を持って話せます。

競合調査とは?比較・分析してライバルと差別化しよう

https://manamina.valuesccg.com/articles/575

マーケティングでは競合他社との比較を行った「競合調査」を元に、市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握し、対策となる差別化戦略を立てるのに活用します。 この記事では競合調査の目的と進め方、3C分析・4P分析・SWOT分析など分析の方法論などの基本をご紹介します。

SEO上の競合サイトを見つける方法

競合のWebサイトを見つけるには、自社が重視するキーワードを見つけ、そのキーワードで検索結果上位のサイトを調べます。

自社が重視するキーワードを決める

自社が重視するキーワードには、2種類あります。一つ目は自社サイトのアクセス流入上位のキーワード、2つ目はこれから検索上位を取りたいキーワードです。

自社サイトのアクセス流入上位を把握するには「Google Search Console」を使用します。「検索パフォーマンス」で「クリック数」上位のクエリ(キーワード)がアクセスに貢献しているキーワードです。上位のキーワードのうち、「表示回数」が多いキーワードの方が検索ボリュームが大きい可能性が高いので、より伸びしろがあると言えるでしょう。

もう一つのこれから検索上位を取りたいキーワードには補足が必要です。まずSEOのターゲットとするキーワードは1-2個に絞ります。たいていの場合リソースに制約があり、全てのキーワードを対象にSEOするのは難しいからです。

また、現在アクセス流入に貢献しているキーワードが、必ずしもこれから上位を取りたいキーワードと一致しないこともある点に注意します。上位を取れていても、売上に貢献しないキーワードはSEOの優先度を下げるべきです。

狙っているキーワードで検索上位のサイトを「競合サイト」とする

ターゲットにするキーワードが決まったら、そのキーワードで検索結果上位のサイトを調べます。特に、複数のキーワードで登場するサイトがあれば、同じテーマを扱うサイトの可能性が高く競合サイトの候補です。Wikipediaや数ページのサイトはあまり参考にならないので、コンテンツもよくできたサイトが良いでしょう。

ブラウザで簡易的に調べる場合「プライベートブラウザ」にしてパーソナライズされていない順位を取得します。

競合Webサイトとの「ギャップ」を調べる

競合のWebサイトが決まったら、競合サイトの「流入キーワード」「ドメインの強さ」「コンテンツ」について調べていきます。

競合Webサイトの「流入キーワード」
競合サイトがどんなユーザー層で上位の流入キーワードはなにか、は有料ツールで解析できます。たとえばインターネット行動ログ分析サービスDockpitはあらゆるサイトのユーザー属性、集客方法、サイト内の人気コンテンツを調査できます。

競合Webサイトの「ドメインの強さ」
一般に、同じコンテンツのサイト同士ならドメインが強いサイトの方が検索結果上位になります。被リンクが多いドメインに加え、近年は公式ドメイン系もGoogleに評価されています。自社のドメインがだいたい競合Webサイトと同等の強さなら「戦える」と思って良いでしょう。

競合Webサイトの「コンテンツ」
ドメインが同じ強さなら競合Webサイトと同等または上回るコンテンツを投入し続ければ、同じ順位が取れる、と期待できます。

コンテンツの中身は、サイト構成、記事の総数、記事の品質、文字数、更新頻度などに分解できます。

・サイト構成:メニュー構成を見る
・記事の総数:記事一覧があれば 1ページあたりの記事数xページ送りの件数 で計算
・記事の品質:見出しや画像の数、専門家の監修を受けている、クラウドソーシングに外注していそう、など。
・記事の文字数:各カテゴリーごとに数本ずつサンプリングして、1記事あたりの文字数を調べます。運営当初と変わっている場合があるので、最近の記事を対象にしたほうが良いでしょう。
・記事の更新頻度:月間何記事更新しているか調べます。
・競合サイトの文字数合計:記事数 x 記事の文字数で概算できます。

これらを表にまとめ、自社サイトの数字と比較し、ギャップを埋めるにはどのくらいのペースで記事投入が必要か試算します。たとえば、次のペースでサイトを更新すると年間48万文字投入されます。

・2000文字 x 月間20記事 x 12ヶ月=48万文字

よくあるのは更新頻度が少なすぎるパターンで、仮に競合が50万文字あるサイトだったら週1更新だと追いつくのに5年かかる試算になってしまいます。Webサイトの競合調査は、こうしたフィージビリティ(実現可能性)の検証に役立ちます。

・2000文字 x 月4記事 x 12ヶ月=9.6万文字

まとめ

検索結果上位を取っている競合のWebサイトの構築方法を真似れば、同等の検索順位を取れると期待できます。競合のコンテンツを分析し、自社とのギャップを埋めるために必要な作業量を試算すれば、コンテンツの計画を立てやすくなります。これが、Webサイトの競合調査を行うメリットです。

関連記事

Webサイトの競合調査に使えるツール【Webプロモーション編】

https://manamina.valuesccg.com/articles/590

Webサイトのアクセス誘導にはSEOによって検索結果から流入を目指すものと、Webプロモーションによる広告経由で流入を目指すものの、大きく2種類があります。広告にはリスティング・ディスプレイ広告、PPCにアフィリエイトなどがありますが、他社がどのプラットフォームを使ってどの条件で出稿しているか類推できると自社のプロモーション戦略の参考になります。この記事ではライバルのWebサイトの出稿状況を競合調査する方法について解説します。

競合調査の報告書・レポートのまとめ方

https://manamina.valuesccg.com/articles/876

市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握し、売上向上対策として差別化戦略を立てるのに欠かせない「競合調査」。これを戦略立案に活かすには、調査結果をまとめ部署、社内で共有することが肝心です。そこで今回は、競合調査の基本から報告書・レポートのまとめ方までご紹介します。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


競合調査 SEO

関連する投稿


SEOやSEMで検索クエリの幅を広げるためにチェックすべき、Dockpitの「関心ワード」と「類似ワード」とは?

SEOやSEMで検索クエリの幅を広げるためにチェックすべき、Dockpitの「関心ワード」と「類似ワード」とは?

Webサイトでの集客を行う際に、顕在層の獲得がSEOやSEMである程度進んできた場合、その次に必要になるのは潜在層獲得の対策です。潜在層は顕在層と比較して情報収集目的での検索が多いため、アプローチには対策する検索クエリの幅を広げることが必要です。そこで今回は、効率よく検索クエリの幅を広げるために、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」が設けている「関心ワード」「類似ワード」の2つの観点をご紹介します。


コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

飲食業などの店舗では、新型コロナウイルス感染症の影響で、普段と異なる営業形態になっているお店も多いようです。こうした営業情報の変更にくわえて、感染防止対策の実施状況などを確実にお客さんに伝えるにはどうしたらよいでしょうか。Googleのスポット情報「Googleマイビジネス」は検索結果のよい位置に表示されるため、公式サイトを持っていたとしても、最低限の情報は「Googleマイビジネス」側でも更新しておくことをおすすめします。


【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

2021年上半期にWebサイト担当者が抑えておくべきポイントとは? 2020年12月のコアアルゴリズムアップデート、UXの重要指標である「core web vitals(コアウェブバイタル)」、「Google Analytics4(GA4)」の3つの最新トレンドを踏まえ、SEO担当者がやるべきこと/意識すべき点について、ヴァリューズの岩間が初心者にも分かりやすく解説します。


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


最新の投稿


誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

直感的なダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析(自社・競合・市場)ができる「Dockpit」に、Googleアナリティクス連携機能が搭載されました。Dockpit上でスピーディーにGoogleアナリティクスのデータ分析もできます。自社Webサイトの効果検証から競合・市場の把握までをシームレスに1つのツールで確認することが可能です。


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー