市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」とは

Dockpit(ドックピット)は、限られた時間で多くの情報を必要とするマーケターのために開発された、ダッシュボード型のマーケティングツール。

「マーケティングリサーチ」というと、手間や時間がかかるイメージがありますが、マーケティングに必要不可欠な3C(自社・競合・市場)を簡単に分析できる、“マーケターのためのリサーチエンジン”として開発、2020年10月にリリースされました。

Dockpitでは、ヴァリューズが保有する国内250万人規模の消費者パネルのWeb行動データを、オンラインで分析することができます。

Dockpitの機能については、以下の1分動画にまとめられています。

膨大な消費者Web行動ログデータを素早く可視化・分析。新リリースしたマーケターのためのリサーチエンジン『Dockpit(ドックピット)』とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1023

マーケティングにおいて重要な3C分析(自社・競合・市場)のデータを俯瞰し、戦略へと導くダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』が「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズから新たにリリースされました。Dockpitは、消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査やユーザー理解をサポート。これ一つで短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。機能の特徴について詳しくご紹介します。

「Dockpit」の無料版を使ってみた

Dockpitから新たにリリースされた無料版の「Dockpit Free」。キーワード検索数の推移や業界分析、サイトランキングなどDockpitの一部の機能が無料で利用できます。

Dockpit Freeにログイン

Dockpit Freeにログインすると、以下のようなトップ画面が表示されます。

・キーワード分析
・競合分析
・業界分析

の3つのメインメニューがあります。

また、後述しますが、ヘッダーにある「トレンド分析」はユーザー数が多いサイトを色々なカテゴリに絞ってランキングできる機能です。

Dockpit Freeのトップ画面

Dockpit Freeのトップ画面

キーワード分析

任意のキーワードを指定して、検索推移や検索者の属性がわかる

まず、「キーワード分析」を使ってみます。キーワード分析は、任意のキーワードの直近1年間の検索ユーザー数のボリュームや推移、検索した人の性別・年代・エリアの構成比、検索意図を明らかにするワードネットワークなどの機能があります。

「テイクアウト」というキーワードで分析してみた結果がこちらです。

「テイクアウト」検索数の推移

「テイクアウト」検索数の推移

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

コロナ禍で初めて緊急事態宣言が出された2020年4月から5月にかけて、大きく検索数が伸びていることがわかりました。

このように、気になるトレンドの推移を、簡単に調べてみることができます。これは便利!

初回ログイン後7日間限定の機能ではありますが、検索ユーザーの属性(性別、年代、居住地)もグラフでわかりやすく見ることができます。

「テイクアウト」検索ユーザーの性別・年代

「テイクアウト」検索ユーザーの性別・年代

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

掛け合わせ検索のキーワードを、ワードネットワークで可視化することもできるので、キーワードの周辺ニーズを探るのに使えます。

「テイクアウト」は「丸亀製麺」や「ガスト」など、幅広い世代に人気の飲食店舗名と共に検索されているようです。

「テイクアウト」検索のワードネットワーク

「テイクアウト」検索のワードネットワーク

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

また、2つのキーワードの検索数を比較することもできます。

下図は「テイクアウト」と「宅配」の検索数を比較したグラフです。2020年3月までは「宅配」の検索数の方が多かったのですが、4月に「テイクアウト」検索数が大きく伸びて逆転。その後は「テイクアウト」検索数が上回っていることがわかります。

ここではグラフは割愛しますが、検索者の性別・年代・居住エリアを比較することも可能です。

「テイクアウト」検索数、「宅配」検索数の比較

「テイクアウト」検索数、「宅配」検索数の比較

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

競合分析

気になるサイトのユーザー数、セッション、ユーザーの性別・年代・居住エリアがわかる

続いて「競合分析」メニューを使ってみます。旅行メディア「トリップアドバイザー」と「RETRIP」を比較してみましょう。

トップの「競合分析」でサイト名を入力すると、サジェストが出てくるので、URLを調べなくても簡単にサイト入力することができました。

「トリップ」と入力すると「トリップアドバイザー」がサジェストで表示された

「トリップ」と入力すると「トリップアドバイザー」がサジェストで表示された

下のグラフが、「トリップアドバイザー」と「RETRIP」の1年間のユーザー数とセッション数の推移です。

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」のユーザー数、セッション数の推移

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」のユーザー数、セッション数の推移

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

緊急事態宣言が出された2020年4月はユーザー数が減少しましたが、その後は徐々に回復。2020年12月には両サイトのユーザー数、セッション数が拮抗していることがわかります。

両サイトのユーザー属性(性別・年代・居住エリア)を比較して、利用者層の違いを考察することもできます(※ユーザー属性は初回ログイン後7日間の機能)。

トリップアドバイザーに比べるとRETRIPの方が、20~30代の若年割合が高いようです。

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」ユーザーの性別・年代

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」ユーザーの性別・年代

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

業界分析

業界別のサイトシェアや順位がわかる

変化する業界・市場をウォッチし、業界内でのシェアやサイトランキングを出せる「業界分析」。無料版では、一部業界に関してお試し分析ができます。

下の円グラフは、「旅行 メディア」の業界シェアです。

「旅行メディア」の業界シェア

「旅行 メディア」の業界シェア

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

業界内で、自社サイトのユーザー数は何位なのか、どれぐらいのシェアがあり、どのように推移しているのか、気になりますね。

なお、業界カテゴリはDockpit内で独自に設定されています。

トレンド分析

カテゴリ別のサイトランキング、最近伸びているサイトもわかる

「トレンド分析」機能では、様々なカテゴリでサイトランキングを作ることができます。(無料版は上位10位まで掲載)

前月比や前年同月比もわかるので、業界内で伸びているサイトを把握したり、メディアのプランニングにも活用できそうです。

サイトランキング

サイトランキング(カテゴリ指定なし)

期間:2020年12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

前月比上昇

前月比上昇(カテゴリ指定なし)

期間:2020年12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

無料版の登録方法

「Dockpit」の無料版を利用するには、まずメールアドレスを登録します。

Dockpit Free 新規登録画面

あとは、メール受信後、URLをクリックし、画面の手順に沿って必要情報を入力するだけ。
登録が完了すると、アカウントは即時発行されるので、すぐに分析をスタートできます。

初回ログイン後7日間はトライアルで一部有料機能も無料で利用可能です。
※トライアル期間終了後もUU推移やサイトランキング閲覧などの機能は、引き続き無料でご利用いただけます。

↓無料版の登録はこちらから↓
dockpit 無料版の登録はこちら

こちらもチェック!

マーケティングダッシュボードDockpit(新サービス)紹介セミナー|オンライン開催

https://manamina.valuesccg.com/articles/1073

3C(自社・競合・市場)のデータを俯瞰し、戦略を考えるには? <br>ヴァリューズから新しく誕生した、競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の紹介オンラインセミナーです。

EC改善に使えるヴァリューズの新ツール「Dockpit」の強みとは?ディノス・セシールCECO石川さんに聞いてみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1017

国内の主要Webサイト・アプリ分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を中心に、Web行動ログデータを用いた数々のマーケティング・ソリューションを提供してきた株式会社ヴァリューズ。今年10月、そのeMark+をより進化させた新しいWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をリリースしました。Dockpitは他の分析ツールとどのような点が異なるのか。eMark+も愛用いただいていた、ディノス・セシールCECO(Chief e-Commerce Officer)の石川森生さんに、Dockpitが実務にどう役立ちどんな課題を解決するのか、お聞きしました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


大人のファンタのアンケートキャンペーンでWebサイト訪問者数が急増【急上昇サイトで探るトレンド】

大人のファンタのアンケートキャンペーンでWebサイト訪問者数が急増【急上昇サイトで探るトレンド】

2021年3月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに“緊急事態宣言”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/18~2021/4/24)

急上昇ワードに“緊急事態宣言”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/18~2021/4/24)

2021年4月18日~4月24日週の検索急上昇ワードでは、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県に対して4月25日に発令された新型コロナウイルス感染拡大に伴う3回目の「緊急事態宣言」に注目が集まり、検索が急増しました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


遂に、コスメ専門モール「ZOZOCOSME」がオープン!話題の「ZOZOGLASS」の反応は?

遂に、コスメ専門モール「ZOZOCOSME」がオープン!話題の「ZOZOGLASS」の反応は?

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、2021年3月18日にコスメ専門モール「ZOZOCOSME」をオープンし、化粧品に本格参入しました。3D計測用ボディースーツ「ZOZOSUIT」や、3Dで足を計測できるマット「ZOZOMAT」に次いで、ユーザーの肌の色を診断する新たなウェアラブルデバイス「ZOZOGLASS」も話題となっています。コロナ禍で店舗におけるコスメのサンプル試用機会が制限されている昨今ですが、自宅でも自分にマッチしたコスメ選びが可能になることもあり、期待を寄せているユーザーも多いと思います。今回は「ZOZOCOSME」と「ZOZOGLASS」について調査します。


携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

携帯の新料金プラン、ahamo・povo・LINEMOのデジタル集客を調査!初速の勝者はどこ?

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社から発表された格安プランについて、3月のサービス開始前後の集客状況を調査。「ahamo」「povo」「LINEMO」の3プランがどういった層から関心を受け、現時点で市場での勝ち筋が見えているのはどこなのか、という分析をヴァリューズの「Dockpit」を用いて進めていきます。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング