市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」とは

Dockpit(ドックピット)は、限られた時間で多くの情報を必要とするマーケターのために開発された、ダッシュボード型のマーケティングツール。

「マーケティングリサーチ」というと、手間や時間がかかるイメージがありますが、マーケティングに必要不可欠な3C(自社・競合・市場)を簡単に分析できる、“マーケターのためのリサーチエンジン”として開発、2020年10月にリリースされました。

Dockpitでは、ヴァリューズが保有する国内250万人規模の消費者パネルのWeb行動データを、オンラインで分析することができます。

Dockpitの機能については、以下の1分動画にまとめられています。

膨大な消費者Web行動ログデータを素早く可視化・分析。新リリースしたマーケターのためのリサーチエンジン『Dockpit(ドックピット)』とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1023

マーケティングにおいて重要な3C分析(自社・競合・市場)のデータを俯瞰し、戦略へと導くダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』が「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズから新たにリリースされました。Dockpitは、消費者のWeb行動ログデータをもとに、市場調査やユーザー理解をサポート。これ一つで短時間でデータドリブンなマーケティングを可能にします。機能の特徴について詳しくご紹介します。

「Dockpit」の無料版を使ってみた

Dockpitから新たにリリースされた無料版の「Dockpit Free」。キーワード検索数の推移や業界分析、サイトランキングなどDockpitの一部の機能が無料で利用できます。

Dockpit Freeにログイン

Dockpit Freeにログインすると、以下のようなトップ画面が表示されます。

・キーワード分析
・競合分析
・業界分析

の3つのメインメニューがあります。

また、後述しますが、ヘッダーにある「トレンド分析」はユーザー数が多いサイトを色々なカテゴリに絞ってランキングできる機能です。

Dockpit Freeのトップ画面

Dockpit Freeのトップ画面

キーワード分析

任意のキーワードを指定して、検索推移や検索者の属性がわかる

まず、「キーワード分析」を使ってみます。キーワード分析は、任意のキーワードの直近1年間の検索ユーザー数のボリュームや推移、検索した人の性別・年代・エリアの構成比、検索意図を明らかにするワードネットワークなどの機能があります。

「テイクアウト」というキーワードで分析してみた結果がこちらです。

「テイクアウト」検索数の推移

「テイクアウト」検索数の推移

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

コロナ禍で初めて緊急事態宣言が出された2020年4月から5月にかけて、大きく検索数が伸びていることがわかりました。

このように、気になるトレンドの推移を、簡単に調べてみることができます。これは便利!

初回ログイン後7日間限定の機能ではありますが、検索ユーザーの属性(性別、年代、居住地)もグラフでわかりやすく見ることができます。

「テイクアウト」検索ユーザーの性別・年代

「テイクアウト」検索ユーザーの性別・年代

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

掛け合わせ検索のキーワードを、ワードネットワークで可視化することもできるので、キーワードの周辺ニーズを探るのに使えます。

「テイクアウト」は「丸亀製麺」や「ガスト」など、幅広い世代に人気の飲食店舗名と共に検索されているようです。

「テイクアウト」検索のワードネットワーク

「テイクアウト」検索のワードネットワーク

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

また、2つのキーワードの検索数を比較することもできます。

下図は「テイクアウト」と「宅配」の検索数を比較したグラフです。2020年3月までは「宅配」の検索数の方が多かったのですが、4月に「テイクアウト」検索数が大きく伸びて逆転。その後は「テイクアウト」検索数が上回っていることがわかります。

ここではグラフは割愛しますが、検索者の性別・年代・居住エリアを比較することも可能です。

「テイクアウト」検索数、「宅配」検索数の比較

「テイクアウト」検索数、「宅配」検索数の比較

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

競合分析

気になるサイトのユーザー数、セッション、ユーザーの性別・年代・居住エリアがわかる

続いて「競合分析」メニューを使ってみます。旅行メディア「トリップアドバイザー」と「RETRIP」を比較してみましょう。

トップの「競合分析」でサイト名を入力すると、サジェストが出てくるので、URLを調べなくても簡単にサイト入力することができました。

「トリップ」と入力すると「トリップアドバイザー」がサジェストで表示された

「トリップ」と入力すると「トリップアドバイザー」がサジェストで表示された

下のグラフが、「トリップアドバイザー」と「RETRIP」の1年間のユーザー数とセッション数の推移です。

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」のユーザー数、セッション数の推移

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」のユーザー数、セッション数の推移

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

緊急事態宣言が出された2020年4月はユーザー数が減少しましたが、その後は徐々に回復。2020年12月には両サイトのユーザー数、セッション数が拮抗していることがわかります。

両サイトのユーザー属性(性別・年代・居住エリア)を比較して、利用者層の違いを考察することもできます(※ユーザー属性は初回ログイン後7日間の機能)。

トリップアドバイザーに比べるとRETRIPの方が、20~30代の若年割合が高いようです。

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」ユーザーの性別・年代

「トリップアドバイザー」と「RETRIP」ユーザーの性別・年代

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

業界分析

業界別のサイトシェアや順位がわかる

変化する業界・市場をウォッチし、業界内でのシェアやサイトランキングを出せる「業界分析」。無料版では、一部業界に関してお試し分析ができます。

下の円グラフは、「旅行 メディア」の業界シェアです。

「旅行メディア」の業界シェア

「旅行 メディア」の業界シェア

期間:2020年1月~12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

業界内で、自社サイトのユーザー数は何位なのか、どれぐらいのシェアがあり、どのように推移しているのか、気になりますね。

なお、業界カテゴリはDockpit内で独自に設定されています。

トレンド分析

カテゴリ別のサイトランキング、最近伸びているサイトもわかる

「トレンド分析」機能では、様々なカテゴリでサイトランキングを作ることができます。(無料版は上位10位まで掲載)

前月比や前年同月比もわかるので、業界内で伸びているサイトを把握したり、メディアのプランニングにも活用できそうです。

サイトランキング

サイトランキング(カテゴリ指定なし)

期間:2020年12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

前月比上昇

前月比上昇(カテゴリ指定なし)

期間:2020年12月
対象デバイス:PC、スマートフォン

無料版の登録方法

「Dockpit」の無料版を利用するには、まずメールアドレスを登録します。

Dockpit Free 新規登録画面

あとは、メール受信後、URLをクリックし、画面の手順に沿って必要情報を入力するだけ。
登録が完了すると、アカウントは即時発行されるので、すぐに分析をスタートできます。

初回ログイン後7日間はトライアルで一部有料機能も無料で利用可能です。
※トライアル期間終了後もUU推移やサイトランキング閲覧などの機能は、引き続き無料でご利用いただけます。

↓無料版の登録はこちらから↓
dockpit 無料版の登録はこちら

こちらもチェック!

消費者ニーズやブランド認知度を測るツールとしても活用 ~ 日本ペットフードの導入事例|Dockpitユーザー会レポート | [マナミナ]

https://manamina.valuesccg.com/articles/1820

株式会社ヴァリューズが提供するWeb行動ログ分析ツールDockpitの有料契約者限定で開催された「Dockpitユーザー会」。有料契約者の導入事例として日本ペットフード株式会社を迎え、ツールの導入に至った背景や活用方法、活用メリットについて紹介いただきました。 マナミナ編集部もDockpitユーザー会に参加。日本ペットフード株式会社の独自のツール活用術についてレポートします。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


競合調査とは?比較・分析してライバルと差別化しよう

競合調査とは?比較・分析してライバルと差別化しよう

競合他社と差別化する戦略のベースとなる「競合調査」。競合調査では市場における自社の強みや弱み、そして他社の戦略などを把握する必要があります。この記事では競合調査の基本や進め方、そして競合調査の準備・実行に使えるフレームワークなどについてご紹介します。


企業のコアファンはメルマガに潜む?「メルマガ会員アンケート」の重要性【リサーチャー・菅原大介】

企業のコアファンはメルマガに潜む?「メルマガ会員アンケート」の重要性【リサーチャー・菅原大介】

業務の効率化、またコロナ禍の影響もあり、スピーディーかつスムーズなコミュニケーションが求められるようになった昨今。チャットツールの導入が急速に加速し、メールでの情報共有が減ってきています。そんな時代の流れがある中でも、企業は「メルマガ」配信に注力しているとおっしゃるのはリサーチャーの菅原大介さんです。その証拠として、カスタマーサポートセンターやフォームにはメルマガに関する問合せが異例の量、届いているというのです。詳しく伺っていきましょう。


「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

マンガアプリ業界が好調です。2020年9月から2年間のアプリユーザー数を見ると、新型コロナによる巣ごもり需要の影響もあってか、その伸びは顕著です。 今回は、拡大するマンガアプリ業界を牽引する、電子書店型サービス「LINEマンガ」「ピッコマ」、および、出版社が提供する「少年ジャンプ+(集英社)」「マガポケ(講談社)」「マンガワン(小学館)」について調査します。また、今年に入って好調の「ヤングジャンプ+」について、さらに詳しく掘り下げてみたいと思います。


急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

急上昇ワードに「東京アメッシュ」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/18~2022/9/24)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月18日~9月24日の検索急上昇ワードでは、降雨状況の変化を短い周期で追える「東京アメッシュ」といったサイトの他、台風関連のワードが多数ランクイン。劇場版最新作が公開中の「ガリレオ」シリーズに関する検索も複数見られました。


急上昇ワードに「台風14号」「ドラクエ10」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/11~2022/9/17)

急上昇ワードに「台風14号」「ドラクエ10」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/9/11~2022/9/17)

ネット行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年9月11日~9月17日の検索急上昇ワードでは、3連休に列島を縦断した「台風14号」に関する検索や、9月15日に発売された「ドラゴンクエスト10 オフライン」に関する検索が関心を集めました。


最新の投稿


【2022年10月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年10月17日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国市場のトレンド変化は非常に速く、激しいのが特徴です。そのため、中国市場をいち早く理解するためには、リサーチ方法が大きなカギとなります。本レポートでは、マーケティング・プロセスに合わせた分析手法を用いて、中国の「健康意識」と「美容」の2テーマのトレンドを調査しました。(ページ数|66ページ)


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

Facebookが社名を「メタ」に変更したことでも話題になり、注目が高まっている「メタバース」。TikTokなどのSNSマーケティングやOMO施策の最前線に立つ中国では、どのようなメタバースビジネスが展開されているのでしょうか。メタバースとEC、SNS、飲食それぞれ掛け合わせた中国ビジネスを中心に、動向を解説します。


「お客様のお客様」に向き合う。データをもとにした顧客理解とコミュニケーション施策を実行するCRMとは

「お客様のお客様」に向き合う。データをもとにした顧客理解とコミュニケーション施策を実行するCRMとは

株式会社ヴァリューズは独自データを用いた調査分析と分析ツールの提供を広く行う会社です。データを活用したプロモーションやCRM領域にも支援を拡大しています。今回はコンサルタントとしてCRMの戦略立案から実行までを推進する谷口佑貴也さんにお話を聞きました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら