みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


「デメリット」が気になるワードTOP20

まずはデメリットが気になるワードのTOP20をご紹介します。

「デメリット」と同時に検索されたキーワード(「メリット」を除く)は、1位「マイナンバーカード」2位「保険証」3位「楽天カード」でした。

2015年に始まったマイナンバー制度、2022年になって健康保険証としての利用申込みや公金受取口座の登録などの施策がスタートし、登録すればマイナポイントがもらえるキャンペーンも始まりました。マイナンバーカード普及の取り組みが加速する中、デメリットを調べるユーザーも多く現れているようです。

また、2位の「保険証」についても、同時期に「保険証」を検索したユーザーの掛け合わせワードの42%が「マイナンバーカード」、12%が「マイナンバー」であることから、マイナンバーカードの健康保険証としての利用申し込みについてのデメリットを検索したのではないかと想定されます。

その他、AHAMO、楽天モバイル、POVOなどのキャリアサービスや、積立NISA、IDECOなどの金融商品も、デメリットが気になるサービスの上位に入りました。

「デメリット」との掛け合わせワードランキングTOP20

「デメリット」との掛け合わせワードランキングTOP20

期間:2021年11月〜2022年10月
デバイス:PC・スマートフォン

「おすすめ」が気になるワードTOP20

次に、おすすめが気になるワードのTOP20をご紹介します。

「おすすめ」と同時に検索されたキーワードは、1位「2022」2位「本」3位「ランチ」でした。デメリットを検索していた金融サービスやキャリアサービスとは異なり、体験型のモノやサービスに注目が集まりました。

アプリやスマホ、PCなどの購買にもおすすめ情報は参考にされているようです。

「おすすめ」との掛け合わせワードランキングTOP20

「おすすめ」との掛け合わせワードランキングTOP20

期間:2021年11月〜2022年10月
デバイス:PC・スマートフォン

「デメリット」と「おすすめ」の季節変化

デメリットやおすすめ情報は、ユーザーがその時に興味関心を持っているものと掛け合わされやすいものです。そこで、それぞれの掛け合わせワードを季節ごとに分析し、ユーザーがどんなコト・モノに興味を持っていたかの変化を追っていきます。

「デメリット」との掛け合わせワードの季節変化

まずは「デメリット」との掛け合わせワードの季節変化について見ていきます。

下の図のように、2021年11月〜2022年1月に検索されたのは「超音波式」「スチーム式」「シーズヒーター」「パネルヒーター」などの季節家電が多く見られました。種類も多いため、メリット・デメリットの比較がよくされていたのだと考えられます。

2022年2月〜4月は「でんき」「電気」が多く、4月の電気料金値上がりが影響しているようです。電力会社の社名も見られ、比較がされたようです。

2022年5月〜7月は、5月末納付の「自動車税」、7月にGoogle Chromeの「保護強化機能」のリコメンドについて調べるなど、生活まわりのTODOに関するワードが多かった中で、「マイナポイント第2弾」「マイナ」が増えた期間でした。

2022年8月〜10月は、東京電力の「アクアエナジー100」、マイクロソフトのセキュリティ機能「メモリ整合性」、楽天証券の「家族プログラム」などが目立ちました。

デメリットと掛け合わせワードの季節比較

デメリットと掛け合わせワードの季節比較

期間:2021年11月〜2022年10月
デバイス:PC・スマートフォン

「おすすめ」との掛け合わせワードの季節変化

続いて、「おすすめ」との掛け合わせワードの季節変化について見ていきます。

下の図のように、2021年11月〜2022年1月に検索されたのは「ブラックフライデー」「お年賀」「お歳暮」などのショッピング情報でした。季節柄、年賀状に関するワードも上がりました。

2022年2月〜4月は「ホワイトデー」「花粉症」が多かったようです。

2022年5月〜7月は、「プライムデー」「父の日」「お中元」が検索されました。猛暑で一時品薄となった「ネッククーラー」「クールリング」「アイスリング」もよく検索されていたことがわかります。

2022年8月〜10月は、「スプラトゥーン」がよく検索されました。特に武器などのワードが上がっていないことから、ゲーム攻略という切り口ではなく、単純にゲームそのものをすすめている、おすすめのポイントを調べている、といったところでしょうか。

総じて、贈り物や期間限定セールなどでおすすめ情報がよく参考にされていることがわかります。

おすすめと掛け合わせワードの季節比較

おすすめと掛け合わせワードの季節比較

期間:2021年11月〜2022年10月
デバイス:PC・スマートフォン

「デメリット」や「おすすめ」情報が気になる人の特徴

では、デメリットやおすすめ情報を検索する人はどんな特徴があるのでしょうか。それぞれのユーザー属性を調べてみましょう。

「デメリット」を気にするのは男性が多い?

まずは男女比を見てみます。下のグラフのように、「デメリット」を検索する人はやや男性が多いようです。掛け合わせワードに金融商品が目立つことも考えると、契約者として、それらのリスクをしっかり見極めたい男性が多いということかもしれません。

おすすめの検索は男女比がほぼ半々でした。ショッピングや贈り物など、性別や年齢を問わず、口コミを参考にしやすいことがわかりました。

「デメリット」「おすすめ」検索ユーザー属性/性別

「デメリット」「おすすめ」検索ユーザー属性/性別

期間:2021年11月〜2022年10月
デバイス:PC・スマートフォン

また、年齢層については、ネット利用者全体と比べると検索者は20〜30代が多い傾向が見られました。特に若年層では他者の口コミ、評価が商品・サービスの選定や判断に影響を及ぼしていると考えられます。

「デメリット」「おすすめ」検索ユーザー属性/年代

「デメリット」「おすすめ」検索ユーザー属性/年代

期間:2021年11月〜2022年10月
デバイス:PC・スマートフォン

まとめ

今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析しました。

まずはデメリットが気になるワードとして、「マイナンバーカード」「保険証」「楽天カード」が上がりました。
マイナンバーカードについては、2022年から健康保険証としての利用申し込みもスタートし、それに伴うキャンペーンも展開されています。これに関しデメリットをしっかり調べるユーザーが多く見られました。また、リスクを伴う金融商品もよく検索されました。

続いて、おすすめが気になるワードは、「本」「ランチ」など、体験型のモノやサービスがよく検索されました。

これらの掛け合わせワードの季節変化も分析したところ、デメリットに関しては2022年4月の電気料金値上がりやその時期の季節家電がヒットしました。これに対しておすすめの検索はお歳暮や父の日などの季節要素ももちろんあるものの、贈り物に際して口コミを参考にするという特徴が見られました。

また、デメリットやおすすめ情報が気になる人の特徴を調べたところ、デメリットを気にするのはやや男性が多く、どちらも、ネット利用者全体と比べると20〜30代が多い傾向が見られました。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


トレンドワードに「電動キックボード」「年賀はがき当選番号」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/15~2023/1/21)

トレンドワードに「電動キックボード」「年賀はがき当選番号」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/15~2023/1/21)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月15日~1月21日は、2023年7月に施行される改正道交法で、運転免許の所有が免除される「電動キックボード」や、1月15日に発表された「年賀はがき当選番号」といったワードの検索が急増していました。


2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年の象徴的なリサーチ・トレンドを総まとめ。リサーチャー菅原大介さんと考える

2022年、withコロナが日常生活に定着する中、消費者の動きやZ世代による新しい消費スタイルなど、多様なトレンドの兆しが見られました。2022年12月に開催したセミナーでは、象徴的なトピックスとマーケティング・リサーチ業界の新潮流について、リサーチャーの菅原大介さんと共に振り返り、2023年へと繋がるトレンドを考察。本稿では、そのレポートをお届けします。 ※詳細なセミナー資料は、記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


「ZOZO」初の実店舗やOMO施策など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/8~2023/1/14)

「ZOZO」初の実店舗やOMO施策など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/8~2023/1/14)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月8日~1月14日は、「どうする家康」や「リバーサルオーケストラ」といった2023年1月期の新ドラマ関連の検索が目立つ中で、2年連続で大幅な値上げを発表した「DAZN」や、AIと連動した初の実店舗オープンやOMO施策など、新規施策が続々と発表されている「ZOZO」といった検索も上位ランクイン。今回は、「DAZN」と「ZOZO」の施策に注目しました。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら