FX各社サイトのアクセス数はどれくらい?トップ3のSEOを分析

FX各社サイトのアクセス数はどれくらい?トップ3のSEOを分析

Webログをもとに、FXの口座数上位3社のWebサイトの集客構造、キャンペーンやSEO施策を調査しました。検索流入に強いのは、外為どっとコム。SEO施策は、一般ワードからの流入と初心者向けコンテンツの充実化がポイントになりそうです。


FX事業者が重視する指標に、口座数と証拠金残高があります。証拠金とは、FXの取引口座に預け入れる資金のことであり、この証拠金を使ってFX取引を行います。そのため、証拠金残高が多ければ、利用者数や取引数が多い可能性があると推測できます。

今回とりあげているGMOクリック証券、外為どっとコム、ヒロセ通商の口座数と証拠金残高をみてみます。GMOクリック証券は口座数が約77万、証拠金残高は2,320億円です。外為どっとコムはそれぞれ約58万、1,200億円。ヒロセ通商はそれぞれ約57万、710億円です。3社とも、口座数と証拠金残高のどちらもで上位にランクインしています(※)。
※FX業者の取引高ランキング!口座数・証拠金残高・通貨ペアのシェア1位は?

では、3社のWebサイトのアクセス数はどのくらいで、どのようなSEO施策を行っているのでしょうか。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、調査・分析しました。

外為どっとコムはWebプロモーションに注力

GMOクリック証券、外為どっとコム、ヒロセ通商の3社のWebサイトについて、アクセス数をみてみます。ユーザー数は、外為どっとコムが最も多く、新規ユーザー率も高いことから、新規ユーザーの獲得もひとつの目的として、Webプロモーションに力を入れていると推測できます。

各Webサイトの基本指標

図:各Webサイトの基本指標
期間:2022年5月~2023年4月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

3社間でユーザー属性に大きな差はない

3社のWebサイトのユーザー属性を性別、世代、世帯年収の観点から比較してみます。

まずは性別です。3社とも男性が約7割、女性が約3割と大きな差はありません。男性のほうがFXに関心を持っていることがわかります。

図:各Webサイトのユーザーの性別

図:各Webサイトのユーザーの性別
期間:2022年5月~2023年4月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

続いて年代です。20代から40代にかけて増加し、40代をピークとする構造は3社とも同じです。40代以降は、3社間に大きな差はありませんが、30代は、ヒロセ通商の構成比が高くなっています。これには、ヒロセ通商の特徴のひとつである食品キャンペーンが影響している可能性があります。FX各社はさまざまなキャンペーンを実施していますが、ヒロセ通商の食品プレゼントキャンペーンは、他社ではあまり見かけないサービスです。FXに興味を持ち始めた若い世代が、この食品キャンペーンを通してヒロセ通商に関心を集めていると考えられます。

図:各Webサイトのユーザーの年代

図:各Webサイトのユーザーの年代
期間:2022年5月~2023年4月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

図:ヒロセ通商の食品キャンペーン例

世帯年収も3社間に大きな差はありません。構造の特徴としては、ネット利用者全体よりも世帯年収が低い層(400万円未満)と高い層(600万円以上)の2つのセグメントに分かれていることが挙げられます。とくに高い層に関しては、世帯年収800万円〜1,500万円のゾーンで一般的なネット利用者との差が大きいことがわかります。

図:各Webサイトのユーザーの世帯年収

図:各Webサイトのユーザーの世帯年収
期間:2022年5月~2023年4月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

検索流入に強いのは外為どっとコム

集客構造について比較してみると、自然検索、外部サイト、ノーリファラーで差が出ています。3社のうち、検索流入に強いのは外為どっとコムだとわかります。

図:各Webサイトの集客構造

図:各Webサイトの集客構造
期間:2022年5月~2023年4月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

外為どっとコムはSEOに強い

検索流入に強い外為どっとコムの流入キーワードについてみてみます。以下の図が、外為どっとコムの自然検索の流入キーワードトップ10です。「為替」「米ドル」「ドル円 予想」など、一般ワードでの流入が多いことがわかります。このことから、外為どっとコムのSEOの強さがうかがえます。

図:外為どっとコムへの流入キーワード

図:外為どっとコムへの流入キーワード
期間:2022年5月~2023年4月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

外為どっとコムはFX初心者に向けたコンテンツを掲載しています。以下の図はコンテンツのランキングですが、用語説明や投資の基本などに関する記事が上位に上がっています。

図:外為どっとコムのFX初心者向けコンテンツランキング

図:外為どっとコムのFX初心者向けコンテンツランキング
期間:2022年5月~2023年4月
分析ツール:Dockpit
デバイス:PC、スマートフォン

※ランキングは、https://www.gaitame.com/beginner/ 配下

たとえば、トップ記事は「FXの確定申告はどうやるの?必要書類や実際のやり方を動画で詳しく解説」というものです。確定申告は税金や損益に直結するため、とくに初心者は気にする内容でしょう。実際の書類のキャプチャやYouTubeの解説動画も掲載されており、確定申告初心者でもわかりやすい内容になっています。

図:「FXの確定申告はどうやるの?必要書類や実際のやり方を動画で詳しく解説」ページ

2記事目は「円高・円安とは?メリットやデメリット、覚え方をわかりやすく解説」です。投資の基本である「円高・円安」の基本知識について、2,300字程度のコンテンツにまとめています。関連記事のリンクもあり、興味を持った読者が次々と情報を調べられるよう構成されています。

3記事目は「FXの取引時間は?為替市場が活発に動きやすい時間帯について紹介」です。FXの取引時間や値動きが活発になりやすい時間帯、反対に注意すべき時間帯などを解説しています。こちらも初心者が関心を寄せやすい内容です。

このように、外為どっとコムの充実した初心者向けのコンテンツがSEOに寄与していると推測できます。

まとめ

FX業者で口座数が上位の3社、GMOクリック証券、外為どっとコム、ヒロセ通商のSEO施策について調査しました。

3社の間で大きく差が出る観点はありませんでしたが、検索流入が強いサイトは外為どっとコムでした。外為どっとコムは、一般ワードでの流入が多いことがひとつの特徴です。また、初心者向けのコンテンツも充実しています。FXを取り上げた内容だけでなく、円高・円安、資産形成などを取り上げたコンテンツもあり、初心者が興味関心を持ちそうな内容を簡潔にわかりやすくまとめています。これらを考えると、外為どっとコムはSEOに強いといえるでしょう。

FX各社は、外為どっとコムのSEO施策を参考にしてみてはいかがでしょうか。

▼本メディア「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズでは、金融内容に特化した記事制作サービスもご提供しています。詳しくは下記リンクをご確認いただき、お気軽にお問い合わせください。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

Webライター。転職、キャリア、美容、不動産、金融ジャンルの記事を執筆中。新卒からシステムエンジニアとして働いていました。ライティングにおいては、わかりやすい文章を書くことはもちろん、どこかくすっと笑えるような、読み手が温かい気持ちになれる記事を書くことを心がけています。

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

低価格ジムとして急成長したchocoZAPを早期に検索していたアーリーアダプターの特徴とは?

「コンビニジム」という呼び名としても知られるchocoZAPは、RIZAPが展開する24時間経営のジムです。2022年7月にサービスを開始してから、低価格かつ全国どこでも利用できることに加え、脱毛器やエステがセルフで利用できたり、入会で便利な機器がもらえたりと、多様なサービスによって多くの人の支持を集めています。急成長を続けるchocoZAPですが、サービス開始当初にはどのような人が興味を持っていたのでしょうか。chocoZAPというワードを早期に検索していた人を対象に、ユーザー属性を調査していきます。


検討者急増!今大注目の冷凍宅配弁当サービス「nosh(ナッシュ)」とは?新生活前に業界動向を調査

検討者急増!今大注目の冷凍宅配弁当サービス「nosh(ナッシュ)」とは?新生活前に業界動向を調査

コロナ禍によるリモートワークの普及は、家で食事したいという新たな需要を生み出し、それに応えるようにUber Eatsをはじめとした様々なサービスが生まれました。そんな中、安くて健康的であるとして注目されているのが冷凍宅配弁当サービスです。今回は、3月という新生活を目前に控えた今、改めてnoshを中心に宅食サービスの動向を分析します。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ