オタク時代宣言 ~ オタ活・推し活

オタク時代宣言 ~ オタ活・推し活

現代では多分にポジティブ的要素を含んだ存在となり、今や「オタク(ヲタク)」は市民権を得ただけでなく、「好きなことを追求することは当たり前」との見解のもとに自己肯定感が芽生えるなど、自他の価値観にも大きな変化が見られるまでになりました。この背景には、オタク市場の拡大やグローバル化、近年急速に話題となっている「推し活」などの広がり、SNSの普及をはじめとした情報化社会が影響しています。「オタ活・推し活」の行動や交流がさらに活発になることで、経済効果への期待、多文化共生社会の促進へも繋がるという視点も含め、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が「オタク時代」を解説します。


趣味

子供の頃からこれといった趣味はありません。どちちらかというと忍耐力に欠け、落ち着きがない性格が関係しているのかもしれません。大人しくしているのは読書をしている時ぐらいですし。趣味といえるか、外をほっつき歩くのが大好きで、初めて訪れる街を歩く機会があると前日から胸躍ります。初めての街で好奇心を満たす何かを発見したいからです。

一時期、バッジやペナント、切手、テレホンカードなどを収集していましたが、今やどこへ消えたのか、いつの間にか手元には何も残っていません。ただ、他人の収集したモノを羨ましいと思ったり、欲しがったりした記憶もありません。あまり面白味?のない人間なのかもしれません。小学生の頃、鉱物の収集をしている友人(よく考えるとオタク?)がいました。その知識量たるや大人も顔負けで、驚かせられたり、感心したり、子供ながらに自分に相応しい趣味を持つことに憧れました。時間が経つのは早いものです。仕事以外に熱中できることが殆ど見つからず、いつの間にか還暦を過ぎた自分の不甲斐なさに呆れています。

オタク(ヲタク)

アニメやアイドル、マンガなどサブカルチャー(傍流文化)のある特定の領域・分野に関心を持ち、そこにアイデンティティを持つ人々をオタク(ヲタク)と呼びます。愛好者、こだわりを持つ人、深い造詣と創造力を有して情報発信力を持ち創作活動を行っている人々、関心ある対象に対しては時間やお金を集中して消費する人々、などが一般的な定義です。一方、ネガティブな定義として、社会から理解し難いサブカルチャーに没頭したコミュニケーション能力に欠ける人々、会話が成り立たない人々、根暗などとも捉えられています。

英語でオタクを指す言葉はGeekもしくはNerdです。両方にはニュアンスの違いがあり、使用する上では要注意です。Geekは(社交的な)マニアという意味で、基本的にはポジティブな意味合いです。特定の分野に対して、異常なほど詳しくマニアックな人を連想できます。Nerdは(内向的な)オタクです。Geekより利口な印象を持ちますが、人とのコミュニケーション能力に欠けるため、会話の中であえて難解な用語を用いたりします。外見もオタクらしき人々が殆どです。さらに、日本オタクを示すWeeb(Weeboo)という言葉もあります。日本のアニメは水準が高く魅力的で、その影響でオタクになった人々が世界中に存在します。韓国文化(ドラマやアイドル)のオタク、Koreabooという言葉も最近使われます。

これまでのオタク市場は、鉄道やゲーム、アイドル、アニメなど一部のジャンルが対象でした。しかし、最近ではあらゆる領域・分野でそれに精通する人々をオタクと総称するようになり、オタクの定義は拡大しています。また、オタクの人口そのものも増加する傾向です。そのため、オタク市場も様々な業界・業種から注目されています。オタク一人当たりの消費額は高く、自分の欲しいモノや好きなモノには惜しむことなく消費あるいは投資する傾向にあり、企業はその動向を常に探っています。

オタク(ヲタク)

オタ活(ヲタ活)、推し活

オタク活動の略称が「オタ(ヲタ)活」です。その活動内容は定義づけされていませんが、自分自身がその活動自体を「オタ活」と思っているかがポイントです。「推し活」は大好きなアイドルや俳優、ゲームのキャラクターなどを「推す」活動、つまり応援・支援する活動です。応援消費の考えに含まれる消費行動といえます。例えば、アイドルグループから特定の一人を「推す」場合は『単推し』、グループ全体を「推す」場合は『箱推し』と呼びます。

以前はオタクには、現実的にも小説や映画の中でも、ネガティブなイメージがつきまとい、できればつき合いたくない人々と思われがちでした。近年では、特にZ世代の若者達は、オタクであることをむしろ誇りに思う傾向があり、オタクは今までとは全く異なる位置づけとなっています。その理由として、SNSの普及があります。Web上で対象を検索し、情報収集し、好みとあらば「オタ活」、「推し活」を始めるといった日常が存在しています。SNSを活用して情報交換し、積極的にオタ友を作り、「沼る(沼にはまるように没頭する)」というコミュニケーションのあり方はこれからのオタク文化の方向性を示しています。デジタルネイティブ世代にとって、SNSもオタクも生活の一部になっているといっても過言ではありません。オタクであることは変わったことではなくなったのです。

オタ活(ヲタ活)、推し活

オタク時代

Z世代では初めて出会った際の自己紹介の場面で、自然にオタクや推しを公表することも珍しくないようです。すでに「オタ活」、「推し活」は一般的になりつつあります。オタク文化が隆盛になると、マイノリティーであったオタク達が勢いを増し、形勢逆転ともいうべきオタクというキャラクターが尊重される時代になってきます。「オタ活」、「推し活」の経済効果もそれにつれ拡大するため、ファンクラブ会員限定の特典などのクローズなものから、よりオタク文化のトレンドに合わせた商品・サービスの提供が必要になります。

今や好きなことやモノを隠さずに自ら公表できる時代が到来したと考えても良いと思います。今までは好きな気持ちを抑え、封印してしまう隠れオタクも数多く存在しました。好きなことやモノを誰かに伝える行為は自分をさらけ出すことになります。ただ、それが認められる環境であれば自己肯定感を高めることに繋がります。すなわち、応援・支援する対象を持つことは自分を応援・支援することなのです。さらに、オタク文化が力を持つことにより、オタ友達とお互いに応援・支援し合い、お互いを高め合うといった新しいコミュニケーションが生まれ、一段と自己肯定感が高まり、積極的な人生感を持てるようになります。

オタクが世界中に出現し、グローバルな規模で情報交換を行うことにより、オタ友が量産され、オタク人口が増大し、新しいオタク文化や多種多様な「オタ活」、「推し活」が誕生し、経済面でも新しいオタク市場が成立する、まさに多文化共生社会の証しです。

昨年のダボス会議の話題は複合危機(Polycrisis)でした。世界はまさしく混迷の時代にあります。明るい話題は少なく、先行き不透明であり、問題や課題が山積しています。そこに、一筋の光と希望の星としてオタクの存在があります。ここにオタク時代を宣言します。

【関連】トレンドの「推し活」。ファン活動の実態と行動原理を探る |ホワイトペーパー

https://manamina.valuesccg.com/articles/2055

2021年の流行語大賞にもノミネートされた「推し活」。急速に知名度を上げたこのワードの検索者数は、2020年9月から2022年8月までの2年間で10倍以上に急増しました。どういう人が、どういう媒体を利用して、どんなものを推しているのか?熱量が減少する要素とは?「推し活」の実態を徹底調査しました。(ページ数|34ページ)

この記事のライター

株式会社創造開発研究所所長。広告・マーケティング業界に約40年従事。
日本創造学会評議員、国土交通省委員、東京富士大学経営研究所特別研究員、公益社団法人日本マーケティング協会月刊誌「ホライズン」編集委員、常任執筆者、ニューフィフティ研究会コーディネーター、CSRマーケティング会議企画委員会委員、一般社団法人日本新聞協会委員などを歴任。日本創造学会2004年第26回研究大会論文賞受賞。

関連するキーワード


渡部数俊

関連する投稿


MICE ~ 国際会議が呼び込む観光・経済

MICE ~ 国際会議が呼び込む観光・経済

コロナ禍による激減を経た訪日客数は、2024年3月には308万人を超えるほどに回復しました。訪れる観光客の趣向も「モノ消費」から「コト消費」へと変貌を遂げつつあり、今や日本は『世界で最も魅力ある国』とも称されています。このように観光事業的に追い風である中、さらなる訪日客数の増加、またより魅力的かつ不可欠な都市とみなされるにはどのような策を講じるべきでしょうか。本稿では「MICE」というビジネスイベントを表すキーワードをもとに、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が、これからの国際的観光都市のあり方について解説します。


ライフエンディング ~ 別れの予感

ライフエンディング ~ 別れの予感

誰にも必ずおとずれるもの、それは「死」ではないでしょうか。「死」という言葉を前にすると誰しもがネガティブになりがちですが、「人生100年時代」と言われ始めた今、自らの「死」について前向きに、かつ整然と整理する必要がありそうです。本稿では、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が、経済活動にもつながる様々な形の「終活」について解説します。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


競争社会を生きる ~ 利他心とピア効果

競争社会を生きる ~ 利他心とピア効果

いつの世にも、どんな生物にもついて回る「競争」。とりわけ現代人の私たちにとっての「競争社会」とは何をもたらすのでしょうか。ただひとえに「競争」を繰り返しても、その先に待っているのは格差しかなく、皆の共存共栄を考えた時、どのようにこの世を処していくべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が行動経済学における「ピア効果」や「利他心」を交え、あるべき「競争社会」の理想の姿を提言します。


話す、聴く、伝える、表現する ~ コミュニケーションの源

話す、聴く、伝える、表現する ~ コミュニケーションの源

ITやAIと、何もかもが機械化自動化に流れて行こうとしている現代。そのような時代だからこそ、人間本来のコミュニケーション能力の真髄が問われるのではないでしょうか。「話す、聴く、伝える、表現する」これらのアクションを起こす際に本当に必要なこととは何なのか、どうしたらより有効的な効果が得られるのか、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


最新の投稿


保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

保険会社・代理店の営業職員経由で保険に加入する人が約5割!保険加入の決め手は「信頼感」と「安心感」【Sasuke Financial Lab調査】

Sasuke Financial Lab株式会社は、同社が運営する保険の一括比較・見積もりサイト「コのほけん!」にて、全国の20~49歳の男女を対象に保険加入に関する意向調査を実施し、結果を公開しました。


3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは?具体例でわかりやすく、SWOT分析との関係も解説

3C分析とは、マーケティング戦略立案にあたり、顧客・競合・自社の3つの要素から分析する手法です。顧客のニーズや市場のトレンド、競合の強み・弱みなどを踏まえた、効果的な戦略を打ち出せるようになります。 本記事では、3C分析の具体例(マッチングアプリ)とやり方、目的、注意点を解説します。「3C分析をわかりやすく理解したい」、「SWOT分析との関係性を知りたい」方は最後までお読みください。


顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

顧客分析の代表的なフレームワーク3選(RFM分析・デシル分析・NPS分析)

自社の商品やサービスの購入が見込める顧客を予測し、効果的な販売促進のアプローチを探る「顧客分析」。マーケティングにおける顧客分析では「RFM分析」「デシル分析」「NPS分析」というフレームワークがよく用いられます。各フレームワークの基本的な概要や分析方法などを紹介します。


データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティングとは?メリットや手順、 効率化のポイントを解説

データマーケティング(データドリブンマーケティング)とは、顧客データをもとに戦略を立案するマーケティング施策。近年では活用が進み一般化しています。しかしデータマーケティングが何を指しているのか、どのようなメリットがあるのか、認知されていない方もいるでしょう。この記事では、データマーケティングの詳細やメリットについて詳しく解説します。


YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

YOMIKO、新生活シーズンにおける世代別の買い物特徴を大規模購買履歴データで分析

株式会社 読売広告社(YOMIKO)は、同社の子会社である株式会社ショッパーインサイトが保有する日本最大級の食品ID-POS購買行動データベースを活用し、新生活スターターの食品スーパーにおける買い物行動の傾向や特徴について30歳・40歳のデータと比較し分析した結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ