ジブリ最新作『君たちはどう生きるか』宣伝なし戦略でユーザーはどう動いたかを調査

ジブリ最新作『君たちはどう生きるか』宣伝なし戦略でユーザーはどう動いたかを調査

宮﨑駿監督10年ぶりとなる長編監督作品『君たちはどう生きるか』が、2023年7月に公開されました。この作品は宣伝や試写会、キャスト発表などを行わずに公開される異例のスタートとなったことでも話題になりました。 今回はジブリ最新作『君たちはどう生きるか』の宣伝なし戦略の中でユーザーがどのように動いたのか、インターネットでの行動ログから調査し、探っていきます。


『君たちはどう生きるか』異例の宣伝なし戦略

2023年7月14日に劇場公開が始まった『君たちはどう生きるか』。なんとプロモーションビデオも大きな看板もチラシ類もなく、さらには登場キャラクターも分からないという状態での異例のスタートでした。事前情報と言えば1枚の不思議な鳥の絵と、宮﨑駿監督によるジブリ作品だということのみ。キャストの情報もなく、まるで都市伝説か何かのようにひっそりと公開され、そのことが逆に大きな話題となりました。

目につく情報が少ないため、多くの人がインターネットでの検索をしたようです。以下のグラフは『君たちはどう生きるか』を検索したユーザー数の推移です。公開日の7月に急増していたことがわかります。

2022年12月に検索ユーザー数が増加したのは、夏公開のニュースとビジュアル(鳥の絵のみ)が発表されたためだと推測されます。ニュース発表の後、大々的な宣伝が一切なかったため、公開日までほとんど検索されなかったことがわかります。

「君たちはどう生きるか」検索ユーザー数推移

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2022年8月〜2023年7月

『君たちはどう生きるか』を検索したユーザーとは

次に、『君たちはどう生きるか』を検索したユーザーの属性について見ていきましょう。
以下のグラフのように、男女比は女性が53.0%とやや多く、年代は40代が最多ですが、さすがジブリ映画で20代から50代まで幅広いようです。

『君たちはどう生きるか』検索ユーザー属性/性別

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2022年8月〜2023年7月

『君たちはどう生きるか』検索ユーザー属性/年代

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2022年8月〜2023年7月

『君たちはどう生きるか』のどんな情報が知りたかったのか

では、『君たちはどう生きるか』のどんな情報が知りたかったのか、同時検索ワードから探ります。

3位に「あらすじ」がランクイン。ほとんど情報がない中で、どんな内容なのか知りたいユーザーが多かったようです。注目したいのは「声優(4位)」「キャスト(7位)」です。ジブリ映画は毎回豪華キャストで吹き替えを行なっているため、今回も期待が集まったようです。

ちなみにキャストが発表されたのは公開初日。木村拓哉、菅田将暉、あいみょんなど、またしても豪華なメンバーで話題になりました。

『君たちはどう生きるか』同時検索ワード

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2022年8月〜2023年7月

ジブリ作品の中でどのようなポジショニングになるか予想

謎のベールに包まれた『君たちはどう生きるか』について、検索ユーザーの動向を見てきました。
次に、この作品が数あるジブリ作品の中でどンなポジショニングになるかを予想していきます。

まずはユーザー属性を、他の人気作品と比較します。

『君たちはどう生きるか』検索ユーザーは『風立ちぬ』ファンと類似?

以下のグラフは、ジブリの人気作品のユーザー属性です。
ピックアップしたのは、直近(2013年公開)の作品『風立ちぬ』と、テレビ地上波での放送回数が多い『風の谷のナウシカ(20回)』『天空の城ラピュタ(18回)』『となりのトトロ(18回)』です。

性別、年代のシェアを見ると、『風立ちぬ』検索ユーザーと類似していることがわかります。

ジブリ5作品ユーザー属性比較/性別

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2021年8月〜2023年7月

ジブリ5作品ユーザー属性比較/年代

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2021年8月〜2023年7月

実はジブリらしいユニークな宣伝も……

異例の宣伝なし戦略が注目された『君たちはどう生きるか』ですが、実はジブリらしいユニークなプロモーションがSNSのX(旧ツイッター)で展開されていたのをご存知でしょうか。
それが、「常識の範囲内で、自由に使ってください。」シリーズと、「カヘッカヘッ」と鳴く(話す?)アオサギです。

突如公式X(旧ツイッター)のプロフィール画像に登場したアオサギと、ナウシカのイラストには7.14の『君たちはどう生きるか』公開日付き。この日以降もアオサギは頻繁に登場しています。

スタジオジブリ STUDIO GHIBLI 公式(@JP_GHIBLI)

スタジオジブリ STUDIO GHIBLI 公式(@JP_GHIBLI)

X(旧ツイッター)を使った人海戦術でファンの心を掴む

では、X(旧ツイッター)でのプロモーションはどれくらい効果があったのか、分析してみましょう。

下のグラフはスタジオジブリ公式サイトおよび公式X (旧ツイッター)のユーザー数の推移です。どちらも2023年7月に急増していることがわかります。

スタジオジブリ公式サイトおよび公式X (旧ツイッター)のユーザー数の推移

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2022年8月〜2023年7月

また、公式サイトへのソーシャル経由での流入ユーザー数も、7月は大幅に伸びました。
ジブリ公式X (旧ツイッター)の投稿は、必ずしも公式サイトへのリンクがあるわけではありませんが、それでも7月のソーシャル流入については9割がX (旧ツイッター)でした。

ジブリ公式サイトへのソーシャル流入セッション数推移

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2022年8月〜2023年7月

2023年7月のソーシャル経由流入の構成

デバイス:PCおよびスマホ
期間:2023年7月

まとめ

今回は、宮﨑駿監督10年ぶりとなる長編監督作品『君たちはどう生きるか』について、宣伝なし戦略の中でユーザーがどのように動いたのか、インターネットでの行動ログから探りました。

『君たちはどう生きるか』を検索したユーザー数は?

『君たちはどう生きるか』を検索したユーザー数は公開日の7月に急増しました。また、大々的な宣伝が一切なかったため、公開日までほとんど検索されなかったこともわかりました。

『君たちはどう生きるか』を検索したユーザーの属性は?

男女比は女性が53.0%とやや多く、年代は40代が最多ですが、20代から50代まで幅広いユーザーが興味を持ったようです。また、その属性パターンから、『君たちはどう生きるか』検索ユーザーは『風立ちぬ』ファンと類似していることがわかりました。

スタジオジブリ公式サイトおよび公式X (旧ツイッター)のユーザー数の推移は?

スタジオジブリ公式サイトおよび公式X (旧ツイッター)のユーザー数は、『君たちはどう生きるか』の検索数に比例して、どちらも2023年7月に急増していることがわかりました。

ジブリらしいX(旧ツイッター)を使ったプロモーションも人気?

突如公式X(旧ツイッター)のプロフィール画像に登場したアオサギを使って、ファンに向けたジブリらしいプロモーションも奏功。7月の公式サイトへのソーシャル経由流入の9割がX(旧ツイッター)だったことが判明しました。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。
dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

今「note」がアツい!読み物好きな若者を魅了?noteの集客動向を調査<前編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

YouTube, Shorts & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 2>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

フリマ市場を比較調査。メルカリとYahoo!系サービス、それぞれの特徴や集客の強みとは?

節約やお小遣い稼ぎの手段としても注目が高まるフリマ市場。「メルカリ」「Yahoo!オークション」「Yahoo!フリマ」を対象に、フリマ市場の最新動向について調査しました。各サービスのサイト・アプリについて、利用者数やユーザーの人となりに加えて、サイト集客構造の違いについても深掘りし、それぞれの特徴について明らかにしていきます。


ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトにおけるKPI策定のポイント

ECサイトの売り上げをあげるためには、KGIの設定だけではなく、KPIの策定が重要なポイントになります。そこで、気になるKPIの策定ポイントや、課題の洗い出し・分析についてご紹介します。効果的なマーケティング施策にお悩みの方や、ECサイトの売り上げが伸び悩んでいる方はぜひ参考になさってください。


YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

YouTube, Shorts, & TikTok: Comparing Gen X, Y, & Z! Usage rates, how they’re used, & effectiveness of ads <Part 1>

Gen Z has been enjoying videos since their school days and known as one of the first to adopt short-form videos. We’ll analyze how they use video-format social media and compare with Gen X and Y. This analysis will cover medium usage, popular content, daily integration, purchasing behavior, and awareness.


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ