2023年版「新車」「中古車」の関心層は?値上げ中の購入意向を検索データから考察

2023年版「新車」「中古車」の関心層は?値上げ中の購入意向を検索データから考察

新型コロナウイルスの影響で新車の納期が遅れる現状に加え、原料高や連続する値上げにより、消費者にとって新車購入のハードルがあがってきていると思われる中、実際に新車や中古車を検討しているのはどのような人なのでしょうか。 今回は、検索キーワードをもとにした調査を行い、新車・中古車への関心層の変化や購入意向を調査していきます。


「中古車」「新車」の検索データの考察

中古車、新車の検索データから考察をしていきます。

今回の調査は、毎月更新されるWeb行動ログデータを用いて、競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて行っています。

検索者数は「新車」「中古車」ともに減少も中古車の方が穏やか

2022年1月〜2023年6月の1年半の期間の検索者数を半年の期間に区切って比較します。

「新車」よりも「中古車」の方が2倍以上検索されているようです。

期間

新車 (検索者数)

中古車 (検索者数)

2022年1月~6月

1,060,000

2,710,000

2022年7月~12月

920,000

2,350,000

2023年1月~6月

818,000

2,270,000

「新車」「中古車」半期ごとの検索者数

調査期間:2022年1月〜2023年6月

デバイス:PC、スマートフォン

※データをもとに表を作成

ただ、新車、中古車ともに期を追うごとに検索者数が減少していることがわかります。相次ぐ原料高や値上げラッシュが影響しているのかもしれません。

比較期間

新車 (検索者数 増減 人数)

新車 (増減 %)

中古車 (検索者数 増減 人数)

中古車 (増減 %)

2022年1月~6月 vs 2023年1月~6月

-242,000

-22.83%

-440,000

-16.18%

2022年7月~12月 vs 2023年1月~6月

-102,000

-11.09%

-80,000

-3.4%

「新車」「中古車」半期ごとの検索者増減率

調査期間:2022年1月〜2023年6月

デバイス:PC、スマートフォン ※データをもとに表を作成

直近の2023年1月~6月と1年前、半期前と検索者の減少数を比較していきます。

2023年1月~6月と、1年前の2022年1月~6月を比較すると、新車が22.83%減少、中古車は16.18%減少と中古車の方が減少率が低くなっています。

半期前の2022年7月~12月と比較すると新車が11.09%減少、中古車は3.4%減少と中古車の減少率がさらに低くなっています。

全体的な検索数が減少しているものの、中古車の減少率は新車よりも低いことがわかります。新車を購入したい層が価格を抑えることができる中古車も視野に入れているのかもしれません。

「新車」「中古車」どちらも男性の関心高く、年代は傾向が分かれる

ここからは、新車、中古車と検索した人がどのような属性があるのか深掘りしていきます。なお、調査期間は2023年1月〜6月のデータを見ていきます。

「新車」「中古車」で検索した人の男女比

「新車」「中古車」で検索した人の男女比
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

検索者の性別は、新車も中古車も「車」というジャンルのためか、男性の割合が高くなっています。

続いて、検索者の年代を見ていきます。年代は、男女比とは違い新車、中古車で傾向がやや分かれているようです。

「新車」「中古車」で検索した人の年代割合

「新車」「中古車」で検索した人の年代割合
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

新車はネット利用者全体と比較すると、20~40代の割合が高くなっています。ピークは40代で、50代になると少し割合が下がり、60代になるとネット利用者平均よりも下回ります。

中古車は20代の割合は低く、40代、50代がピークです。60代になって割合は下がるものの、ネット利用者平均と同じくらいの水準は維持しています。

中古車の方が新車よりも、高い年代からの関心があるようです。60代になるとリタイアして現役時代よりも収入が少なくなることが多く、今後年齢を重ねると車に乗れなくなる可能性もあるので新車への関心が薄れるのかもしれません。

続いて、検索者の世帯年収を見ていきます。世帯年収は新車、中古車どちらも同じ傾向です。

「新車」「中古車」で検索した人の年代割合

「新車」「中古車」で検索した人の年代割合
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

世帯年収400〜600万円以降すべて、ネット利用者全体の構成比を上回っています。

ローンや残価クレジット、残価設定ローンなどの分割支払いや、リース、サブスクなど自己所有以外にもさまざまな選択肢があり、車を購入するために一括で大金を支払う必要はありませんが、管理費を含め一定のお金が必要になるため、世帯年収にある程度余裕がある層の検索が多くなっているようです。

流入サイトは中古車検索サイト以外にメーカーの認定中古車販売サイトもランクイン

中古車に絞って検索者が流入するサイトを見ていきます。

上位は、「カーセンサーnet」「Goo-net」「ガリバー 中古車情報」など大手中古車検索サイトがランクインしています。

「中古車」と検索した人の流入サイト

「中古車」と検索した人の流入サイト
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

その中でも注目したいのが、「Honda認定中古車検索サイト U-Select Web」、「日産公式中古車検索サイト」などのメーカー公式認定中古車を販売しているサイトです。

Honda認定中古車U-SelectTOPページ

認定中古車とはディーラーが点検整備を細かく実施し、点検で基準に達していない状態であれば、部品を交換した上で、保証つきで販売されている中古車です。ちなみに6位にランクインしている「トヨタ自動車」も公式サイト上で認定中古車を販売しています。

メーカー認定中古車は通常の中古車よりも価格が高い傾向にあるものの、新車よりもコストを抑えた上で、状態がよく、保証もある状態で車を購入することができます。

メーカー認定中古車であれば、新車を検討していた層も選択肢に入る可能性があります。

「新車」関心層はどんなペルソナ?

では、新車に関心がある層はどんな人物像なのでしょうか。

ここからのペルソナ調査は、Web行動データとアンケートデータを用いて、ターゲットユーザーにおける特定の Web行動の前後の動きと属性を集計できる、ヴァリューズの分析ツール「story bank」を用いて行っています。

軽自動車に興味があるクラスタが約3割を占める

まず、「新車」の検索者を、検索ワードでグループ分けしてみました。

単語一致「新車」で検索した人のクラスタ

単語一致「新車」で検索した人のクラスタ
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

軽自動車

30.09%

維持費関連

20.34%

レクサス

13.50%

減価償却/

レクサス

12.48%

バイク

12.48%

大型車

11.11%

各クラスタの構成比

軽自動車のクラスタが全体の30%を占めています。次点で多い「維持費関連」はどの車にも共通して関心があるトピックのため、新車と検索する人は、軽自動車に関心があるクラスタの割合が多いことがわかります。

単語一致「新車」で検索した人の中の軽自動車クラスタ

単語一致「新車」で検索した人の中の軽自動車クラスタ
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

細かくキーワードをみてみると、メーカー名以外にも、「納期」「中古車」「新古車」とあるため、新車以外にも新古車や中古車も選択肢にあることがわかります。

パソコンや動画共有サイト(YouTube、ニコニコ動画など)、漫画などに興味関心あり

では、軽自動車クラスタが、どのような物事に興味関心があるかを見ていきます。

「新車」と検索した軽自動車クラスタの興味関心

「新車」と検索した軽自動車クラスタの興味関心
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

チャートは横軸が特徴値、縦軸がリーチ率で右上にいくほど、分析対象者がネット利用者全体よりも特徴的に興味関心があるジャンルを示しています。

マネー、投資など経済関係に興味関心がある人が多いですが、注目したいのがパソコンや動画共有サイト(YouTube、ニコニコ動画など)、漫画に興味関心がある人が多いこと。車というと外出に使うものになりますが、どちらかというとインドアな一面もあるのかもしれません。

野球、サッカーを実践するアクティブな人物像

ただ、軽自動車クラスタが興味関心のあるスポーツをみると、前述とは少し異なる結果になりました。

「新車」と検索した軽自動車クラスタの興味関心があるスポーツ

「新車」と検索した軽自動車クラスタの興味関心があるスポーツ
調査期間:2023年1月〜6月
デバイス:PC、スマートフォン

サッカー日本代表がずば抜けてリーチ率が高いですが、野球やサッカー・フットサルを実践する人が多いことがわかります。

興味関心でインドアな面があることが分かった一方で、スポーツは野球、サッカーを実践するアクティブな人物像が浮かびます。

まとめ

今回は実際に新車や中古車を検討しているのはどのような人なのかを調査しました。

新車、中古車ともに検索数は減少しているものの、中古車の方が減少が穏やかで、新車を検討している人は中古車も視野に入れているようです。その中でも認定中古車のような新車に近い中古車に興味を持っている人が一定いることがわかりました。

また、新車を検討している人は軽自動車に興味を持っている人が多いことも検索データから見えてきました。

新車の納期遅れは徐々に解消しているものの、原料高にストップがかかる目処が立っていないため、今後はさらに中古車が注目されていくのかもしれません。

▼今回の調査にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。



dockpit 無料版の登録はこちら


この記事のライター

アメリカ留学中にWebの仕事に出会い、帰国後に起業。自社で物販を行う側、ライターとして活動。アウトドアが趣味

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/02/05〜2024/02/11)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/02/05〜2024/02/11)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

2024年1月から新NISAが開始されました。今回の調査では、新NISAは若年層や未婚者の関心が高く、積極的に資産の運用をしたいと考える人が多いと推測できそうです。一方のiDeCoは、40代以降の年代で新NISAよりも関心が高く、老後の資産形成を意識しているといえるでしょう。NISAを始め、iDeCoとも比較しながら、新NISAの検索者の属性や興味関心について分析しました。


「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

車の走行距離は、車を購入する上でも売却する上でも重要なポイントです。近年はEVの需要も高まってきており、EVでどれくらいの距離を走行できるのかも気になる観点ではないでしょうか。 今回は車の「走行距離」の検索キーワードから「走行距離」を気にする人の人物像やどのような物事に関心があるのかを調査していきます。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ