中国の若者世代で「精致抠」の消費観が普及。消費スタイルの変化を調査

中国の若者世代で「精致抠」の消費観が普及。消費スタイルの変化を調査

現代中国の若者世代が持つ独特な消費観に、「精致抠」というものがあります。できる限り無駄遣いを減らして、自分が本当に欲しい物を買うという価値観です。本記事では、「精致抠」はどのような考えか、そして「精致抠」の消費観のもと、若者世代を中心とした中国の人々の消費スタイルがどのように変化しているかを紹介します。


若者世代で広まる「精致抠」の価値観

「カフェにマイボトルを持参してコーヒーを買う」「バーゲンセールでは商品のコストパフォーマンスを計算して選ぶ」「使わない物は中古品販売サイトに出品する」。これらはすべて、中国の若者たちが行っている節約術です。
近年中国では多くの若者が、できる限り無駄遣いを減らして、自分が本当に欲しい物や生活の質を上げるための物を買うという、「精致抠」の生活を選択しています。「精致抠」の消費観は、ただ盲目的に節約するのではなく、節約できる部分は節約をしてお金をかけるべきところはお金をかける、節約と品質の間のバランスを探すというものです。目的は「買わない」ことではなく「無駄遣いを削減すること」であり、生活の質を保証すると同時にできる限りの節約を行っているのです。
若者世代はさらに、SNSなどで「精致抠」の生活の様子をシェアし、より多くの共感を集めています。

例えば、中国の掲示板サイト・豆瓣内の「低消費研究所」というチャットグループは16万人近くの会員数を有し、そこでは無駄遣いを減らすための情報がシェアされています。

小红书(RED)で「精致抠」と検索した結果。総いいね数が1万以上の投稿が複数見受けられる

それでは、どれほどの若者ができる限り無駄遣いを減らして、自分が本当に欲しい物を買うという、「精致抠」の消費観を持っているのでしょうか。「中国青年消费报告(中国青年消費報告)」によると、55.8%の若者が消費時に「自分の生活に必要な物だけを買う」傾向にあると答え、40%の若者が「少なく、良い物を(買う)」と答えました。
また、DT财经と美团外卖は共同で、2100名の対象のうち約70%が1990年以降生まれであるアンケート調査を実施。若者世代を対象の中心にしたこの調査のデータによると、2000年以降生まれの若者において、消費時に最も重視することは「自分にとって必要か」、反対に最も重視しないことは「流行度」という結果になりました。

1990年~99年生まれの世代も、「商品の質」に次いで「自分にとって必要か」どうかを消費時に重視しています。このことから、中国の若者世代の消費観において、商品購入に当たっては「自分にとって必要か」が重視されていることが分かりました。
また同じ調査では、若者世代が「自分をどのタイプの消費者だと自認しているか」の問いも設けられました。回答は以下のグラフの通りで、消費前に理性的に必要か否か、使えるか否か、買うに値するかを分析し盲目的な購入はしないという「理性分析師」が56.6%と最も高い数値を記録しました。

DT财经と美团外卖のデータをもとにヴァリューズが作成

2番目に多い「実用践行者」とは、商品の実用性を重視しメンツや見栄えのための出費がほとんどない集団を指します。このグラフから、現代の若者世代は意識的に理性的な消費行動を選択していることが分かりました。

理性的な消費へ価値観は全体的に変化

理性的な消費の傾向は、若者世代だけでなく中国の消費者全体からも窺えます。

徳勤が発表した「2023中国消费者洞察与市场展望白皮书(2023年中国消費者洞察及び市場展望白書)」内の記述によると、中国の社会消費財小売総額は2021年下半期から増加速度が減速しています。原因としては、主要都市における新型コロナウイルス流行の打撃により経済活動が減退したことや、消費に慎重な姿勢をとるようになった消費者が増えたことが考えられます。

消費が減少したと回答した消費者に、消費意欲が減少した要因をアンケート調査した結果、以下のグラフのようになりました。

徳勤のデータをもとにヴァリューズが作成

「消費観の変化」は消費意欲減少の要因として2番目に多く挙げられています。また、消費観のアンケート調査では、「本当に必要な物を買う」が16%で最も多く、次いで「コストパフォーマンスが最も良い物を選ぶ」が11%と並びました。このことからも、中国の消費者は全体的に、衝動的な買い物はせず様々な商品を比較したうえで本当に欲しい物を購入する、「理性的な消費」を重視していることが分かります。

「精致抠」に基づく具体的な消費行動

「精致抠」の消費観に基づく具体的な消費行動を紹介します。
大众日报(大衆日報)の記事では、95後(1995年~99年生まれを指す)の若者・王帆を取り上げました。王帆は「精致抠」を積極的に実施しており、SNSに載せられた動画を通じて節約術を学んでいます。
例えば、除湿機の中の水を花の水やりに使う、食べ終わったケーキの箱を収納ボックスにする、などです。王帆は大众日报の記者に「少しずつ節約することが大金の出費を可能にし、自分が本当に欲しい物が消費の対象に代わる」と語りました。宣言通り彼女は、昨年秋のバーゲンセール期間で、3000元以上の値がするロボット掃除機を購入しました。

また前述の調査において、DT财经と美团外卖は消費者がどのような消費行動を実践しているかについてもアンケート調査を行いました。

DT财经と美团外卖のデータをもとにヴァリューズが作成

上記のグラフの調査結果からも、若者世代の消費者はクーポンを探す、共同購入する、返品するなどの節約行為や、事前に攻略法を立てるなどの理性的な消費行動を実施していることが分かりました。
さらに「精致抠」の消費観は、若者世代の自己投資の需要も高めています。将来の経済的な不安や生活の不安定さなどが背景にある現代においては、頼れるのは自分だけと考える若者が多くいます。昨年の「双11」バーゲンセール期間においては、オンライン講座に多くの注目が集まりました。教育カテゴリは販売開始をしてから10分の間で10万人以上に購入され、会計に関する授業は販売開始1時間後に3万セット以上が売れました。

まとめ

「精致抠」という、現代の中国の若者世代が強く持つ消費観について紹介しました。できる限り無駄遣いを減らして、自分が本当に欲しい物や生活の質を上げるための物を買う「精致抠」の消費観の下、中国の消費者たちはより理性的な消費を選択しています。以前のように欲しい物のために惜しげもなくお金を消費するのではなく、使うべきところにお金を使うという消費スタイルは、中国の消費者に新しい消費行動を生み出しています。

参考URL

文化观察|从“精致穷”到“精致抠”
https://dzrb.dzng.com/articleContent/2131_1079350.html 
当代青年“抠门”消费报告:00后和90后会为什么下单?
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1730702996788108652&wfr=spider&for=pc 
2023中国消费者洞察与市场展望白皮书
https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/cn/Documents/consumer-business/deloitte-cn-cb-consumer-insight-zh-230118.pdf
年轻人越变越“抠”,原价购物的都是大冤种?
https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_24154410 
年轻人的快乐,从“精致抠”开始
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1747805978672154703&wfr=spider&for=pc 

この記事のライター

早稲田大学在学中。

関連するキーワード


中国トレンド調査 中国市場

関連する投稿


未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

中国では日々さまざまな変化が起こっており、食品業界も例外ではありません。中国は多くの消費者を抱える中、食品業界はほぼ毎年革新を遂げ、新たなトレンドを生み出しています。この記事では2023年の中国食品業界の中で、とくに注目すべきトレンドを3つ紹介します。


回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

コロナ禍が収束した2023年、中国において観光業が復活を見せています。中国での国内旅行はコロナ禍前の2019年の水準近くまで回復し、海外旅行も緩やかに回復の兆しを見せています。本記事では中国の国内外旅行の現状をデータを用いて確認し、旅行業における現在のトレンドについて紹介します。


ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

2023年10月31日の夜8時、Tmallの「ダブルイレブン」(以下、W11)セールが開始され、中でも美顔器はTmallで800%以上の成長を実現しました。また、京東商城(JD.com)やTikTokなどの電子商取引プラットフォームでも美顔器は持続的な高成長を示しています。従来の家電および美容・健康関連の業界ランキングでほとんどランクインしてこなかった美顔器ブランドが、2023年は急成長を見せています。この急激な成長の背後には、どのような理由があるのでしょうか? この記事では、2023年の中国のW11における美顔器とスキンケア商品の売れ行きトレンドについて解説します。


2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

「ゆとり感(松弛感)」というキーワードが、中国でトレンドになっています。もともとは、精神や経済、時間などを表す「ゆとり感」でしたが、現在ではファッション、教育や育児、職場、家具、食品など、多岐にわたる領域に影響を及ぼしています。本記事では、この「ゆとり感」について紹介していきます。


データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

ヴァリューズは、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供しています。本稿では、日本、アメリカ、中国、タイ、ベトナム、インドネシアのZ世代を対象に実施した、インターネット利用実態や価値観・理想のライフスタイルに関する比較調査をご紹介します。<b>※抜粋版レポートは無料でダウンロード頂けます。</b>


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ