Gen Z has high interest in the SDGs, is that true? Reality of interest in the SDGs - PART 2

Gen Z has high interest in the SDGs, is that true? Reality of interest in the SDGs - PART 2

How should companies address their SDGs initiatives for a positive response and effectiveness and create SDGs products that lead to business opportunities? Based on VALUES’ survey and online behavioral data, we researched “action / interest / non-interest" consumers to understand how to approach action/interest groups.


This is part 2 of 3 of this article.

Gen Z has high interest in the SDGs, is that true? Reality of interest in the SDGs - PART 1

https://manamina.valuesccg.com/articles/2946

How should companies address their SDGs initiatives for a positive response and effectiveness and create SDGs products that lead to business opportunities? Based on VALUES’ survey and online behavioral data, we researched “action / interest / non-interest" consumers to understand how to approach action/interest groups.

Gen Z has high interest in the SDGs, is that true? Reality of interest in the SDGs - PART 3

https://manamina.valuesccg.com/articles/2968

How should companies address their SDGs initiatives for a positive response and effectiveness and create SDGs products that lead to business opportunities? Based on VALUES’ survey and online behavioral data, we researched “action / interest / non-interest" consumers to understand how to approach action/interest groups.

Comparing of personas for active, interested, and indifferent groups

So, how can consumers take action towards the SDGs?
In this research, we categorized the SDGs into three groups: the "action group" who are taking SDGs-related action, the "interest group" who know about the SDGs but have not put them into practice, and the "indifferent group" who are not familiar with the SDGs or have never heard of them. We conducted an analysis to clarify why the “action group" is more proactive and why the "interest group" does not take action.

“Action group,” “interest group,” and “indifferent group” categorized based on their attitude toward the SDGs

First, let me introduce the personas across each group.
First is the SDGs action group. About 10% of respondents had a relatively high annual household income of approximately 5.8 million yen. When we mapped their interests based on a survey, hobbies such as listening to music, cooking, and gardening stood out, indicating that they lead a sensible and mindful lifestyle. Another characteristic of this group is that they have a strong interest in political economy, and it can be said that there are many socially conscious people in this group.

Persona of the SDGs action group

Certain characteristics can also be observed in the websites they visit. Compared to the overall rankings, major news media such as NHK, Yahoo! News, and Asahi Shimbun ranked high. This suggests that many people regularly read the newspaper and watch the news.

Next is the SDGs interest group. A significant number of people fell into this group, accounting for more than half of the respondents.

Persona of the SDGs interest group

Regarding interests, hobbies such as movies/TV, domestic travel, and money/investment stand out. Compared to the action group, it may be said that people in this segment enjoy hobbies that can be enjoyed alone and actions that bring some sort of benefit. In addition, regarding the website visited, it seems that the use of e-commerce is a unique feature, although it is not obvious due to the large number of people in this group.

Last is the SDGs indifferent group. There are slightly more women in this segment, and among the three segments, the annual household income is lower.

Persona of the SDGs indifferent group

In addition, in terms of interests, many liked entertainment-related activities such as games, anime, and pachinko (Japanese gambling pinball machine), and the websites they visited were review services related to games and demos/trials.

In fact, the interest group is also taking SDGs-related actions

Next, let's focus on the action and interest groups where companies can expect their SDGs initiatives to be effective. We would like to introduce the results of a survey on the themes of interest in the SDGs for these two groups.

SDGs interest themes (by action group and interest group)

Overall, the action group has a higher interest, but themes that exhibited a difference of 10% or more include "Life on land," "Partnership for the goals," "Responsible production," and "Reduced inequalities," exhibiting strong interest in social themes. This seems to be a characteristic unique to the socially conscious segment.

Next, we will introduce research on purchasing trends. We analyzed whether people were taking actions that would lead to achieving the SDGs, such as using their own reusable shopping bags, recycling, and saving electricity.

Purchasing behavior to achieve the SDGs (by action group and interest group)

On the other hand, even those who were interested were practicing “bringing their own shopping bag,” “saving electricity,” and “acting with energy conservation in mind.” Although the main purpose may be to save money, as a result, they are practicing behaviors that lead to achieving the SDGs.
From these results, it can be said that it is possible to resonate not only with the action group but also with the interest group.

※日本語での記事はこちらをご確認ください

「Z世代=SDGs高関心」は本当か?アンケートとWeb行動ログから見えるSDGs関心層の実態

https://manamina.valuesccg.com/articles/2877

企業がSDGsの開発目標に取り組む際、どんな点に留意すれば反応や効果が得られるのでしょうか。またSDGs関連商品を開発する際には、どんな切り口から商品化すればビジネスチャンスにつながるのでしょうか。 今回、ヴァリューズが行った約15,000人規模のアンケート調査とWeb行動ログ分析から、「SDGs行動層/関心層/非関心層」それぞれの生活者の実態を明らかにしました。結果から見える行動層/関心層へのアプローチ方法をご紹介します。  ※詳細なセミナー資料は記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。

この記事のライター

Born and raised in the Bay Area, U.S.A, I was fascinated by the different social and purchasing behaviors between Japanese and American consumers. I studied communication for undergrad and international marketing for my graduate studies. My professional background is in bilingual recruitment and Japanese-English translation.

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

新NISA開始!NISAとiDeCoで検討者を比較調査

2024年1月から新NISAが開始されました。今回の調査では、新NISAは若年層や未婚者の関心が高く、積極的に資産の運用をしたいと考える人が多いと推測できそうです。一方のiDeCoは、40代以降の年代で新NISAよりも関心が高く、老後の資産形成を意識しているといえるでしょう。NISAを始め、iDeCoとも比較しながら、新NISAの検索者の属性や興味関心について分析しました。


トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

2023年のヒット商品から推測される「コスパとタイパの掛け合わせ」。なぜこのトレンドが昨年注目を集めたのか、なぜここまでパフォーマンスにこだわるのか。関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


【2024年3月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2024年3月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


JTBコミュニケーションデザイン&伊藤忠ファッションシステム、Z世代の旅に関する共同調査を実施!

JTBコミュニケーションデザイン&伊藤忠ファッションシステム、Z世代の旅に関する共同調査を実施!

株式会社JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステム株式会社は、「Z世代の旅」に関する共同調査プロジェクトを実施。「令和的非日常 Z世代における生活価値観・消費傾向から読み解くこれからの旅行スタイル」を発表しました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ