Z世代の集客に挑む!ドリンクに特化したマクドナルドの新店舗『CosMc’s』とは | 海外トレンドに見るビジネスの種(2024年1月)

Z世代の集客に挑む!ドリンクに特化したマクドナルドの新店舗『CosMc’s』とは | 海外トレンドに見るビジネスの種(2024年1月)

海外からやってくるトレンドが多い中、現地メディアの記事に日々目を通すのはなかなか難しいもの。そこでマナミナでは、アメリカ出身の著者が、海外メディアの情報をもとに世界のトレンドをピックアップしてご紹介します。今回は、マクドナルドの新スピンオフブランドとして話題の「CosMc’s」を紹介します。


2023年7月、マクドナルドは新しいスピンオフブランドのコンセプトを発表しました。忙しい現代消費者向けの簡単な軽食とドリンクに特化をしたカフェ風のお店です。

メニューには、エッグマックマフィンやM&Mマックフルーリーなどのマクドナルドの定番メニューも含まれていますが、「チュロスフラッペ」、「サワーチェリーエナジーバースト」、「プレッツェルバイツ」など、オリジナルのドリンクやフードも多数含まれています。フードメニューには一口サイズの軽食が多数あり、すべて簡単かつ迅速に食べられるように開発されていると見られます。

41種類もあるドリンクの多くは、カフェイン入りの甘いコーヒーや紅茶系の飲み物です。「ブースト」メニューカテゴリには「エナジーショット」、「ビタミンCショット」、運動前にエネルギーを補給したいときに摂るする「プレワークアウトショット」など、さまざまな種類の「ショット」を追加するオプションもあります。

この新ブランド「CosMc's」の名前とデザインは、1980 年代から 1990 年代にかけて広告に登場したマクドナルドのキャラクターからインスピレーションを得たものです。サービス形態としては、レトロな雰囲気を醸し出すドライブスルーのみ。2023年12月に米国初の実験店舗をオープンし、2024年末までに合計 10 店舗 CosMc’s店舗を展開する予定で、反響次第でグローバル展開を検討していくそうです。

マクドナルド自体が強力なブランドである中、なぜ全く新しいコンセプトの店舗を立ち上げるという大胆な事業に挑むことにしたのでしょうか?

カジュアルドリンクの人気急増中

スターバックスの圧倒的人気から見られるように、ドリンクに特化したカジュアルダイニングは、利益性の高い市場です。スターバックスはアイスコーヒーと象徴的な甘いフラペチーノという1つの「カルチャー」を築き上げ、カスタマーエクスペリアンスを向上させるエキサイティングな季節限定ドリンクも提供しています。

ここ数年、スペシャルティコーヒーや持ち歩きながら楽しめるドリンクの人気が高まる中、多くの企業が独創的なオリジナルドリンクを提供。マクドナルドもCosMc'sの飲み物に特化したメニューと専用店舗によって、クイックなサービスと軽食を提供することができるようになります。

注目すべき消費者の需要は「カスタマイズ」です。
消費者は自分好みの味にこだわり、甘さの調整をしたり、嫌いな材料を抜いたり、追加でトッピングできることを望んでいます。

若者層の習慣に対応

前述したように、スターバックスはコーヒーを中心としたドリンクで大成功を収めていますが、価格設定はやや高めであることが多く、Z世代よりは可処分所得の多いミレニアル世代に人気があります。

CosMc’sは公式に「Z世代消費者を取り込むための戦略として、低価格に設定している」と発表はしていませんが、メディアサイトBusiness Insiderの記事では
「大量解雇などを考慮すると、多くの人(特に若者)は、より低コストな選択肢に引かれるのでしょう」
「言い換えれば、マクドナルドは(CosMc’sによって)スターバックス中毒者に明確な代替手段を提供しているということになります」
などと書かれています。

またデータによると、若い消費者は冷たい飲み物を好み、年配の消費者は温かい飲み物を好むことがわかりました。そのため、CosMc’sではホットのコーヒーやお茶も提供しているものの、「アイス ターメリック スパイス ラテ」や「ザクロ ハイビスカス スラッシュ」など、冷たいドリンクもたくさんあります。

またCosMc'sは、Z世代やアルファ世代の「色んな珍しいドリンクを試してみたい!」というニーズを認識した上で、彼ら若い世代をターゲットにしているようです。

若者世代は複雑な注文でドリンクをカスタマイズすることを好み、こうして出来上がった特別なドリンクがTikTokなどのSNSで広まり、バズることも少なくありません。イリノイ州に第一CosMc's 店舗がオープンしてからまだ 1か月も経っていませんが、#CosMcs は TikTokで3,900 万回以上の再生回数を誇り (2023 年12月13日現在)、「デジタル ネイティブ」と言われているZ世代とアルファ世代からの認知を高めつつあります。


世界の「マクドナルド」ブランドを崩さず、新しいコンセプトを試す

マクドナルドは「マックカフェ」 メニューのコーヒーを年間 5 億杯以上販売しています。その中で、マクドナルドは既存のメニューに新しい飲み物と食品を追加するのでなく、全く別の「CosMc’s」ブランドを立ち上げました。これは、「リブランディング」や「期間限定メニューの提供」といった方向性になりがちな他の飲食店との大きな違いです。

世界が慣れ親しんだ「マクドナルド」のコンセプトを変えずに、そのブランド力を借りて「CosMc’s」を売り込む作戦なのです。

またマクドナルドは近年、店舗従業員の業務の簡素化に力を入れていますが、カスタマイズできるドリンクを追加すると食材も業務も増えてしまいます。そこで、CosMc’sという新ブランドを立ち上げることで、既存のマクドナルド店舗で必要な作業や扱う材料を増やさずに、全くの新事業開発としてマクドナルド社のビジネスを広げることができるというわけです。

人気キャラクターを借りて

マクドナルドは、レトロで懐かしいデザインで、昔ながらのキャラクターを組み込むという戦略が功を奏してきました。2023年の初めには、80・90年代に広告によく出ていたマクドナルドの紫色のキャラクター「グリマス」をイメージした紫色のシェイクが付く、限定版「グリマスのバースデーセット」を販売。これはSNSで話題を呼び、マクドナルドへの足を運ぶ客が増加しました。

この大ヒットが原動力の1つとなり、レトロな雰囲気が漂うカフェ「CosMc’s」の開発が進んだと言われています。CosMc’s店舗では、80・90年代のグリマスを知るY世代には「懐かしさ」で、Z世代には「Y2K」「レトロ」で、ブランドをアピールをしているのです。

CosMc's は、マクドナルド自体のブランドを守りながら、一方でエキサイティングな新プロジェクトを宣伝するためにマクドナルドのブランド力を利用すると同時に、マクドナルドというクラシックなファストフードブランドのイメージを固めていく戦略のようです。

【参考】BE@RBRICK(ベアブリック)に姿を変えて登場した、マクドナルドのキャラクターたち(ハンバーグラー、グリマス、バーディ)。
日本マクドナルドが「ゴジラVSマクドナルド」キャンペーンで展開しているもの。

出典URL:
3 trends are dividing restaurant companies into winners and losers
https://www.cnbc.com/2023/08/18/mcdonalds-chipotle-among-restaurant-earnings-winners-and-losers.html?&qsearchterm=trends
CosMc’s: Why McDonald’s wants its own coffee chain
https://cnn.com/2023/12/09/business/cosmcs-mcdonalds-drinks/index.html
McDonald’s concept CosMc’s could win the coffee war against Starbucks and Dunkin’
https://www.bbc.com/worklife/article/20231212-mcdonalds-concept-cosmcs-could-win-the-coffee-war-against-starbucks-and-dunkin
McDonald’s to open first CosMc’s spinoff restaurant this week
https://www.cnbc.com/2023/12/06/mcdonalds-to-open-first-cosmcs-spinoff-restaurant-this-week.html
McDonald’s Stock (NYSE:MCD): Understanding Its Emerging Customers is Key
https://markets.businessinsider.com/news/stocks/mcdonald-s-stock-nyse-mcd-understanding-its-emerging-customers-is-key-1032920260

この記事のライター

Born and raised in the Bay Area, U.S.A, I was fascinated by the different social and purchasing behaviors between Japanese and American consumers. I studied communication for undergrad and international marketing for my graduate studies. My professional background is in bilingual recruitment and Japanese-English translation.

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

トレンドは「コスパ×タイパ」? キーワード検索から紐解くその理由

2023年のヒット商品から推測される「コスパとタイパの掛け合わせ」。なぜこのトレンドが昨年注目を集めたのか、なぜここまでパフォーマンスにこだわるのか。関心を持つ人の属性やニーズについて、検索データから分析します。


JTBコミュニケーションデザイン&伊藤忠ファッションシステム、Z世代の旅に関する共同調査を実施!

JTBコミュニケーションデザイン&伊藤忠ファッションシステム、Z世代の旅に関する共同調査を実施!

株式会社JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステム株式会社は、「Z世代の旅」に関する共同調査プロジェクトを実施。「令和的非日常 Z世代における生活価値観・消費傾向から読み解くこれからの旅行スタイル」を発表しました。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


Z世代がスマホに入れているカメラアプリは平均2.5個 BeReal利用者の4割が利用以降に無加工写真を投稿する機会が増加【ナイル調査】

Z世代がスマホに入れているカメラアプリは平均2.5個 BeReal利用者の4割が利用以降に無加工写真を投稿する機会が増加【ナイル調査】

ナイル株式会社は同社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」にて、カメラアプリを利用するZ世代の男女を対象にカメラアプリに関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ