電子書籍を現在利用しているのは37.9%、全年代で利用率トップは「Kindle」、満足度1位は「U-NEXT」【ナイル調査】

電子書籍を現在利用しているのは37.9%、全年代で利用率トップは「Kindle」、満足度1位は「U-NEXT」【ナイル調査】

ナイル株式会社は同社が運営する「Appliv TOPICS」にて、15~69歳の男女を対象に電子書籍サービスに関する調査を実施し、結果を公開しました。


電子書籍を現在利用中の人は37.9%、年代が上がるにつれ利用経験率は減少

電子書籍の利用状況を調査したところ、「現在利用している(37.9%)」、「過去に利用していた(20.5%)」、「利用したことがない(41.5%)」でした。

前回2023年8月の調査結果と比較してみると、「現在利用している」が2.8ポイント増加。過去に利用したことがある人とあわせると、電子書籍の利用経験率は58.4%と6割近い結果となりました。

年代別に見てみると、現在利用中の割合が最も高いのは「20代(52.9%)」、次いで「30代(43.2%)」、「40代(39.8%)」でした。

「現在利用している」と「過去に利用したことがある」をあわせると、電子書籍の利用経験割合は「20代(72.7%)」が最も多く、年代が上がるにつれ減少傾向にあり、前回調査と比較して変化は見られません。

よく読むジャンルで最も多いのは「マンガ」

電子書籍を現在利用していると回答した1,084人に、サービス内でよく読むジャンルを尋ねると、最も多いのは昨年調査と同じく「マンガ」で721人、次いで「小説・文学(325人)」、「雑誌(323人)」でした。

紙の書籍より電子書籍を利用する割合が40.1%で最多

電子書籍と紙の書籍のどちらをよく利用するか聞いてみると、「紙の書籍より電子書籍をよく利用する(40.1%)」が最も多く、次いで「電子書籍と紙の書籍は同じくらい読む(21.3%)」、「全て電子書籍を利用する(20.9%)」でした。

全て電子書籍で読む人と、紙の書籍より電子書籍を利用する人を合わせると、紙の書籍より電子書籍を好んでいる人の割合は61.0%となっています。

年代別に見てみると、全て電子書籍で読んでいる人の割合は30代が最も多く、20代、10代と続きます。

「紙の書籍より電子書籍をよく利用する」もあわせると、20代と30代は7割を超えており、40代でも6割近くを占めています。20代から40代は社会人が多いことから、通勤などの移動中や休憩時などのスキマ時間に利用していると考えられます。スマホで手軽に楽しめることも、重宝されている理由の1つではないでしょうか。

現在利用中の電子書籍サービスは1位「Kindle」、全年代でトップ

現在利用中の電子書籍サービスを調査すると、1位「Kindle(488人)」、2位「楽天Kobo(277人)」、3位「コミックシーモア(243人)」という結果でした。

最も利用者の多かった「Kindle」はAmazonが運営するサービスで、様々な種類の作品を取り扱っており、Amazonプライム会員に加入していることで、無料で読める作品も多いことが魅力です。

利用者数が多い電子書籍サービス上位8サービスの年代別割合を見ると、10代20代の利用者が割合が高いのは「まんが王国」、「ブックライブ」、「コミックシーモア」でした。3つとも、マンガのジャンルが強いサービスであることから、若い世代ではよく読むジャンルが反映された結果だと言えそうです。

一方、「honto」、「楽天kobo」、「Kindle」、「DMMブックス」などオールジャンルを幅広く扱っているサービスは30代以上の利用者が多いようです。

年代別で利用者が多いサービスTOP3を見てみると、全ての年代で「Kindle」が1位となりました。電子書籍を現在利用している割合が比較的多い20~30代では、全体の約半数にあたる人が「Kindle」を利用していることがわかります。

また10~50代に人気のサービスTOP3は、いずれも「Kindle」「コミックシーモア」「ebookjapan」でした。

満足度が高いサービス1位は「U-NEXT」、続いて「Kindle」

利用経験者数TOP10のサービスを利用したことのある人に5段階で評価していただき、満足度を算出しました。

1位:U-NEXT(4.05)
2位:Kindle(3.98)
3位:DMMブックス(3.92)
4位:楽天Kobo(3.90)
4位:ebookjapan(3.89)
6位:まんが王国(3.88)
7位:コミックシーモア(3.87)
8位:ブックライブ(3.85)
9位:Renta!(3.81)
10位:honto(3.69)

※非常に満足=5点、満足=4点、普通=3点、不満=2点、非常に不満=1点とし、平均点を算出。

1位は、電子書籍サービスだけでなく、動画配信サービスも人気の「U-NEXT」。月額会員になると、電子書籍購入時に最大40%のポイント還元があるほか、190誌以上の雑誌の最新号を読み放題で楽しめるサービスがあることが特徴です。ポイント還元や読み放題を利用し、お得にサービスを利用することができます。

2位は、利用者数で1位だった「Kindle」。豊富な品揃えでオールジャンルの作品が揃っています。また、読み放題のサブスクリプションサービスも提供しており、数ある作品の中から自分の好きな作品を好きなタイミングに読むことができます。

3位は、DMMグループの運営する電子書籍サービス「DMMブックス」。初回利用は90%オフ、2回目以降も最大30%還元と、いつでもお得に購入することができます。常に3万冊以上の作品を無料で楽しめるほか、各サービス共通のDMMポイントも利用することが可能。

調査概要

調査方法:インターネット調査
調査期間:2024年2月13日~2月20日
調査委託先:株式会社ジャストシステム
調査対象:全国の15歳~69歳の男女2,858人
◇性別
男性:1406人
女性:1452人
◇年齢
15~19歳:455人
20~29歳:560人
30~39歳:509人
40~49歳:442人
50~59歳:439人
60~69歳:453人

出典元:ナイル株式会社/Appliv TOPICS

電子書籍の現在利用している人は37.9% 全世代で利用率トップは「Kindle」(Appliv TOPICS調べ) -Appliv TOPICS

https://mag.app-liv.jp/archive/149919/

「Appliv TOPICS」は15歳~69歳男女2,858人を対象に、2024年2月13日~2月20日の期間で、電子書籍に関するアンケートを実施しました。

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

NABLAS、生成AIのフェイクを見破る企業向けフェイク検出サービスをリリース

NABLAS株式会社は、メディアやSNSにおける情報だけでなく、人間の目では見抜けないレベルのフェイクコンテンツに対しても、ユーザー独自で専門的かつ信頼性の高いフェイク判定を行える「企業向けフェイク検出サービス」をリリースしたことを発表しました。


フリマアプリ利用者の約7割が販売経験あり、年間平均売上金額は「1万円以上」が約2割【ナイル調査】

フリマアプリ利用者の約7割が販売経験あり、年間平均売上金額は「1万円以上」が約2割【ナイル調査】

ナイル株式会社は、同社が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ情報メディア「Appliv(アプリヴ)」にて、10~60代の男女を対象にフリマアプリに関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ