年代別 就職・転職メディアランキング

年代別 就職・転職メディアランキング

20代 若年層と40代 ミドル層の違いを比較


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、年代別の就職・転職メディアランキングについて調査・分析しました。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2018年3月の就職・転職メディアについて調査・分析した。
※サイト訪問者数はPC、Androidスマートフォンからのアクセス数を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。表内の「カテゴリ」はヴァリューズが独自に定義。

考察サマリ

就職・転職メディア「indeed」「リクナビNEXT」「タウンワーク」がユーザー数上位に(2018年3月)

まず、就職・転職メディアのユーザー数ランキングを2018年3月度で集計しました【図1,図2】。
PCの上位は、1位「indeed」、2位「リクナビNEXT」、3位「タウンワーク」、スマートフォンでは1位「dジョブ」、2位「indeed」、3位「タウンワーク」という結果になりました。

トップ20までを見ると、PCではクチコミサイト「カイシャの評判」が上位にあがっているほか、「マイナビ」「リクナビ」など就活生向けのメディアも10位以内にランクインしています。
一方、スマートフォンでは、バイト情報の「バイトル」や「en 派遣のお仕事情報」など、若年層や女性をターゲットにしたメディアがトップ10内に入っています。

20代はコンテンツ力のある「キャリアパーク」、40代では転職クチコミサイト「カイシャの評判」「転職会議」が上位にランクイン。

20代の若年層と、40代のミドル層で閲覧している就職・転職メディアに違いはあるのでしょうか。
20代、40代それぞれの年代ごとに就職・転職関連のサイトランキングをデバイス別に集計しました。

20代PCユーザーのランキング【図3】では、就活生向けの就職情報が充実したサイトがトップ3にランクインしています。
1位は、新卒者向け就活サイト「リクナビ」(同系列で転職者向けサイト「リクナビNEXT」は4位にランクイン)。
2位には新卒者・転職者それぞれをサポートするコンテンツが充実している「キャリアパーク」が入りました。
3位は学生向け就職活動・就職情報サイト「マイナビ」がランクインしています。

いずれのサイトもコンテンツが充実していて、面接・筆記試験対策、就職説明会やイベント情報、エントリーシートの書き方・管理など内容も多岐に渡っています。このような充実したコンテンツが就職・転職活動をするユーザーのサポートにつながっているようです。

一方で20代スマートフォンユーザーのランキングをみると【図4】、1,2,4位はサイトのトップ画面から職種や勤務地を入力するだけで手軽に就職・転職先を検索できる「リクナビNEXT」「indeed」「タウンワーク」がランクインしています。
3位には、PCランキングでトップの「リクナビ」があがりました。PC、スマートフォンそれぞれのランキング結果からも、就活生はPCで就職情報メディアを訪問し、簡単な操作で手軽にアルバイトや就職・転職情報を検索できるサイトはスマートフォンで訪問しているという特徴がうかがえます。

続いて40代の就職・転職関連サイトランキングについて見てみましょう【図5,図6】。
スマートフォンで1位にランクインしたのは、2017年秋からdocomoが開始した求人関連サービス「dジョブ」(アルバイト・派遣社員・正社員の求人情報をスマホ、タブレット、パソコンなどから検索・応募をすることができるサービス)です。

docomoユーザーはもちろん他キャリアからも手軽にアクセスできることからスマートフォンでトップにあがったことが考えられます。
以下2位~4位まではPCとスマートフォンで大きな差は見受けられませんでしたが、特徴的なのはクチコミ・掲示板サイト「カイシャの評判」「転職会議」が上位にランクインしている点です。
20代の訪問サイトランキングでも「カイシャの評判」がPCランキング9位、SPランキング8位にランクインしているものの、40代の訪問サイトランキングでは更に上位にランクインしており、40代ユーザーは就職先・転職先の評判や口コミに強い関心を寄せている様子がうかがえます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「猫ミーム」は共感性がバズりの鍵?新興SNS「Bluesky」も(2024年2月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第16弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「猫ミーム」「Bluesky」「LYPプレミアム」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。Z世代のSNSの使い方、猫ミームがバズった背景、LYPプレミアムの魅力とZ世代のサブスクの使い方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「紅白」「M-1」は他の動画を観ながら「つまみ食い」?(2023年12月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「紅白」「M-1」は他の動画を観ながら「つまみ食い」?(2023年12月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第14弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、FNS歌謡祭・レコード大賞・紅白などの「年末音楽番組」、「M-1グランプリ」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 TVer(ティーバー)やYouTubeと並行したタイパ重視の音楽番組視聴方法や、SNSを用いたM-1のライブ感ある楽しみ方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


What kind of people can only be reached through Instagram? And Twitter? Users “only” available from each major platform

What kind of people can only be reached through Instagram? And Twitter? Users “only” available from each major platform

Many think “most people use both X (formerly Twitter) and Instagram.” There are users who can only be reached through certain platforms. Using app activation data, we researched how many and what kind of users can be reached exclusively through each app and analyzed which users are most likely to purchase via ads, etc.


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ