BtoB営業の約9割が新規顧客開拓に課題あり!? 課題の上位に「施策がうまく運用できていない」「人材不足」【ラクス調査】

BtoB営業の約9割が新規顧客開拓に課題あり!? 課題の上位に「施策がうまく運用できていない」「人材不足」【ラクス調査】

株式会社ラクスは、BtoB企業の営業担当を対象に、「新規開拓の現状や課題点」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


8割の方が新規顧客開拓を行っていると回答!具体的に感じている課題とは

「現在、新規顧客開拓は行っていますか?」と質問したところ、『行っている(80.3%)』『行っていない(19.7%)』という回答結果になりました。

8割の方が、新規顧客開拓を行っていることがわかります。

では、どのような方法で新規顧客開拓を行っているのでしょうか。ここからは、『行っている』と回答した方にお聞きしました。

「新規顧客開拓はどのような方法で行っていますか?」と質問したところ、『テレアポ(39.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『飛び込み営業(36.4%)』『郵送DM(22.0%)』と続きました。

4割程度の方が、テレアポで新規顧客開拓を行っているようです。また、飛び込み営業や郵送DMで行っている方も多いことが示されましたが、新規顧客開拓を行うなかで何かしらの課題を感じている方はどのくらいいるのでしょうか。

そこで、「新規顧客開拓において何かしらの課題を感じていますか?」と質問したところ、『はい(87.2%)』『いいえ(12.8%)』という回答結果になりました。

新規顧客開拓において、8割以上と非常に多くの方が何かしらの課題を感じていることが示されました。

前の質問で『はい』と回答した方に、「どのような課題を感じていますか?」と質問したところ、『新規開拓施策はやっているものの、うまく運用できていない(42.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『人員不足で新規開拓業務に専念できていない(40.9%)』『人員不足で獲得した顧客へのアプローチができていない(33.9%)』と続きました。

新規顧客開拓についての施策は行っているものの、うまく運用できていないといった課題を感じている方が最も多いことがわかりました。

また、人員不足で新規顧客開拓業務に専念できていないことや、獲得した顧客へのアプローチができていないといった課題を感じている方も多い結果になりました。

新規顧客開拓を行えていない理由は『時間不足』『人手不足』『方法がわからない』

新規顧客開拓を行っている方の割合や、新規顧客開拓において感じている課題などが判明しましたが、新規顧客開拓を行っていない方、新規顧客開拓において課題を感じていない方、課題は感じているものの解決に向けて動けていない方は、新規顧客開拓の必要性を感じているのでしょうか。

ここからは、新規顧客開拓を行っていない方、新規顧客開拓において課題を感じていない方、課題は感じているものの解決に向けて動けていない方にうかがいました。

「新規顧客開拓の必要性を感じますか?」と質問したところ、8割以上の方が『はい(80.5%)』と回答しました。

新規顧客開拓を行っていない方の多くが、新規顧客開拓は必要だと感じているようです。では、必要性は感じているにもかかわらず、行動を起こせていない理由とは一体何なのでしょうか。

そこで、「新規顧客開拓の必要性を感じるものの、行えていない理由は何だと思いますか?」と質問したところ、『業務が多くて時間がない(45.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『人員が足りない(43.9%)』『新規顧客開拓の方法がよくわからない(27.5%)』と続きました。

4割以上の方が、業務量が多く時間がないといった理由で行えていないようです。また、人手不足や新規顧客開拓の方法がわからないといったことも、行えていない理由であることが示されました。

調査概要

調査概要:「新規開拓の現状や課題点」に関する調査
【調査期間】2024年6月6日(木) ~ 2024年6月7日(金)
【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供するPRIZMAによるインターネット調査
【調査人数】1,013人
【調査対象】調査回答時にBtoB企業の営業担当と回答したモニター
【調査元】株式会社ラクス
【モニター提供元】PRIZMAリサーチ

出典元:株式会社ラクス

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000049614.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

テックタッチ株式会社は、生成AIを活用している大企業(従業員数1,000名以上)の会社員を対象に、大企業における生成AI活用の実態調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ