インフルエンサー・YouTuberの約8割が最低でも週に1回は動画編集を行っている!苦労していることは"構成案の作成"【ワンダーシェアーソフトウェア調査】

インフルエンサー・YouTuberの約8割が最低でも週に1回は動画編集を行っている!苦労していることは"構成案の作成"【ワンダーシェアーソフトウェア調査】

株式会社ワンダーシェアーソフトウェアは、インフルエンサー・YouTuberで動画編集をする方を対象に、「動画編集」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


SNSによく投稿するTOP3は「写真」「ショット動画」「文章」。コミュニケーションやフォロワーを増やすために動画投稿している方が多数

はじめに、「SNSによく投稿される種類として当てはまるものはどれですか?」と質問したところ、『写真投稿(51.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『ショット動画投稿(47.3%)』『文章投稿(46.0%)』と続きました。

SNSによく投稿するものは写真が約半数と最多になりました。次いで、ショット動画と続いています。

次に、「普段よく利用している動画投稿のプラットフォームは何ですか?」と質問したところ、『YouTube(59.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『X(29.7%)』『YouTube Shorts(25.2%)』と続きました。

約6割が、YouTube上に動画を投稿していることが示されました。また、Xも上位に上がっており、TikTokやInstagram リールのショット動画の人気がXにも影響を与えていることが示唆されました。

「動画を投稿する目的は何ですか?」と質問したところ、『コミュニケーションをとる(37.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『フォロワーを増やす(37.1%)』『情報を共有する(35.0%)』と続きました。

動画を投稿する際には、視聴者とコミュニケーションをとるなどの目的があることが明らかになりました。また、影響力の拡大や収益の向上に直接結びつく"フォロワーの増加"も、インフルエンサーやYouTuberにとって重要であることがうかがえます。

続いて、「動画の編集頻度はどのくらいですか?」と質問したところ、『週に2~3回(35.0%)』と回答した方が最も多く、次いで『週に1回(24.9%)』『毎日(16.4%)』と続きました。

「週に2〜3回」と「週に1回」「毎日」を合わせると、約8割が最低でも週に1回は動画編集を行っている実態が明らかになりました。

実際に利用している動画編集ツールが判明!選んだ決め手はコスパや直感的な操作感

「よく利用している動画編集ツールは何ですか?」と質問したところ、『Adobe Premiere Pro(30.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『iMovie(24.2%)』『Filmora(23.6%)』と続きました。

動画編集ツールには「Adobe Premiere Pro」をはじめさまざまな種類がありますが、どれかが突出して人気があるというわけではないようです。編集の目的やスキル、ニーズに応じてツールを選択していることがうかがえます。

「そのような動画編集ツールを選んだ決め手は何ですか?」と質問したところ、『コストパフォーマンス(36.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『直観的な操作が可能(29.3%)』『AI機能が豊富(26.1%)』と続きました。

約4割がコストパフォーマンスを重視して動画編集ツールを選んでいることが明らかになりました。また「直感的な操作ができるか」や「AI機能の豊富さ」も重視している傾向が示されました。

動画編集で大変だと感じることは編集・トリミングやテキストの編集

「どのような方法で動画編集スキルを学んでいますか?」と質問したところ、『YouTube(42.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『インターネット検索(39.8%)』『SNS(29.1%)』と続きました。

YouTubeをはじめとし、インターネット検索で動画編集スキルを学んでいる方が多いことが示されました。リアルタイムで最新の情報を収集できることから、このように学んでいる方が多いことが示唆されました。


次に、「動画編集において大変だと感じることは何ですか?」と質問したところ、『編集とトリミング(37.3%)』と回答した方が最も多く、次いで『構成案の作成(33.4%)』『テキストの編集(29.3%)』と続きました。

動画編集には、編集・トリミングの手間や構成案の作成などの苦労があることから、技術的なスキルとクリエイティブな能力の両方が必要とされることがうかがえます。

次に、「動画編集時によく利用するAIツールは何ですか?」と質問したところ、『テキストからオーディオ生成(21.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『テキストから画像生成(20.8%)』『自動字幕起こし(20.6%)』と続きました。

テキストからオーディオを生成するなどのAIツールを使用して動画編集を行う方は多いことがうかがえます。

最後に、「未来的な動画編集として“ワンクリックで動画編集”と“ステップバイステップのアシスタンス”のどちらを希望しますか?」と質問したところ、約6割の方が『ワンクリックで動画編集(56.5%)』と回答しました。

ワンクリックで動画編集といった、編集プロセスを自動で行える機能があれば利用したいと考える方は多いのではないでしょうか。

※ワンクリックでの動画編集:自然言語、シンプルな編集設定により、素材のインポートからビデオの最終化までの全プロセスを実施。処理されたビデオを取得した後も、編集や微調整が可能。
※ステップバイステップのアシスタンス:ビデオクリップをアップロードした後、AIがガイドし、ビデオ編集プロセスの各段階と最終ビデオの出力に至るまで手順を示す。

調査概要

【調査期間】2024年6月6日(木) ~ 2024年6月10日(月)
【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供するPRIZMAによるインターネット調査
【調査人数】563人
【調査対象】調査回答時にインフルエンサー・YouTuberで動画編集をすると回答したモニター
【調査元】株式会社ワンダーシェアーソフトウェア
【モニター提供元】PRIZMAリサーチ

出典元:株式会社ワンダーシェアーソフトウェア

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000842.000020603.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング

関連する投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

テックタッチ株式会社は、生成AIを活用している大企業(従業員数1,000名以上)の会社員を対象に、大企業における生成AI活用の実態調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ