Z世代はクラファンも推し活感覚?20代の約4割は「特定のクリエイターやアーティストを応援したい」【僕と私と調査】

Z世代はクラファンも推し活感覚?20代の約4割は「特定のクリエイターやアーティストを応援したい」【僕と私と調査】

僕と私と株式会社は、全国の20代~60代の男女を対象に、クラウドファンディングに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


若い世代ほどクラウドファンディングについて知らない

まず、クラウドファンディングについて知っているかを聞いたところ、「概要を説明できる」と答えたのは全体のわずか26.0%でした。さらに、全体の25.6%は「聞いたことがない」という回答に。

年代別では、「概要を説明できる」と答えた割合がもっとも多かったのは60代の29.5%で、「聞いたことがあるが、詳細はわからない」と答えた人と合わせると実に87.9%がクラウドファンディングについて耳にしたことがあるという結果になりました。

一方で、若年層ほど「聞いたことがない」と答えた割合が高くなり、Z世代でもある20代では全年代の中でもっとも高い43.2%となりました。

クラウドファンディングを利用しない理由は「お金に余裕がない」から

次に、クラウドファンディングについて「利用したことはないし、今後も利用する予定はない」と答えた1,708人に利用したくない理由を聞いてみました。

その結果、もっとも多かった回答が「お金に余裕がない」で39.6%、次いで「クラウドファンディング自体がよくわからない・よく知らない」が36.4%で、どの年代でもこの2つが大きなハードルとなっていることがわかりました。

また、「よくわからないプロジェクトを応援したいとは思わない」「なんとなく怪しい。支援するには不安が残る」は年代が上がるほど多く挙がり、逆に「お金だけが集められて、リターンがおろそかにされそうで不安」は若年層から多く挙がる傾向が見られました。

20代の4人に1人は、クラウドファンディングにチャレンジしてみたい

続いて、クラウドファンディングの利用経験を聞いたところ、支援・寄付する側としての利用経験は全体の11.8%に留まりました。

年代別に見ると1番利用率が高かったのは40代で13.9%、もっとも低かったのは50代の8.5%という結果に。

一方で、「利用したことはないし、今後も利用する予定はない」は全体の47.5%と、約半数にのぼりました。

年代別では、60代が52.6%で全年代のなかでもっとも利用に後ろ向きな人が多いものの、「利用したことはある」と「利用したことはないが、いつか利用してみたい」の合計値は31.0%でした。全年代のなかでもっとも高かったことを踏まえると、ひとつの年代のなかで二極化しているという見方もできます。

さらに、支援される側としての利用経験を聞いたところ、「利用したことはある」と答えたのは全体のわずか3.7%でした。

「利用したことはないし、今後も利用する予定はない」と答えた人は61.4%にものぼり、支援・寄付以上にハードルを感じている人が多いことがうかがえます。なかでも、60代は77.3%が「今後も利用する予定はない」と回答しました。

しかし、一方の若年層は関心が高いようで、「利用したことはある」と「利用したことはないが、いつか利用してみたい」の合計値は20代の4人に1人にあたる24.9%となりました。

20代の過半数が支持するクラウドファンディングは「寄付型」

クラウドファンディングを「利用したことはある」「利用したことはないが、いつか利用してみたい」と答えた565人を対象に、支援側で利用してみたいクラウドファンディングの種類を聞いてみました。

もっとも支持を集めたのは「購入型(55.0%)」つづいて「投資型・融資型(49.6%)」という結果に。一方、僅差ながら「寄付型」は44.1%となりもっとも少ない結果となりました。

これらの結果から、モノやサービス、金銭などでリターンを得られるクラウドファンディングの方が支援者側のメリットが明確でハードルが低く、参加しやすいと言えるでしょう。

ただし、年代別に見ると、20代では「寄付型」がもっとも支持を集め、過半数に迫る49.2%が利用してみたいと回答。Z世代の社会貢献意識が現れる結果となりました。

20代の4割は「特定のクリエイターやアーティストを応援したい」

上記に関連して、支援をしたい理由を聞いたところ、もっとも多かったのは「人への支援をしたいから(被災地支援、医療支援など)」で全体の38.6%

年代別に見ても、20代を除くすべての世代でもっとも多い回答となりました。特に60代以上は46.7%と、他世代と比較しても突出した回答率に。

一方、20代でもっとも多かったのは「特定のクリエイターやアーティストを応援したいから」で42.4%

先の「支持するクラウドファンディングの種類」で20代から「寄付型」の支持が高かったことも踏まえると、明確にリターンを得ることに重きを置かず、「共感できるから支援する」といったエモ消費や、推し活に近い背景があるのかもしれません

また、20代・30代は「社会的な変化やインパクトを生み出したいと思うから」という回答が他世代と比較して多いのも特徴的でした。

クラウドファンディングの支援予算上限は1万円未満

最後に、クラウドファンディングにかける予算上限を聞いたところ、全体でもっとも多かったのが「5千円未満」で24.6%、続いて「5千円〜1万円未満」で20.5%という回答になり、およそ過半数が1万円未満という結果になりました。

年代別では、20代が他年代と比較すると「1万円〜2万円未満」「2万円〜3万円未満」との回答が多く、支援金額が高い傾向が見られました。

調査概要

調査名:世代別!クラウドファンディングに関する意識調査
対象条件:全国の20代~60代男女
調査期間:2024年5月20~22日
調査方法:インターネットを利用したアンケート
調査有効回答数:2,405名(20代:482人、30代:479人、40代:482人、50代:481人、60代:481人)

出典元:僕と私と株式会社

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000071963.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


マーケティング Z世代

関連する投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

日用品は同じ商品を繰り返し買う"安定派"の一人暮らし女性が約8割!一方で約3人に1人が新商品を衝動買いした経験あり【eBay Japan調査】

eBay Japan合同会社は、全国の一人暮らしをしている女を対象に「日用品の買い替えに関する調査」を実施し、結果を公開しました。


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

職場で生成AIを活用できているのは約1割!約8割の企業が自社における生成AIの活用に課題【テックタッチ調査】

テックタッチ株式会社は、生成AIを活用している大企業(従業員数1,000名以上)の会社員を対象に、大企業における生成AI活用の実態調査を実施し、結果を公開しました。


最新の投稿


データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

データ・ワン、実店舗購買データを元に類似顧客を推計して配信する新広告ソリューションの提供開始

株式会社データ・ワンは、株式会社NTTドコモが保有するドコモ独自の顧客プロファイリングAIエンジン「docomo Sense™」を活用した広告ソリューション「co-buy® Audience Plus(コーバイ・オーディエンスプラス)」の提供を開始したことを発表しました。このソリューションにより、データ・ワンが保有する小売事業者の購買データを元に類似顧客を推計し、質の高さとリーチ量を兼ね揃えた広告配信が可能となるといいます。


スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

スマホゲームを毎日プレイする人が約7割!全世代の女性に好かれる「ディズニーツムツム」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、スマホゲームを月1回以上プレイしている全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2024年)スマホゲーム編」を実施し、結果を公開しました。


レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

レトロブームで再燃? コンデジやチェキ、写ルンですの消費者ニーズをデータで深掘り

「コンデジ」「チェキ」「写ルンです」。この言葉を聞いて懐かしいと思う大人は多いかもしれません。スマートフォンの普及によって、カメラを買う機会は減少傾向にありました。しかしながら、最近はZ世代の間で「レトロ」が注目を集め始め、コンデジブームがやってきました。データ分析を通してそれぞれのカメラの関心層を分析します!


デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

デジマの課題は「ノウハウ不足」と「ツール」に集中 デジタル顧客体験の改善が明確な注力領域に【Repro調査】

Repro株式会社は、消費者向けWebサイト・サービスを保有する企業の事業・サービス責任者を対象に、「Webサイトの活用状況に関するアンケート」を実施し、結果を公開しました。


【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

【調査リリース】4大SNSのヘビーユーザーを比較調査!X利用者はフォロー/シェア等での割引施策参加に積極的、 TikTok利用者は高価でも衝動買いの傾向

アプローチしたい顧客セグメントに到達するためには、コミュニケーション媒体として適切なSNSを選定し活用することが重要です。数多くの新興SNSも登場する中、どんなユーザーがどのSNSを選び、どのような購買活動をしているのか。今回は4大SNSとも言える、Facebook、Instagram、TikTok、X(旧Twitter)それぞれのヘビーユーザーの属性、購買動機や興味関心などのサイコグラフィック、メディアの利用状況や消費行動などを調査し、ユーザープロファイルを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ