SEOの順位チェックはどうしてる?【おすすめツール9選】

SEOの順位チェックはどうしてる?【おすすめツール9選】

SEOの順位をチェックすることはサイトの運営に欠かせません。しかし手動でひとつひとつコンテンツの順位をチェックするのは大変。順位チェックを簡単にすばやく行うために、ツールを使っていきましょう。本記事ではそれぞれのツールごとの特徴や、使いやすいツールをご紹介します。


SEOの順位チェックに使うツール

SEOの順位チェックに使うツールには、パソコンにインストールして使うタイプのものや、クラウド型のもの、さらにはWeb上で使う簡易的なものがあります。タイプによって使い勝手が異なりますので、使うシーンや機能によってツールを使い分けると良いでしょう。

SEOの順位チェックにオススメのツール9選

SEOの検索順位チェックに使うツールには、無料のものから有料のものまであります。仕様が異なるので一概に比較はしにくいですが、機能がたくさんあるものは有料のツールになります。検索順位を確認できるツールの中でも、おすすめのものを順番にご紹介しましょう。

1.ohotuku

「ohotuku」のスペックは次のとおりです。
・無料
・Webページ上のツール

このツールは、検索ワードに対して300位までの順位をチェックして確認することが可能になっています。検索順位を日々チェックするというよりも、自分や競合のページを簡易的にチェックする時に便利なツールです。狙っているキーワードを3つまで調査することができ、履歴を確認できるのもポイントです。

2.検索順位チェッカー

検索順位チェッカー - Google、Yahoo、Bingの検索順位を簡単チェック!!

http://checker.search-rank-check.com

Google、Yahoo、Bingの三大検索エンジンの検索順位チェッカーです。PC版・スマホ版の検索順位を取得。無料・登録不要です。

「検索順位チェッカー」のスペックは次のとおりです。
・無料
・Webページ上のツール

検索順位チェッカーはブラウザ上で動くソフトです。5つまでのキーワードを検索することができ、100位までの順位が見れるので、簡易的に使うには十分な機能です。スマホにも対応していることや、データをダウンロードできるのも特徴となっているツールです。

3.SEOピッシュ

検索順位チェックツール - PC・スマホ・7ワード一括チェック

https://www.seopitshu.jp/seotool/ranking_form.html

Googleでの検索順位を一括チェックする無料SEOツールです。PC版とスマホ版の検索順位を7ワード一括チェック、グラフ表示、過去3か月間の履歴、検索順位別に必要になるSEO対策など、検索順位から効果的なSEO対策をご提案します。

「SEOピッシュ」のスペックは次のとおりです。
・無料
・Webページ上のツール

SEOピッシュでは3つの単語を同時に検索することが可能です。またパソコンだけでなく、モバイルの順位も別で検索できます。検索順位から必要なSEO対策まで提案してくれます。3か月分の履歴を記録でき、300位までの順位を表示可能です。

4.KEYWORD FINDER

キーワードファインダー - KEYWORD FINDER

https://keywordfinder.jp

SEOキーワード選定までの作業を自動化するツールです。今までのキーワード選定で「検索数」「難易度」「関連度」を別々にしていた作業がこれ1つで解決します。

「KEYWORD FINDER」のスペックは次のとおりです。
・有料
・クラウド型ソフト

KEYWORD FINDERは、キーワードを自動で取得して、キーワードの検索順位をチェックすることが可能なツールです。キーワード選定をする助けがメインの機能となっています。付随する機能として、順位を確認できる機能が備わっています。

サイトの規模やサイト数、さらに管理キーワードの数に合わせて3つのプランから選択できます。ページごとに設定したキーワードの順位をチェックしながら、対策をしていくのに最適です。

5.Gyro-n SEO

SEOツールならGyro-n SEO

https://www.gyro-n.com/seo/

【SEOツール】なら検索順位チェックから競合比較、内部対策管理まで、インハウスSEO担当者が行うフロー、SEO対策のノウハウを詰め込んだGyro-n SEO。効率的にSEOを管理する高機能SEOプラットフォームです。無料から利用OK!

「Gyro-n SEO」のスペックは次のとおりです。
・有料
・クラウド型ソフト

Gyro-n SEOはSEOツールなのですが、複数ある機能の中に検索順位チェックがあります。競合サイトとの比較や、検索地域を指定することも可能です。ただチェックをするだけでなく、SEO対策をしていく時に必要な情報を見ることができるのが特徴です。

パソコンだけでなく、モバイルの順位も取得でき、日々変わる順位も確認できます。グラフの推移を見ることで、検索順位を追って別の視点から順位チェックもできます。

6.SEOSELF

無料SEO順位チェックツール SEOSELF

http://seoself.com

SEOSELF(クラウド型無料SEO順位チェックツール)は、いつでもどこでもあなたのサイトの表示順位を計測する素晴らしいサービスです。

「SEOSELF」のスペックは次のとおりです。
・無料機能あり
・クラウド型ソフト

YahooやGoogleだけでなく、Bingにも対応しており、SEOチェキとも連携しているツールです。アフィリエイターにも多様されている検索順位チェックツールです。特徴として、365日の間自動で順位を取得することができ、パソコンやスマホにも対応しています。グラフチャートなどの基本機能が備わっており、SEO対策をするのに使いやすいツールです。

いつ順位が変化したのかも記録することができ、被リンク解析やサイト内部チェックにも対応することができます。

7.GRC

検索順位チェックツールGRC

https://seopro.jp/grc/

SEOツールラボでは、アクセスアップを支援するSEO/SEMツールを無料配布しています。検索エンジン順位チェックツールGRCはプロにも利用されているお勧めツールです。

「GRC」のスペックは次のとおりです。
・無料機能あり
・インストール型ソフト

多くの人が利用している検索順位チェックツールです。検索できるのは最大で300位までで、インストール型のソフトとなります。ボタンを押すだけで、検索キーワードの順位を確認することができます。検索順位の変化をグラフ表示することができるので、一目で順位推移を確認可能です。

優れた機能や操作性を誇るソフトであることが、多くの人に使われている理由。競合サイトのURLを入れて、順位変化を追いかけることもできます。別の機能として、リスティング広告の上位サイトの順位変動も記録できます。グラフ上にメモを残せるので、ウェブページへの修正内容もグラフ上で確認可能です。

8.RankTracker

海外 検索エンジン ランキングチェックツール | Rank Tracker SEO

http://www.ranktracker.jp

海外 検索エンジン ランキングチェックツール SEOツール、Rank Trackerのサイト。世界中の600以上の検索エンジンに対応。

「RankTracker」のスペックは次のとおりです。
・無料機能あり
・インストール型ソフト

RankTrackerは海外の順位チェックツール。アフィリエイターや有名IT企業も使用しているのが特徴で、世界中の検索エンジンに対応しています。

自動で順位チェックするのはもちろんですが、キーワードのグループ分けをしたり、メモ機能があるのも特徴です。SEOの順位チェックを効率的に行うのに、役立つツールとなっています。

9.Serposcope

Open source rank checker for SEO

https://serposcope.serphacker.com/en/

Serposcope is a free and open-source rank tracker to monitor websites ranking in Google and improve your SEO performances

「Serposcope」のスペックは次のとおりです。
・無料
・インストール型ソフト

この順位チェックツールはGoogleのランキングでサイトをチェックします。キーワードの登録数は無制限にも関わらず、無料で利用できるのが魅力。個別のSEOキーワードの検索順位をグラフにすることができ、一目で比較ができます。

自身のサイトの前後にあるURLを取得して、順位を確認することも可能です。検索順位が上がったキーワードや下がったキーワードなどを把握し、理由を分析するのに役立ちます。無料で使えるのにも関わらず、ここまでの機能があるので、SEO対策をしっかりとできます。

機能や価格を比較してSEO順位チェックツールを使おう

同じ順位検索チェックツールと言っても、ツールごとに特徴があります。チェックできる内容も異なりますし、料金ももちろん異なります。高機能なSEOの順位チェックツールは、有料なことが多いので、何の機能を重視したいかによってツール選びをしましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


SEO 分析ツール

関連する投稿


【March 2024 core update】Googleコアアルゴリズムアップデートをリリース!新しいスパムポリシーも導入

【March 2024 core update】Googleコアアルゴリズムアップデートをリリース!新しいスパムポリシーも導入

Googleが2024年3月のコアアルゴリズムアップデート(March 2024 core update)をリリースしました。今回はコアアップデートとあわせて、スパムに関する新しいポリシーも導入されています。


SEO施策にAIを活用・活用予定の企業が約8割 AI活用での不安は「コンテンツの質を担保できるか」【Digital Arrow Partners調査】

SEO施策にAIを活用・活用予定の企業が約8割 AI活用での不安は「コンテンツの質を担保できるか」【Digital Arrow Partners調査】

株式会社Digital Arrow Partnersは、月のWebマーケティング予算が100万円以上の企業に勤めるマーケティング担当者を対象に、2024年のSEO動向に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年12月版)|ホワイトペーパー

最新のSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する動向を毎月まとめてご紹介。今回は、2024年のSEO動向予測や2023年のSEO重要トピックの振り返りなど、年末年始に押さえておきたい内容が満載。また、SEOのよくあるお悩みに対し、専門のコンサルタントが対策を徹底解説していきます。


SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOのよくある疑問にプロが答える!キーワード選定やリライトの基準、記事作成のコツなど|「2023年12月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

SEOに取り組んでいると、各フェーズで様々な疑問が出てくるもの。中には「こんなこと、今さら聞けない…」と思っている人もいるのではないでしょうか。今回は、日々クライアントのSEOを伴走支援しているヴァリューズのマーケティングコンサルタントが、みなさんからよくいただく質問にお答えします。2023年の総仕上げとしてぜひ読んでみてくださいね。


2024年のSEOトレンド予測と、対策のためのSEOチェックリスト最新版 | ホワイトペーパー

2024年のSEOトレンド予測と、対策のためのSEOチェックリスト最新版 | ホワイトペーパー

ChatGPTなどの革新的な生成系AIの登場が相次ぎ、先が予測しづらい時代。2024年のSEOを考える上で、コンテンツマーケターが今から押さえておくべきポイントとはどのようなものなのでしょうか。日本最大級のSEO研究用データベースを保有し、Googleの考え方を熟知したヴァリューズが、新年に取るべきアクションのチェックリストを作成しました。


最新の投稿


Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Is the "car camping" trend over? Investigating changes in demand and user persona based on search words

Car camping became popular in recent years for travel and as an outdoor activity done while social distancing. After the pandemic, its popularity is said to have subsided, but how has the demand changed? We look at changes in demand based on the searches and the user persona of people searching and their interests.


博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

博報堂DYホールディングス、メタバース生活者定点調査2023を実施

株式会社博報堂DYホールディングスは、全国15~69歳の生活者を対象に、メタバースに関する現状の生活者意識や動向を把握することを目的とした「メタバース生活者定点調査2023」を実施し、結果を公開しました。


ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー、成果保証型インフルエンサーマーケティング支援サービス「バズリスタ」を提供開始

ログリー株式会社は、2024年4月8日(月)に成果保証型インフルエンサーマーケティングを支援するサービス「バズリスタ(BUZZRISTA)」を正式リリースしたことを発表しました。


AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

AI画像生成を無料で使えるサイト5選!目的の画像を生成するコツやビジネス活用時の注意点を解説

2023年より注目を浴び始めた生成AI。ChatGPTやMidjourneyによる生成AI技術が話題となりました。 なかでも近年技術が飛躍的に伸びているのがAI画像生成です。AI画像生成は日常の話題になるようなバラエティに富んだ画像を作成できるだけでなく、営業資料やPR動画の素材といったビジネスの面で役に立つ生成も可能になりつつあります。 実際に営業資料や提案資料に生成AIを活用している企業もあり、AI画像生成を駆使することでノンコア業務の削減できたり、魅力的な資料を一瞬で作ることもできます。 そこで本記事では、AI画像生成を無料でつくれるサイト5選や、目的の画像を一発で抽出するコツ、利用時の注意点について解説します。


ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

ショート動画を「ほぼ毎日見ている」割合は、若い年代ほど高い傾向【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、10~60代の男女を対象に、ふだんショート動画(YouTubeのshorts(ショート)やTikTokなど、1分程度の縦型の動画)をどのくらい見ているか、見ている理由について調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ