症状、原因、対策...あらゆる世代が気になる「冷え性」さんの人気サイトをクラスタ別に見ると…?

症状、原因、対策...あらゆる世代が気になる「冷え性」さんの人気サイトをクラスタ別に見ると…?

立冬を迎え、「冷え性」の人にとっては辛い季節がやってきましたが、ネットの行動ログを調査すると、どうやら冷え性は季節限定のものではなさそうです。株式会社ヴァリューズのクラスタ分析では、特定のキーワードをページタイトルに含むサイトの閲覧ユーザーを抽出し、デモグラフィック属性や行動ログを把握できます。今回は「冷え性」に関するコンテンツをネットで閲覧したユーザーがとった行動から「寒さ対策」「末端冷え性」「高カカオチョコレート」「漢方」「冷え」のクラスタに分類し、冷え性にまつわる関心を探ってみました。


冬だけでなく夏にも検索されている「冷え性」

「冷え性」といえば寒い時期に関心が高まると考えられるため、まずは気温との相関を確認しましょう。

2017年秋-2018年夏シーズンは、東京の月間平均気温が10度を下回った12月から翌2018年1月の検索ユーザーが最多で、気温の上昇につれ減っていく傾向。5月が若干増えていますが、ほぼ気温と反比例といえそうです。

しかし2018年秋-2019年夏シーズンは、冬のさなかにも前年ほど検索ボリュームが伸びませんでした。そもそも10度以下の日が少なく、「冷え」を意識する機会が減ったのでしょうか。逆に、夏日が増え平均気温が24.1度をマークした7月に「冷え性」検索ユーザーが増え、5.6度だった1月に迫る勢いです。オフィスなどの冷房が影響しているのか、温活など健康意識が高まったのか定かではありませんが、「冷え性」は冬だけの問題ではなくなっているのかもしれません。

「冷え性」検索ユーザー数と月間平均気温の推移

「冷え性」検索ユーザー数と月間平均気温の推移

ユーザー数はeMark+ Keyword Finder、
月間平均気温は気象庁「東京 日平均気温の月平均値」(http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s3.php?prec_no=44&block_no=47662)
より作成

オフィスアワーと就寝前が気にかかる時間帯

冷え性といえば女性が多そうですが、「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーは意外なことに男性が43%。

年代は20~30代合計で半数を占め、若いユーザーの関心が高いことがわかりました。

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーの属性

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーの属性

「冷え性」コンテンツを閲覧するのは、休日より平日の方がやや多く、お昼頃から夜にかけて増加傾向です。平日お昼から夕方17時にかけては、冷えがちなオフィス内で過ごす時間帯でしょうか。通勤や夕食時間帯と考えられる18時~20時にいったん下がって、平日の21時から24時、おそらく入浴前後や就寝前を想起させる時間帯に最もセッションが増えています。

「冷え性」コンテンツ閲覧セッション数(時間帯別)

「冷え性」コンテンツ閲覧セッション数(時間帯別)

冷え性対策グッズ専門店や健康情報のオウンドメディアが人気

「冷え性」コンテンツで一番人気だったのは、所ジョージさんがテレビ番組でとりあげ2018年春頃から注目されたフットマッサージャー「フットグルーマーグラン」を提供する「株式会社サンパック」。3位「ミーテぽっかぽかショップ」や5位「もちはだ本店」は腹巻きやレッグウォーマーなどの対策商品専門店です。

ほかに体温をキーワードに新しい健康生活を提案する4位「テルモ体温研究所」や血行促進情報が充実の7位「養命酒製造」、女性のための健康情報を提供する8位「ウェルラボ」、近畿・東海地方のドラッグストアで「ゆたか倶楽部」を運営する9位「ドラッグユタカ」などの情報提供サイトが閲覧されています。みんなが気になる「冷え性」だけに、オウンドメディアが奏功しやすいのかもしれません。

2位「石割の湯」、6位「紅富士の湯」は、いずれも山中湖の温泉で、とくに男性の関心を集めています。最近「やまなし立寄り百名湯」にも選ばれました。10位「ウォーカープラス」は温泉情報も多くとりあげていて、こちらも男性に人気です。

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーの接触サイト上位10

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーの接触サイト上位10

検索を行って「冷え性」コンテンツを閲覧したユーザーの検索キーワードからは、「効果」「効能」や「おすすめ」「口コミ」など、冷え性をなんとか改善したいニーズが浮き彫りに。

「漢方」「生姜」やそれらを入手する手段と考えられるECサイト名も多く検索されています。

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーの検索キーワードクラウド

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーの検索キーワードクラウド

冷え性の対策は外から? 中から?

「冷え性」ユーザーのニーズを深堀りするため、「冷え性」コンテンツ閲覧の前後3時間のネット行動ログから、ユーザーをクラスタ分類してみました。浮かび上がったのは、「寒さ対策」、「末端冷え性」、「高カカオチョコレート」、「漢方」、「冷え」の5クラスタです。

クラスタごとにキーワードクラウドを見ると、「寒さ対策」クラスタは手足やお腹の冷えを気にしつつ、対策キーワードとしてはオーバーソックスや防寒グッズを使っています。同様に手足の冷えが気になる「末端冷え性」クラスタでは自律神経や足のつり、しびれなど、対策以上に症状や原因が気になる様子。対策キーワードは少なめですが、「体を温める食べ物」や「鍼」「お灸」があがっています。

「高カカオチョコレート」、「漢方」クラスタは、より具体的な冷え体質の改善ニーズと見られ、とくに「漢方」では「低血圧」「内臓」といった原因キーワード、効能のある薬名が多く使われていました。

「冷え」クラスタが多用する対策キーワードは「カイロ」や「ソックス」「湯たんぽ」などで、グッズによる冷え解決に関心が高い様子。体の外から働きかける対策はほかに「マッサージ」、食べ物では「あずき」が検索されています。

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーのクラスタ

「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザーのクラスタ

※( )内は各クラスタの出現人数

5つのクラスタは、大きくグッズやウェアで外側の対策を講じる派(寒さ対策、冷え)と、摂取するもので自分の内側から対策を講じる派(末端冷え性、高カカオチョコレート、漢方)に分類できるかもしれません。

クラスタに関わらず人気の「フットグルーマーグラン」と「VENEX」

5つのクラスタのうち、症状が気になる「末端冷え性」クラスタ対策が気になる「冷え」クラスタの関心を、閲覧上位サイトから詳しく見てみます。

自律神経や足の冷え、つり、しびれ、熱がこもるなど、体内の悩みが深刻そうな「末端冷え性」クラスタでは、「冷え性」コンテンツ閲覧ユーザー全体と同じく、「フットグルーマーグラン」の株式会社サンパックや「ミーテぽっかぽかショップ」、「ドラッグユタカ」のサイトが上位に。休養サポートウェア「VENEX」もランクインしました。

製品サイトやECのほかは健康情報サイトが多く、「日本生活病予防協会」や「ウェルラボ」のほか、「久光製薬」、「エステー」、健康食品の「ビタリア製薬」などオウンドメディアが充実するサイトが上位です。奈良県生駒市の「かわたペインクリニック」は神経ブロック療法や心理療法、リハビリテーションの治療法を組み合わせた痛み軽減専門院。公式ブログや会報も提供しています。

「末端冷え性」クラスタの閲覧上位サイト

「末端冷え性」クラスタの閲覧上位サイト

次に、対策が気になる「冷え」クラスタの閲覧上位サイトを見ていきます。

「フットグルーマーグラン」の株式会社サンパックは、カイロや湯たんぽに関心の高い「冷え」クラスタでも一番人気。「VENEX」サイトも「末端冷え性」と同じラインナップで、これら2製品は幅広いユーザーにリーチできているといえそうです。

2サイト以外は「末端冷え性」クラスタと顔ぶれが変わります。「冷え」クラスタで2番目に利用が多いのは「養命酒製造」。温熱ピロー「あずきのチカラ」などが人気の「桐灰化学」や温活・冷えとり特化EC「てくてくネット」が上位です。

「冷え」クラスタではほかに人気海外旅行ブログ「天国に一番近い海外旅行」、日常生活の知恵を綴る「ぷちはぴ」ブログ、女性のための肌情報「日本すっぴん協会」といった、「冷え性」そのものに限らない読み物が閲覧されています。同じ病院でも人気は福岡県飯塚市の総合病院「飯塚病院」で、"ピカリと輝く健康なカラダをサポート"するオウンドメディア「ぴカラダ」が充実しています。「末端冷え性」クラスタに比べると、冷え性切実度はやや低く、幅広い関心があるのかもしれません。

「冷え」クラスタの上位閲覧サイト

「冷え」クラスタの上位閲覧サイト

まとめ

今回は「冷え性」に関連するコンテンツを見ているユーザーのクラスタ分析から、冷え性にまつわる興味関心を探りました。調査結果からも「冷え性」は男女や年代を問わず幅広い層で関心を集めているトピックであることがわかりますが、クラスタに分類すると、グッズやウェアで対策を講じる派(寒さ対策、冷え)と、体に摂取するもので自分の内側から対策を講じる派(末端冷え性、高カカオチョコレート、漢方)の特徴が見えてきました。それぞれのターゲットを意識することで、よりニーズに即したコンテンツを作成できるのではないでしょうか。

【調査概要】

株式会社ヴァリューズが、全国のモニターパネル(20歳以上男女)を対象として調査・分析を実施。
・ネット行動ログ分析対象期間:2018年9月~2019年8月
・分析対象者:ページタイトルに 「冷え性」を含むページを閲覧したユーザー
※ネット行動ログは「冷え性」関連コンテンツ閲覧前後180分の行動ログを抽出して分析を行った

この記事のライター

法政大学院イノベーション・マネジメント専攻MBA、WACA上級ウェブ解析士。
CRMソフトのマーケティングや公共機関向けコンサルタント等を経て、現在は「データ流通市場の歩き方」やオープンデータ関連の活動を通じデータ流通の基盤整備、活性化を目指している。

関連する投稿


アンケートでコンセプト受容性調査を実施!データから考えたスキンケア化粧品は消費者に受け入れられるのか?

アンケートでコンセプト受容性調査を実施!データから考えたスキンケア化粧品は消費者に受け入れられるのか?

商品を企画し、発売に至るまでには様々な工程がありますが、企画した商品のテーマや内容に対する消費者の反応を確認するのがコンセプト調査です。ヴァリューズが保有しているWeb行動ログデータでの分析結果を基に商品の企画設計を行い、その企画内容が消費者に受け入れられるのかをアンケート調査にて確認しました。


Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

Z世代に今何が刺さっているのか?検索行動から顕在ニーズを分析し、トレンドを探る

昨今マーケティングの文脈で注目度が大きく上昇している「Z世代」。1990年代中盤以降に生まれた世代を指し、幼少期からデジタルに触れて育ってきたデジタルネイティブであるという特徴から、それ以前の世代とは全く異なる価値観を持っているとされています。InstagramやTiktokを代表としたSNSの利用時間や、SNSを通じた購買も多いため、SNSきっかけでトレンドが生まれ消費が動くことも少なくありません。今回はそんなZ世代のトレンドとして、今後大きくなりそうなものの可能性を検索キーワードから調査します。


【媒体調査】TikTokのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。フィットネスや料理など実用的ジャンルが人気上昇

【媒体調査】TikTokのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。フィットネスや料理など実用的ジャンルが人気上昇

若者を中心に世界中で多数のユーザーを抱える動画配信プラットフォーム「TikTok」。そのユーザー像はどんな人なのか、ユーザーの属性や興味関心を寄せている分野を媒体資料とWeb行動ログデータをかけ合わせて分析していきます。


年代ごとの検索エンジンシェアを調査!シニア層でもGoogleが首位

年代ごとの検索エンジンシェアを調査!シニア層でもGoogleが首位

ユーザーとWebサイトを繋げる重要な集客窓口である検索エンジン。GoogleやYahoo!をはじめとする検索エンジンの利用者にはどのような違いがあるのでしょうか? 本記事ではユーザー数や年代別のシェアについて、Web行動ログデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて調査し、それぞれの特徴を探ります。


日本でもブーム到来の兆し?『CBD』に対する国内消費者の関心を調査

日本でもブーム到来の兆し?『CBD』に対する国内消費者の関心を調査

海外で人気のCBD(カンナビジオール)が、日本でもじわじわ注目が集まっているようです。CBDは大麻草に含まれる成分で、ストレス解消効果やリラックス効果があり、WHO(世界保健機関)も安全性を認めている物質です。海外では「グリーンラッシュ」と呼ばれ、急成長を見せている大麻草関連ビジネス。日本でも5年ほど前からCBD商品が販売されるようになり、順調にマーケットを拡大しています。今回は、インターネットユーザー動向から国内のCBDブーム到来の兆しを分析します。


最新の投稿


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


スマートウォッチ市場のユーザー層を調査。Apple WatchとFitbitの購買検討層の違いが明らかに

スマートウォッチ市場のユーザー層を調査。Apple WatchとFitbitの購買検討層の違いが明らかに

多機能なウェアラブルデバイスとして人気を集めるスマートウォッチ。コロナ禍のここ2年ほどで出荷台数は増え、スマートウォッチ市場は拡大中です。需要はどのような消費者ニーズにより引き起こされているのか、「スマートウォッチ」検索者や国内シェア上位のApple WatchとFitbitの購買検討層を分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー