競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

自社サイトのアクセス数を増やすには、戦略的な記事更新が必要です。たとえば競合サイトがどのようなキーワードから流入しているか、自社サイトと差分があるかは参考になります。他社サイトの競合調査における流入キーワードの調べ方にスポットをあてて解説します。


Webサイトを競合調査する目的

Webサイトのアクセス数を伸ばすには、記事更新が必要ですが、限られたリソースで記事作成するには、SEO的に効果的なキーワードを選定する必要があります。

そのために検索上位にある競合サイトを調査し、どのようなキーワードで記事を更新しているのかを把握し、ベンチマークとします。調査内容を元に更新計画を立て、それに沿って記事を更新していきます。こうした積み重ねにより、効率的に競合サイトとの差分を埋められるようになります。

競合サイトの見つけ方と競合調査の4つの指標

競合サイトの見つけ方

競合サイトを調査する前に、まず自社サイトで重視するキーワードを決め、それに対する競合サイトをピックアップします。

ポイント1:自社サイトで重視するキーワードを決める
この場合に重視すべきキーワードは「自社サイトのアクセス流入上位キーワード」と「これから検索上位を取りたいキーワード」の2つです。

自社サイトのアクセス流入上位キーワードの把握には「Google Search Console」を使用します。具体的には、「検索パフォーマンス」の「クリック数」上位のクエリ(キーワード)がアクセスに貢献しているキーワードです。一般に検索流入の90%以上は検索結果の1ページ目から発生し、1位から5位であれば1つ検索順位を上げるだけで、大きな流入増が期待できます。

続いて、これから検索上位を取りたいキーワードは、リソースの制約から数個に絞ります。ビッグワードで検索上位を取るには、数十記事投入が必要な場合もあり、大量のキーワードを対象にするのは現実的ではありません。

なお、現在アクセス流入に貢献しているキーワードが、必ずしもこれから上位を取りたいものと一致しない場合があります。こうした場合、たとえ上位を取れていても売上に貢献しないキーワードは、SEOの優先度を下げるべきです。

ポイント2:狙っているキーワードで検索上位のサイトを調べる
キーワードを決定したら、そのキーワードで検索結果上位にいるサイトを調べます。ブラウザで簡易的に調べる際はプライベートブラウザにし、パーソナライズされていない順位を取得する必要があります。

複数のキーワードで検索上位に登場するサイトが出てきたら、自社サイトと同じようなテーマを扱うサイトの可能性が高いため、競合サイトの候補になります。

今日から始める!Webサイトの競合調査とライバルの見つけ方

https://manamina.valuesccg.com/articles/738

オウンドメディアを企画したり、新たに自社サイトのSEO担当になったとき、どこから手を付けたら良いでしょう?メインの流入キーワードを見つけ、そのキーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトを比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。

競合調査の4つの指標

競合サイト決定後は、以下の4つの指標をもとに調査を進めます。
・アクセス数
・滞在時間
・流入経路
・流入キーワード(検索キーワード)

アクセス数
正確なアクセス数やUU(ユニークユーザー)については外部から正確な数値を測れませんが、アクセス規模や傾向は把握できます。競合サイトのアクセス数が急激に伸びた場合、Googleに評価されやすい戦略が当たったと言えるので、ロジック変更のタイミング、内容もチェックしておきたいところ。

滞在時間
最近のGoogle検索ロジックは、滞在時間が長いサイトを評価する、と言われています。したがって、競合サイトと滞在時間の差が開いているようならば、自社サイトでも滞在時間が増えるような施策を考えたほうがよいでしょう。

流入経路
流入経路の調査方法は、モニターパネルのWeb履歴から分析するタイプ、競合サイトが使用しているJavaScriptからどの広告プラットフォームを使っているかを調査するタイプ、といったものがあります。

流入キーワード(検索キーワード)
競合サイトのアクセスに大きく貢献している流入キーワードはどれか、またそのキーワードを取れた場合、自社サイトにどれぐらいの流入が期待できるかなどの試算ができるようになります。

競合サイトの流入キーワード調査に使えるツール3選

Gyro-n SEO

検索順位チェック、問題点の洗い出し、分析、施策、検証という一連のSEO対策フローをワンストップで行えるのがセールスポイントである「Gyro-n SEO」。

ツールとしての機能は前述のように多岐に渡りますが、今回のテーマで注目したいのが「競合比較分析」機能です。

こちらは自社サイトと競合サイトとのSEO順位比較を一覧表示。競合サイトに対してどのキーワードの検索順位が負けているのか、優劣がわかりやすくなっているのが特徴です。そのほかにも競合サイトの順位変動も追えるため、競合のSEO対策の状況もチェックできる点も見逃せません。

SEOツールならGyro-n|SEO分析結果を施策につなげる

https://www.gyro-n.com/seo/

【SEOツール】なら検索順位チェックから競合比較、内部対策管理まで、インハウスSEO担当者が行うフロー、SEO対策のノウハウを詰め込んだGyro-n SEO。効率的にSEOを管理する高機能SEOプラットフォームです。無料から利用OK!

TACT SEO

「効率的なキーワード分析」というキャッチコピーが示すように、キーワードを軸にして競合調査、順位管理、課題発見といった機能を備えている「TACT SEO」。

URL入力で競合サイトの流入キーワードを調査できるほか、対象のキーワードでGoogle検索上位のサイトを分析し、同ページ内で出現頻度のキーワードをグルーピング。そこでのキーワードを分析し、ユーザーが求める情報、どのような情報を提供すべきかを明確にします。

戦略的なSEO対策のための分析ツール - TACT SEO

https://tact-seo.com/

TACT SEOは、SEO対策に必要な調査・分析機能を1つにまとめたSEO分析ツールです。キーワード調査や順位計測に加え、上位サイトとの比較による課題レポートなどの機能が充実。SEO課題の分析やコンテンツSEO対策(リライト)の効率化など、様々な用途に活用可能です。

国内サイトの競合サイト調査なら「eMark+」

Webサイト/アプリ分析ツールのeMark+(イーマークプラス)なら、国内の主要サイト・アプリのユーザー数やPV数、訪問者属性、流入元やその検索ワード、よく見られているコンテンツなどをすぐ調査できます。

国内主要サイトの情報がわかる理由は、クレディセゾンのネット会員で、モニター登録の同意を得た国内30万人規模の行動ログモニター会員による消費者パネルを活用しているからです。こうした背景から、花王やトリンプといった大企業に広告代理店など、多くの導入事例があります。

自社・競合サイトの流入キーワードの調査、分析にはeMark+の「Keyword Finder」を利用します。ここでよく使われる機能「指定キーワードランキング」では、検索キーワードを指定すると、それに関連するキーワードのユーザー数、セッション数などが表示されます。

eMark+で「旅行」を含む検索キーワードで調査した事例

eMark+の「Keyword Finder」で、「旅行」を含むキーワードの一覧を出力しました。

キーワードにカーソルをあてて右クリックすると「ランディングページ一覧」が表示され、検索後によく閲覧されるページがランキング形式で表示されます。

そのほか、「ユーザー属性」を選択すると、検索したユーザーの性別・年代・地域などの属性がわかります。

表示形式はユーザー数と構成比で選択できたり、グラフも円グラフや横棒グラフなど見やすいように簡単にカスタマイズ可能です。

以上のように、キーワード調査ひとつとっても、かなり詳細な調査、分析を行えるのが「eMark+」の特徴です。

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

https://manamina.valuesccg.com/articles/449

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。

検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/536

競合サイト分析ができるツールeMark+(イーマークプラス)のKeyword Finder(キーワードファインダー)を使うと、キーワードの検索ボリュームだけでなく、検索後の人気コンテンツも発見できるのをご存知でしょうか?SEOからの流入を増やしたい、ターゲットユーザーに効果的なコンテンツを作りたいという担当者の方、要チェックです。

競合調査の流入キーワードを探ることで新たな発見もある

競合サイトの流入キーワードの洗い出しは、自社サイトの記事更新のベンチマークになるだけではなく、ツールを活用することで今まで気づかなかったアイデアやテーマ、新しい切り口、そしてSEO施策などの発見にも役立てられます。

本記事でご紹介した競合サイトの流入キーワードを分析できるツール「eMark+」には無料で利用できる機能もあります。ご登録は下記ボタンからどうぞ。



eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


競合分析 ツール

関連する投稿


Teamsを使ってWebでテレビ会議!会議を設定したりゲスト招待するには?

Teamsを使ってWebでテレビ会議!会議を設定したりゲスト招待するには?

新型コロナ対策で在宅勤務やテレワークが実施され、Web会議・テレビ会議のニーズが高まっています。これに応えるのが「Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)」です。Microsoft TeamsでWebでのテレビ会議の始め方、社外ゲストの正体方法などの基本的な操作から、知っていれば便利な機能について解説します。


Googleハングアウト(Meet)を社外と使う!相手を招待したり画面共有する方法

Googleハングアウト(Meet)を社外と使う!相手を招待したり画面共有する方法

新型コロナ対策で顧客訪問が難しくなっています。営業や定例会議など、Web会議・TV会議のツールとして「Googleハングアウト(Meet)」の使い方を取り上げます。Googleハングアウトはグループチャットのほかビデオ会議も可能です。無料版と有料版の違いに画面共有したり社外の人を招待する方法など、Googleハングアウト(Google Meet)を利用するために欠かせない情報をまとめて紹介します。


Zoomでテレビ会議!無料版は何人まで?コロナ対策で一部の時間制限緩和中

Zoomでテレビ会議!無料版は何人まで?コロナ対策で一部の時間制限緩和中

新型コロナ対策で高まるテレワーク需要でテレビ会議ツールの需要が高まっています。なかでも「Zoom(ズーム)」は敷居の低さや通話品質が評価され、急激にユーザーを増やしています。人気になった理由や無料版と有料版の違いなどZoomの基本を解説します。


無料で使い勝手もよいWeb会議ツールおすすめ6選

無料で使い勝手もよいWeb会議ツールおすすめ6選

新型コロナ対策で緊急事態宣言もでるなか「テレワーク」がにわかに脚光を浴びています。物理的に会えない状況で社内会議に営業、セミナーを実現するには「Web会議」ツールが必要です。今回はWeb会議ツールで無料でどこまでできるのか、Teams、Googleハングアウト(Meet)、Zoom、Skype、Webex、Wherebyの6つを比較します。


競合サイトのページを分析して自社記事をリライトする方法

競合サイトのページを分析して自社記事をリライトする方法

新しい記事を追加していくだけがオウンドメディアのSEOではありません。検索上位で流入が多い記事は、一つ順位が上がるだけで大きな効果が見込めます。リライトするにあたり、競合サイトのページを分析して自社の記事に取り入れる方法があります。


最新の投稿


今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

今日から始めるデータマーケティング!ツールや組織づくりの事例まとめ

デジタルツールの普及により、質・量ともに豊富なデータを収集できるようになった昨今。これらのデータをマーケティングに活かす「データマーケティング」が広がっています。多くの企業がデータマーケティングに取り組んでいる理由は、データの収集・分析により目的達成のプロセスの可視化や課題を発見しやすいメリットがあるからです。そこで今回は、データマーケティングをスムーズに始めるために必要な基礎知識から事例をまとめて紹介します。


無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

無印良品に「惚れた」のはどんな人なのか?ブランドの強みをデータ分析でマーケコンサルが考察

気になるブランドや商品についてヴァリューズのマーケティングコンサルタントが調査する企画。今回の調査は根強いファンを持ち、ブランドを確立している『無印良品』についてです。無印良品ファンにはいったいどんな特徴があるのか。他ブランドとの比較を交えながら考察していきます。


コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

コロナからの消費復活の兆しを探る アパレル各社のマスクや食材宅配は需要継続か

緊急事態宣言下の「巣ごもり消費」で生まれた、ネット通販や宅配サービスを活用した新しい消費スタイルは今後どのように変化していくのでしょうか。今回は、コロナ禍の2020年4月から、緊急事態宣言が全国で解除されニューノーマル(新常態)での生活が始まりつつある6月10日までの間で、Webサイトやアプリの行動ログをもとに、消費者の行動変化とコロナからの復活、ウィズコロナ時代のニーズの兆しを探ります。


【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

【まとめ】データ活用やDX組織づくりを進めていくには?3ステップから学ぼう!

DX組織づくりに困っている方に向けた3stepガイド。「そもそもDXとは何か?具体的にはどういうことなのか基本を理解したい」「DXの成功事例を知りたい」「データに強い組織はどのように作っていけばいいのか」そんな悩みに応えたブック型記事になっています。Step順に見ていけばDX組織づくりの基礎知識も身につき、自社で組織づくりを進める際の土台になるはずです。


コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

コロナ禍による失業解決策として屋台の出店が推奨された中国。「歩道で営業禁止」から一転。

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で、地方政府が消費喚起策、失業解決策に相次いで動いています。具体的な施策の一つとして、中心部の歩道で屋台を出店することが推奨されました。これまで環境に悪影響を与えるため、禁止になっていた歩道での屋台出店は今、上海、済南、南寧を初めとした27以上の都市で解禁され、服や雑貨などを売る個人の出店や飲食の屋台が歩道で溢れています。さらに、中国の最大規模のSNS「Weiboウェイボー」で屋台経済が急上昇ワードとなり、新型コロナウイルスの影響で大幅に増加した失業者が屋台の経営者と一変し、一つの町だけで10万人ほどの雇用を生み出しました。屋台経済の復興は、コロナ後の景気回復に向けた奇策と言えます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら