競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

競合サイト分析で「流入キーワード」を調査する方法

自社サイトのアクセス数を増やすには、戦略的な記事更新が必要です。たとえば競合サイトがどのようなキーワードから流入しているか、自社サイトと差分があるかは参考になります。他社サイトの競合調査における流入キーワードの調べ方にスポットをあてて解説します。


Webサイトを競合調査する目的

Webサイトのアクセス数を伸ばすには、記事更新が必要ですが、限られたリソースで記事作成するには、SEO的に効果的なキーワードを選定する必要があります。

そのために検索上位にある競合サイトを調査し、どのようなキーワードで記事を更新しているのかを把握し、ベンチマークとします。調査内容を元に更新計画を立て、それに沿って記事を更新していきます。こうした積み重ねにより、効率的に競合サイトとの差分を埋められるようになります。

競合サイトの見つけ方と競合調査の4つの指標

競合サイトの見つけ方

競合サイトを調査する前に、まず自社サイトで重視するキーワードを決め、それに対する競合サイトをピックアップします。

ポイント1:自社サイトで重視するキーワードを決める
この場合に重視すべきキーワードは「自社サイトのアクセス流入上位キーワード」と「これから検索上位を取りたいキーワード」の2つです。

自社サイトのアクセス流入上位キーワードの把握には「Google Search Console」を使用します。具体的には、「検索パフォーマンス」の「クリック数」上位のクエリ(キーワード)がアクセスに貢献しているキーワードです。一般に検索流入の90%以上は検索結果の1ページ目から発生し、1位から5位であれば1つ検索順位を上げるだけで、大きな流入増が期待できます。

続いて、これから検索上位を取りたいキーワードは、リソースの制約から数個に絞ります。ビッグワードで検索上位を取るには、数十記事投入が必要な場合もあり、大量のキーワードを対象にするのは現実的ではありません。

なお、現在アクセス流入に貢献しているキーワードが、必ずしもこれから上位を取りたいものと一致しない場合があります。こうした場合、たとえ上位を取れていても売上に貢献しないキーワードは、SEOの優先度を下げるべきです。

ポイント2:狙っているキーワードで検索上位のサイトを調べる
キーワードを決定したら、そのキーワードで検索結果上位にいるサイトを調べます。ブラウザで簡易的に調べる際はプライベートブラウザにし、パーソナライズされていない順位を取得する必要があります。

複数のキーワードで検索上位に登場するサイトが出てきたら、自社サイトと同じようなテーマを扱うサイトの可能性が高いため、競合サイトの候補になります。

今日から始める!Webサイトの競合調査とライバルの見つけ方

https://manamina.valuesccg.com/articles/738

オウンドメディアを企画したり、新たに自社サイトのSEO担当になったとき、どこから手を付けたら良いでしょう?メインの流入キーワードを見つけ、そのキーワードの競合となるWebサイトを探し、サイトの規模や更新頻度を自社サイトを比べることで、競合Webサイトに追いつくために必要なコンテンツ量や更新頻度の参考になります。

競合調査の4つの指標

競合サイト決定後は、以下の4つの指標をもとに調査を進めます。
・アクセス数
・滞在時間
・流入経路
・流入キーワード(検索キーワード)

アクセス数
正確なアクセス数やUU(ユニークユーザー)については外部から正確な数値を測れませんが、アクセス規模や傾向は把握できます。競合サイトのアクセス数が急激に伸びた場合、Googleに評価されやすい戦略が当たったと言えるので、ロジック変更のタイミング、内容もチェックしておきたいところ。

滞在時間
最近のGoogle検索ロジックは、滞在時間が長いサイトを評価する、と言われています。したがって、競合サイトと滞在時間の差が開いているようならば、自社サイトでも滞在時間が増えるような施策を考えたほうがよいでしょう。

流入経路
流入経路の調査方法は、モニターパネルのWeb履歴から分析するタイプ、競合サイトが使用しているJavaScriptからどの広告プラットフォームを使っているかを調査するタイプ、といったものがあります。

流入キーワード(検索キーワード)
競合サイトのアクセスに大きく貢献している流入キーワードはどれか、またそのキーワードを取れた場合、自社サイトにどれぐらいの流入が期待できるかなどの試算ができるようになります。

競合サイトの流入キーワード調査に使えるツール3選

Gyro-n SEO

検索順位チェック、問題点の洗い出し、分析、施策、検証という一連のSEO対策フローをワンストップで行えるのがセールスポイントである「Gyro-n SEO」。

ツールとしての機能は前述のように多岐に渡りますが、今回のテーマで注目したいのが「競合比較分析」機能です。

こちらは自社サイトと競合サイトとのSEO順位比較を一覧表示。競合サイトに対してどのキーワードの検索順位が負けているのか、優劣がわかりやすくなっているのが特徴です。そのほかにも競合サイトの順位変動も追えるため、競合のSEO対策の状況もチェックできる点も見逃せません。

SEOツールならGyro-n|SEO分析結果を施策につなげる

https://www.gyro-n.com/seo/

【SEOツール】なら検索順位チェックから競合比較、内部対策管理まで、インハウスSEO担当者が行うフロー、SEO対策のノウハウを詰め込んだGyro-n SEO。効率的にSEOを管理する高機能SEOプラットフォームです。無料から利用OK!

TACT SEO

「効率的なキーワード分析」というキャッチコピーが示すように、キーワードを軸にして競合調査、順位管理、課題発見といった機能を備えている「TACT SEO」。

URL入力で競合サイトの流入キーワードを調査できるほか、対象のキーワードでGoogle検索上位のサイトを分析し、同ページ内で出現頻度のキーワードをグルーピング。そこでのキーワードを分析し、ユーザーが求める情報、どのような情報を提供すべきかを明確にします。

戦略的なSEO対策のための分析ツール - TACT SEO

https://tact-seo.com/

TACT SEOは、SEO対策に必要な調査・分析機能を1つにまとめたSEO分析ツールです。キーワード調査や順位計測に加え、上位サイトとの比較による課題レポートなどの機能が充実。SEO課題の分析やコンテンツSEO対策(リライト)の効率化など、様々な用途に活用可能です。

国内サイトの競合サイト調査なら「eMark+」

Webサイト/アプリ分析ツールのeMark+(イーマークプラス)なら、国内の主要サイト・アプリのユーザー数やPV数、訪問者属性、流入元やその検索ワード、よく見られているコンテンツなどをすぐ調査できます。

国内主要サイトの情報がわかる理由は、クレディセゾンのネット会員で、モニター登録の同意を得た国内30万人規模の行動ログモニター会員による消費者パネルを活用しているからです。こうした背景から、花王やトリンプといった大企業に広告代理店など、多くの導入事例があります。

自社・競合サイトの流入キーワードの調査、分析にはeMark+の「Keyword Finder」を利用します。ここでよく使われる機能「指定キーワードランキング」では、検索キーワードを指定すると、それに関連するキーワードのユーザー数、セッション数などが表示されます。

eMark+で「旅行」を含む検索キーワードで調査した事例

eMark+の「Keyword Finder」で、「旅行」を含むキーワードの一覧を出力しました。

キーワードにカーソルをあてて右クリックすると「ランディングページ一覧」が表示され、検索後によく閲覧されるページがランキング形式で表示されます。

そのほか、「ユーザー属性」を選択すると、検索したユーザーの性別・年代・地域などの属性がわかります。

表示形式はユーザー数と構成比で選択できたり、グラフも円グラフや横棒グラフなど見やすいように簡単にカスタマイズ可能です。

以上のように、キーワード調査ひとつとっても、かなり詳細な調査、分析を行えるのが「eMark+」の特徴です。

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

https://manamina.valuesccg.com/articles/449

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。

検索キーワードだけでなく人気コンテンツもわかる!Keyword Finderとは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/536

競合サイト分析ができるツールeMark+(イーマークプラス)のKeyword Finder(キーワードファインダー)を使うと、キーワードの検索ボリュームだけでなく、検索後の人気コンテンツも発見できるのをご存知でしょうか?SEOからの流入を増やしたい、ターゲットユーザーに効果的なコンテンツを作りたいという担当者の方、要チェックです。

競合調査の流入キーワードを探ることで新たな発見もある

競合サイトの流入キーワードの洗い出しは、自社サイトの記事更新のベンチマークになるだけではなく、ツールを活用することで今まで気づかなかったアイデアやテーマ、新しい切り口、そしてSEO施策などの発見にも役立てられます。

本記事の調査は、ヴァリューズのインターネット行動ログ分析ツール「eMark+」を紹介しましたが、2020年10月に新ツール「Dockpit(ドックピット)」がリリースされました。Dockpitには無料版もありますので、ぜひ以下ボタンよりご登録ください。



dockpit 無料版の登録はこちら


関連記事

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

https://manamina.valuesccg.com/articles/603

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。

競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選

https://manamina.valuesccg.com/articles/94

SEO対策のために、競合サイトをツールで分析する「競合調査」が一般的になりつつあります。Googleの検索ロジックが複雑化する中、競合調査では検索上位のサイトには評価される要素があるとみなして自社サイトと比較し、差分を埋めていきます。複数のツールで競合調査すれば流入キーワードや被リンク、ドメインの強さなど競合サイトのかなりのことがわかります。

競合サイトのページを分析して自社記事をリライトする方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/815

新しい記事を追加していくだけがオウンドメディアのSEOではありません。検索上位で流入が多い記事は、一つ順位が上がるだけで大きな効果が見込めます。リライトするにあたり、競合サイトのページを分析して自社の記事に取り入れる方法があります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


競合分析 ツール

関連する投稿


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


Web広告出稿量が多い消費財の業界はどこ?各ジャンルの購買行動の違いやEC化率との関係を探る

Web広告出稿量が多い消費財の業界はどこ?各ジャンルの購買行動の違いやEC化率との関係を探る

電通の調査によれば、2019年の「インターネット広告費」は全体で2兆円を超え、媒体別でテレビメディア広告の規模を初めて抜いたと言われています。そこで今回は、拡大を続けるWeb広告市場において出稿量が多い業界はどこなのかを調査・分析。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使い、「日用品」「化粧品」「ファッション」「食品」「飲料」の5つの通販ジャンルにおける、集客構造の違いとその背景を探っていきます。


今、人々の関心を集めているものとは?日々変化するトレンドを瞬時に把握できる『Dockpit(ドックピット)』のトレンド分析機能まとめ

今、人々の関心を集めているものとは?日々変化するトレンドを瞬時に把握できる『Dockpit(ドックピット)』のトレンド分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「トレンド分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


リモートワークに役立つ!おすすめの「タスク管理ツール」10選

リモートワークに役立つ!おすすめの「タスク管理ツール」10選

コロナ対策でリモートワークしている企業では、仕事の見える化が課題となっています。タスク管理ツールを使えば担当者や期限、進捗状況などが組織で共有できます。今回は個人からチームでの使用、コミュニケーション管理やスマホ対応なども備えたツールなど、10個厳選して紹介します。


多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「業界分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


最新の投稿


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

体に必要なすべての栄養素を手軽に補給できる「代餐食品」(食事代替品)が現在、中国で大人気です。中国最大級のECプラットフォームT-mallとJD.comの調査報告書によると、2019年「代餐食品」(食事代替品)のEC売上は10億元を突破しています。また、ユーロモニターの市場調査では、中国における「食事代替品」の市場規模は30%以上の成長率を示しており、2022年までに約1200億元に達すると予想されています。本稿では、中国における「代餐食品」ブームが生まれた理由とは何か、また、人気な「代餐食品」ブランドを調査していきます。


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング