Webサイトの競合調査に使えるツール【Webプロモーション編】

Webサイトの競合調査に使えるツール【Webプロモーション編】

Webサイトのアクセス誘導にはSEOによって検索結果から流入を目指すものと、Webプロモーションによる広告経由で流入を目指すものの、大きく2種類があります。広告にはリスティング・ディスプレイ広告、PPCにアフィリエイトなどがありますが、他社がどのプラットフォームを使ってどの条件で出稿しているか類推できると自社のプロモーション戦略の参考になります。この記事ではライバルのWebサイトの出稿状況を競合調査する方法について解説します。


競合調査の目的

Webプロモーションで競合調査を行う目的として以下の2つが代表的です。

自社のWebプロモーション戦略の答え合わせとトレンドチェック

皆さんはWebサイトのプロモーションを行う際に、パーチェスファネルやカスタマージャーニーマップなどを元に、どの層のユーザーにはどのような広告を活用するかなどの戦略を立てていると思います。

また「今までリターゲティングといえば●●だったのに、最近では■■が主流だ。」というようにWebプロモーションは手法の移り変わりが激しいのも特徴です。

そこで競合調査によって、自社の戦略が正しかったのか、また活用しようとしていた広告で良いのか?などのチェックができます。とある広告をライバルが継続的に行っているならば、広告費用を上回るメリットがあるはずで、また同じ条件なら自社も再現できると推定できるからです。

上述で触れたカスタマージャーニーマップについては下記の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。

競合調査とは?比較・分析してライバルと差別化しよう

https://manamina.valuesccg.com/articles/575

マーケティングでは競合他社との比較を行った「競合調査」を元に、市場における自社の強み・弱みや他社の戦略を把握し、対策となる差別化戦略を立てるのに活用します。 この記事では競合調査の目的と進め方、3C分析・4P分析・SWOT分析など分析の方法論などの基本をご紹介します。

成功企業の手法を参考にする

プロモーションの担当者の中では未経験で配属されたという方もいらっしゃると思います。その場合、競合サイトが行っているWebプロモーションを調査すれば、自社が取るべき施策の参考にできます。また自社でA/Bテストなどの検証・改善をできる体制がない場合、有力企業の設定を取り入れる方法も有効です。

競合調査の手法とツールの紹介

ディスプレイ広告とPPC(クリック課金)、アフィリエイト広告の調査方法とツールについて紹介します。

タグから広告を調査する

ディスプレイ広告やPPC広告の調査をするには対象のWebサイトにどのようなタグが設置されているかを調査することでGoogleやYahoo!などの広告サービス名まで特定することが可能です。

調べ方はとても簡単でWebブラウザに「Ghostery」という拡張機能をインストールして、対象サイトを開くだけでどのような広告のタグが設置されているか一覧で表示してくれます。

アフィリエイトサイトの調査方法

アフィリエイトの調査には2通りのアプローチがあります。今回は自社が中古車査定を展開し、競合サイトが「安心車.jp」であると見立ててて調査してみます。

1.競合他社を紹介しているサイトを調査

Googleなどの検索エンジンで「安心車 評判」などと検索するとアフィリエイトサイトが複数検索結果に出てきます。そのサイトの中で「公式サイトはこちら」というようにリンクが貼ってある箇所にマウスのカーソルを重ねると、ブラウザ右下にリンク先のURLが出てきます。

そこのURLがASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)のリンクになっていたらアフィリエイトを実施していることがわかります。

2.ASPの管理画面で案件を検索

主要なASPは下記に挙げるサービスになります。
・レントラックス
・A8.net
・afb
・JANet
・バリューコマース
・TCSアフィリエイト

これらのASPの管理画面サイトにアクセスして例えば「中古車査定」で案件検索をするとアフィリエイト広告を実施している広告主がヒットします。案件詳細ではバナー素材や成果地点、成果報酬金額まで見ることが可能です。

他社サイトの流入元や広告手法がわかるツール

競合サイト分析ツールの「eMark+」のSite Analyzerは、指定したサイトの集客施策や検索流入ワードなどがわかるSaaS型サービスです。広告や自然検索などの流入元構成や流入元のサイトは何か、流入の多い検索キーワード、LP(ランディングページ)などを複数のサイト間で比較することができます。

広告では「criteoリターゲティング広告」や「Google ディスプレイ ネットワーク」、「バリューコマース アフィリエイト」といったように広告種別も予め定義されているため、どの広告手法からどれぐらい流入数があるのか、その広告経由の流入での直帰率、平均滞在時間までわかります。

競合他社が使っている広告メニューやどのような集客施策を展開しているかを、簡単にチェックできる便利なツールです。

eMark+ Site Analyzerのサンプル画面

eMark+ Site Analyzerのサンプル画面

【Dockpitの一部の機能は無料】

「eMark+」の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。Dockpitにも無料版がございますので、ぜひ以下ボタンよりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

まとめ

競合のWebサイトが広告出稿している場合、その広告は第三者から見ることができます。例えばどのASPにアフィリエイト案件を出稿していて、どのような成果報酬かは隠せないことが多いのです。

Webプロモーションを解析すれば、競合サイトの広告戦略や損益分岐点、予算など大まかに類推が可能です。その戦略が自社でも取り入れられるなら有効に活用しましょう。

関連記事

グローバル広告代理店GroupMが行う、デジタルメディアデータを活用したプロモーションプランニングの方法とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/676

世界No.1の広告代理店WPPグループのメディア・エージェンシー「グループエム」。数多くのグローバル企業のコミュニケーション戦略と施策を手がける同社は、InstagramやYouTubeといった巨大プラットフォームだけでなく、月数十万UU規模のニッチメディアも含めた緻密なメディアプランニングを行っているといいます。活用しているのは国内主要サイトのユーザー数や属性の分析ができるツール「eMark+(イーマークプラス)」。これらのデジタルメディアデータを使ってどのようにプランニングを行っているのか、グループエムのマネージャー・植村輝(うえむら・ひかる)さんにマナミナ編集部が取材しました。

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/744

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ITP/クッキーレスで何が変わる?デジタル広告での3つの問題点と4つの対策

ITP/クッキーレスで何が変わる?デジタル広告での3つの問題点と4つの対策

個人情報保護の高まりを受け、インターネット広告で従来活用されてきたクッキー(Cookie)の廃止が進んでいます。Chromeでは2022年3月に3rdパーティークッキーは完全にサポート終了。リターゲティングなどの広告配信や効果測定に使われてきたクッキーが使えなくなるクッキーレス時代には、どんな施策を打つべきなのでしょうか。ヴァリューズの岩間さんが解説します。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


「提案では三国志のようなストーリー設計が大事」コンサル化するWeb制作現場のデータ活用

「提案では三国志のようなストーリー設計が大事」コンサル化するWeb制作現場のデータ活用

Web制作の現場はレッドオーシャン化が進み、淘汰が激しくなっています。そのなかで勝ち残るために、株式会社モードツーではヴァリューズのWeb行動ログデータを活用し、「データで市場性を語る提案」に着目、効果を感じていると言います。モードツーの中本さんにお話を聞きました。


マーケター界隈で最近話題になった記事まとめ マーケ系主要メディアのTop5も調査【21年1月】

マーケター界隈で最近話題になった記事まとめ マーケ系主要メディアのTop5も調査【21年1月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする新企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。1月はClubhouseの話題が特に盛り上りましたが、各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「Dockpit」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


家具・家電など耐久消費財のWeb広告出稿量は伸びているのか?コロナ禍におけるEC化の影響を見る

家具・家電など耐久消費財のWeb広告出稿量は伸びているのか?コロナ禍におけるEC化の影響を見る

Web広告の出稿量は年々増加しており、マス広告主体であったビジネスの集客構造は大きな転換期を迎えようとしています。特に、2020年はコロナ禍の影響を受け、実店舗とECの販売割合を戦略的に見直す企業も増えています。今回は、「耐久消費財」の3ジャンルに絞り、Web広告の出稿量が伸びているのかどうかを探っていきます。


最新の投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上が過ぎ、人々の生活や社会は大きく変化しました。理美容・健康家電も大きな影響を受けた業界のうちのひとつです。そこで、2021年6月8日にヴァリューズで開催されたセミナーでは、新たな生活様式が、理美容・健康家電の購入にまつわる消費者の行動やニーズにどのような影響をもたらしたのか、アンケート調査・Web行動ログデータを基に振り返り、その実態を深掘り解説しました。 <br>※セミナーの詳細資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GA4のリリース(2020年10月)後、新規のプロパティを作成すると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティではなく、GA4のプロパティが作成されます。しかしデータ計測やツール連携の都合上、まだまだユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な場合がありますよね。そこで本稿では、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)について解説していきます。


在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務などコロナ禍で広がる新しい働き方に対し、さまざまな悩みが生まれているようです。特に体の不調に悩む人は多く、「肩こり」に悩まされる人が増えているようです。そこで、Dockpitを用い、体の凝りの対処法として検討されているものや、マッサージサロンが受けるコロナ影響について分析しました。(ページ数|22p)


急上昇ワードに“大規模接種センター”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/6/13~2021/6/19)

急上昇ワードに“大規模接種センター”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/6/13~2021/6/19)

2021年6月13日~6月19日週の検索急上昇ワードでは、新型コロナウイルスのワクチンを巡り、自衛隊による大規模接種の対象が全国の18歳以上に拡大されたことを受けて「大規模接種センター」の検索が急増。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング