中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


中国マーケティングってどこから着手すればいいの?

ひとくちに「中国マーケティング」といっても、まだ戸惑う方が多いのではないでしょうか。そこで、今回のセミナーでは下記を対象に開催されました。

・中国マーケティングに課題感をお持ちの方
・中国で勝てるプロモーションの考え方や、成功事例を知りたい方
・中国マーケティングの設計手法や調査事例を知りたい方


ここでは、株式会社ヴァリューズ執行役員の子安が語った中国市場のデータマーケティングについて、実際のセミナー資料をもとにレポートします。

子安の写真

株式会社ヴァリューズ 執行役員 子安 亜紀子(こやす あきこ)

慶應義塾大学 環境情報学部卒。システムエンジニア・Webコンサルタントを経て、(株)マクロミルに入社。マクロミルのベンチャー時代から、商品開発、事業企画、営業企画などを手掛ける。2011年よりヴァリューズに参画。現在は執行役員として、事業企画やマーケティング部門の統括などを担当している。

データでみる中国人の購買カスタマージャーニーとは?

まず、アンケートリサーチをベースにしたデータをもとに、今の中国の越境ECやインバウンドでの購買ジャーニーがどのようになっているかが語られました。

①中国人が日本の商品を購入する理想的なサイクルをうまく回す

中国人の日本商品購入の第一歩、その窓口はやはり訪日からとのこと。
インバウンドで購入した物を、帰国後、越境ECでリピートするんです」と子安。

中国ではクチコミ文化がとても発達しており、越境ECでリピートされて良いクチコミが増えると途端に人気が急上昇するそうです。するとそれを見た他の人が「日本に行ったらこれを買おう!」と感化される、そしてさらに売れてゆく…

こういった「くるくるとインバウンドと越境ECが相関しながら市場が大きくなっていくという流れが理想的なサイクル」と子安は言います。

中国人の購買最大化サイクル

中国人の購買最大化サイクル

②『日本で購入』〜訪日中に中国人が購入していく物とは?

では、訪日中に中国人が購入していく物はどんなジャンルなのでしょうか。実際にアンケートデータで見てみましょう。

下図の通り、1位「化粧品」、2位「お菓子」、3位「医療品」となっています。
購入した物がランキングされていますが、皆さんの想像通りでしょうか。

訪日中に買ったもの

訪日中に買ったもの

さらに、このように購入されることが多い品目について、どういったタイミングで購入の意思決定しているのかを、「旅マエ」「旅ナカ」とタイミングを分けて比較しています。

購入を決めるタイミング

購入を決めるタイミング

緑色の折れ線が「訪日前(旅マエ)」、オレンジ色の折れ線が「訪日中(旅ナカ)」となっています。

訪日前検討率が高い物から見ていくと、「化粧品、家電、医薬品、食品、宝飾品」が高く、これらはクチコミなどで人気が出た化粧品日本でしか買えない物と位置付けられていそうだと推測されます。

一方で「訪日中(旅ナカ)」で検討されている商品もあり、例えば「工芸品、お菓子」などが良い例です。旅に来てみたらこんな物あるんだという偶然の出会いで購入というストーリーが想起され、「旅ナカ」スタートでも十分チャンスがある商材と思われます。

そんな中、「訪日前(旅マエ)」に自分用の買い物リストを作って来る人は76.5%という興味深い数字も紹介されました(家族・友人に頼まれたリストは67.1%)。この数字から、やはり「訪日前(旅マエ)」から購入に前向きな人が多数であることも分かります。

続いて、それら買い物リスト作成に繋がるまでの行動としての、情報収集の方法を見てみましょう。

買い物についての情報収集サイト・アプリTOP10

買い物についての情報収集サイト・アプリTOP10

情報収集媒体をアンケートでたずねたところ、一番値が高いのは旅行サイトのCtripで32.2%、続いて小紅書(RED)、T-mall、Jingdong、Amazon(日本)、baiduという順になっています。

検索サイトや、旅行の情報サイトで情報収集をしながら、その商品の評判を確かめる時にはECサイトのクチコミを見る、といったように、色々な情報を用途に応じて使い分けているのではと推測されます。

③『越境ECでリピート』〜どれくらいの人がリピートする?

では実際に訪日後に越境ECでリピート購入する人はどのくらいいるのでしょうか。

ヴァリューズ社の調査データによると、訪日経験者の85%が、帰国後に越境ECでリピート購入しているという結果に。特に訪日リピーターでは越境ECの利用率が高く、4回以上の訪日経験者においては95%と、驚異のリピート率になっています。

次に、越境ECでの商品探しで利用した方法をみてみましょう。下図の通り、一番値が高いのが「ECサイトアプリ内でブランド名・商品名を検索」です。「この商品良かったからまた買おう」だとか「クチコミが良いからこの商品を探そう」というように、ほしい商品が決まった状態で検索する人が多いことが分かります。

どうやらリピート率と「商品認知」には深い関わりがあるようです。

商品探しで利用した方法

商品探しで利用した方法

各種興味深いデータを検証し、購買最大化には冒頭の「サイクル」が大事と強調する子安。さらにその「サイクル」には「ブランドが指定される状態をつくる(ブランド理解・認知)」がキーであることが分かりました。

ブランド理解促進のためのプロモーションの考え方

では「ブランドの理解、認知」はどうやって促進していけばいいのか、子安はまず2つの提言から始めました。

①「中国のプロモーションは短期視野になりやすい」

「中国市場へのプロモーションは、入ったことのない市場に長期視点で戦略を立てて攻めていくことが難しいという事と、ゴールの設定が難しく『とりあえず3ヶ月で売り上げ立ててみようか』と始まる事が多いようです。でも、短期売り上げでゴールを目指してちょっとやってみただけでは上手くいかない、継続的にやっても無理だろう、結局中国難しかったねと終わってしまう。でも、本来はそうではなくて、もうちょっと長い視野で踏み込めば、すごく大きな市場ですし、機会が得られると思うのです。」(子安)

②「施策ありきになりやすい」

「『とりあえずKOL(Key Opinion Leader)』そう言った形でKOLを試すのですが、やった結果が不明瞭。売上があまり上がらなかったね、何故だろう、となるケースが多くあります。要は決め打ちと、ここでも短期視点になりやすいのです。きちんと戦略立ててやってみて、結果が出たのか出なかったのか、次に何をやればいいのか、そうやってきちんと回せば結果は違ってくると思います。」(子安)

短期視野で結果を求め、見えにくい市場でとりあえず始めると、結局成果も出ず、CHECKする方法も解決する方法も分からず、改善プロセスも回らないというのが、中国マーケティングで多いという事です。

だからこそ「PLAN・DO・CHECK・ADJUST」に重心をおいて、その成功例をベースにし「PDCAマーケティング」を回していくサイクルが重要だと子安は繰り返しました。

有効的なPDCAマーケティングの回し方

有効的なPDCAマーケティングの回し方

③実際に仮説を立てて PLAN→CHECKを設計してみる

「当たり前だよねと言われますが」と前置きしつつも子安がやはり重要だと伝えるのは、STP(セグメンテーション・ターゲティング・ポジショニング)を整理する事が第一歩であるということでした。

ここで架空のサプリを例としたプロモーション設計を実際に想定していきましょう。

まずは仮説を立てる(乳酸菌サプリの例)

まずは仮説を立てる(乳酸菌サプリの例)

「(仮)腸まで届く乳酸菌サプリ」

さて、この商品のSTPをどう考えますか?
訪日経験のある20代から30代の女性で、北京・上海在住?、美容にかけるお金は月どれくらい?といった些細なことや簡単な事からでも良いから、想定し書き出してみる。それを元に社内でディスカッションしながら戦略立てていくというところから始めるのが良いとすすめます。

そして次には、その仮説モデルが実際にイメージと合っているかという確認が必要となってくるのですが、ここでぜひヴァリューズのデータを活用して欲しいと紹介にあがったのは、「ブランドポジショニングマップ」です。

これはそれぞれのこのジャンルの商品が、どういうイメージと距離が近いのかというのことを可視化して理解できるデータです。

例えば自社の商品が本当は便秘改善に効く商品なのに、なぜか便秘改善のイメージは全然伝わっておらず、肌荒れを抑えると思われているなど、実態と違うということが分かったりします。

ギャップがなく、ターゲットに対してきちんと訴求が届いているのかという実状を確認しながら進められるのは心強いですね。

ブランドポジショニングマップの例

ブランドポジショニングマップの例

「もう一つ、プロモーションのKPIをきちんと決めることが大切。何となく売上の目標を立てたけど届かなかったから終わり、とならないように、ゴールまでの道のりに中間指標をステップ的に作っていけると良い」と子安は語ります。

プロモーションのKPIを決める

プロモーションのKPIを決める

そしてファネル分析を活用するのも一手です。

アンケートで、商品認知、購買意欲、リピートの有無などを聞き出し、それぞれ何%くらいあるのか見ていくと、各項目のどこに問題があるのかを数値化できるので、問題を浮き彫りにしやすいでしょう。

加えて、業界大手などでベンチマークのブランドを作って比較してみると、認知の差があぶり出されて見えてくるそうです。

購買ファネルの現状を把握する

購買ファネルの現状を把握する

このように、現象の課題を数値化してゆくことで、議論が空転せず、前に進むようになりますと付け加えました。

「ターゲットが決まってくると媒体も手法も決まってくる」

基本的にはマーケティングは中国でも日本でも考え方に大きな違いはないので、きちんとSTPを定義して、PLANを立て、施策をしたら必ずCHECKをしてみて欲しいと、子安は語ります。

そのための有効なデータとして、ヴァリューズではPLANのためのデータやCHECKのためのデータ、アンケートや、行動ログなどのビッグデータから発見や解釈を得る多数の実績とノウハウを有しています。

特にアンケートに関しては北京・上海だけでなく幅広い地域、訪日が急増している内陸部の情報収集も出来るようになったそうです。

まとめ

具体的かつ多様なデータ資料を使った説明から、今の中国マーケティングがぐっと身近に感じられたセミナーでした。

未知数の中国市場へのマーケティング。しかしそれは恐れることはなく、基本をおさえ、良質なデータを用い、やるべきことをきちんと回すというシンプルな考え方で良いのだという結論に、心強ささえ感じました。時には最新トレンドに耳を傾け、ナレッジを深めていくのも重要ですし、頼れるノウハウのあるパートナーの存在も必要ですね。

今後ますます中国マーケティングが面白くなりそうです。

ヴァリューズの「中国市場調査サービス」とは

海外市場データ | ビッグデータ×マーケティングで事業の成長を支援|株式会社ヴァリューズ

https://www.valuesccg.com/service/omd/

国内30万人規模の消費者行動から 確実に成果につながるデータ マーケティングを導き出すSaaS、eMark+(イーマークプラス)を提供する企業 VALUES。無料から有料アップグレードで ネット広告の市場+効果、キーワード調査、集客施策などの分析も可能。今すぐOODAを実現させましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

ネット行動からみるデジタル時代のコンシューマ変化とは…「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」レポート

デジタル化・スマホシフト時代の今、言うまでもなくコンシューマーを取り巻く情報の波にも大きな変化があらわれています。そんな中、コンシューマーの行動にはどのような変化が起きているのでしょうか。2月20日に開催された「戦略的ブランドコミュニケーションフォーラム2020」にて、株式会社ヴァリューズは今までの分析実績をもとに、デジタル時代のコンシューマーを取り巻く2つのトレンドとアプローチ方法について紹介しました。


【オンライン開催】中国市場セミナー(無料)|3月13日(金)、3月19日(金)

【オンライン開催】中国市場セミナー(無料)|3月13日(金)、3月19日(金)

コロナウイルスがインバウンドへの影響を与える一方で、中国越境ECでは依然として多くの日本製品が買われ、中国SNS上では「(ウイルスが収束したら)日本に行きたい」という口コミも多く見受けられます。越境EC市場や、インバウンド対策は、この時期の準備で差が出ると言っても過言ではありません。「インフルエンサーが重要」「爆買いの次はコト消費」等と言われながらも、つかみにくい中国人の実態について、これまで弊社で行った調査結果を、徹底解説いたします。


【オンライン開催】競合分析ができるツール「eMark+」を無料体験できる活用セミナー

【オンライン開催】競合分析ができるツール「eMark+」を無料体験できる活用セミナー

インターネット行動ログ分析サービス【eMark+】を活用したマーケティング課題解決の事例紹介から【eMark+】のデモを通し、約30分間で【eMark+】の世界観を体験いただけるオンライン・セミナーです。


2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

2019年に注目を集めた広告キャンペーンは? PayPayやコカコーラなどの事例まとめ

2019年に集客に成功した広告キャンペーンをまとめました。サイト分析ツール「eMark+」を使い、訪問ユーザー数が前月比で急上昇したものをピックアップしています。広告キャンペーン設計に活かしてみてください。


コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない「文脈ターゲティング」とは?【アドテック東京2019レポート】

コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない「文脈ターゲティング」とは?【アドテック東京2019レポート】

アドテック東京2019のセッションで、「嫌われない広告とは何か」をテーマにセッションが行われました。クレディセゾンの栗田さんをモデレーターに迎え、ライオンの内田さん、RoomClipの川本さん、ヴァリューズの齋藤さんの3社が対談。事例をもとに、コンテンツを楽しんでいる消費者に嫌われない、文脈に合わせた広告手法が語られました。


最新の投稿


広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

広がるオンラインでの確定申告。新型コロナ拡大前の今年1月のユーザー数急上昇サイトを振り返る

2020年1月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


テレワーク実施企業の注目事例は?在宅勤務制度のノウハウを学ぼう

テレワーク実施企業の注目事例は?在宅勤務制度のノウハウを学ぼう

新型コロナ対策で在宅勤務でテレワークを実施している企業が増えています。テレワークの形態にも色々ありますが、いざ全面導入すると制度やツールなどさまざまな場面で課題を感じている方も多いようです。テレワーク導入に積極的だったGMOやクックパッド、サイボウズは制度面からツールまで多くのノウハウを公開していて、先行事例として参考になります。


Rの基礎知識「関数」「パッケージ」「データフレーム」とは。マーケターが1からRを勉強します【第2回】

Rの基礎知識「関数」「パッケージ」「データフレーム」とは。マーケターが1からRを勉強します【第2回】

マーケター1年目の小幡さんがRを学んでいきます。講師は株式会社ヴァリューズのデータアナリスト、輿石さん。第2回はRを使う上でおさえておきたい事前知識をつけていきます。Rでデータを扱えるようになりたいと考えている方、ぜひ小幡さんと一緒に勉強していきましょう。


音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

定額サービスのサブスクリプション(サブスク)の代表例である、動画や音楽のデジタル配信サービス。今回は音楽サブスクを代表するSpotify・Prime Music・Apple Music・LINE MUSICの4社を比較します。


急上昇ワードに“インフォデミック”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/22~2020/3/28)

急上昇ワードに“インフォデミック”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/22~2020/3/28)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら