音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

音楽サブスクリプションの代名詞「音楽配信」の有力サービスを比較

定額サービスのサブスクリプション(サブスク)の代表例である、動画や音楽のデジタル配信サービス。今回は音楽サブスクを代表するSpotify・Prime Music・Apple Music・LINE MUSICの4社を比較します。


代表的な音楽サブスク4選

利用者が多い音楽系サブスクとしてはAmazon Prime Music、Apple Music、LINE MUSIC、Spotifyがあげられます。

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/732

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。

Amazon Prime Music

Amazonが提供する音楽配信サービスは「Prime Music」「Music Unlimited」「Music HD」の3つありますが、今回はもっとも利用者数の多い「Prime Music」のみ紹介します。

Prime MusicはAmazonプライム会員であれば追加料金なしで利用できるサービスです。これがユーザー数の多さにつながっています。「Music Unlimited」よりも聴ける曲数は少ないのですが、利用できる端末数や各種再生機能に関してはまったく同じ内容です。

Amazon.co.jp: Prime Music

https://www.amazon.co.jp/music/prime

Amazonプライム会員なら、200万曲が追加料金なしで聴き放題。気分や活動に合わせて聴くプレイリスト、好きなだけ楽しめるラジオも。オフライン再生も可能。

Apple Music

「Apple Music」は、Appleが提供する音楽サブスクサービスです。ユーザーの好みに合わせて精度の高いおすすめ曲を提案してくれること、そしてiPhoneなどApple製品との親和率の高さが特徴です。

Apple Music

https://www.apple.com/jp/apple-music/

広告なしで6,000万曲をストリーミングできます。曲の流れに合わせて歌詞を見たり、先の歌詞にタップで飛んだり。お気に入りの曲をダウンロードしてオフラインで再生することもできます。

LINE MUSIC

コミュニケーションサービスの大手「LINE」が提供する「LINE MUSIC」の特徴は、自分が作成したプレイリストや曲をLINEでつながっている人と共有できる機能など、コミュニケーションと音楽をミックスできる点にあります。

LINE MUSIC

https://music.line.me/top/

LINE MUSICは邦楽・洋楽問わず幅広いジャンルの楽曲を利用シーンや気分に応じていつでもどこでも音楽を聴くことができる音楽ストリーミングサービス!3ヶ月無料で制限なしで聴き放題。

Spotify

サブスク=定額制ということで有料になるのが一般的ですが、「Spotify」の場合は無料プランが用意されています。ただし、一定の曲数を再生すると15~30秒程度の音声広告が入ったり、シャッフル再生しかできないといった制限があります。

みんなのための音楽。

https://www.spotify.com/jp/

あなたに必要な音楽は、Spotifyだけ。

ユーザー数が一番多い音楽サブスクは「Amazon Prime Music」

ICT総研が2019年におこなったWebアンケート調査によると、国内でユーザー数の多い音楽サブスクは以下の順番になります。

1位:Amazon Prime Music
2位:Apple Music
3位:LINE MUSIC
4位:Spotify


Amazon Prime Musicのユーザー数が多い理由は、Amazonプライム会員が無料でこのサービスを受けられるためです。なお、前述のとおり、Amazonは他にも「Music Unlimited」などの音楽サブスクサービスを展開していますが、これらを合わせるとAmazonによる音楽サブスクの国内シェアは圧倒的に高くなっています。

曲数が一番多い音楽サブスクは「Apple Music」

提供曲数が多い音楽サブスクのランキングです。

1位:Apple Music 約6,000万曲
2位:LINE MUSIC 約6,000万曲
3位:Spotify 約5,000万曲
4位:Amazon Prime Music 約200万曲

(2020年2月マナミナ編集部調べ)

Apple Musicの曲数が多いのは、iTunes Storeというデジタルによる音楽配信サービス最大手の販売チャネルがあるからにほかなりません。

なお、曲数が多いといっても、たとえば、Apple Musicには楽曲を提供しないがSpotifyには提供する、というようにアーティスト側が等しくそれぞれの音楽サブスクに楽曲を提供しているわけではない、という状況を把握しておく必要があります。

音質がよい音楽サブスクは「LINE MUSIC」と「Spotify」

音質の高さを図る材料として、各サービスが発表しているビットレート値(kbps)に注目します。この数字が大きいほど、高音質ということになります。

1位:LINE MUSIC 320kbps
1位:Spotify 320kbps(有料版)
2位:Apple Music 256kbps
2位:Amazon Prime Music 256kbps

(2020年2月マナミナ編集部調べ)

このような順位になりましたが、このビットレートの差はスマホや一般的な音楽プレイヤーでは聞き分けられるほどのものではないことを付け加えておきます。

リーズナブルな音楽サブスクは「Prime Music」か「LINE MUSIC」

各音楽サブスクの月額料金を安い順にランキングします。なお、Spotifyの無料プランは含めません。

(2020年2月マナミナ編集部調べ)

Prime Music(Amazon)に関してはAmazonプライムでほかのサービスも受けられるので、かなりリーズナブルといえます。楽曲数の少なさを差し引いてもお得感の度合いはかなり高くなっています。LINE MUSIC以降は学割、学生プランが用意されており、若年層への音楽サブスクの浸透率の高さがうかがい知れます。

アプリ評価の高い音楽サブスクは「Spotify」

音楽の再生機の主力がスマホであることを鑑み、Google Play、App Storeでの各音楽サブスクのアプリの評価が高い順にランキングします。

1位:Spotify Google Play4.6 / App Store4.5
2位:Amazon Prime Music Google Play4.4 / App Store4.3
3位:LINE MUSIC Google Play3.7 / App Store4.3
4位:Apple Music Google Play3.7 / App Store(評価なし)

(2020年2月時点)

レビューをチェックすると「使い勝手のよさ」を挙げているユーザーが多いことがわかります。これにSpotifyの特徴であるAIによるユーザーの好みに合う選曲が加わり、高評価を得ています。

まとめ


今回紹介した音楽サブスクの中では、日本トレンドリサーチの調査でSpotifyが総合満足度1位を獲得、またユーザーの評価がダイレクトに反映される「アプリ評価」においても4サービス中1位になったことから、Spotifyがユーザーの高評価を得ているといえそうです。ユーザーに長く使ってもらえることが成功の鍵となるサブスクサービスにおいて、より一層の成長が期待できます。

関連記事

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

https://manamina.valuesccg.com/articles/732

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。

Amazonプライム・ビデオの独走ぶりが明らかに~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(1)

https://manamina.valuesccg.com/articles/686

音楽、自転車、車、家具やテレビにブランドバッグ、居酒屋やコーヒー、ラーメンまで、あっという間に生活へ入り込んだサブスクリプション(サブスク)モデル。なかでもサブスクの先駆者といっていい動画アプリのユーザーは、右肩上がりで増加中です。コンテンツ視聴がお茶の間のテレビからパーソナルでモバイル対応のスマホやタブレットへシフトするなか、動画サブスク市場はどう変化しているのでしょう。市場調査ツール「eMark+」のユーザーログから探ります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


サブスクリプション

関連する投稿


withコロナで「サブスク」検索が増加の背景とは?音楽だけでなく車や子供服、サーティーワンも参入

withコロナで「サブスク」検索が増加の背景とは?音楽だけでなく車や子供服、サーティーワンも参入

新型コロナの影響もあり、注目を集めているサブスクリプション。世の中ではどのような形で関心が寄せられているのでしょうか。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や季節比較、ワードネットワークを分析し、消費者のサブスクにまつわるインサイトを調査しました。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ期における消費者変化とは |サブスクリプション編

Web行動ログデータから見る消費者行動のリアル!withコロナ期における消費者変化とは |サブスクリプション編

withコロナ時代の消費者変化を、Web行動ログから考察したオンラインセミナーが9月17日に開催されました。今回のテーマは「サブスクリプション」。withコロナ期のいま、自宅時間、余暇の使い方も大きく変化したことが考えられます。そこで全体的な「サブスクリプション」サービスにおける現在の消費者行動を俯瞰し、さらに重点的に「動画配信サービス」にフォーカスして分析、解説します。 <br><b>※セミナー資料は無料でダウンロードできます。記事下部にあるフォームからお申込みください</b>


既存顧客からの売上を維持・拡大する「LTV(ライフタイムバリュー)」の考え方とは?

既存顧客からの売上を維持・拡大する「LTV(ライフタイムバリュー)」の考え方とは?

顧客の行動を分析し、自社の商品やサービスの改善に役立てるデータマーケティングにおいて、重視されるようになってきたのが「ライフタイムバリュー(LTV)」という概念です。顧客の一定期間の売上貢献度を計るこの指標について、計算方法から活用方法まで解説します。


いくつご存知ですか?日本でメジャーなサブスクリプションサービス事例

いくつご存知ですか?日本でメジャーなサブスクリプションサービス事例

生活に定着しつつある「サブスクリプション」型のサービス。代表的な動画配信サービスといったデジタル系だけではなく、住まいや自動車、食材といった「モノ」を提供するサブスクリプションサービスも増えています。今回はさまざまなジャンルの代表的なサブスクリプションサービスの事例を紹介します。


最新の投稿


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はメルカリ【2020年12月~2021年1月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年1月のアプリインストール数1位は「メルカリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

新型コロナの影響でインバウンド観光客が停止した今、「第3次越境ECブーム」とも言われ中国越境ECに取り組む日本企業が増えています。しかし、「中国現地のメーカーも商品のクオリティを上げたいま、生半可な気持ちで勝つことは難しい」とBaidu Japanの國井雅史さんは語ります。その理由はなぜでしょうか。同社と共に中国向けマーケティングのプロジェクトを行ってきたヴァリューズの中国人リサーチャー、姜茹楠が國井さんに取材しました。


国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

Tableauを学ぶシリーズの番外編となる本稿では、国や自治体が公開しているサイトからTableauの活用事例を学びます!国・自治体が提供している、市場調査やマーケティングにも使えるオープンデータをまとめました。Tableau活用事例の参考にもなるでしょう。


【3/8(月)】製薬業界向け|WEB行動ログデータから読み解く患者の情報収集の実態|オンラインセミナー

【3/8(月)】製薬業界向け|WEB行動ログデータから読み解く患者の情報収集の実態|オンラインセミナー

コロナ禍によりWEBの利用時間が伸びている今、消費行動・情報収集行動もWEBで行われることが活発になり、ターゲットにオンライン上でアプローチする必要性が高まっています。しかし一方で、よく聞く課題として「病気に悩む人がオンライン上でどういった情報収集行動を起こしているのか不明瞭で、どうアプローチしていいか分からない」といった声を多くお聞きします。 本セミナーではWEB行動ログデータを活用して、オンライン上で患者は実際どのように情報収集しているのか、実際のデータをご覧いただきながらご紹介します。


【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

【2021年上半期】売上をアップさせるのに重要な3つのSEOトレンド

2021年上半期にWebサイト担当者が抑えておくべきポイントとは? 2020年12月のコアアルゴリズムアップデート、UXの重要指標である「core web vitals(コアウェブバイタル)」、「Google Analytics4(GA4)」の3つの最新トレンドを踏まえ、SEO担当者がやるべきこと/意識すべき点について、ヴァリューズの岩間が初心者にも分かりやすく解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング