テレワーク実施企業の注目事例は?在宅勤務制度のノウハウを学ぼう

テレワーク実施企業の注目事例は?在宅勤務制度のノウハウを学ぼう

新型コロナ対策で在宅勤務でテレワークを実施している企業が増えています。テレワークの形態にも色々ありますが、いざ全面導入すると制度やツールなどさまざまな場面で課題を感じている方も多いようです。テレワーク導入に積極的だったGMOやクックパッド、サイボウズは制度面からツールまで多くのノウハウを公開していて、先行事例として参考になります。


新型コロナ対策で各企業が続々テレワークに移行

新型コロナウィルス対策で、多くの企業がテレワークを導入し始めています。国や都の声かけで、オリンピックの交通混雑対策として準備していた企業もあるもの、日本がこれだけ大規模にテレワークを実施するのは初めてではないでしょうか。

オリンピックや新型コロナ対策の側面のほかに、テレワークそのもののメリットとしては、満員電車に乗らずに済んだり、介護や育児による離職防止、働き方改革あるいは従業員満足度の向上などあげられます。

一方で、テレワークは準備しながら段階的に導入する事例が多く、今回のように突然大規模に実施すると、企業の制度やツールなどで対応しきれない課題が出ているようです。いち早くテレワークを実施し、課題解決のノウハウを公開してくれている企業を参考にすると、取り入れられる施策があるかもしれません。

テレワーク実施企業の注目事例

それではテレワーク・在宅勤務を検討する際に参考となる、ネット企業の導入事例を3つ紹介します。

GMOインターネットグループ|いち早くテレワークに移行し情報発信量もダントツ

GMOインターネットグループでは新型コロナウィルスの対策として、2020年1月27日から4000人の従業員を対象にした在宅勤務体制をスタートさせました。今ほどウィルスの影響が出ていなかった1月下旬の段階で、テレワークに移行した先行事例です。

GMOインターネットグループでは、在宅勤務に移行して1週間後に従業員アンケートを行っています。また、1ヵ月後にも再度アンケートを実施。現場の声を吸い上げ、生の意見を生かした制度の再構築が試みられています。

アンケート結果では、約9割の従業員が在宅勤務体制を支持しており、さらに約7割が「業務上の支障はあまり感じない」と回答しています。これを見るだけでも、テレワークを導入する意義が大きいことがわかります。

一方で、従業員が感じる「在宅勤務の課題」についても言及されています。そのなかで多く挙げられているのが「作業環境」についてです。テレワークでは、少なからず通信環境を個人に依存しなければなりません。「自宅の通信環境が弱い」「システム上の問題で社内のイントラネットにアクセスできない」「対応するデバイスを持っていない」などの課題が挙げられています。

アンケートのサマリーはGMOインターネットグループの新型コロナウイルス対策の特設サイトで公開されています。膨大な情報量で、テレワークの事例としてまた企業の情報発信の事例として参考になります。

GMOインターネットグループ:在宅勤務に関するアンケートを実施 | GMOインターネット株式会社

https://www.gmo.jp/news/article/6699/

GMOインターネットグループが在宅勤務に関するアンケートを実施し、結果を分析。

GMOインターネットグループ:在宅勤務体制開始から1ヵ月経過長期化する在宅勤務の課題についてアンケート第2弾を実施 | GMOインターネット株式会社

https://www.gmo.jp/news/article/6713/

GMOインターネットグループ:在宅勤務体制開始から1ヵ月経過長期化する在宅勤務の課題についてアンケート第2弾を実施

クックパッド|快適な在宅勤務環境づくりに注力

レシピサイトを運営するクックパッドも、2020年2月18日より10日間の在宅勤務を実施、その後3月一杯まで期間を延長しています。全従業員に対して在宅勤務を指示し、やむを得ず出社する場合は上長の許可が必要です。さらに、社内外の会議はもちろん、採用面接も全てビデオ会議で実施するという徹底ぶりです。

クックパッドでは、日常的にクラウドサービスを利用しています。具体的には、コミュニケーションツールとしてSlack(チャットサービス)やZOOM(Web会議サービス)、バックオフィス業務ではWorkday(人事・総務系クラウドサービス)などを利用しています。これらのツールはもともと、場所や時間、雇用形態など関係なく、ほぼ全ての従業員が利用可能です。作業環境を日ごろから整えていたからこそ、テレワーク導入がスムーズに行なえたということがうかがえます。

さらに、今回の在宅勤務指示に際し、自宅にインターネット環境を持たない従業員に対しては、モバイルルーターやテザリング可能な携帯電話の貸出も行い、社外でも支障なく仕事ができるような配慮もしています。

クックパッドのtechブログでは、在宅勤務をより快適にするための工夫も公開されています。たとえば、「リモート昼ご飯」。自宅で料理をし、それをSNSやSlackの「#リモート昼ご飯」というチャンネルで投稿する試みです。レシピサイトを主幹事業とするクックパッドらしい取り組みです。

クックパッドの在宅勤務環境 - クックパッド開発者ブログ

https://techlife.cookpad.com/entry/2020/02/21/130002

コーポレートエンジニアリング担当 VP の @kani_b です。 昨今急速に拡大している新型コロナウイルス感染症の感染拡大リスクを鑑みて、従業員や関係者の皆さまの安全確保を目的に、クックパッドでは 2/18 (火) からまずは2週間ほど、国内拠点の全従業員(正社員、契約社員、パート・アルバイト、派遣社員、通常在席の業務委託)を対象に在宅勤務の原則化を実施することになりました。 クックパッド、新型コロナウイルスの拡大防止対策で、全従業員を対象に在宅勤務(Work from Home)を実施 | クックパッド株式会社 ‌ この記事では、現在クックパッドでどのような環境づくりのもと、在宅勤務が行わ…

サイボウズ|テレワーク先進企業が導入ノウハウ公開

サイボウズは10年以上前となる2010年8月から在宅勤務を導入してきたテレワークの先進企業といえるでしょう。その後も、検討を重ねながら制度のブラッシュアップを進めています。サイボウズのサイトでは、同社がテレワーク制度を推進してきたこれまでの軌跡が公開され、企業の組織的・制度的な導入ステップの参考になります。

在宅勤務の課題としてよく挙げられる、人事評価やセキュリティー、作業環境などの問題にどう対応すればいいのかも説明がなされています。テレワークについての講演資料なども掲載されており、リモートワーク・在宅勤務をこれから導入する企業には参考になるはずです。

サイボウズの「テレワーク」に関する情報を公開します

https://cybozu-remotework.qloba.com/

新型コロナウイルス感染症による被害が日本で拡がっているのを受け、サイボウズが実践してきた「テレワーク」に関する情報をまとめました。

テレワーク導入で大切なことは

テレワークを上手に運用するためのカギはどこにあるのでしょうか。今回ご紹介した3つの事例に共通していることは大きく2つあります。

1つは、まずはテレワークを導入してみて、そこからトライ&エラーを絶えず繰り返している点です。もちろん事前の準備は大切ですが、議論が机上の空論で終わってしまうことも少なくありません。「案ずるよりも産むが易し」、まずは実践してみて、そこから社員の意見を吸い上げ、制度の改善につなげていくサイクルを回していくことが大切です。

2つ目は経営層自身がテレワークに対する理解を持っているという点です。いずれの企業も、トップが問題意識を持っているからこそ、スピード感を持ってテレワークへの移行を断行することができたということです。

さて、実は「マナミナ」を運営している株式会社ヴァリューズも在宅勤務・リモートワークの積極的な実施を行っています。社内コミュニケーションはSlackを利用し、オンラインセミナーはZoomで実施。社内の打合せにはGoogleハングアウトを使っています。

恒例の全体定例会もオンラインで行っています。全社員がオンライン上に集まるのでコメント欄はかなり賑やかに。誰かが目標達成して表彰されたりすると、コメント欄は拍手やお祝いメッセージが並び、ちょっと和やかな雰囲気になります。システム的な作業環境も整備を進めていたので、テレワークでも支障なく仕事を進めることができています。

新しい取り組みには必ずリスクを伴いますが、それで得られるメリットも少なくないはずです。今回ご紹介した先行事例を参考に、テレワークの検討をしてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


テレワーク コロナ影響

関連する投稿


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

外出自粛で需要増のYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?

コロナによる外出自粛の影響を受け、需要が増加しているYouTube。ユーザー数を伸ばしたチャンネルは?ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2020年3月のデータから動画共有サービス「YouTube」について調査・分析しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

4月の急上昇サイトはシャープマスクやLINE全国調査、Uber Eatsなどコロナ影響が反映された結果に

2020年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。


最新の投稿


「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

「医療?それとも自己処理?」 人に聞きづらい脱毛事情。女性×年代別でみる悩みの中身

人に聞きづらい脱毛事情。露出の増える夏に向け、その関心は高まるのではないでしょうか。今回はネット上での「脱毛」に関する人々の行動を調査し、人々の悩みを明らかにしました。


コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

コロナ影響でネットスーパー4サイトのユーザーが急上昇。1位はコストコ、楽天西友は経済圏内の回遊が強みか

新型コロナの影響で外出自粛が叫ばれ、多くの業界が打撃を受ける一方、一部のサービスは需要を伸ばしています。その一つとして今回着目したのが、ネットスーパー。感染予防のために店頭での買い物を控え、ネットスーパーの利用者が増えているのではないかと予想し、eMark+を使ってその実態を調査しました。


急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

急上昇ワードに“ファクトフルネス”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/5/17~2020/5/23)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。


【5月29日(金)開催】「コロナウイルスによる消費者行動の変化とは」【オンラインセミナー】

【5月29日(金)開催】「コロナウイルスによる消費者行動の変化とは」【オンラインセミナー】

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛やテレワークなど、人々のライフスタイルが大きく様変わりする中、消費者の行動や意識にはどのような変化が起きているのか、Webやアプリの行動ログとアンケート調査から、日別の推移、商品ジャンルの閲覧伸び率などを通じて、変化の実態を調査しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら