新型コロナの影響は食生活にも?「Uber Eats」などフードデリバリーアプリの利用が急増中

新型コロナの影響は食生活にも?「Uber Eats」などフードデリバリーアプリの利用が急増中

2019年10月からの消費増税で盛り上がりを見せたフードデリバリー市場。現在は新型コロナウイルスの影響で自宅で食事を取る機会が急増していることもあり、フードデリバリー市場にさらなる勢いが見られます。今回は既に定着しつつあるフードデリバリーアプリの利用状況を「eMark+」を用いて比較・調査しました。


フードデリバリー市場の現状は?

2015年頃から急増しているフードデリバリー市場。外食・中食市場について調査分析を行っているエヌピーディー・ジャパン株式会社によると、日本のレストラン業態(小売店、自販機、社員食堂、学生食堂を除く、宅配ピザを含む)におけるフードデリバリー市場は、2018年(1~12月計)で対前年比5.9%増の4,084億円。2015年の3,564億円から3年間で14%以上成長していると発表されています。

主な理由としては、共働き世代の増加や働き方改革、高齢化などがあげられており、決済方法の多様化やアプリケーションの充実などで、今後も市場の急成長が見込まれると言われています。

図:出前市場の規模推移

新型コロナウイルスの影響でフードデリバリーアプリの利用者が急増?

それでは、2020年3月のスマートフォンによる、フード関連アプリのユーザー数ランキング上位20位までを見てみましょう。

大手外食チェーンのアプリが多く占める中、フードデリバリーアプリとしては「Uber Eats」と「出前館」がランクイン。特に「Uber Eats」に関しては、利用者数の前年同月比が191.7%の大幅増となっています。
また、外出自粛要請に伴い、自宅で自炊する人も増加しているためか、「クックパッド」「クラシル」「DELISH KITCHEN」といったレシピアプリも人気のようです。

図:フード関連アプリランキング

図:フード関連アプリランキング

期間:2020年3月
デバイス:スマートフォン 
※Google Playのカテゴリ「フード&ドリンク」

フードデリバリーアプリの主要4サービスを比較・調査

ユーザー数首位の「Uber Eats」は、1年間で約2.6倍に成長

主要4サービスの直近1年間(2019年4月〜2020年3月)のユーザー数推移を見てみましょう。
「Uber Eats」「出前館」の他、ランキング外ではありましたが、「楽天デリバリー」「dデリバリー」を調査しました。

調査対象のフードデリバリーアプリ

図:調査対象のフードデリバリーアプリ

4サービス共に右肩上がりではありますが、中でも首位の「Uber Eats」は1年間で約2.6倍の伸びを見せています。

図:デリバリーアプリUU数推移

図:デリバリーアプリUU数推移

期間:2019年2019年4月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

性別では、男性の利用が比較的多め

続いて属性別に2019年10月から2020年3月の直近6ヶ月の推移を調査しました。まずは性別のグラフです。

「Uber Eats」「楽天デリバリー」はほぼ同数と言っていいでしょう。「dデリバリー」は男性に多く利用されているようです。

図:ユーザー属性(性別)

図:ユーザー属性(性別)

期間:2019年2019年10月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

未既婚別では、独身者の「Uber Eats」人気が顕著に

全体的にはほぼ同数の利用状況と見えますが、個別にみると「Uber Eats」は独身率が半数以上との結果に。
他3サービスに関してはファミリー層が多く、特に「dデリバリー」については既婚率が約58%となっています。

図:ユーザー属性(未既婚別)

図:ユーザー属性(未既婚別)

期間:2019年2019年10月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

年代別では20代〜40代が牽引役に。20代の「Uber Eats」人気に注目

続いて年代別の推移です。
利用者の年代別構成比率としては、全体的に20代〜40代の利用率が高いようです。
例えば、注目のフードデリバリーアプリ首位にある「Uber Eats」の利用者は約43%が20代との結果に。30代〜40代はいずれかのサービスに偏る事なく利用しているようです。

図:ユーザー属性(年代別)

図:ユーザー属性(年代別)

期間:2019年2019年10月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

年代別ユーザー数推移を4サービス毎に調査。各年代の動向を追ってみると?

続いて、同じ直近6ヶ月における各月の年代別ユーザー数推移がどう動いていたのか、それぞれのサービス毎に見てみましょう。

まず「Uber Eats」のユーザー数推移です。
20代の利用者数の多さと急増が目立ちます。3月の前月比は約120%の増加となりました。
また全体に占める割合は高くはないものの、50代も3月の前月比約130%と急増しています。
「Uber Eats」の、幅広い世代への急速な浸透を感じます。

図:「Uber Eats」ユーザー属性推移(年代別)

図:「Uber Eats」ユーザー属性推移(年代別)

期間:2019年2019年10月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

「出前館」についても3月の前月比を見ると、20代の約116%、30代、40代の約110%と急伸が見られます。そして、6ヶ月前との比較となりますが、60代の約172%増にも注目です。

また、2020年3月には「出前館」がLINEから300億の出資を受けるという発表も。「LINEデリマ」との完全統合を予定している事もあり、今後の動向に関心が寄せられています。

図:「出前館」ユーザー属性推移(年代別)

図:「出前館」ユーザー属性推移(年代別)

期間:2019年2019年10月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

「楽天デリバリー」では、各年代が連動して増減している動きが見受けられました。
参考までに過去の関連記事などを調べたところ、楽天ポイント倍増キャンペーンなどが頻繁に催されており、このようなキャンペーン効果が利用者数の変動に繋がっているのではないかと推測されますが、いずれの年代も2020年3月は大幅に伸びています。

図:「楽天デリバリー」ユーザー属性推移(年代別)

図:「楽天デリバリー」ユーザー属性推移(年代別)

期間:2019年2019年10月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

「dデリバリー」も6ヶ月前との比較では全体で約255%の急増となっており、特に30代の約250%増、40代の約316%増が目立ちます。20代の減少が気になるところではありますが、総じて全体の利用者が大幅に増加した背景にはどのような要因があったのでしょうか。今後の動きに注目です。

図:「dデリバリー」ユーザー属性推移(年代別)

図:「dデリバリー」ユーザー属性推移(年代別)

期間:2019年2019年10月〜2020年3月
デバイス:スマートフォン

まとめ

働き方や生活スタイルの変化などから、利用が増加傾向にあるフードデリバリーサービス。
さらにこの1ヶ月程の利用増加率を見ると、新型コロナウイルスの影響も大きいと考えられます。
外出自粛要請により、外食を減らさざる得ない中での食の楽しみを得る一つの手段として、また食生活の一端を担う重要なインフラとして、以前にも増して需要が見込まれるのではないでしょうか。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年4月~2020年3月におけるユーザーの行動を分析しました。
※アプリのユーザー数はスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/855

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

食品ロス解決アプリのMAUは1年で約1.9倍。SDGsで追い風が吹くフードシェア系サービスを比較調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/817

食品ロスを減らすための法律「食品ロス削減推進法」が2019年10月に施行され、SDGsの目標のひとつとしても掲げられている食品ロス問題。自治体主体の取り組みが広がる一方、食品ロス削減に役立つサービスも増えてきています。それらのサービスは、どこまで浸透し、どのような層に利用されているのでしょうか?本稿では「食品ロス削減」サービスを調査しました。

巣ごもり消費でホットケーキミックスが爆売れ!炊飯器も大活躍?

https://manamina.valuesccg.com/articles/862

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、今、ホットケーキミックスや薄力粉・強力粉など小麦製品の品薄が続いています。マスクや消毒液が店頭から消えるのは理解できるにしても、なぜ、そしていつの間にホットケーキミックスが消えたの…?今回は「eMark+」を使って、”巣ごもりホットケーキミックス消費”の実態を探ります。

この記事のライター

マナミナ 編集部 ライター。
金融、通信、メディアなどを経てリサーチ業界へ。
趣味は食と旅行。

関連する投稿


9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

2020年9月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。9月のトレンドを調査しました。


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


最新の投稿


4年でトップブランドに成長!中国の人気飲料「元気森林」-その成功の秘密とは?|中国トレンド調査

4年でトップブランドに成長!中国の人気飲料「元気森林」-その成功の秘密とは?|中国トレンド調査

中国では、立ち上げからわずか4年しか経っていない新興の無糖飲料ブランド「元気森林」が現在大人気です。今回は、国民の健康意識の向上をはじめとした、その成功の秘密を分析しました。


急上昇ワードに“GOTO商店街”“竈門炭治郎”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/18~2020/10/24)

急上昇ワードに“GOTO商店街”“竈門炭治郎”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/18~2020/10/24)

2020年10月18日~10月24日週の検索急上昇ワードでは、新型コロナウイルス感染拡大で売上が落ち込んだ商店街を支援する政府の「GoTo商店街」事業に注目が集まったほか、公開直後から一大ブームを巻き起こしている『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)などのキーワードで検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


メディアサイト分析から読み取るwithコロナ時代の消費者変化~旅行・不動産・求人メディア編~|セミナーレポート

メディアサイト分析から読み取るwithコロナ時代の消費者変化~旅行・不動産・求人メディア編~|セミナーレポート

外出自粛やリモートワークなど、我々の生活を大きく揺るがした新型コロナウイルス。「ウィズコロナ」という言葉も浸透し、新しい生活様式が定着しつつあります。メディアでは感染状況や対策と合わせて経済動向が報じられ、コロナに苦しむ業界の状況やそこへの国策は、関心の高いトピックです。 ヴァリューズでは、これらのトピックを我々に届けるメディアに着目。最新情報を集約するメディアは市場の象徴的存在であり、メディア分析によって業界のトレンドを掴むことができます。9/29のセミナーでは、旅行、不動産、求人業界にスポットを当てたメディア分析を実践。変化が著しい今、必要性が高まるメディア分析を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「業界分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング