手軽に投資が始められる?ウェルスナビ・THEOからロボアドバイザーの利用者層を徹底調査!

手軽に投資が始められる?ウェルスナビ・THEOからロボアドバイザーの利用者層を徹底調査!

新型コロナウイルスの感染拡大により株価は大きく下落しましたが、先行き不透明な将来に備え、資産を堅実に運用したいと考える人も増えているかもしれません。近年ではNISAやiDeCoなど積立投資を後押しする制度も拡充し、人々の投資への関心は徐々に高まりつつあります。しかしながら、何をどうはじめたらよいのかわからないという人も少なくないはずです。そんな投資初心者や、時間をかけずに資金を運用したい人々の関心を集めているのが、コンピューターのアルゴリズムに基づいて資産運用のアドバイスを行うロボアドバイザー、通称「ロボアド」です。今回はそんな「ロボアド」に着目し、eMark+のSite Analyzer機能を用いて分析してみました。


関心度合いは右肩上がり。年代によって大きな差

まず、2019年5月~2020年4月の1年間に、「ロボアド」というキーワードで検索を行ったユーザー数の推移を調べてみました【図1】。

【図1】ユーザー数推移(2019年5月~2020年4月、検索キーワード「ロボアド」)
※デバイス:PC

2019年6月~9月にかけて下落上昇の変動が見られますが、その後2020年3月までは右肩上がりにユーザー数が増えていました。大きくユーザー数の伸びが見られた2020年3月に比べると、4月はやや減少し2月と同水準となっていますが、この1年間を通して「ロボアド」への人々の関心が高まっている

次に「ロボアド」を検索したユーザーの属性情報について詳しく調べてみました。
まず、性別をみてみると男性が7割を超える割合を占めており、男女で関心度合いに大きな差があることがわかりました【図2】。

【図2】属性情報(性別)
※デバイス:PC

年代をみてみると、20代が28.7%と最も大きな割合を占め、30代、40代、50代、60才以上と年齢が上がるごとに割合が減っていることがわかりました。最も割合の高い20代は、60才以上の約3倍に迫る数値となっており、若年層と高齢層の間に大きな関心の差があることがわかりました【図3】。

【図3】属性情報(年代)
※デバイス:PC

最後に未既婚をみてみると、未婚者がやや多い割合となりますが大きな差はなく、婚姻の有無はあまり影響がないことがわかりました【図4】。

【図4】属性情報(未既婚)
※デバイス:PC

以上のことから「ロボアド」は比較的若い世代の男性からの関心が高いことがわかりましたが、キーワード検索後にはどのようなサイトにアクセスしているのでしょうか。Keyword Finderの中の流入LP機能を用いて調べてみました【図5】。

【図5】流入LPランキング(2019年5月~2020年4月)
※デバイス:PC

上位10サイト中、5つがロボアド各社の比較サイトという結果となりました。

ロボアドは資産運用の診断・助言のみを行うアドバイス型と、資産の運用・売買まで行う投資一任型の2つに分けることができます。投資一任型についてはさらに最低投資額や運用手数料、投資対象も多岐にわたるため、これからロボアドを活用しようと考えるユーザーにとって、比較サイトは重要な役割を担っています。これらのサイトへの流入が多いことからも、ロボアドへ新たに関心を寄せるユーザーが増えてきている様子がうかがえます。また、7位には大手ロボアドサービスのウェルスナビ、8位には楽天証券が運営する楽ラップのサイトがランクインするなど、注目度の高いロボアドサービスも浮き彫りになりました。

最後に、実際にロボアドアプリを利用しているユーザー層について詳しく分析するため、ランキング1位の比較サイトでも名前の挙がった大手2社(ウェルスナビ、THEO)のアプリを比較・分析してみました。

アプリユーザー数に大きな差。利用者の中心は30代~40代

『ウェルスナビ』
ウェルスナビ株式会社が運営する投資一任型のロボアドバイザーサービス。入金・出金から資産の確認まで、資産運用をスマホ1台で完結できる手軽さが売り。

『THEO』
株式会社お金のデザインが運営する投資一任型のロボアドバイザーサービス。NTTドコモとの協業サービスである「THEO+docomo」では、資産運用をしながらdポイントをためられるなど初心者向けのサービスも充実。

まず、2019年4月~2020年3月の1年間におけるアプリ所有ユーザー数の推移を調べてみました【図6】。

【図6】アプリ所有ユーザー数推移(2019年4月~2020年3月)
※デバイス:スマートフォン

新型コロナウイルスの感染拡大により景気の悪化が懸念されるようになった1月以降も、両者ともに着実にユーザー数を伸ばし続けていることがわかりました。しかしながら2020年3月時点ではウェルスナビのユーザー数はTHEOの約2.5倍となるなど、ユーザー数に大きな差があることもわかりました。

次にアプリ利用者の属性情報について詳しくみてみます。
性別は「ロボアド」検索ユーザーと同様、男性が高い割合を占める結果となりました。両者の間には大きな差はみられず、どちらも8割以上を男性ユーザーが占めていました【図7】。

【図7】属性情報(性別)
※デバイス:スマートフォン

次に年代をみてみると、どちらも30代・40代の割合が高いことがわかりました。逆に50代・60才以上が占める割合は約3割となっており、高齢層の利用者は限定的となっているようです【図8】。

【図8】属性情報(年代)
※デバイス:スマートフォン

最後に未既婚をみてみると、両者ともに既婚者の方がやや高い割合を占めていることがわかりました。ロボアドをキーワード検索したユーザーの分析の際には未婚者の方がやや多い割合となっていましたが、実際にアプリを利用しロボアドを活用しているユーザーは既婚者の方が多いようです【図9】。

【図9】属性情報(未既婚)
※デバイス:スマートフォン

若い世代を中心に、ロボアドという新しいツールを用いた資産運用に注目が集まっていることがわかりました。現状ではウェルスナビが大きくユーザー数を伸ばしていますが、今後は現在取り込めていない女性や比較的年齢の高い世代のユーザー層をいかに取り込むかが焦点となりそうです。

新型コロナウイルスの影響で景気の落ち込みが長引く可能性が懸念される中、ロボアドが従来の投資と差をつけどのように存在感を示していくのか目が離せません。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年4月~2020年4月におけるユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はPCまたはスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本調査は、ネット行動ログ分析ツール「eMark+」を用いて調査・分析しました。eMark+はマナミナを運営している株式会社ヴァリューズが開発・提供している、SaaS型のサイト・アプリ分析ツールです。指定したサイトのユーザー数がわかる「ユーザー数推移」やサイト訪問者の性別、年代、職業などがわかる「ユーザー属性」は、PCデータであれば無料で利用することができます。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

https://manamina.valuesccg.com/articles/772

欧米諸国に比べ、日本では資産を運用せずに貯蓄する人の割合が多いとされています。しかしながら最近では少子高齢化の進展による老後資金への不安や、恒常化する預金の低金利化などから、資産形成を目的として投資を始める人が増えてきています。今回はそんな「投資」に焦点を当て、eMark+の検索キーワード分析機能「Keyword Finder」を用いて調査を行いました。

増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (1)データで振り返る増税とキャッシュレス

https://manamina.valuesccg.com/articles/792

2019年10月に消費税が10%に上がり、2020年6月末までの消費対策としてキャッシュレス・ポイント還元事業が始まりました。マナミナでは2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」からスマホ決済アプリの利用動向に注目してきましたが、増税後そして今後の利用状況やいかに。eMark+の決済アプリ利用ログから、日常消費に浸透するキャッシュレス決済の動向、そして一層の普及推進へ向けたヒントを探ってみます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


金融 市場調査

関連する投稿


キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

政府主導のポイント還元事業を機に、急速に普及したキャッシュレスアプリ。数百億規模のキャッシュバックキャンペーンで一躍注目を浴びたPayPayをはじめ、d払いやauペイ、楽天Pay、LINEPayが肩を並べています。導入負担の少なさから、加盟店も続々と拡大。最近では、新型コロナ感染予防策としてキャッシュレス決済を利用する人も増えています。本稿では、そんなキャッシュレスアプリに着目。主要アプリのユーザー数推移や、地域・年代別の利用傾向を調査しました。


「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

新型コロナ禍以降、主に都市部から地方への移住に関心を持つ人が増えているようです。もともと多くの地方自治体が移住者の誘致に積極的だったところ、長引くwithコロナ生活の中でテレワークがすっかり浸透したことが重なり、ユーザーの「移住」に関する検索行動も増えています。今回は「移住」に関連する検索キーワードに着目し、検索トレンドや検索ユーザーの属性などについて調査・分析します。


コロナ後の化粧品業界で集客に成功しているサイトはどこ?『デジタル上での化粧品業界の変化』レポート

コロナ後の化粧品業界で集客に成功しているサイトはどこ?『デジタル上での化粧品業界の変化』レポート

マスクが必須アイテムとなって約1年。さまざまなメディアでマスクメイクが取り上げられるようになり、化粧品の選び方や使われ方にも変化が訪れています。コロナ禍において人々の化粧品に関するニーズはどのように変化しているのか、約250万人の消費者Web行動データを活用したマーケティングリサーチツール「Dockpit」を用いて分析します。(ページ数|29p)


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年10月~2020年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年10月~2020年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年11月のアプリインストール数1位は、さまざまなジャンルの予約・順番待ち受付ができるアプリ「EPARKアプリ」でした。


Web広告出稿量が多い消費財の業界はどこ?各ジャンルの購買行動の違いやEC化率との関係を探る

Web広告出稿量が多い消費財の業界はどこ?各ジャンルの購買行動の違いやEC化率との関係を探る

電通の調査によれば、2019年の「インターネット広告費」は全体で2兆円を超え、媒体別でテレビメディア広告の規模を初めて抜いたと言われています。そこで今回は、拡大を続けるWeb広告市場において出稿量が多い業界はどこなのかを調査・分析。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使い、「日用品」「化粧品」「ファッション」「食品」「飲料」の5つの通販ジャンルにおける、集客構造の違いとその背景を探っていきます。


最新の投稿


急上昇ワードに“共通テスト”“AU 新料金プラン”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/1/10~2021/1/16)

急上昇ワードに“共通テスト”“AU 新料金プラン”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/1/10~2021/1/16)

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

市場調査を無料でできる?マーケターのためのリサーチエンジン「Dockpit」の無料版を使ってみた

Webサイト改善、SEO対策、コンテンツマーケティング、メディアプランニングなど、デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合調査、検索キーワード分析。これらが1つのツールで簡単に把握できる「Dockpit(ドックピット)」から、一部機能を無料で使える無料版がリリースされました。無料でどんなことができるのか、マナミナ編集部で早速試してみることに。本稿で詳しくレポートします。


企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

企画と商品開発の「おいしい」関係。ヴァリューズの新サービスDockpit誕生までのあらすじ

Web行動ログ分析サービス「eMark+」を提供してきたヴァリューズは、2020年10月、新たに「マーケターのためのリサーチエンジン」<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>をリリースしました。その商品開発は非常にスピーディーに行われたそう。背景には企画サイドとエンジニアサイドががっしりとタッグを組んだ、製販一体のあり方がありました。Dockpit誕生までのあらすじを、企画サイドのリーダーの岩村さん、開発リーダーの山本さんのお二人に取材しました。


GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法

GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)はGoogleがWebサイトの担当者向けに提供している、Google検索結果表示における自社サイトのパフォーマンスを確認できるツールです。Googleアナリティクスはサイト流入後のアクセス解析ツールになりますが、Google サーチコンソールを設定すると、検索トラフィックや掲載順位の測定などサイト流入前のデータが解析できます。今回はサイトの不具合の発見やSEO改善のヒントとなる解析ツール「Googleサーチコンソール」とGoogleアナリティクスの連携手順を紹介します。


『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

『健康クラスター調査~健康に関するインサイトを探る~』レポート

新型コロナウイルスの流行を機に、これまで以上に健康に気を配るようになったという人も多いかと思います。健康維持にはさまざまな方法がありますが、年齢や性別・悩みなどによる傾向の違いはあるのでしょうか。因子分析とクラスター分析を用い、一般消費者の健康に関するインサイトを分析します。(ページ数|28p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング