【9/15(火)】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【9/15(火)】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。ウィズコロナ時代のウェブサイト大全


ウィズコロナ時代のウェブサイト大全

弊社、イノーバ社、Kaizen Platform社の3社共催セミナーを開催します。

ウィズコロナ時代は、ウェブサイトが事業成長の鍵を握ります。
ただ、ウェブサイトの重要性はわかっていても、実際にウェブマーケティングを進めようとすると、

・ユーザーのトレンドの変化が早すぎて追いきれない
・集客するためのコンテンツ作成が急務だけど、社内にリソースがない
・アクセスやデータは増えているけど、活用したマーケティングのアイデアがない
・アクセスが増えているけど、コンバージョンが思ったほど増えない

など、様々な課題にぶつかることが少なくありません。

本セミナーでは、「ユーザー分析」「集客(コンテンツマーケティング)」「UI(サイトの中)改善」の専門家が一同に介し、ウェブマーケティングの成果を上げるための仕組みづくりについて、多数事例を交えながらポイントをお伝えします。

貴社のウェブマーケティングを進化させる決定版セミナー。ぜひご参加ください。

■対象者
マーケティング部門の責任者様、担当者様

■こんな方におすすめ
ウィズコロナ時代のWebサイト施策にお悩みの方

【セミナー内容】

16:00~16:20 株式会社ヴァリューズ
ウィズコロナ時代の最新の消費者行動
Web行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供するヴァリューズ社が、コロナ禍で加速する消費者の行動変化について実際のデータを用いて解説します。

16:20~16:40 株式会社イノーバ
今こそ取り組みたいコンテンツマーケティングのポイント
継続的な認知/リード獲得の手段として定着したコンテンツマーケティング。しかし、すぐには効果が現れない/何を目標に運用すればいいか分からない等、躓きポイントが多いのも事実。
成果を上げるための仕組みづくりについて、事例を交えながらおさえておきたいポイントをお伝えします。

16:40~17:00 株式会社Kaizen Platform
今なぜサイトのUIが事業成長の鍵を握るのか
3万件を超えるウェブサイト改善施策を支援し、その改善成功率が90%を超えるKaizen Platform社が、厳選された成功事例を通じて、なぜ今ウェブサイトのUIが大切なのか、そしてUIをどう改善すれば良いかをご説明します。

17:00~17:15 パネルディスカッション

【開催日時】2020年9月15日(火)16:00-17:15

【参加費】無料

【視聴方法】Zoomウェビナー

【講演者】
株式会社ヴァリューズ データマーケティング局 コンサルティング2G マネジャー/マーケティングコンサルタント 入場 紀明

京都大学大学院 工学研究科修了
入社後1年間は広告代理店や制作会社など多岐にわたるパートナーとのマーケティング支援活動に従事。
その後、コンサルタントとして自動車メーカーや日用品メーカー、航空会社、メディア企業など業界を問わず大手企業と対峙し、マーケティングサポートを実行。

株式会社イノーバ 代表取締役CEO 宗像 淳
1998年に富士通に入社、北米ビジネスにおけるオペレーション構築や価格戦略、子会社の経営管理等の広汎な業務を経験。
MBA留学後、インターネットビジネスを手がけたいという思いから転職し、楽天で物流事業立ち上げ、ネクスパス(現トーチライト)で、ソーシャルメディアマーケティング立ち上げを担当。ネクスパスでは、事業開発部長として米国のベンチャー企業との提携をまとめた。
2011年6月にコンテンツマーケティング支援の株式会社イノーバを設立、代表取締役に就任。

株式会社Kaizen Platform ソリューション事業部 Sales 村上 明英
株式会社リクルートに入社、同社のマーケティング部門で、新規情報 誌「じゃらん」「ゼクシィ」「R25」など35タイトル、100版以上の創刊に携わった後、アド・オプティマイゼーション推進室の立ち上げに参画。約200社のWebサイトに対して集客効果最大化に貢献。
その後、2014年にKaizen Platform, Inc.に参加。(現在は株式会社KaizenPlatform) Salesとして、オフライン、オンラインを問わず顧客のユーザー獲得を支援し続けてきた経験を元に、本質を突いた提案で国内大手企業のWebサイト改善による経営革新と事業成長を支援中。

セミナーのお申込みはこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


セミナー

関連する投稿


中国人口の7割を占める「下沈(かしん)市場」。消費者の生活と購入実態とは|ウェビナーレポート

中国人口の7割を占める「下沈(かしん)市場」。消費者の生活と購入実態とは|ウェビナーレポート

中国経済といえば北京・上海・広州・シンセンといった大都市が成長を支え、どちらかといえば地方部は脇役のイメージがある人も多いのではないでしょうか。実は今、中国経済の新たなマーケットとして近年注目を浴びてきているのが、地方都市を意味する「下沈市場(かしんしじょう)」です。「下沈市場のセミナー」では下沈市場に住む消費者の特徴やアプローチの仕方について徹底解説。中国国内だけに限らずグローバル企業までもが下沈市場に注目している真実に迫ります。


明日から話せる!デジタルマーケティングにまつわる一言二言|きらぼし銀行ウェビナーレポート

明日から話せる!デジタルマーケティングにまつわる一言二言|きらぼし銀行ウェビナーレポート

DXの波は業界やこれまでの業務を問わず押し寄せています。金融業界の法人営業担当者も例外ではありません。銀行員がお取引先企業からデジタルマーケティングにおける貢献が求められる時代がきています。ただ、これまでの専門分野とはまた違う専門性が必要となり、不安もあるという声もあります。そこで株式会社きらぼし銀行では、法人営業担当者を対象に、それらの不安を解消することを目的にセミナーを定期的に開催されています。この度、ヴァリューズもウェビナーに講師として参加させていただきました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


誰でも簡単に3C分析できるツール「Dockpit」を活用した、最新マーケティングデータ分析手法とは|MarkeMedia Daysレポート

誰でも簡単に3C分析できるツール「Dockpit」を活用した、最新マーケティングデータ分析手法とは|MarkeMedia Daysレポート

自社で事業を推進する時、広告代理店がクライアントに状況を説明する時など、頻繁に実施される3C(自社・競合・市場)分析。しかし、いざ自分でやろうとすると、複数にわたる分析ツールをそれぞれ閲覧しながらデータをまとめたりと、時間と労力がかかってしまうのが実情です。11月25日に開催された「MarkeMedia Days」では、1つのツールで3C分析を実施できる「Dockpit」を使いながら、スマートな3C分析の方法を解説。自社・競合データ・コロナで変容したマーケット&消費者トレンドの現状把握から、マーケティング戦略立案に直結するデータ分析手法をご紹介しました。※詳細なセミナー資料は記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます


#リサーチハックで振り返る、リサーチのトレンド2021年(菅原大介さん寄稿)

#リサーチハックで振り返る、リサーチのトレンド2021年(菅原大介さん寄稿)

リサーチャーの菅原大介さんが、2021年の象徴となる調査テーマやサービス等、調査業界のトピックスを振り返ります。2021年はインタビューサービスの群雄割拠やユーザーインサイトテーマの復興など、数多くの注目トピックスがありました。ぜひこの機会にリサーチの現状をまとめ、今後につなげてみてください。※菅原さんが同テーマで登壇するセミナーもあります。要チェック!


マーケット専門家が語る!タイのデジタル事情や販売戦略のヒントとなる成功事例<後編>

マーケット専門家が語る!タイのデジタル事情や販売戦略のヒントとなる成功事例<後編>

東南アジアの進出は「市場規模の大きい国から候補を選定する」企業は多いのではないでしょうか。確かに市場規模は重要ですが必ずしも良い選定とは限りません。 「タイ国マーケット専門家が語る!日本企業のためのタイ市場対策セミナー」で「適切な選定方法と販売戦略で、進出成功を勝ち取れる可能性が十分にある」と語ったのは、株式会社ヴァリューズの顧問でありタイ在住のマーケター若山氏です。 セミナーではタイから展開するべき根拠やタイ経済の特徴、日本企業の成功実例を消費者観点から語られました。 本コラムの前編では、タイから展開するべき根拠や消費者の生活事情について紹介しました。後編の今回はタイ市場のデジタル戦略や日本企業の成功事例を解説していきます。


最新の投稿


「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

「〇〇とは」「おすすめ」「アプリ」の複合検索から読み解く!2022年の注目テーマとサービス

「〇〇とは」という検索から言葉の意味に関心が集まったトレンドワード、「おすすめ」「アプリ」などと共に検索されている語句から、消費者が検討行動の過程で情報を求めていたり注目している商品やサービスは何かを探ります。分析ツールにはWeb行動ログや検索キーワードの分析ができる「Dockpit」を用いました。


最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

最新スマホアプリインストール数ランキング、前澤氏の宇宙からのお金贈りで使われたアプリが1位|2021年11月~12月

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2021年12月の1位は個人間で簡単に寄付し合えるプラットフォームアプリ「kifutown」。実業家の前澤友作氏がTwitterを通じて実施した「前澤友作 全員お金贈りfrom宇宙」が影響しました。そのほか「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」や「ファミペイ」も上位にランクイン。


2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年に中国ではAI家電をはじめとした様々なスマート製品がZ世代の中でトレンドとなりました。中国では急成長の美容医療市場とシルバー経済についても成長の背景を探っていきます。


人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

人気急上昇中スイーツのスフォリアテッラは次のトレンドになるか?検索データで予測してみた

人気急上昇中の「スフォリアテッラ」を調査します。2021年に大ブームを巻き起こしたのは「マリトッツォ」でしたが、2022年を迎え、「次はどんなスイーツが流行るのかな」と気になっている方も多いかもしれません。様々なスイーツ名が挙がる中、私が注目したのは密かに人気急上昇中の「スフォリアテッラ」。これからさらに話題になるかどうか、マリトッツォのデータと比較しながら調査をしてみたいと思います。


【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法が複雑で分からないと悩んでいませんか。Google広告とGoogleアナリティクスは年々と構造が変化して設定方法も変化しています。ここでは、Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法とその後の指標に対する見方や考え方まで初心者向けに分かりやすく解説していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー