植物性食品・大豆ミートの認知度調査レポート~興味関心層/購入者層の特徴を分析し今後のマーケティング戦略を考察する

植物性食品・大豆ミートの認知度調査レポート~興味関心層/購入者層の特徴を分析し今後のマーケティング戦略を考察する

環境に優しく健康的であるという理由で人気が高まりつつある植物性食品。大豆ミート・植物性ミルク等の植物性食品の認知度、興味関心、購入経験などをアンケートとWeb行動ログの両軸から調査した『植物性食品・大豆ミートに関する調査』レポートをリリースしました。(ページ数|25p)


どんなレポート?

環境保全や健康維持の観点から、植物性食品に注目が集まっています。中でも大豆ミートは大手メーカーや飲食店などが開発に力を入れている影響もあり、私たちが目にする機会も増えてきました。

そんな植物性食品・大豆ミートについて、実際にはどのくらい認知されていて、どのような人が購入しているのでしょうか。また、それらの商品に対する消費者のイメージはどのようなものなのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを分析し、詳しく調査しました。

レポートでは、

【アンケート調査】
・植物性食品の認知度、興味の有無、喫食経験の有無
・大豆ミート/大豆ミート使用製品の認知経路
・大豆ミート/大豆ミート使用製品のイメージ
・大豆ミート/大豆ミート使用製品の購入理由
・購入したい大豆ミート製品

【Web行動ログ分析】
・大豆ミート検索者数推移
・『大豆ミート』『ソイミート』検索後の流入サイトランキング

【セグメント別(大豆ミート興味あり/大豆ミート購入経験あり)Web行動ログ分析】
・閲覧サイトランキング
・クックパッドレシピ閲覧結果

などをまとめています。

サマリー版のレポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

レポートの一例

目次

はじめに
アンケート調査実施概要
回答者属性
アンケート集計結果
-植物性食品・認知度
-植物性食品・興味の有無
-植物性食品・喫食経験の有無
-大豆ミート/大豆ミート使用製品・認知経路
-大豆ミート/大豆ミート使用製品のイメージ
-大豆ミート/大豆ミート使用製品・購入理由
-購入したい大豆ミート製品(認知・興味・購入別)
web行動ログ分析概要
-大豆ミート検索者数推移
-『大豆ミート』『ソイミート』検索後の流入サイトランキング
-セグメント別閲覧サイトランキング
-セグメント別クックパッドレシピ閲覧結果
まとめ
Appendix:サービス紹介

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|植物性食品・大豆ミートの認知度調査~興味関心層/購入者層の特徴を分析し今後のマーケティング戦略を考察する~

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務などコロナ禍で広がる新しい働き方に対し、さまざまな悩みが生まれているようです。特に体の不調に悩む人は多く、「肩こり」に悩まされる人が増えているようです。そこで、Dockpitを用い、体の凝りの対処法として検討されているものや、マッサージサロンが受けるコロナ影響について分析しました。(ページ数|22p)


コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

スマホアプリで少額から手軽に始められるようになったり、SNSで投資情報に触れる機会が増えたことなどから、投資を始める若者が増えているようです。「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」「SMBC日興証券」「大和証券」の5社に着目し、Dockpitを用いて各社の現状や、若者の投資ブームの流れを上手く掴んだネット証券会社の傾向、戦略について調査しました。(ページ数|30p)


【VALUES×MRT共同調査】コロナ後、検索者数が12倍に増加!「オンライン診療」検索者のニーズに迫る

【VALUES×MRT共同調査】コロナ後、検索者数が12倍に増加!「オンライン診療」検索者のニーズに迫る

IT先端技術を活用してネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズならびに、医療情報のプラットフォームを提供するMRT株式会社は、オンライン上のネット行動ログとユーザー属性情報を用いて定量的に消費者インサイトを明らかにする調査を共同で行いました。 withコロナの中で注目されるオンライン診療についてインターネット上のユーザー行動データから紐解くために、今回は検索キーワードに基づき、オンライン診療の消費者の関心について、定量的な分析と医療視点での専門知見を掛け合わせて分析しました。


「一眼レフ」「ミラーレス」検索者はどんな人? ~ 苦境に立たされるカメラ業界において有効なターゲット像と訴求方法を探る

「一眼レフ」「ミラーレス」検索者はどんな人? ~ 苦境に立たされるカメラ業界において有効なターゲット像と訴求方法を探る

スマートフォンの普及により加速するカメラ離れ。そんな中でもカメラに関心を寄せる消費者への効果的なアプローチ方法を探るべく、「一眼レフ」「ミラーレス」検索者の動向を分析しました。(ページ数|25p)


最新の投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上が過ぎ、人々の生活や社会は大きく変化しました。理美容・健康家電も大きな影響を受けた業界のうちのひとつです。そこで、2021年6月8日にヴァリューズで開催されたセミナーでは、新たな生活様式が、理美容・健康家電の購入にまつわる消費者の行動やニーズにどのような影響をもたらしたのか、アンケート調査・Web行動ログデータを基に振り返り、その実態を深掘り解説しました。 <br>※セミナーの詳細資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GA4のリリース(2020年10月)後、新規のプロパティを作成すると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティではなく、GA4のプロパティが作成されます。しかしデータ計測やツール連携の都合上、まだまだユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な場合がありますよね。そこで本稿では、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)について解説していきます。


在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務などコロナ禍で広がる新しい働き方に対し、さまざまな悩みが生まれているようです。特に体の不調に悩む人は多く、「肩こり」に悩まされる人が増えているようです。そこで、Dockpitを用い、体の凝りの対処法として検討されているものや、マッサージサロンが受けるコロナ影響について分析しました。(ページ数|22p)


コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

スマホアプリで少額から手軽に始められるようになったり、SNSで投資情報に触れる機会が増えたことなどから、投資を始める若者が増えているようです。「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」「SMBC日興証券」「大和証券」の5社に着目し、Dockpitを用いて各社の現状や、若者の投資ブームの流れを上手く掴んだネット証券会社の傾向、戦略について調査しました。(ページ数|30p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング