コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

飲食業などの店舗では、新型コロナウイルス感染症の影響で、普段と異なる営業形態になっているお店も多いようです。こうした営業情報の変更にくわえて、感染防止対策の実施状況などを確実にお客さんに伝えるにはどうしたらよいでしょうか。Googleのスポット情報「Googleマイビジネス」は検索結果のよい位置に表示されるため、公式サイトを持っていたとしても、最低限の情報は「Googleマイビジネス」側でも更新しておくことをおすすめします。


「Googleマイビジネス」を活用したMEOの基本

MEOとは「Map Engine Optimization」の略で、おもにGoogle Mapsの中の検索結果で上位表示されることを目指します。また、店名検索などの場合、通常の検索結果でもサイドバー最上部など、公式サイトより目立つ位置に表示されることにも注意が必要です。

自社(自店)のアピールとしてホームページやSNSを利用してSEO対策(検索エンジンの最適化)を行っている場合が多いと思いますが、さらに一歩踏み込んだ対策として「MEO」がある、というわけです。

MEOの基本概念は上記のとおりですが、MEOのメリット、上位表示させる方法などについては、以下のリンクで詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

MEO対策とは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/504

Google Mapでは、検索したワードと関係のある店舗が表示されるようになっています。SEO対策はしていても、MEO対策まではできていないという方も多いことでしょう。思っているよりも効果があり、簡単にできるMEOの方法を詳しく解説します。

MEO対策とは?Googleマップで上位表示する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/697

MEO対策とはGoogle マップで上位表示するSEO対策のことです。Google マップはエリア名で検索したときに画面上部の良い位置に表示され誘導効果が大きい枠です。Googleマイビジネスで自分の店舗・サービスの情報を管理して上位表示を目指しましょう。

なぜMEOのコロナ対策を行う必要があるのか?

Googleで店名を検索すると、「スポット」としてGoogle Mapsとともにその店名が表示されるケースが大半です。つまり、そのお店の公式サイトよりも上位にGoogle Mapsのスポットが出てくる可能性が高くなります。

新型コロナウイルス感染症という影響下では、緊急事態宣言の発令などによって営業時間の変更を余儀なくされるケースが出ています。公式サイトでは営業時間の変更を告知していても、Google Maps側、つまりGoogleマイビジネスが手つかずという場合、ユーザーはGoogleマイビジネスのスポット情報しか確認せずに来店するケースが多くなります。

その結果、閉店時に来店してしまうというケースもあり、ユーザーに与える印象の悪化や、売上の機会ロスになります。


こうなる前に、Googleマイビジネスでの自店の住所・営業日時・電話番号は最低でも確認、必要に応じてアップデートする必要があります。また、テイクアウトやデリバリーの対応状況、感染症対策の実施状況も設定できるようになっているので、積極的に活用したいところです。

このように、MEOのコロナ対策としてGoogleマイビジネスでの営業時間やサービス内容を見直し、加筆修正する=最適化、となるのです。

GoogleもMEOのコロナ対策として正確な情報発信を推奨しています。

これまでのGoogleマイビジネスとは変わった部分がありますので、以降はその解説をしていきます。

営業時間を細かく設定可能できる

Googleマイビジネスのメニュー項目「情報」をクリックすると「営業時間の詳細」が表示され、営業時間を細かく設定できます。これにより、営業時間とサービス提供時間が異なる場合にも対応できるようになりました。

営業時間のほかにも以下の項目の時間も追加できます。
・オンラインサービスの提供時間
・テイクアウト
・ドライブスルー
・ハッピーアワー
・ブランチ
・高齢者限定時間帯
・受け取り
・宅配
・注文可能時間
・入店可能時間

臨時休業=休業マークも新設された

これまでGoogleマイビジネスでは「閉業」という設定しかできず、仮に臨時休業する場合でも閉業としかできなかったため、ユーザーに誤認させてしまう可能性がありました。しかし、新たに「休業マーク」が設定でき、Google Maps上で臨時休業であることを明確に知らせられるようになりました。

Googleマイビジネスでの設定方法ですが、左側のメニュー項目の「情報」の「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」から設定できます。

休業中はGoogleマイビジネスの更新の手間を軽減できるだけではなく、ユーザーにも休業をわかりやすく伝えられるようになりました。もちろん、営業再開の暁には休業マークの設定解除をお忘れなく。

店舗が実施している感染症対策をアピールできる

安全対策、感染防止策に取り組んでいるとアピールするための「健康、安全」項目も追加されています。マスクの着用、検温に関しては従業員のみならず来店客にも行っているかも設定できます。

Googleマイビジネスでの設定方法は、左側のメニュー項目の「情報」の「属性を追加」に「健康、安全」にて以下の項目が出てきます。
・スタッフの検温あり
・スタッフはマスク着用
・要マスク
・要予約
・要検温
下の「要」がつくのは、来店客に促す内容です。

テイクアウトやデリバリーの情報も掲載可能

「営業時間の詳細」で紹介したテイクアウトや宅配は、これらを行っている時間を設定するものでしたが、営業形態としてテイクアウトや宅配・デリバリーなども実施しているとアピールできるようになっています。

Googleマイビジネスでの設定方法ですが、左側のメニュー項目の「情報」から「食事」へと移動します。ここには以下の項目が設定できるようになっています。
・イートイン
・テイクアウト
・テラス席がある
・ドライブスルー
・宅配
・店先受取可
・非接触デリバリー

上記に当てはまる営業形態ならば、積極的にこれらは設定しておくべきです。Google Mapsからの検索で「テイクアウト」「料理の宅配」という項目が追加されたので、この項目の設定により検索からの流入が期待できます。よって、この項目の設定はマスト、と言えます。

まとめ

今回紹介したMEOのコロナ対策は飲食店をモデルケースにしているので、そればかりの対応と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

こうした対応は、集客が必要な事業ではいまや必須な施策と言えます。このようなMEO対策を通じて、コロナ禍という現状、そしてウィズコロナ、さらにはアフターコロナへ向けての集客対策にもつながっていきます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


MEO コロナ影響 SEO

関連する投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


競争加熱中のフードデリバリーアプリを最新データで調査。コロナ禍での利用実態とは

競争加熱中のフードデリバリーアプリを最新データで調査。コロナ禍での利用実態とは

コロナ禍の度重なる外出自粛を追い風に、ここ最近で生活に溶け込んだ「フードデリバリー」文化。日本でもUber Eatsや出前館を中心に、主に都市部で浸透しています。今回はそんなフードデリバリー業界の勢力図をアプリ利用データとWebサイト利用データを中心に分析してみました。


コロナ禍で就活生のニーズはどう変化した?大学生の視点で調査

コロナ禍で就活生のニーズはどう変化した?大学生の視点で調査

コロナ前後で就活生のニーズや考えていることはどう変わったのか?コロナ前後の2年間の検索キーワードや流入先のサイト等を調査し、21年卒、22年卒の就活生ニーズの変化を探りました。分析にはSaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用しています。


マーケティング担当者が改めて押さえておくべき、コロナに関するガイドライン・情報サイト12選

マーケティング担当者が改めて押さえておくべき、コロナに関するガイドライン・情報サイト12選

マーケティング担当の方が把握しておくべき新型コロナ関連の情報ソースや、各種ガイドラインをリストアップしました。取り上げたWebサイトは、NHKの新型コロナウイルス特設サイトや、内閣官房が公開する業種別ガイドライン、Google広告やYahoo!広告、InstagramやTwitter等のSNSなどプラットフォームが示すガイドラインを含む12サイトです。


withコロナでどう変化した?生活者の身体の不調・悩みを調査

withコロナでどう変化した?生活者の身体の不調・悩みを調査

新型コロナの影響でこの1年ほどでライフスタイルが大きく変化したのではないでしょうか。テレワークの普及により柔軟な働き方ができる一方で、ステイホームによる運動不足や食生活の乱れから発生する健康二次被害などが問題になっているようです。今回は長引くコロナ禍で身体の悩みにどんな変化が生じているのか、さらにどんな悩みを抱えているのかについてネット検索データから調査・分析をしました。


最新の投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上が過ぎ、人々の生活や社会は大きく変化しました。理美容・健康家電も大きな影響を受けた業界のうちのひとつです。そこで、2021年6月8日にヴァリューズで開催されたセミナーでは、新たな生活様式が、理美容・健康家電の購入にまつわる消費者の行動やニーズにどのような影響をもたらしたのか、アンケート調査・Web行動ログデータを基に振り返り、その実態を深掘り解説しました。 <br>※セミナーの詳細資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GA4のリリース(2020年10月)後、新規のプロパティを作成すると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティではなく、GA4のプロパティが作成されます。しかしデータ計測やツール連携の都合上、まだまだユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な場合がありますよね。そこで本稿では、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)について解説していきます。


在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務などコロナ禍で広がる新しい働き方に対し、さまざまな悩みが生まれているようです。特に体の不調に悩む人は多く、「肩こり」に悩まされる人が増えているようです。そこで、Dockpitを用い、体の凝りの対処法として検討されているものや、マッサージサロンが受けるコロナ影響について分析しました。(ページ数|22p)


急上昇ワードに“大規模接種センター”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/6/13~2021/6/19)

急上昇ワードに“大規模接種センター”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/6/13~2021/6/19)

2021年6月13日~6月19日週の検索急上昇ワードでは、新型コロナウイルスのワクチンを巡り、自衛隊による大規模接種の対象が全国の18歳以上に拡大されたことを受けて「大規模接種センター」の検索が急増。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング