コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

飲食業などの店舗では、新型コロナウイルス感染症の影響で、普段と異なる営業形態になっているお店も多いようです。こうした営業情報の変更にくわえて、感染防止対策の実施状況などを確実にお客さんに伝えるにはどうしたらよいでしょうか。Googleのスポット情報「Googleマイビジネス」は検索結果のよい位置に表示されるため、公式サイトを持っていたとしても、最低限の情報は「Googleマイビジネス」側でも更新しておくことをおすすめします。


「Googleマイビジネス」を活用したMEOの基本

MEOとは「Map Engine Optimization」の略で、おもにGoogle Mapsの中の検索結果で上位表示されることを目指します。また、店名検索などの場合、通常の検索結果でもサイドバー最上部など、公式サイトより目立つ位置に表示されることにも注意が必要です。

自社(自店)のアピールとしてホームページやSNSを利用してSEO対策(検索エンジンの最適化)を行っている場合が多いと思いますが、さらに一歩踏み込んだ対策として「MEO」がある、というわけです。

MEOの基本概念は上記のとおりですが、MEOのメリット、上位表示させる方法などについては、以下のリンクで詳しく解説していますので、ぜひご一読ください。

MEO対策とは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/504

Google Mapでは、検索したワードと関係のある店舗が表示されるようになっています。SEO対策はしていても、MEO対策まではできていないという方も多いことでしょう。思っているよりも効果があり、簡単にできるMEOの方法を詳しく解説します。

MEO対策とは?Googleマップで上位表示する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/697

MEO対策とはGoogle マップで上位表示するSEO対策のことです。Google マップはエリア名で検索したときに画面上部の良い位置に表示され誘導効果が大きい枠です。Googleマイビジネスで自分の店舗・サービスの情報を管理して上位表示を目指しましょう。

なぜMEOのコロナ対策を行う必要があるのか?

Googleで店名を検索すると、「スポット」としてGoogle Mapsとともにその店名が表示されるケースが大半です。つまり、そのお店の公式サイトよりも上位にGoogle Mapsのスポットが出てくる可能性が高くなります。

新型コロナウイルス感染症という影響下では、緊急事態宣言の発令などによって営業時間の変更を余儀なくされるケースが出ています。公式サイトでは営業時間の変更を告知していても、Google Maps側、つまりGoogleマイビジネスが手つかずという場合、ユーザーはGoogleマイビジネスのスポット情報しか確認せずに来店するケースが多くなります。

その結果、閉店時に来店してしまうというケースもあり、ユーザーに与える印象の悪化や、売上の機会ロスになります。


こうなる前に、Googleマイビジネスでの自店の住所・営業日時・電話番号は最低でも確認、必要に応じてアップデートする必要があります。また、テイクアウトやデリバリーの対応状況、感染症対策の実施状況も設定できるようになっているので、積極的に活用したいところです。

このように、MEOのコロナ対策としてGoogleマイビジネスでの営業時間やサービス内容を見直し、加筆修正する=最適化、となるのです。

GoogleもMEOのコロナ対策として正確な情報発信を推奨しています。

これまでのGoogleマイビジネスとは変わった部分がありますので、以降はその解説をしていきます。

営業時間を細かく設定可能できる

Googleマイビジネスのメニュー項目「情報」をクリックすると「営業時間の詳細」が表示され、営業時間を細かく設定できます。これにより、営業時間とサービス提供時間が異なる場合にも対応できるようになりました。

営業時間のほかにも以下の項目の時間も追加できます。
・オンラインサービスの提供時間
・テイクアウト
・ドライブスルー
・ハッピーアワー
・ブランチ
・高齢者限定時間帯
・受け取り
・宅配
・注文可能時間
・入店可能時間

臨時休業=休業マークも新設された

これまでGoogleマイビジネスでは「閉業」という設定しかできず、仮に臨時休業する場合でも閉業としかできなかったため、ユーザーに誤認させてしまう可能性がありました。しかし、新たに「休業マーク」が設定でき、Google Maps上で臨時休業であることを明確に知らせられるようになりました。

Googleマイビジネスでの設定方法ですが、左側のメニュー項目の「情報」の「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」から設定できます。

休業中はGoogleマイビジネスの更新の手間を軽減できるだけではなく、ユーザーにも休業をわかりやすく伝えられるようになりました。もちろん、営業再開の暁には休業マークの設定解除をお忘れなく。

店舗が実施している感染症対策をアピールできる

安全対策、感染防止策に取り組んでいるとアピールするための「健康、安全」項目も追加されています。マスクの着用、検温に関しては従業員のみならず来店客にも行っているかも設定できます。

Googleマイビジネスでの設定方法は、左側のメニュー項目の「情報」の「属性を追加」に「健康、安全」にて以下の項目が出てきます。
・スタッフの検温あり
・スタッフはマスク着用
・要マスク
・要予約
・要検温
下の「要」がつくのは、来店客に促す内容です。

テイクアウトやデリバリーの情報も掲載可能

「営業時間の詳細」で紹介したテイクアウトや宅配は、これらを行っている時間を設定するものでしたが、営業形態としてテイクアウトや宅配・デリバリーなども実施しているとアピールできるようになっています。

Googleマイビジネスでの設定方法ですが、左側のメニュー項目の「情報」から「食事」へと移動します。ここには以下の項目が設定できるようになっています。
・イートイン
・テイクアウト
・テラス席がある
・ドライブスルー
・宅配
・店先受取可
・非接触デリバリー

上記に当てはまる営業形態ならば、積極的にこれらは設定しておくべきです。Google Mapsからの検索で「テイクアウト」「料理の宅配」という項目が追加されたので、この項目の設定により検索からの流入が期待できます。よって、この項目の設定はマスト、と言えます。

まとめ

今回紹介したMEOのコロナ対策は飲食店をモデルケースにしているので、そればかりの対応と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

こうした対応は、集客が必要な事業ではいまや必須な施策と言えます。このようなMEO対策を通じて、コロナ禍という現状、そしてウィズコロナ、さらにはアフターコロナへ向けての集客対策にもつながっていきます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


MEO コロナ影響 SEO

関連する投稿


Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年9月にGoogleが開催した「Search on 22」では、新しい検索体験の広がりを予感させる様々な機能が発表されました。一体何が変わり、マーケティングにはどのような影響があるのでしょうか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがポイントや今後の対応について、解説していきます!


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年11月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年11月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。11月版はGoogleの「Search on 22」から伺える、Google mapをはじめとした今後の検索体験の変化についてや、主要SNSが短尺動画機能を続々リリースした背景とその動向といったコンテンツをお届け。コンテンツマーケター必見のレポートです。(ページ数|54ページ)


コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

コロナ禍でメンズ人気も高まる骨格診断。マーケティングに戦略的に活用するには?

女性ファッション業界ではお馴染みの骨格診断。自分の魅せ方を知るため、体験するにはとても楽しいコンテンツです。骨格診断は女性人気が高いイメージですが、メンズ自身のニーズの高まりは見られるのでしょうか。また、骨格診断を活用したビジネスは今後どうなっていくのか。海外で長年ラグジュアリーブランドに従事してきたビューティーアナリスト、東風上尚江が、業界のプロの目線から考察します。


コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

コロナ後の旅行動向はどう変化する?2022年シルバーウィークから分析

新型コロナウイルスと戦い続けて3年。2022年は9月のシルバーウィークで、長い連休を取って遠出した人も多いのではないでしょうか。感染症の流行がある程度落ち着いていた2022年のシルバーウィークは、「コロナが落ち着いたら旅行動向はどう変化するのか」を分析するのに適した時期でもあります。そこで今回は、旅を計画したときに検索するであろう「旅行」と「観光」という2つのワードを中心に、消費者の要望や行動を調査しました。


競合サイト分析に使えるツール12選

競合サイト分析に使えるツール12選

無料から有料まで競合サイト分析に使えるツールをまとめました。SEO対策や広告出稿の方法はさまざまですが、競合するサイトをベンチマークとして、自社サイトよりも優れている点やその要因を分析することも有効です。特にSEO対策を目的とした競合分析にあたっての考え方、競合分析に使えるツールを紹介します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら