ドコモの「ahamo」に関心を寄せるユーザー層は?併用サイト分析から他キャリアとの比較状況も考察

ドコモの「ahamo」に関心を寄せるユーザー層は?併用サイト分析から他キャリアとの比較状況も考察

NTTドコモが提供を開始する格安料金プラン「ahamo」について、ahamo公式サイトへの訪問者のデータからユーザーインサイトを探ります。ヴァリューズの分析ツール「Dockpit」を用いて、訪問者数推移やユーザー属性を分析。また、ahamoサイト訪問者数が訪れている他のキャリアサイトをランキング化し、ユーザーのサービス比較状況も考察します。


2021年3月26日より提供が開始される、NTTドコモの新料金プラン「ahamo」。 月額2,700円(税抜)という非常に安価な料金とシンプルな契約条件により、ahamoの事前エントリーは2月上旬時点で100万人を突破したとの報道もされています。

内閣からの携帯会社に対する値下げ要求から始まり、大手3キャリアや各MVNOの一挙手一投足に注目が集まる中、ahamoにはどのようなユーザーが関心を寄せているのでしょうか。

今回は、ヴァリューズの提供する分析ツールである「Dockpit」を用いて、ahamo公式サイトに訪れているユーザーのデータから、そのインサイトを探っていきます。

ドコモの新料金プラン「ahamo」とは

「ahamo」は2020年12月に発表された、NTTドコモが提供する携帯電話向けの新料金プランです。 サービスの提供開始は2021年3月26日となっており、本記事の執筆段階では、プランの事前エントリーを募っている状況です。

ahamoは「20GBのデータ通信容量/月額2,700円(税抜)」という安価な料金設定が、無条件かつ半永久的に提供されることが最大の特徴です。 これまでの大手携帯会社の料金プランで主流であった、「○か月目までの割引」や「複数人での契約」といった条件が無い点が革新的です。

なお、プラン申し込みはahamo公式サイトや専用アプリからの受付のみに限定されており、現状ではドコモショップ等の実店舗での対応はできません。

ahamoリリースの背景のひとつには、2020年4月に楽天が、データ容量の上限なしで月額2,980円(限定エリア内のみ)という低価格でMNOに参入したことがあります。加えて、同年9月に菅内閣が発足し、携帯電話各社への料金値下げを強く要求したことから、大手3キャリアが政府の要求に応える必要に迫られ、ドコモが口火を切る形となったことが大まかな流れとなっています。

なお、ahamoの発表を受け、2020年12月下旬にはSoftbankから「LINEMO(ラインモ)」、2021年1月にはauから「povo(ポヴォ)」、楽天モバイルから「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」という新プランの発表が続き、追従する競合とドコモの熾烈な争いが始まっています。

ahamo公式サイトユーザー数は右肩上がりで急増

ahamoに関心を寄せるユーザーがどれぐらいいるのか、分析ツールである「Dockpit」を用いて、ahamo公式サイトの訪問者数を見てみましょう。

「Dockpit」で抽出した「ahamo」公式サイトの訪問ユーザー数の推移データ
期間:2020年11月〜2021年2月
デバイス: PC・スマートフォン

1月中旬にリリースされたahamo公式サイト。1月は半月の間に約23万人がサイトを訪れていました。さらに、直近の2月UU数は約200万人まで急増。ahamoに対する世間の関心が非常に高いことが、本データからも窺い知れるのではないでしょうか。

30~40代の収入安定層が特徴的にahamoに関心を寄せる

ahamoにリリース当初の早い段階から関心を持っていたユーザーは、どのような層なのでしょうか?2021年1月のデータに絞って、Dockpitを用いてahamo公式サイトの訪問者のユーザー属性を見てみましょう。

まずは、性別と年齢のデータからです。

「Dockpit」で抽出した「ahamo」公式サイトの訪問ユーザーの「性別」と「年代」データ

「Dockpit」で抽出した「ahamo」公式サイトの訪問ユーザーの「性別」と「年代」データ
期間:2021年1月
デバイス: PC・スマートフォン

公式サイトの訪問ユーザーの性別は、男性65.9%:女性34.1%と、男性のほうが比率として大きいというデータになりました。また、訪問者の年代別では、最も割合として大きいのは40代の約30%、つづいて30代が28%ほどとなっており、30~40代のミドル層が訪問者の中心であることがわかります。

続いて、訪問者の世帯年収に関するデータです。

「Dockpit」で抽出した「ahamo」公式サイトの訪問ユーザーの「世帯年収」データ

「Dockpit」で抽出した「ahamo」公式サイトの訪問ユーザーの「世帯年収」データ
期間:2021年1月
デバイス: PC・スマートフォン

こちらのデータを見ると、ahamo公式サイトの接触者はネット利用者の全体と比較した場合に世帯年収600万円~800万円の人が多く、富裕層の関心が高いことがわかります。

以上を総合的に見て、早くからahamoに関心を寄せていたユーザーは、「30~40代の"収入の安定している"男性」が主体であると考えられます。安価な料金プランであるため、「若年層の訪問が多かったのでは」と筆者は勘ぐっていましたが、結果はまったく異なるデータとなりました。

「なぜ30~40代の富裕層が中心なのか」ということを少し推察してみると、そもそも格安SIM・格安スマホの利用ユーザーはミドル層の男性が中心である、という特徴が根底にあるようです。

2015年にNTTレゾナントが発表した「格安スマホの利用実態に関するアンケート調査」 においても、格安スマホの利用者は男性が66.7%の割合で多い結果が出ています。利用者の年代も40代が32.1%、続いて30代が25.3%の比率で大きいと出ており、ahamo公式サイト訪問者のユーザー像と近似していることがわかります。

また、格安SIM・格安スマホの多くは利用を始める際に、自身で契約先とプランを比較検討し、端末設定も行わなければならないという特徴を持ちます。そのため、最新情報のキャッチアップに長け、ITリテラシーの高い人の利用が中心となっているようです。

ahamo接触者は「楽天モバイル」サイトをもっとも多く訪問

ahamo発表を受け、他キャリアやMVNOが次々と対抗プランを発表しており、「どの携帯会社を選ぶべきか」と思案中のユーザーも多いことが想定されます。

そこで、ahamoの公式サイトを訪れたユーザーがその他の通信系企業サイトにどれくらい接触しているのか、Dockpitを使ってランキング化してみました。下記の表をご覧ください。

「Dockpit」で抽出した「ahamo」公式サイトと通信系企業サイトの併用率データを集計しランキング化
期間:2021年1月
デバイス: PC・スマートフォン

ランキング上位を見ると、1位は「楽天モバイル」で割合は約26%、2位・3位は「au」「Softbank」と続き、それぞれ21%ほどのユーザーがahamo公式サイトと同時期に訪問しています。

その中でもランキングのトップに位置した楽天モバイルは、2020年4月のサービス正式開始からわずか1年足らずで契約申し込み数が200万回線を突破し、破竹の勢いでシェアを拡大しています。今回ahamoが追従した「月額2,700円」という低価格プランは、元々は楽天モバイルが打ち出した方向性でもあります。また、新発表の「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、通信量によってはさらに安価な料金の利用も可能となっており、ahamoとの比較検討候補に挙げている方も多いのではないでしょうか。

2位と3位のau・Softbankもそれぞれの低価格の新料金プランを発表しており、同じくahamo公式サイトと併せて閲覧している人が多い様子です。

auの「povo」は月額2,480円とahamoより500円安い代わりに、5分以内の通話し放題オプションが有料となるプランとして提供を開始。一方、Softbankは「Y!mobile」と合わせて実質的なサブブランドとして保有していた「LINEモバイル」を吸収合併、新ブランドとして「LINEMO」をスタートと、2社ともに動きが活発です。

そして、4位・5位にはKDDIとSoftbankそれぞれのサブブランドである「UQ WiMAX(UQ mobile)」と「LINEモバイル」が続きます。

6位以降には、「mineo」「IIJmio」といった利用者数の多いMVNOもランクインしています。今回の大手キャリアの値下げ合戦により、安価な料金設定が売りであったMVNOとの金額差はかなり小さくなったことから、大手への"出戻り"することを検討している人も一定数いそうな結果となりました。

まとめ

本記事ではサービス開始まで1か月を切った「ahamo」へ関心を寄せるユーザー像を調査しました。やはり特に注目されるのは、「ahamo」対「その他の3キャリア」というシェア争いでしょう。サービスの実運用が始まった後も、各社がどのような戦略に打って出るのかに目が離せません。

また、今回の大手による新プラン発表が非常に逆境となっているのがMVNOです。格安SIMの事業者たちも、この先の市場での生き残りをかけて徹底抗戦するのか、それとも撤退するのか、という点に要注目です。

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2020年12月〜2021年2月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:PC・スマートフォンの両デバイス

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

自動車メディアの市場を調査。「カービュー」「くるまのニュース」が2強に!

クルマの情報や魅力、楽しさなどを発信する自動車メディア。今回は、数多くある自動車メディアについて調査します。自動車メディア市場の概観や勢力図、ユーザー属性などについて分析していきます。


Most Popular Websites & Apps [2022 Ranking]! Instagram Surpasses Twitter, Ranking 3rd! Increase in Senior Users

Most Popular Websites & Apps [2022 Ranking]! Instagram Surpasses Twitter, Ranking 3rd! Increase in Senior Users

The number of accesses to websites and smartphone apps from January to October 2022 were researched and ranked. The ranking is based on a comparison with the previous year and usage trends by age group. 2022 is characterized by the growth of Instagram, with Instagram becoming the leading social media among seniors.


リサイクルからリユースへ 〜 業界横断で広がるリユース文化

リサイクルからリユースへ 〜 業界横断で広がるリユース文化

「再利用」。このワードで今、思いつくのは何でしょうか。以前までは「リサイクル」が主流だった環境配慮への再利用活動も、今や「リユース」に焦点が当たることも珍しくありません。「リユース」とは“形を変えず”に繰り返し使うこと。形を変えずに循環させることで、再利用にかかるエネルギーを減らすこともCO2 の削減にも繋がります。そして「リユース」は、身近な自治体やインターネットオークション、リサイクルショップでも手軽に始めることができ、その対象は1点の衣類から、果ては1軒の家まで。いつの間にか幅広い市場で広がりつつあるこの「リユース」活動。生活者の興味関心や「リユース」市場の今について検証しました。


物価高騰で“ポイ活”系アプリに関心?全世界が熱狂した「2022FIFAワールドカップカタール大会」の影響で「ABEMA」も急増(2022年11月)

物価高騰で“ポイ活”系アプリに関心?全世界が熱狂した「2022FIFAワールドカップカタール大会」の影響で「ABEMA」も急増(2022年11月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでは、自動的にポイントの貯まるアプリ「タウンWiFi 」や「Tポイント×シュフー」といった物価高騰に少しでも役立つ“ポイ活系”アプリがランクイン。そして、様々な番狂せと華麗なプレーの連続で大いに盛り上がった「2022FIFAワールドカップカタール大会」。その全64試合を生中継したことでユーザーを増やした「ABEMA」にも大きな注目が寄せられました。


「マスク」に対する消費者の検索ニーズはどう変化した?コロナ禍の2020年から2022年を振り返る

「マスク」に対する消費者の検索ニーズはどう変化した?コロナ禍の2020年から2022年を振り返る

2020年はじめ、新型コロナウイルスがまん延したことで世界中でマスク需要が高まりました。感染予防として必需品となったマスクは、一時期品切れになっていたほど。その後新型コロナウイルス感染症の知識が蓄積されていき、企業努力もあってかマスクの生産体制は需要を満たすところまで整いました。 新型コロナウイルス感染症の流行開始から3年を経た2022年の今「マスク」に対する消費者ニーズはどのように変化したのでしょうか。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータから「マスク」に対する消費者ニーズの移り変わりをみていきます。 ※なお今回は冬の感染症や春秋の花粉症といった、新型コロナウイルス以外の影響を極力避けて調査しています。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら