コロナ影響下での結婚式実施動向を調査 ~ 緊急事態宣言後に復調傾向も規模・予算縮小

コロナ影響下での結婚式実施動向を調査 ~ 緊急事態宣言後に復調傾向も規模・予算縮小

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女24,665人を対象に、結婚式・結婚式に相当するイベントの実施予定を調査しました。
※詳しい調査レポートは記事末尾のフォームから無料でダウンロード頂けます


2019年1月以降に結婚式・結婚式相当イベントを実施済、または予定していると回答した524人を対象に新型コロナウイルス影響前後における結婚式検討~実施までの意思決定プロセスや予算の変化を分析しました。

アンケート調査に加え、ヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、消費者の結婚式に関する年間検索行動、利用サイト等を分析しました。

調査・分析概要

・全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2021年4月6日~4月12日に、スマートフォンによるアンケート調査を実施(回答者24,665人)。
SCR調査:24,665サンプル
本調査:524サンプル(2019年1月以降、結婚式・結婚式に相当するイベントを実施・予定している人)
・性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計をおこなっている。
・今回の調査では「コロナ前実施=2019年1月~12月に結婚式イベントを実施」「コロナ後実施=2020年1月以降に結婚式イベントを実施・予定」と定義
・Webサイトのユーザー数はPC・スマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

実施時期は緊急事態宣言の影響大も20年秋・21年春以降に復調傾向

まず、2019年1月以降に結婚式・結婚式に相当するイベントを実施(予定含む)した人に実施時期を聞きました。

新型コロナウイルス影響での緊急事態宣言が発令されるたび実施は大きく減っていましたが、2020年秋には復調傾向を示していました。また、2度目の緊急事態宣言が解かれた2021年4月以降で実施しようと考えていた人も多くいたようです。

図表1 結婚式イベントの実施(予定)時期(月別)

図表1 結婚式イベントの実施(予定)時期(月別)

ヴァリューズのインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit」で分析した結婚式関連・検索ユーザー数の推移も同様の傾向を示していました。

図表2 結婚式関連・検索ユーザー数推移

図表2 結婚式関連・検索ユーザー数推移

コロナ後の式場選びは“情報誌・ネットで十分絞り込み⇒会場見学”の流れが増加

結婚式に関する情報収集開始~結婚式実施までのそれぞれの時期ごとに、式場(会場)選びに関して参考にした手段を聞きました。コロナ前は、式場情報収集媒体1位が「見学・下見」でしたが、コロナ後は「結婚情報誌」が1位となっており、感染対策からか検討候補が絞られるまでは会場見学を避ける傾向がうかがえます。

図表3 結婚式実施までの参考媒体の評価

図表3 結婚式実施までの参考媒体の評価

どのような結婚情報サイトが見られているのか、結婚・ブライダル関連ワードが含まれる接触サイトランキングを調べたところ、「ゼクシィ」が1位となったほか、3位には結婚式専門EC「PIARY(ピアリー)」がランクインしていました。

また、コロナ前後での結婚・ブライダル関連ワードが含まれる検索ワードTOP24を比較すると、共通して「結婚式」等が多いものの、コロナ後には、「コロナ」「小さな結婚式」など、コロナ影響による実施形態の変化を思わせるワードがランクインしていました。

図表4 結婚式実施まで参考にするWEBサイト/検索ワードの変化

図表4 結婚式実施まで参考にするWEBサイト/検索ワードの変化

コロナ影響で実施規模も縮小、二次会も自粛増加

結婚式・結婚式に相当するイベントの実施形態や平均予算を調査し、コロナ前後で比較しました。コロナ後は家族・親族のみの食事会が増え、少人数で実施し規模を縮小した人が増えたようです。また二次会などの大人数・酒席を伴う形態が大幅に減少していました。

図表5 結婚式イベントの実施形態変化

図表5 結婚式イベントの実施形態変化

また平均予算はコロナ前後で90万円近く減少。規模の縮小に伴い予算も大幅に減少したようです。

図表6 結婚式イベントの予算変化

図表6 結婚式イベントの予算変化

式場を選ぶ際のポイントは“低予算&小規模会場“、立地・交通の便は不要に

コロナ前後で式場を選ぶ際の重視点を比較しました。1位は共通して「式場・会場の雰囲気」でしたが、コロナ後、「立地や交通の便」は大幅に重視率が下がっていました。その代わり予算を抑えられ、少人数で実施できる会場がより選ばれやすくなっているようです。

図表7 式場(会場)を選ぶ際の重視点変化

図表7 式場(会場)を選ぶ際の重視点変化

ヴァリューズの購買プロセス調査とは

昨今、Webの利用が広がるにつれ消費者の購買プロセスはますます複雑となり、既存のアンケート調査だけでは実態の把握が難しくなってきています。そこでヴァリューズでは、「アンケート×Web行動ログ」でターゲット顧客の意思決定プロセスと離脱要因を把握する調査手法を提供しています。

<調査手法詳細>
ヴァリューズが独自保有するWeb行動ログの取得モニターに対してアンケートをし、行動データをユーザー単位で紐づけて分析します。ヴァリューズ独自の手法で、Asking型調査とListening型調査の双方のメリットを生かした調査が可能です。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|「結婚式イベントの購買プロセスに関する自主調査」レポート

詳しい調査レポートのダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務などコロナ禍で広がる新しい働き方に対し、さまざまな悩みが生まれているようです。特に体の不調に悩む人は多く、「肩こり」に悩まされる人が増えているようです。そこで、Dockpitを用い、体の凝りの対処法として検討されているものや、マッサージサロンが受けるコロナ影響について分析しました。(ページ数|22p)


コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

スマホアプリで少額から手軽に始められるようになったり、SNSで投資情報に触れる機会が増えたことなどから、投資を始める若者が増えているようです。「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」「SMBC日興証券」「大和証券」の5社に着目し、Dockpitを用いて各社の現状や、若者の投資ブームの流れを上手く掴んだネット証券会社の傾向、戦略について調査しました。(ページ数|30p)


競争加熱中のフードデリバリーアプリを最新データで調査。コロナ禍での利用実態とは

競争加熱中のフードデリバリーアプリを最新データで調査。コロナ禍での利用実態とは

コロナ禍の度重なる外出自粛を追い風に、ここ最近で生活に溶け込んだ「フードデリバリー」文化。日本でもUber Eatsや出前館を中心に、主に都市部で浸透しています。今回はそんなフードデリバリー業界の勢力図をアプリ利用データとWebサイト利用データを中心に分析してみました。


【VALUES×MRT共同調査】コロナ後、検索者数が12倍に増加!「オンライン診療」検索者のニーズに迫る

【VALUES×MRT共同調査】コロナ後、検索者数が12倍に増加!「オンライン診療」検索者のニーズに迫る

IT先端技術を活用してネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズならびに、医療情報のプラットフォームを提供するMRT株式会社は、オンライン上のネット行動ログとユーザー属性情報を用いて定量的に消費者インサイトを明らかにする調査を共同で行いました。 withコロナの中で注目されるオンライン診療についてインターネット上のユーザー行動データから紐解くために、今回は検索キーワードに基づき、オンライン診療の消費者の関心について、定量的な分析と医療視点での専門知見を掛け合わせて分析しました。


最新の投稿


「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

「デジタル・トレンド白書2021 -消費財・耐久消費財編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第三部 消費財・耐久消費財編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|138p)


コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

コロナ禍から1年、理美容家電の購買実態とは?アンケート・Web行動ログの調査結果を限定公開!|オンラインセミナーレポート

新型コロナウイルスの感染拡大から1年以上が過ぎ、人々の生活や社会は大きく変化しました。理美容・健康家電も大きな影響を受けた業界のうちのひとつです。そこで、2021年6月8日にヴァリューズで開催されたセミナーでは、新たな生活様式が、理美容・健康家電の購入にまつわる消費者の行動やニーズにどのような影響をもたらしたのか、アンケート調査・Web行動ログデータを基に振り返り、その実態を深掘り解説しました。 <br>※セミナーの詳細資料は無料でダウンロードできます。下記フォームよりお申し込みください。


GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法

GA4のリリース(2020年10月)後、新規のプロパティを作成すると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティではなく、GA4のプロパティが作成されます。しかしデータ計測やツール連携の都合上、まだまだユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な場合がありますよね。そこで本稿では、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)について解説していきます。


在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務で増加?コロナ禍における「肩こり」の対処法とマッサージ需要を調査

在宅勤務などコロナ禍で広がる新しい働き方に対し、さまざまな悩みが生まれているようです。特に体の不調に悩む人は多く、「肩こり」に悩まされる人が増えているようです。そこで、Dockpitを用い、体の凝りの対処法として検討されているものや、マッサージサロンが受けるコロナ影響について分析しました。(ページ数|22p)


コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

コロナ禍で若者の投資ブーム到来?ネット証券会社の集客構造を比較

スマホアプリで少額から手軽に始められるようになったり、SNSで投資情報に触れる機会が増えたことなどから、投資を始める若者が増えているようです。「SBI証券」「楽天証券」「マネックス証券」「SMBC日興証券」「大和証券」の5社に着目し、Dockpitを用いて各社の現状や、若者の投資ブームの流れを上手く掴んだネット証券会社の傾向、戦略について調査しました。(ページ数|30p)


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング