GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

GoogleアナリティクスでGA4ではなくユニバーサルアナリティクス(UA)のプロパティを作成する方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

GA4のリリース(2020年10月)後、新規のプロパティを作成すると、ユニバーサルアナリティクスのプロパティではなく、GA4のプロパティが作成されます。しかしデータ計測やツール連携の都合上、まだまだユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な場合がありますよね。そこで本稿では、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)について解説していきます。


次世代のGoogleアナリティクスであるGA4がリリース(2020年10月)されてから、半年以上経過しました。GA4のリリース後にプロパティを新規作成したり、Googleアナリティクスのアカウントを新たに取得したりした方はご存じかもしれませんが、現状、新規のプロパティを作成するとGA4のプロパティが作成されます。ここでユニバーサルアナリティクスのプロパティも作成したいと思う方も多いのではないでしょうか。

ユニバーサルアナリティクスとGA4ではそもそも分析の思想や計測方法が異なることもあり、取得できるデータに差異が生じます。また、まだまだGoogleアナリティクス周辺やWebマーケティングまわりの各種ツールにおいてはGA4への対応が進んでおらず、ユニバーサルアナリティクスのトラッキングコード、トラッキングIDが必要になる場面も多く見受けられます。

そこで、今回は旧Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)のプロパティも作りたい!(UAから始まるトラッキングIDを取得したい!)という方向けに、ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法(ユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを取得する方法)をお伝えします。

トラッキングコード、トラッキングIDとは

ユニバーサルアナリティクスのプロパティを作成する方法に進む前に、トラッキングコード、トラッキングIDについて整理しておきましょう。

トラッキングコードとトラッキングIDの関係

Googleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)でWebサイトの訪問者のデータを計測するためには、トラッキングコード(及びトラッキングID)が必要です。トラッキングコードがWebサイトに貼れていなければ、どの程度のPV数があるのか、どこの国の人が見ているのかなど、Webサイトを運営するにあたり必要な情報を得ることができなくなってしまいます。

トラッキングIDとは、 “UA-xxxxxx-x” のような“UA-“から始まる文字列のことです。上記画像のように、トラッキングコードの中にトラッキングIDも含まれます。Googleタグマネージャー(GTM)やWordPressでGoogleアナリティクスを使用する際は、対象のWebサイトのトラッキングIDを指定する必要があります。

GA4とユニバーサルアナリティクスの違い

IDの書式の違い

まず大きな違いとして、使用するIDの書式が異なります。ユニバーサルアナリティクスでは “UA-xxxxxx-x” 書式のトラッキングIDを使用していますが、GA4では”G-xxxxxx-x”書式の測定IDを使用します。トラッキングIDと測定IDには以下のような違いがあります。

トラッキングIDと測定IDの説明

計測思想、データ構造の違い

ユニバーサルアナリティクスではWebサイトの計測しか行えず、アプリデータの計測は「Google アナリティクス for Firebase」など別のツールを用いて別々で計測していました。また、直帰率やコンバージョン率といった各指標はセッション(サイト訪問)を基準に考えられていました。

一方で、GA4ではアプリとWebサイトのデータを横断的に取得できるようになりました。さらに、イベントを基準とした計測方法に変更もされており、そもそもの計測方法がこれまでとは異なります。それらの変更により、GA4ではWebとアプリを横断したユーザー単位での計測が実現しました。こうしたセッション→ユーザー単位での計測思想の変更やデータ構造の違いにより、提供されているレポートメニューや画面などUIにおいても大きく変更されています。

ユニバーサルアナリティクスのプロパティの作成方法

1.プロパティの作成

「管理」画面から「+プロパティを作成」ボタンをクリックします。

2.プロパティの詳細を設定

「プロパティを作成」画面が開いたら、適宜プロパティの詳細を入力・設定していきます。「プロパティの詳細」項目の下に「詳細オプションを表示」とあるので、ここをクリックして展開します。

3.ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成

さらに、「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」をクリックします。

4.作成したいプロパティを選択

従来の「UA-」ではじまるトラッキングIDのみ発行したい場合は、画像のように「ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成する」にチェックを入れます。また、「G-」ではじまる測定IDも同時に発行したい場合は、「Googleアナリティクス4とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する」にチェックを入れます。
(今後GA4への統合は進んでいくと思われるため、両方作成しておくことをオススメします!

5.ビジネスの概要を適宜設定

設定が完了したら「次へ」をクリックし、「ビジネスの概要」を適宜設定します。

6.トラッキングIDを発行

「作成」をクリックすると、「UA-」ではじまるトラッキングIDが発行されます。また、プロパティの選択画面から、ユニバーサルアナリティクスのプロパティとGA4のプロパティの両方が作成されていることが確認できます。

トラッキングIDが発行されていることを確認してみます。トラッキング情報→トラッキングコードに進むと、トラッキングコードとトラッキングIDが確認できます。

GA4のプロパティの作成方法

GA4のプロパティは、先ほどの「ユニバーサルアナリティクスのプロパティの作成方法」手順で作成できますが、すでにユニバーサルアナリティクスを導入している場合は下記手順でも作成可能です。(いずれもGA4のプロパティのみを作成することが可能)

Googleアナリティクスの該当プロパティ管理画面を開いて、「GA4設定アシスタント」というリンクから作成します。この場合、すぐにプロパティの作成が完了します。

※この場合も既存のユニバーサルアナリティクスをGA4に置き換えるわけではなく、両方のアナリティクスを並行して利用することができます。

トラッキングコードの設置方法

新規にプロパティを作成したら、忘れずにあなたが運営しているWebサイトにトラッキングコードを貼りましょう。トラッキングコードの貼り方は、「Googleタグマネージャー(GTM)を使ったトラッキングコードの設置方法」「サイトのソースに直接タグを記述する方法」の2つがあります。手間が少なさや管理のしやすさの観点から、GTMを使う方法が主流となっています。

Googleタグマネージャー(GTM)を使ったトラッキングコードの設置方法

Googleタグマネージャー(GTM)とはWebサイトに設置するタグを一元管理できるツールで、Googleアナリティクスのトラッキングコードをはじめとする各種タグの設置、管理ツールとして広く利用されています。Googleアナリティクスの仕組み上、解析したいすべてのページにトラッキングコードを貼りつけなければなりません。つまり、ページが追加されるたびにトラッキングコードを貼り付ける作業が発生します。また、広告出稿やその他解析ツール等の導入においてもタグ設置が発生します。

各種タグを直接Webサイトのソースに記述していると、これらの作業が都度発生してしまいますが、WebサイトにGTMのコードを埋め込んでおけば、こうした作業がGTMの管理画面上から操作、設定できるようになり非常に便利です。複数のタグを一元管理できる上、ソースを汚さなくて済むというメリットもあります。さらには、追加のコードの書き換え無しにイベント計測の設定等をすることも可能です。

GTMを使ったトラッキングコードの設置方法に関しては、以下の記事の「タグの公開」部分で、設定手順を紹介しています。

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド | [マナミナ]まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン

https://manamina.valuesccg.com/articles/1324

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。

サイトのソースに直接タグを記述する方法

管理・運用上の利便性からGTMを利用する方法がおすすめですが、サイトのソースに直接記述する方法もあります。Webページの追加予定が少なく、イベント計測設定や外部ツールとの連携予定が少ない場合にはこちらの方法でもよいでしょう。

手順を解説します。
まず、Googleアナリティクスの「管理」画面から「トラッキング情報」→「トラッキングコード」に進むと、トラッキングコードとトラッキングIDが確認できます。このトラッキングコードをすべてコピーします。

その後、あなたが運営しているWebサイトのソースコード上の</head>の上部にペーストします。

以上の作業で、Googleアナリティクスのデータ取得が開始され、Webサイト訪問者のアクセス解析が可能になります。

動作確認方法

GoogleアナリティクスでWebサイトの解析ができるようになったかどうか、Googleアナリティクスの管理画面から確認してみましょう。自分のサイトにアクセスをして、Googleアナリティクスの「リアルタイム→概要」画面で、自分のアクセスがカウントされていれば設置完了です。

デモアカウントの「リアルタイム→概要」画面

まとめ

これまでGAを活用してきた方々にとって、ユニバーサルアナリティクスとGA4における計測データの差異やレポートメニューの変更、ツール連携等を考慮すると、まだまだ完全移行が難しい環境にあります。

そのため、現状でもユニバーサルアナリティクスのプロパティが必要な機会が発生しますが、新規でのユニバーサルアナリティクスプロパティの作成方法はわかりづらく、困っている方も多く見受けられるため、本稿で解説しました。

今後は統合も進み、GA4が主流になってくると思われます。
その時にスムーズに移行しやすいように、プロパティの新規作成時には本稿で解説したように「Googleアナリティクス4とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する」ことをおすすめします。
ユニバーサルアナリティクスで現行のGA活用を進めつつ、GA4も併用し少しづつ慣れていくようにしましょう。


※本記事は、2021年6月時点の情報に基づいています。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Googleアナリティクス

関連する投稿


誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

直感的なダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析(自社・競合・市場)ができる「Dockpit」に、Googleアナリティクス連携機能が搭載されました。Dockpit上でスピーディーにGoogleアナリティクスのデータ分析もできます。自社Webサイトの効果検証から競合・市場の把握までをシームレスに1つのツールで確認することが可能です。


Googleアナリティクスの「Direct」とは?参照元に影響する設定まとめ|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスの「Direct」とは?参照元に影響する設定まとめ|Googleアナリティクス使い方ガイド

今回は、Googleアナリティクスの流入経路分析にあたり理解が必要な「参照元、メディア、チャネル」の基礎知識と、流入元分析の精度を落としてしまう原因の一つである「Directトラフィック」の解析方法について、詳しく解説します。


Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(トラッキングコードを直接変更する方法)(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(トラッキングコードを直接変更する方法)(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

前回の記事に続き、Googleアナリティクスで複数ドメインにまたがるサイトの分析を行うことができるクロスドメインの設定方法について解説します。今回は、UAプロパティでのトラッキングコードを直接変更する設定方法と、GA4プロパティでの設定方法をご紹介します。


Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスのクロスドメイン設定方法(UA、GA4)|Googleアナリティクス使い方ガイド

今回は、Googleアナリティクスで複数ドメインにまたがるサイトの分析を行うことができるクロスドメインの設定方法について、ユニバーサルアナリティクスにおけるGoogleタグマネージャー(GTM)を使用した設定方法と、GA4における設定方法もご紹介します。


Googleアナリティクスのユーザー追加や権限付与・削除方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスのユーザー追加や権限付与・削除方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

社内の他部署への共有、社外の代理店やコンサルティング会社への共有など、Googleアナリティクスのデータを複数人で共有する場合は権限付与の設定を行います。 Googleアナリティクスのユーザー管理機能を使うと、各メンバーが自分のGoogleアカウントでGoogleアナリティクスのデータを扱うことができます。ユーザーの追加・共有等の設定は、それぞれの設定の権限を持つアカウントでなければできない仕様なので、情報セキュリティの面で安心です。 そして、ユーザー追加の際は、権限付与対象(追加したいユーザー)のGoogleアカウントメールアドレスを把握しておく必要があることにも注意しましょう。


最新の投稿


誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

直感的なダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析(自社・競合・市場)ができる「Dockpit」に、Googleアナリティクス連携機能が搭載されました。Dockpit上でスピーディーにGoogleアナリティクスのデータ分析もできます。自社Webサイトの効果検証から競合・市場の把握までをシームレスに1つのツールで確認することが可能です。


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー