美容家電業界におけるサイト接触ユーザー属性と検討行動の違い ~ リフトケア商品4商材に着目

美容家電業界におけるサイト接触ユーザー属性と検討行動の違い ~ リフトケア商品4商材に着目

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、売り上げ好調な家電製品。中でも女性需要の高い美容家電に注目し、「電気バリブラシ」「ミーゼスカルプリフト」「ヤーマンメディリフト」「ボミーニコベルト」の4商材の関心層や検討行動の違いについて調査しました。(ページ数|21p)


どんなレポート?

ヴァリューズが2020年12月に実施した家電購入に関する調査から、1年以内の女性購入率1位の家電が美容家電であったことがわかりました。女性からの関心が高まる中、2020年にはリフトケア美容家電において低価格な新商品が発売され、ターゲット層に変化があったことも推察できます。そこで今回はリフトケア美容家電に着目し、従来型の高価格商品2点と低価格な新商品2点の比較を通して、サイト接触ユーザーの属性や検討行動の違いについて分析しました。

レポートでは、

・商材別サイト接触ユーザー数推移
・ユーザー属性比較(性別/年代)
・集客構造比較
・広告出稿傾向の比較
・4商材それぞれのWeb検討行動追跡

などをまとめています。

サマリー版のレポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

レポートの一例

レポートイメージ

目次

調査概要
調査背景
分析「商材別のサイト接触ユーザー層比較」
・ユーザー数推移
・ユーザー属性(性別/年代)
・集客構造
・広告出稿傾向
・Web検討行動①電気バリブラシ(ブラシ型)
・Web検討行動②ミーゼスカルプリフト(ブラシ型)
・Web検討行動③ヤーマンメディリフト(着用型)
・Web検討行動④ボミーニコベルト(着用型)
まとめ「リフトケア4商材の獲得ユーザー属性と検討行動」

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|美容家電業界におけるサイト接触ユーザー属性と検討行動の違い ~ リフトケア商品4商材に着目

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

化粧品が選ばれる過程においては、もともと使用しているアイテムからのスイッチングで商品が選ばれる場合が多いと考えられます。 スイッチングのタイミングでどうしたら自社ブランドを選んでもらえるのか、Web行動ログデータを用いて分析・考察します。


「ヤクルト1000」「コロナ禍の消費者動向」など...ベスト記事 「リサーチ」編

「ヤクルト1000」「コロナ禍の消費者動向」など...ベスト記事 「リサーチ」編

今月で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 今回の記事では、第1弾として「リサーチ編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


「コロナ1年目、2年目の男性の美容意識調査」レポート

「コロナ1年目、2年目の男性の美容意識調査」レポート

Withコロナの生活が定着してきた今日、マスク着用は常態化しています。そんな中、男性の美容意識が急速に高まってきているようです。本レポートでは男性の美容事情について、コロナ1年目と2年目における変化に注目して調査しました。(ページ数|17ページ)


アフターコロナの中国における家電購入実態を調査~リアルよりオンライン購入が優勢、 日中ブランドの購入を決するのは「憧れ」と「信頼」

アフターコロナの中国における家電購入実態を調査~リアルよりオンライン購入が優勢、 日中ブランドの購入を決するのは「憧れ」と「信頼」

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、直近1年以内に指定したブランド・価格以上の炊飯器を購入した中国人400人を対象にアンケート調査を実施し、アフターコロナにおける中国人の家電製品に対する考え方と消費行動を分析しました。


成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

昨年の中国では、大型家電の市場規模が全体的に縮小しています。特に、レンジフードやガスコンロなどのキッチン家電の売上は2019年より、かなり低下しました。しかし、そんな中で食器洗い乾燥機(食洗機)のみは依然と売上を伸ばしています。本記事では、中国の食洗機市場について解説していきます。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら