令和の占いブームを徹底調査。火付け役はテレビ番組『突然ですが占ってもいいですか?』

令和の占いブームを徹底調査。火付け役はテレビ番組『突然ですが占ってもいいですか?』

今、若い女性を中心に、「占い」が密かなブームです。コロナ禍で将来に不安を抱いているのか、はたまた、出会い系サービスのひとつなのか…など、背景を探っていたら、どうやらテレビ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)が火付け役になっているようです。今回は「占い」ブームについて、ネット上では誰がどんな目的で関心を持っているのかなど、検索データから徹底調査します。


「占い」に関心があるのはどんな人?

「占い」に関心がある人たちを調べるため、インターネット上で「占い」と検索した人のユーザー数と属性についてみていきます。

「占い」検索数が伸びている

まずは「占い」と検索したユーザー数の推移から分析します。

下のグラフのように、2020年4月以降増加傾向にあります。2020年4月15日に放送が開始されたテレビ番組『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)の影響が考えられます。

「占い」検索ユーザー数推移

「占い」検索ユーザー数推移

期間:2019年6月〜2021年5月
デバイス:PCおよびスマホ

『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)

「占い」検索は女性が約70%を占める

続いて、「占い」を検索したユーザーの属性について詳しく見ていきましょう。
下のグラフのように、性別は約7割が女性、年代は40代が最多、20代、30代も多いようです。

「占い」検索ユーザー属性/性別

「占い」検索ユーザー属性/性別

期間:2019年6月〜2021年5月
デバイス:PCおよびスマホ

「占い」検索ユーザー属性/年代

「占い」検索ユーザー属性/年代

期間:2019年6月〜2021年5月
デバイス:PCおよびスマホ

占い師「星ひとみ」さんの人気が急上昇

次に「占い」と掛け合わせて検索されているキーワードを分析しました。その結果、占い師「星ひとみ」が2位の「無料」というワードに大差をつけて1位でした。

星ひとみさんは、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)にレギュラー出演中、数々の芸能人を占い話題沸騰中の占い師です。

「占い」と掛け合わせで検索されたキーワードランキング

「占い」と掛け合わせで検索されたキーワードランキング

期間:2019年6月〜2021年5月
デバイス:PCおよびスマホ

「星ひとみ」の検索ユーザー数推移を見ても、ユーザー数が急増したのは2020年4月の同番組出演がきっかけになったことがわかります。

「星ひとみ」検索ユーザー数推移

「星ひとみ」検索ユーザー数推移

期間:2019年6月〜2021年5月
デバイス:PCおよびスマホ

また、「占い」検索後の流入サイトランニングは以下のとおりでした。
やはり星ひとみさん関係のコンテンツが上位を占め、当たると評判の人気占い師の占いや診断を無料で体験できるWebサイト「占いCOLLECTION」でも星ひとみさんの指名が目立ちます。

「占い」検索後流入ページランキング

「占い」検索後流入ページランキング

期間:2019年6月〜2021年5月
デバイス:PCおよびスマホ

また、「占い」検索ユーザーのニーズは、「無料」「恋愛・結婚・相性」「有名占い師」に集約されそうです。ワードネットワークで詳しく見ていきましょう。

占いのニーズは「無料」「当たる」「恋愛・相性」

ワードネットワークで分析したところ、占いを検索するユーザーの関心の軸は「無料」「当たる」「恋愛・相性」「時期(2020年)」が主でした。また、数いる占い師の中でも、「星ひとみ」「ゲッターズ飯田」の人気が高いことがわかります。

また、東京と大阪のみ地名が上がっていますが、対面での占いより、ネット上の占い・無料診断にニーズが集中しているとみてよいでしょう。

「占い」ワードネットワーク

「占い」ワードネットワーク

期間:2019年6月〜2021年5月
デバイス:PCおよびスマホ

まとめ

今回は「占い」について分析しました。「占い」検索ユーザーは2020年4月以降好調に推移しており、そのきっかけのひとつが『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)だと推測されます。

同番組は星ひとみさんがレギューラー出演し、話題となっていますが、「占い」と掛け合わせで検索されたキーワードも「星ひとみ」が1位、流入ページも星ひとみ関連サイトが上位を占めました。

また、「占い」を検索したユーザーの属性は約7割が女性、年代は40代が最多で、20、30代も多く見られました。

占いを検索するユーザーの関心の軸は「無料」「当たる」「恋愛・相性」「時期(2020年)」が多いようです。

今回の分析には、マーケティング分析ツール『Dockpit』を使用し、ユーザーのデジタル行動を分析しました。

『Dockpit』は、競合サイト分析や消費者のトレンド調査にとても役立ちます。もし宜しければ、無料版もありますので、下記よりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

本レポートでは、ダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit』の活用方法について、コロナ禍で関心の高まるキャンプを例にご紹介しています。Dockpitを用いて抽出したデータから何を読み取り、どのようにメディア戦略に活かせるのか、ぜひ参考にご覧ください。(ページ数|17p)


Research on the website users and customer attraction structure of the Top 30 home appliance manufacturers in Japan

Research on the website users and customer attraction structure of the Top 30 home appliance manufacturers in Japan

Dockpit, Values' research tool for marketers, provides industry analysis that allows you to understand the number of website users, user attributes and customer attraction structure for each industry. In this research, we focus on home appliance manufacturers in Japan. We hope this helps your marketing research.


岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデータ分析で得た知見をもとに新規事業開発を計画しています。データの収集からデジタルプロモーションまで一貫して行うDX Labの取り組みについて、ゼネラルマネージャーの石川氏、アソシエイトの小島氏に取材しました。


One year after the COVID-19 pandemic, how did Japanese needs for cosmetics change? Data analysis of industry trends

One year after the COVID-19 pandemic, how did Japanese needs for cosmetics change? Data analysis of industry trends

This is a new project to investigate trends in cosmetics in Japan. It has been about a year since the coronavirus outbreak, and the data will give us a retrospective look at how Japanese consumer attitudes toward cosmetics have changed, as well as a forecast of future trends.


SEOやSEMで検索クエリの幅を広げるためにチェックすべき、Dockpitの「関心ワード」と「類似ワード」とは?

SEOやSEMで検索クエリの幅を広げるためにチェックすべき、Dockpitの「関心ワード」と「類似ワード」とは?

Webサイトでの集客を行う際に、顕在層の獲得がSEOやSEMである程度進んできた場合、その次に必要になるのは潜在層獲得の対策です。潜在層は顕在層と比較して情報収集目的での検索が多いため、アプローチには対策する検索クエリの幅を広げることが必要です。そこで今回は、効率よく検索クエリの幅を広げるために、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」が設けている「関心ワード」「類似ワード」の2つの観点をご紹介します。


最新の投稿


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


マナミナの最新ニュースを音声で!スマートスピーカーAlexaとApple・Googleのポッドキャストでの音声配信に対応

マナミナの最新ニュースを音声で!スマートスピーカーAlexaとApple・Googleのポッドキャストでの音声配信に対応

「マナミナ」では音声サービスでのニュース配信を開始しました。Amazon Echo(アマゾンエコー)などのスマートスピーカーで聴けるAlexaスキル、Appleポッドキャスト、Googleポッドキャストで展開し、マナミナの最新トレンド調査やマーケティングノウハウの概要を随時配信しています。ご利用は無料で、専用アプリやブラウザで、仕事中や移動中でも聴くことができます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー