10億円で売却された「転職アンテナ」のメディア特徴をWeb行動ログデータから徹底分析

10億円で売却された「転職アンテナ」のメディア特徴をWeb行動ログデータから徹底分析

2021年の3月に転職メディアである「転職アンテナ」を運営するmoto株式会社の全株式が、ログリー株式会社に売却されると発表され話題になりました。moto株式会社代表の戸塚俊介氏は転職を重ねて年収をアップさせる方法論を確立し、Twitterフォロワー12万人(2021年6月時点)、著書「転職と副業のかけ算」は6万部をそれぞれ超えるインフルエンサーです。今回はそんな「転職アンテナ」のメディア特徴について、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータを参考にしながら分析します。


転職アンテナとは?

転職アンテナとは、moto株式会社代表の戸塚俊介氏の実体験に基づく転職関連コンテンツを掲載するメディアです。キャリアに関する考え方、転職ノウハウの提供やおすすめ転職サイト・エージェント、おすすめ書籍の紹介などの記事が掲載されています。

転職アンテナ | 転職で“年収”と“キャリア”を考える

https://tenshoku-antenna.com/

これまでの転職経験から、転職サイトや転職エージェントの使い方について発信している転職メディアです。

戸塚俊介氏自身は、地方ホームセンターやリクルートなどに勤務した後、副業で運営していた転職メディアをログリー株式会社へM&A、という経歴です。

転職アンテナのメディア運営に並行してSNSにも力を入れており、「転職」や「副業」「年収」をテーマにしたTwitterはフォロワー12万人超え(2021年6月時点)と個人として大きな影響力を持っています。

著書『転職と副業のかけ算』が6万部を超えていることからもその影響力が分かります。

▼戸塚氏のTwitter

転職アンテナのユーザー数と属性を分析

そんな転職アンテナのユーザー数とユーザー属性に着目してみましょう。

まずはユーザー数です。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

時期的な変動はあるものの、おおよそ月間4万UUあたりを推移しています。転職アンテナの開設は2018年11月ですが、2019年の4月段階で現在とほとんど変わらない水準のユーザー数を獲得しています。

続いてユーザー属性です。転職アンテナのユーザー属性は下図のようになっています。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

「転職アンテナ」訪問者の属性としては、男性が6割を超えており、20代と30代が全体の8割を占めています。

「転職」キーワード検索者の属性と比較してもこの特徴が強く出ていることが分かります。下図は「転職」と検索したユーザーの性年代属性です。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

記事の内容は戸塚俊介氏の20代〜30代前半の体験がもととなっているため、若年層の男性の共感や信頼を得やすいのだと考えられます。

転職アンテナのマネタイズ方法と評価額を整理

ここまで転職アンテナの基本指標を見てきましたが、続いて売却に注目してみます。

売却額は合計でなんと10億円です(売却額は7億円+アーンアウトによる成功報酬3億円、ログリー株式会社『moto 株式会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ』による)。

一般に、Webメディアの売却額はメディアによる売上高の1〜2年分ほどと言われています。

同発表によれば、「転職アンテナ」のアフィリエイトによる売上は年間約3億円とのこと。ブログを経由して転職サイトに登録する人がいると、1人あたり数千円〜数万円の報酬が戸塚氏に入る仕組みとなっており、登録件数は年間6万件ほどだと言います。

転職アンテナには広告がついておらず、収益のほとんどがこのアフィリエイトだと想定できます。とすると、売却額は年間売上の2年分ですので、妥当な金額だと言えそうです。

直近1年間のユーザー数が40万2千人ですので、訪問ユーザーの7人に1人は転職アンテナを経由して転職サイトに登録している計算になります。

利用ツール:Dockpit、期間:2020年6月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

なぜここまでの集客が可能なのでしょうか。特に転職アンテナは一般的なメディアと異なり、記事の数が全部で20記事しかなく、かなり絞り込まれています。

そのため、質の高い記事が検索で上位表示されたり、SNSでの拡散や外部サイトから引用されたりすることで集客していたことが予想されます。

まず、転職アンテナの集客構造を表したものが下グラフです。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

集客の約6割が自然検索になっています(ノーリファラーを除けば8割以上)。

この集客構造の推移を表したものが下図になります。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

時期によって変動はあるものの、基本的には集客の5割以上が自然検索となっています。

自然検索によって転職アンテナに流入した際の検索ワードの内訳を見てみると、下の表のようになります。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

「転職アンテナ」や「moto」といった関連した固有名詞のキーワードからの流入があるのはもちろんですが、むしろ「転職エージェント」や「転職サイト」「おすすめ」といったユーザーが真っ先に検索するようなキーワードからの流入がほとんどを占めています。

さらに競合サイトと比較するために、「転職エージェント」の検索キーワードを例にとって検索者の流入サイト・ページを調査してみましょう。

「転職エージェント」のキーワードでは、大手転職サイトが上位を競っている状況。しかしそのなかでも「転職アンテナ」は、流入サイトで3位、流入ページで1位のユーザー数を獲得していました。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

下表のように「転職アンテナ」のサイト内で人気のコンテンツを見ても、上位流入キーワードと一致する『【おすすめ】転職5回で本当に役立ったおすすめ転職サイトと転職エージェント』のユーザー数が最も多くなっています。

利用ツール:Dockpit、期間:2019年4月〜2021年5月、デバイス:PC&スマートフォン

このように、「転職エージェント」や「転職サイト」といった検索者が多く、かつニーズの強いキーワードで上位表示されることで、自然検索から多くのユーザー数を獲得していました。

まとめ

10億円で売却された「転職アンテナ」について、サイトの集客構造や検索ユーザーの行動パターンからメディアの特徴を分析してみました。

転職アンテナは、実体験に基づく転職関連コンテンツを掲載するメディアで、SNSも活用しながらユーザーの共感や信頼感を獲得しています。

集客は大部分が自然検索であり、検索者が多くかつニーズも強いキーワードでの上位表示を獲得することと、転職市場のアフィリエイトが高単価であることが重なり、大きな売上を生んでいました。

転職アンテナは今後もログリー株式会社の元で成長を目指して運営されるだけでなく、関連分野での事業展開も見込まれているよう。今後の転職市場における影響度に要注目です。

▼本記事ではWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を使用しました。国内主要サイトのユーザー数や直帰率、集客構造を把握できたり、業界を俯瞰した分析や検索キーワード分析によるトレンド調査も可能です。気になる方はぜひ無料で試してみてください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

2022年の春から、新卒としてヴァリューズに入社。

関連する投稿


「痛み」の検索ニーズを調査。年齢によって異なる痛み、AI搭載の症状検索エンジンが人気

「痛み」の検索ニーズを調査。年齢によって異なる痛み、AI搭載の症状検索エンジンが人気

身体に痛みを感じた時、まずはネット上で検索して病名を調べたり、対処法を探す人も多いのではないでしょうか。今回は「痛い」「痛み」というキーワードに注目し、直近1年間でどのような検索がされていたか調査しました。みんなの気になる痛みは何なのか、また痛みの種類ごとに検索者の特徴に傾向はあるのか、データから読み解いていきます。


「引っ越し」に関するニーズを調査!「挨拶」や「ふるさと納税」に注目

「引っ越し」に関するニーズを調査!「挨拶」や「ふるさと納税」に注目

進学、卒業、就職など環境が大きく変化する春。引っ越しをして新天地での生活を始める人も多いと思います。引っ越しを考える上で一番気になることは何なのでしょうか。引っ越し検索者の心理を読み解いていきます。


「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

検索エンジンで調べ物をするときによく使われる「〇〇とは」検索。今回は、直近1年間で検索数が多かった注目ワードや、時期によって急上昇したトレンドワードをご紹介します。「とは」検索から見えてくる最新の流行りやみんなの関心事を読み解いていきます。


いま「note」がアツい!人気の秘訣はSEO?noteの集客動向を調査<後編>

いま「note」がアツい!人気の秘訣はSEO?noteの集客動向を調査<後編>

2023年夏頃から集客数を急激に伸ばしているメディアプラットフォーム「note」。人気を後押ししているのはどのような人々なのでしょうか?前編では、noteが集客しているユーザーの特徴を深掘り調査し、後編では、noteが規模を拡大している要因を探っていきます。


メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズの注目高まる?「日焼け止め」ニーズを調査!2024年最新版

メンズコスメへの注目が高まる中、生活者の日焼け止めへのニーズはどのようになっているのでしょうか。また、夏と冬、シーズンによって日焼け止めに求められるものは異なるのでしょうか。本記事では、日焼け止めの検討行動から、ニーズの移り変わりと消費者心理を紐解いていきます。


最新の投稿


電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

電話・スマホでのコミュニケーションは通話よりもテキストを利用 テキストの良さは「後から読み返せる」「時間を気にしなくていい」【クロス・マーケティング調査】

株式会社クロス・マーケティングは、全国20歳~69歳の男女を対象に「電話での声と文字のやり取りに関する調査(2024年)」を実施し、結果を公開しました。


カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアの市場規模や利用者数を調査。主要サービスの公式サイト訪問データから考察

カーシェアは車を共同利用するサービスで、日本にシェアリングエコノミーの考え方が広がるとともに普及しました。今回は国内の主要な13のカーシェアサービスのWebサイトを訪問した人のデータから、カーシェア業界の市場規模やどのような層が関心があるのかを調査していきます。


スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

スポーツの推し活をしている人が応援するために使っている金額は年間約3万2千円【ネオマーケティング調査】

株式会社ネオマーケティングは、全国の20歳~79歳の男女を対象に「スポーツの推し活」をテーマにインターネットリサーチを実施し、結果を公開しました。


実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

実店舗でコスメ・アパレル商品購入時に「レビューをしたい」と感じている女性は8割以上【ReviCo調査】

株式会社ReviCoは、会員登録をしているブランドの実店舗で、月に1回以上アパレル・コスメ商品を購入している20~40代の女性を対象に、実店舗購入時のレビューに関する意識調査を実施し、結果を公開しました。


マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析とは?種類や事例、分析に役立つツールを紹介

マーケティングに欠かせないファネル分析は、顧客の購買プロセスを可視化することで、自社の現状の課題を明確化するために行います。 売り上げをアップさせるためには、マーケティングファネルの概念を理解した上で、分析結果に基づいた効果的な施策を行う必要があります。 しかしながら、マーケティングファネルには種類があり、目的や課題によって利用するファネルが異なります。 そこで本記事では、マーケティングファネルの種類や事例に加え、やり方や円滑に分析できるツールについてご紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ