行動経済学の“ナッジ”とは?環境デザインで望ましい自発的な行動を促す

行動経済学の“ナッジ”とは?環境デザインで望ましい自発的な行動を促す

行動経済学で使われる「ナッジ(nudge)」は、聞き慣れない英単語でしょう。報酬によるインセンティブや罰則によらず、環境デザインによって望ましい自発的な行動を促す手法で、政策やマーケティング・UI/UXなどに活用されています。ナッジの事例やナッジの作成に役立つフレームワークを紹介します。


行動経済学における「ナッジ」

英単語としての「ナッジ(nudge)」は、「肘などで軽く相手をつついて注意をうながす」という意味です。行動経済学の用語としては、前述のように「望ましい自発的な行動を促す手法」となり、ある目的を達成したいと考える人に対してそのための行動を促進するもの、そして、具体的な目的を持っていない人に対し、理想を持たせて行動させるという2つのパターンが存在します。

従来の経済学では、人は自己の利益を最大化する合理的な行動を取る、という前提を置きますが、実際には人は一見非合理な行動を取ることがあります。この現象を心理学的なアプローチを加え分析・理論化した分野が行動経済学です。言い換えれば、人は場面によって主観的な評価をしてしまう傾向がある、ということです。

このような「心理的な傾向」の身近な例として、コンビニやスーパーのレジ前の床に一定間隔で描かれた靴のイラスト。これは、その位置に並んでソーシャルディスタンスを保ってください、という意図が込められています。

このナッジでは、靴のイラストがある所以外に並ぶと、なんだか気分がよくないという心理を利用して、望ましい行動を引き出します。

マーケティングで活用がすすむ「行動経済学」とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/1147

経済学や経済行動に心理学を交えて分析する「行動経済学」。サンクコストや現状維持バイアスなど有名な理論も含まれ、2017年にリチャード・セイラー教授がノーベル経済学賞を受賞し、さらに注目を集めるようになりました。今回は、行動経済学と経済学の違いから行動経済学をビジネスやマーケティングにどのように落とし込んで実践するかを解説します。

ナッジの活用例

海外で既に活用されているナッジの事例を紹介します。

アムステルダムの男性用トイレにおけるナッジ事例

アムステルダムのスキポール空港では、男性用トイレの小便器にハエの絵が描かれています。その理由は、人は的(まと)があるとそこを狙いたくなる心理を利用し、便器外に尿を飛ばさないよう誘導しています。このナッジ事例では、床が汚れにくくなることで、清掃費用を8割削減させる効果がありました。

男性用トイレでは、小便器の前に「トイレをきれいに使いましょう」だったり、その意味を込めた「一歩前へ」などと貼り紙している場合があります。これは言葉づかいとしては丁寧ですが、注意喚起や具体的な行動を指示する、より直接的なメッセージと言えます。

しかし、ハエの絵に関してはあくまでも利用者が自主的に、そして自然な行動として狙います。その結果、トイレがきれいに保たれる効果を得たという点がポイントで、ナッジの代表的な成功例とされています。

行動経済学で人の心を操る現代の魔法「ナッジ」とは何か | ノーベル経済学賞セイラー教授の「発明」

https://courrier.jp/news/archives/99941/

人間行動の分析結果は「ハエの絵」に結実した──? 私たちの意思決定は「ナッジ」を駆使することですでに先回りされている。2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー教授が生み出した「ナッジ」を詳細に解説する。1999年のことだ。アムステルダムのスキポール空港は経費削減のため、男子トイレに目を付けた。床の清…

イギリスの税金回収におけるナッジ事例

イギリスのナッジを政策に利用するための専門チーム(BIT)が歳入関税局とともにある実証事件を行いました。その内容は、納税率の向上です。

税金を滞納している人への通知書に「あなたが住むこの地域の納税率は○○%です」という一文を書き添えました。すると、その地域におけるある年の滞納率が下がり、結果的に納税率が68%から83%へ、つまり15%上昇の効果を得られました。

たった一行の文章が滞納者へのプレッシャー、義務履行への意識の高まりとなって、「自分は滞納した側には入りたくない」と心理を変え、滞納していた税金を自ら進んで納める行動を得た、という点がポイントです。

タバコの吸い殻で投票させポイ捨てを減らしたナッジ事例

タバコのポイ捨てが問題になっていたロンドンで、NPO団体「Hubbub」が「世界一のサッカー選手は」という質問を掲げ、その前にメッシ選手とロナウド選手の名前をつけた吸い殻入れを設置し、いずれかに投票できるようにしました。

この「タバコの吸い殻で投票」というシステムによって、ポイ捨てを大幅削減に成功しました。それまで路上などに吸い殻をポイ捨てする習慣があっても、前述したようなユニークなしかけ(投票できる吸い殻入れ)によって、そこに投票(=捨てる)するという、望ましい自発的な行動を起こすきっかけの創造に成功しています。

ビュッフェの陳列順で健康的な食事へ導くナッジ事例

ビュッフェスタイルの食事では、列の先頭に並べた品の方が取られやすい研究結果があります。これを利用して、列の前半に野菜や果物を置くことで、健康的な食事へ結び付けるナッジが可能です。

ナッジ作成に役立つ原則とフレームワーク

実際にナッジを作成する際は、以下で紹介する原則とフレームワークの活用が役立ちます。

6つの原則「NUDGES」

書籍「実践 行動経済学」で、人々に良い選択をしてもらうための基本原則は6つあり、それぞれの文字を取って「NUDGES」としています。

N=iNcentives:インセンティブ
ナッジにかかわるすべての人にとって利があるようにします

U=Understanding mappings:マッピングを理解
マッピングとは選択結果の対応関係で、これを理解する必要があります

D=Defaults:デフォルト
デフォルトが「良い」選択になるようにします

G=Give feedback:フィードバック
選択結果に対して、適宜フィードバックを与えるようにします

E=Expect error:エラーの予測
設計するナッジはエラー・不具合が起こってしまうという前提に立ち、それの防止策、最小化するための策を立てます

S=Structure complex choices:複雑な選択の体系化
複雑な選択肢を整理して、良い選択ができる手助けをします

この6項目の原則をベースとし、さらに利用する人が直感的に理解しやすくすると、より良い選択に導けます。

実践 行動経済学

¥2,299(Kindle版)

ナッジの「EAST」フレームワーク

続いて紹介するナッジ作成時のフレームワーク「EAST」は、イギリス政府がナッジを活用する中で効果的だった4つをまとめたものです。

E=Easy:簡単である
誰もが理解しやすいようにシンプルなメッセージにしたり、設計の際に面倒や手間をなるべく省くようにします

A=Attractive:魅力的である
金銭以外の「魅力的」なインセンティブを用意します。例えば、失効期限のあるポイントを無料で提供する、といったインセンティブです

S=Social:社会性を問う
多くの人が正しいことをしている、というような社会的規範を提示します

T=Timely:タイムリーである
ナッジを示すタイミングは、利用者にとってタイムリーであることが重要です

まとめ

ナッジ理論をマーケティングや売り場の中で適切に活用すれば、これまでかけていたコストの削減した上で、元々の効果を得られる可能性があります。

最初からナッジ理論にもとづいた大がかりな施策を考えるのもよいのですが、まずはその一歩として、既存の広告の文言をひとこと変えてみたり、具体的な統計データを盛り込むなど、ちょっとした工夫で実践してみると良いでしょう。

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


マーケティングの「戦略」と「戦術」両者の違いを詳しく解説

マーケティングの「戦略」と「戦術」両者の違いを詳しく解説

マーケティングにおける「戦略」と「戦術」……混同しやすいこれらのワード、それぞれの意味を正しく理解できていますか?マーケティング戦略と戦術の用語としての違いや策定段階・実行段階で注意すべき点を解説します。


人の心理に迫る行動経済学 心理学とはなにが違う?

人の心理に迫る行動経済学 心理学とはなにが違う?

行動経済学の理論のひとつに「プロスペクト理論(人は損失を過大に評価する傾向があり、実際の損得と心理的な損得は一致しない)」というものがあります。経済学や経済行動に心理学を交えて分析する行動経済学ですが、こうした理論は心理学とはどのように違うのでしょうか。行動経済学と心理学の違いを解説していきます。


行動経済学がもたらすコロナ時代の行動変容

行動経済学がもたらすコロナ時代の行動変容

新型コロナウイルスの蔓延により、マスクの着用、密閉空間、密集場所、密接場面の三密回避、ソーシャルディスタンスの確保、消毒といった対策が取られるようになりました。これらは法的な強制力やペナルティ、そして報奨がないものも多いですが、人々の協力のもとに達成されています。なぜ人々が協力して「コロナ対策」に取り組むのか、またそれを促進できるかに、「行動経済学」が役立つと考えられています。


人を動かすヒントの宝庫!ノーベル賞を受賞した行動経済学

人を動かすヒントの宝庫!ノーベル賞を受賞した行動経済学

2002年、ダニエル・カーネマンがノーベル経済学賞を受賞し、注目を集めた「行動経済学」。2017年にもリチャード・セイラーも行動経済学でノーベル経済学賞を受賞しています。人の心理や感情の動きと経済学のミックスにより、ビジネスやマーケティングに取り入れられる点が注目されるひとつの理由です。両氏の代表的な理論から、行動経済学の基本的な柱を紹介します。


行動経済学の理解を深めるために役立つ「バイアス」一覧

行動経済学の理解を深めるために役立つ「バイアス」一覧

「バイアス(偏見・先入観)」という言葉はよく知られていますが、「行動経済学」のなかでも使われています。一般的な経済学では、議論を一般化するため「人は常に自分の利益を最大化すべく意思決定をする」という前提を置きます。一方「人は必ずしも合理的な行動を取るわけではない」という現実に対して、経済学に心理学的なアプローチを加えて分析する学問が行動経済学です。バイアスには現在バイアス・サンクコスト・正常性バイアス・確証バイアスなど複数の種類があります。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー