そのアンケート回答は真実か?意識と無意識をアンケート×Webログで読み解く

そのアンケート回答は真実か?意識と無意識をアンケート×Webログで読み解く

ブランドの認知度への違和感、曖昧な回答内容、カスタマージャーニーのつかみづらさ…etc. こうした事に、アンケート調査で悩まされた経験のあるマーケティング担当者は少なくないかと思います。今回は、消費者の記憶と実行動に焦点をあて、その乖離や実態を解説します。


皆様、はじめまして。
ヴァリューズでマーケティングコンサルタントを務めている向井優と申します。
ふだんは海外向けマーケティングでコラムを書く事が多いですが、今回は国内のマーケティングリサーチに焦点を当て、調査会社の「禁忌」ともいえる「アンケート回答の確からしさ」についてお話しします。

向井優

向井優(むかい・すぐる)株式会社ヴァリューズ マーケティングコンサルタント
京都大学大学院で中国哲学史を専攻。前職では外務省や大手ホテル等を中心に訪日外国人施策を担当。ヴァリューズでは、国内でのマーケティング支援を行う一方で、食品・飲料・ヘルスケア領域を中心に中国本土進出・越境EC・訪日中国人市場の調査/マーケティング支援を行っている。趣味は旅行と漢文・民俗学の文献研究。

1.「自分にぴったりな商品」という回答に感じるモヤモヤ

アンケート調査をしているとよく出くわすのが、商品の購入理由での「自分にぴったりだと感じたから」という回答です。消費者の方はそう感じて回答されているのでしょう。

しかし、「ぴったりと言われても、それってどういう事?」と思った事のあるマーケティング担当者の方は少なくないのではないでしょうか?

こうした傾向が如実に出るのが保険です。
各社の保険を選んだ人について、選択理由を聞くと、たいていアンケートでは「保険料が安い」「自分にぴったり」「保障が充実している」などが上位に来ます。

「まあ、そりゃそう」ではあります。

しかし、各社に加入するすべての消費者が、果たして本当に「自分にぴったりな保険」を見つけ、理解できているのかは、非常に疑問です。

では、実際には消費者はどのように保険を検討しているのでしょうか。
下の図は、ある保険検討者が、保険会社に最初の接触から、指名検索に至るまでのネット行動の変遷をまとめたものです。

保険のカスタマージャーニー

最初、安い保険を調べてアクサ生命やライフネット生命の広告に接触し、その後も比較サイトや保険各社に接触しながら検討を重ねています。最終的にこの方は、最初に接触していたライフネット生命を指名検索するようになります。

検索キーワードを見て行くと、保険の必要性に疑問を持ちながら、「50代独身男性」である自分に合った保険が無いのかを調べている事がうかがわれます。

ライフネット生命が指名検索されるようになった要因の一つとして、同社の取っている「保険について迷っている層に、保険を自分事化させるコミュニケーション」が考えられます。

例えば、今回の対象者の様に保険に悩む消費者に向けて「保険が必要かどうか」を解説するコンテンツを用意していたりもします。

ライフネット生命のオウンドメディアの記事

ライフネット生命のオウンドメディアの記事

実際、ライフネット生命の検討者にはこうしたコンテンツがキーになっているケースがしばしばみられました。

もちろん、ライフネット生命が本当にその対象者に合った「唯一の保険会社」である可能性もありますが、どちらかと言えば検討行動におけるコミュニケーションの中で、「自分に合っている」と感じて貰えたかどうかが、鍵になっているとみられます。

「自分に合った商品だから」と消費者が答える裏側では、このような検討行動がなされているのです。

2.アンケートと矛盾するネットの実行動

アンケートの結果と、実際の行動が如実に矛盾するのが、サイトやアプリへの接触です。
下のグラフは、利用しているサイト・アプリについて、アンケートでの回答結果と、実際のWebログ行動でのサイト接触・起動の乖離を表したものです。

緑色:「アンケートで利用と回答したが、実際にはWebログで利用が確認できなかった人」の割合

黄色:「アンケートで利用していないと回答しているが、実際にはWebログで利用が確認できた人」の割合

サイトの接触有無

アプリは乖離が小さいものの、サイトは乖離が大きい事が分かります。特にQ&Aサイトやまとめサイト、直接サイト名を検索しないようなサイトは閲覧を覚えていないことが多く、15~30%程度のズレが生じています。また、YouTubeは自然と起動している事が多いからか、アプリにも関わらずダントツでアンケートとの乖離が大きく出ています。

その他、ある調査ではアンケートでの「商品を検討し始めた時期」の回答内容と、Webでの実行動上で「その商品に接触し始めた時期」が大きくずれていたり、「検討していない」とアンケートで答えていた商品に、実際にはネット上で接触しているケースも見られました。

この様に、具体的な検討行動になる程、人の記憶は曖昧になってしまっている事が分かります。

3.アンケートが信じられるケースも

もちろん、アンケート回答の全てが信じられないという訳ではありません。その典型が「記憶に残るようなイベント」や「購入月」のような大きな粒度での情報です。

下のグラフは、犬の飼育者に対し、アンケートで「犬を飼い始めた月」を聴取し、Web行動ログで、犬の飼い始めの前後の月の、ネット上での閲覧コンテンツを集計したものです。

犬の飼い始めユーザーの閲覧コンテンツ

犬の飼い始めユーザーの閲覧コンテンツ

犬の飼い始め前から、犬の食事に関するコンテンツへの接触率は高いですが、飼い始めの当月になると、犬のトイレについての閲覧が急増しています。ペットを迎える前後で、トイレのしつけやお世話という現実的な問題への関心が高まっている事がうかがえます。

その後、2か月目には去勢についての閲覧が増加しており、ペットの今後を見据えたケアが飼い主の念頭に浮かぶようになっています。

こうしたネット上での接触情報の変遷は実際の消費者の行動として説得力があるのではないでしょうか。

まとめ … 意識・実行動の組み合わせが重要

ここまで、アンケート回答と実行動の乖離を軸に、いくつかの事例をご紹介しました。

アンケートは重要な調査手法である一方で、曖昧な回答内容の背景にあるインサイトや、実際のネット行動は、アンケートでは明らかにすることが難しい事が見えてきました。

一方で、アンケートと実行動のデータ(Web行動ログ)をうまく組み合わせる事で、従来の調査では明らかにすることが難しかった具体的な粒度で、消費者のインサイトを明らかにする事が可能です。こうした観点は、消費者の購買へのネットの影響が高まっている現在、ますます重要と言えそうです。

※本記事で取り上げたような様々な消費者のネット行動について、特にwithコロナでの変化を中心としたホワイトペーパーをまとめています。よろしければ、こちらもご覧ください。

「デジタル・トレンド白書2021-withコロナ編-」を公開 ~ コロナ禍における消費者のデジタル動向調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1326

マナミナでは、これまで消費者トレンドや、さまざまな業界事情、withコロナの変化などの調査を行ってきましたが、その内容を一つにまとめた「デジタル・トレンド白書2021」をリリースしました。「第一部 withコロナ編」についてご紹介します。※レポートは無料でダウンロード頂けます。(ページ数|137p)

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

京都の大学で長らく中国哲学史を研究。現在は事業会社に対するマーケティング支援を担当。中国・東南アジアを中心にグローバルリサーチにも携わっている。趣味は旅行と文献研究。

関連するキーワード


アンケート

関連する投稿


Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(発展項目編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(発展項目編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「ユーザープロファイルアンケート」です。ユーザープロファイルデータは、主となる基本属性以外にも、行動データ・意識データなど様々なデータアイテムから構成されます。後編の今回は、ビジネスをドライブする発展項目=計5個の質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。※記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンクもあります。


Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(基本項目編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「ユーザープロファイルアンケート」(基本項目編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説します。今回のテーマは「ユーザープロファイルアンケート」です。ユーザープロファイルデータは、主となる基本属性以外にも、行動データ・意識データなど様々なデータアイテムから構成されます。前編の今回は、フォームに入れておきたい基本項目=計5個の質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。※記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンクもあります。


コロナ感染拡大前~現在までのメディア接触動向変化を公開。新しい情報源・躍進したSNSなどメディア変化を徹底分析

コロナ感染拡大前~現在までのメディア接触動向変化を公開。新しい情報源・躍進したSNSなどメディア変化を徹底分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女25,401人を対象に、新型コロナウイルス影響2年目のいま現在の消費者動向実態をアンケート調査いたしました。第一弾「生活変化編」に続き、今回第二弾「メディア編」として、感染拡大前~コロナ1年目~コロナ2年目現在までの各メディアへの接触頻度・SNSやアプリの使い方などの変化を公開いたします。 なおアンケート調査に加え、ヴァリューズが独自保有する消費者行動ログを用いての分析も実施しています。


コロナ感染拡大後の飲食店の選び方変化を調査 。「外食シーン」「利用媒体」「人」視点で分析

コロナ感染拡大後の飲食店の選び方変化を調査 。「外食シーン」「利用媒体」「人」視点で分析

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女28,164 人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後の飲食店選びに関する消費者動向変化をアンケート調査いたしました。また、アンケート調査に加え、ヴァリューズが提供する消費者行動ログ分析ツール「Dockpit」でも分析を実施いたしました。


基礎からわかる!アンケート調査の方法と進め方

基礎からわかる!アンケート調査の方法と進め方

マーケティングの一環として行われるアンケート調査。調査対象の嗜好や行動を把握するため、一定期間の間に質問に対する回答を求め、データを収集します。アンケート調査の手法にはネットリサーチ、電話調査、会場調査などがあります。


最新の投稿


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナ禍による緊急事態宣言の発令やマッチングアプリの普及など、交際に関する様式も大きく変わりつつあります。そんななかで、「告白」の事情はどうなっているのでしょうか?今回の調査で共通して関心が高い項目やユーザーの属性による関心の違いが明らかになりました。今回はWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や属性別の掛け合わせワード、流入ページ・サイトを分析し、告白にまつわる関心を調査しました。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

リモートワークの普及に伴い、急速に普及したWeb会議ツール「Zoom」。Zoomでは背景画像を設定しなくても、背景をぼかす機能が備わっていて便利です。Zoomで背景ぼかしを設定したり、それがうまくいかない場合の改善方法について解説します。


2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

コロナ2年目となる2021年も残り僅かとなりましたが、今年はどんな1年だったのでしょうか。ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し、毎週急上昇している検索キーワードを調査しています。昨年に引き続き、今年も2021年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードと、2021年新語・流行語大賞の分析から2021年のトレンドを分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー