「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

「スキンケア成分党」とは?中国Z世代で新型スキンケア概念が流行|中国トレンド調査

現代社会では、スキンケア製品に対する消費者の安全意識が高まり、製品の成分表を調べるようになり、オーガニックな食品や化粧品が注目されているようです。特に中国ではこうした現象を「スキンケア成分党」と名付けられ、流行語にもなっています。「2018 FIT Transparency Perception Assessment Survey」では、72%の消費者がブランドによる製品の成分の効果、60%以上の消費者がブランドによる成分の原産地の表記を求めているとしています。今回は、中国の「スキンケア成分党」が化粧品や美容市場に与える影響について詳しくご紹介します。


「成分党」とは?

「成分党」とは、製品の「成分」の機能について効果や濃度などを検索して研究し、それを基準に自らの購入判断につなげる「成分ファースト」な消費者層のことを指します。2016年以降、化学成分に着目した効果的なスキンケア製品が美容消費者の間で注目されるようになってきています。

アミノ酸、ナイアシンアミドなどの成分は、もともと一般消費者にはなじみのない化学用語でしたが、今では消費者の目に直接触れるようになりました。それだけでなく、美容分野のKOL(Key Opinion Leader)もコスメインフルエンサーから化学博士になり、消費者に化粧品の成分を紹介するようになりました。

その結果、一般消費者もスキンケア製品の化学成分について語るようになり、海外メディアではそうした消費者層を「Skintellectuals」(「肌」と「インテリ」を組み合わせた造語)とし、中国では「成分党」と呼ばれています。

「成分党」トレンドに対する中国化粧品ブランドの動き

ここ数年、韓束、珀薇、自然堂など、中国のほとんどの大手国産スキンケアブランドが、成分に特化したスキンケア製品のラインナップを展開 しています。

例えば、自然堂では、「ナイアシンアミドアンプルマスク」と「アスタキサンチンアンプルマスク」などを発売し、人気を集めていました。

「自然堂」マスク広告

中国の国産ブランドだけではなく、ロレアル、P&G、ユニリーバ、資生堂などのグローバルなスキンケアブランドも参入し、「ナイアシンアミド」、「スーパーAボトル」、「パウダーAボトル」、「ヒオシアミン」、「レチノール」など成分コンセプトに特化したマーケティングやプロモーションを展開しています。

資生堂クリーム広告

ベインコンサルティングが発表した「2018年ダブル11美容・パーソナルケア部門売上ランキングと消費者調査」によると、45%の消費者が化粧品成分に関する知識を持っており、17.2%の商品が成分を商品名に明記していることを明らかになりました。このレポートでは、フェイシャルスキンケア成分のトップ10として、ヒアルロン酸、ナイアシンアミド、アミノ酸、セラミド、オリゴペプチドなどを挙げています。

「成分党」に人気の成分は?

ナイアシンアミド

研究が進むにつれ、ナイアシンアミドの多種多様な効果が明らかになってきており、美白、保湿、オイルコントロール、毛穴ケア、アンチエイジング、ニキビ治療などに応用されています。

2019年に注目されている「The Ordinary Niacinamide」はその典型で、最大10%のナイアシンアミドエキスは「小紅書」で5万人近いフォロワーを持ち、多くの美容インフルエンサーがその製品を推奨しています。 また、「OLAY」や「SK-II Serum」も大人気という点から、消費者の間ではナイアシンアミドの美白・シミ取り効果が広く認識されており、ナイアシンアミドが含まれることは美白化粧品を選ぶ際の基準の一つとなっていることが読み取れるでしょう。

「The Ordinary Niacinamide」広告

レチノール

近年、ナイアシンアミドの「良きパートナー」であるレチノールは、表皮や角質層の新陳代謝を整え、アンチエイジングや表皮の色素沈着を薄くする効果があるとして、ネットで話題になり、消費者の間でも大人気を集めています。

人気のレチノール製品、「ニュートロジーナAアルコールモイスチャライジングナイトクリーム」も、OLAYの製品との相性が良いと、多くのスキンケアの専門家が推奨しています。 また、今年は「ポーラ」や「エクスリカー レチノールA アルコールエッセンス」も人気です。

「ポーラレチノール」製品

ビフィズス菌培養溶解質

ビフィズス菌培養溶解質は「エスティローダー」の「アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス」、ランコム、クリニークのスキンケア製品に欠かせない成分です。

主な効果は、肌の修復、美白とアンチエイジングなど。強い抗免疫抑制活性を持ち、DNA修復を促進することで、紫外線によるダメージから肌を効果的に守ります。 ビタミンB複合体、ミネラル、アミノ酸など、スキンケアに有効な低分子を配合し、角質層の新陳代謝を強化するとともに、脂質過酸化を抑制し、美白やアンチエイジングの機能を備えています。

「エスティローダー」の「アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス」

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、皮膚の栄養代謝を改善し、皮膚を柔らかく滑らかにする効果があります。またシワ対策や肌の弾力性の回復、老化を防ぐこともできるとされています。

ヒアルロン酸製品

ヒオシアミン

ヒオシアミンは、肌の老化を遅らせ、輪郭を引き締めてリフトアップさせる効果があります。 ランコムの研究所で生まれ、ロレアルの特許成分となっています。

最初はランコムのゴールドピュアシリーズに加えられ、その後ランコムのクリーム、YSLの美容液、HRのクリームにも加えられました。 今日のヒオシアミン配合の美容液やロレアルのアイクリームも消費者に人気があります。

「HRのクリーム」製品

朝にC、夜にA

最近では、「朝はビタミンC、夜はビタミンA」という新しい組み合わせが、黄金の肌のリサーフェシング処方と呼ばれ、スキンケア界の新たな人気者になっています。抗シワ、抗酸化だけではなく、美白やアンチエイジングにも効果を発揮するようです。

簡単に説明すると、日中はVCの試作品やVC誘導体など、VCに特化した製品を使って効率的に美白・抗酸化作用を発揮し、夜はVAのA-アルデヒド、A-アルコール、A-脂質誘導体など、VAに着目した製品を使って抗老化・修復作用を発揮するということです。

VCとVAは、スキンケア界の2大エースとも言える成分で、強力な組み合わせで多くの肌トラブルを解決することができ、流行に敏感な消費者の需要に応えるために、成分名をそのまま冠したブランドもあります。

「朝にC、夜にA」におすすめする製品

「成分党」拡大の影響と今後

I. 成分に特化したスキンケア

消費者にとってスキンケアは非常に重要なもので、自分の肌に使う製品の成分には特に注意を払い、オイリー肌/乾燥肌/中性肌にはどのような成分が適しているのか、現在のスキンケアのニーズは何かなど、肌質の状況に合わせて調整することが大切でしょう。

II. 成分=効果的なスキンケア

スキンケア歴のある消費者にとって、「ブランド」だけ注目して購入を決定するという旧来のモデルは不十分と考えられます。そこで、消費者はどのような成分が、どのような濃度で、どのように作用するのかを自ら調べ、成分による効果を信頼するようになっていると言えるでしょう。

III.ブランド効果

The Ordinaryは、海外では先駆的な「成分党」ブランドで、中国では在庫切れになったこともあり、「成分党」というブームを起こしました。これらの専門的な製品コンセプトは、中国の消費者にスキンケアの概念を次々と変化させてきました。

IV. KOLによる購買影響が減少

KOLの影響が減少、代わりに医師や専門家、元々のスキンケアメーカーのエリートをより信頼するようになっているでしょう。

また、インターネットの時代には、これらの情報があらゆるスキンケア素人の目に触れ、「自分のやり方を変えよう」と思わせることもできます。

これからのスキンケアブランドが、成分そのものに注目し、マーケティングで「成分」に特化した宣伝を強化するということになるでしょう。

参考URL

「自然堂携手赵今麦,推出全新自然堂安瓶面膜」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1647002360462977554&wfr=spider&for=pc
「“成分化妆品”跌下神坛? 」
https://www.sohu.com/a/398402335_329832
「“护肤品成分党”人群洞察:95后、未婚族、高知用户成主流」
https://www.sohu.com/a/373803454_717514
「科技节 | 护肤成分党,到底是真需求还是伪命题?」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/96473957?from_voters_page=true
「盘点2019 最受 “成分党”消费者喜爱的5大化妆品成分」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1661462842234961289&wfr=spider&for=pc
「“成分党”盛行的背后是产品力回归,消费者最爱十大成分一览」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1655234584976351557&wfr=spider&for=pc
「护肤界又出新玩法,成分党追捧的“早C晚A”CP了解一下!」
https://www.pinguan.com/article/content/19147.html
「“早C晚A”使用注意及产品选择完全科普」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/109428848

この記事のライター

慶應義塾大学在学中。

関連する投稿


中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

中国でスキーブームの到来。スキービジネスの発展を後押し|中国トレンド調査

北京冬季オリンピックの影響を受けて、中国ではスキーブームが到来しました。それに伴い、中国におけるスキー産業も急速に発展し、中国は投資や貿易の対象となりました。本記事では、中国のスキーブームの現状とスキービジネスの実態について考察します。


2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年7月24日、中国教育部(文部科学省)の公式サイトに『義務教育段階の生徒に対する宿題・校外学習の負担軽減を図るための意見』という文書が掲載され、「二重削減」政策の実施が正式に発表されました。 この方針では、学習塾産業を規制し、休日を利用して授業を開講することを禁止し、教育の公平性の維持に乗じて、学生が十分な休憩時間や運動時間を確保できるようにするだけでなく、「内巻」(Involution/「不条理な内部競争」を意味する中国のネット流行語)を防ぐという政策でもあるでしょう。 本稿では、中国における学習塾政策の動向や、教育業界に与える影響、今後の展開の3つの側面から、今回の「二重削減」政策について解説していきます。


中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国のペット関連市場規模は近年急成長を遂げましたが、今後もさらに成長すると予測されています。本記事では、中国で具体的にどのようなペット用品がこれから人気を集めるのかを分析し、ECサイトで販売されている手作り猫フード、オーガニックペットケア用品、自動猫トイレ等のペット家電など注目アイテムをご紹介します。


タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

中国の大型クリエイティブイベントであるタオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)が先日開幕。過去1年間に急速な成長を遂げつつも、まだまだ客層が狭く、多くの人に知られていない不思議なブランド・お店が参加しました。本記事ではそれらのブランドやお店から、今後の中国市場の動向を分析・予測します。


W11(ダブルイレブン)だけじゃない!中国のECセールまとめ。日本との違いは?

W11(ダブルイレブン)だけじゃない!中国のECセールまとめ。日本との違いは?

中国のECセールと聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?多くの人が毎年11月11日に行われている「独身の日(シングルデー)」を祝うイベント、「W11(ダブルイレブン)」と答えるのではないかと思いますが、実は中国のECセールはW11だけではありません。今回は、1年を通して盛り上がる中国ECセールについてご紹介します。


最新の投稿


誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

直感的なダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析(自社・競合・市場)ができる「Dockpit」に、Googleアナリティクス連携機能が搭載されました。Dockpit上でスピーディーにGoogleアナリティクスのデータ分析もできます。自社Webサイトの効果検証から競合・市場の把握までをシームレスに1つのツールで確認することが可能です。


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー