導入企業が急増中!BIツールTableau(タブロー)が支持されている背景とは?

導入企業が急増中!BIツールTableau(タブロー)が支持されている背景とは?

昨今、セルフサービス型BIツール「Tableau(タブロー)」を導入する企業が急増しています。なぜ、今ビジネスの現場でTableauが使われるのか、その背景をご紹介します。


最近、「DX」や「データの可視化」という文脈でTableau(タブロー)という言葉を耳にするケースを増えているかと思います。実際に導入企業も急増しており、各社でTableauを活用したDX推進が進んでいます。

弊社ヴァリューズでもTableauってそもそもどんなもの?何ができるの?と言ったお問い合わせをいただくケースが急増しています。この記事ではTableauが支持されている背景についてご紹介します。

そもそもTableauとは何か?

Tableauとは一言で言うと「セルフサービス型BIツール」の製品を指します。

これだけではまだ何を指しているのかわからないと思うので、「BIツール」と「セルフサービス」についてそれぞれ説明していきましょう。

セルフサービス型BIツールの特徴

BIツールとは「Business Intelligence(ビジネスインテリジェンス)」の英単語の頭文字をとったものです。

企業内外に散在しているシステムやデータを集約し、ダッシュボードなどに可視化することで分析を簡単にできるようになり、経営や現場の意思決定を円滑にするためのツールを総称して「BIツール」と呼称しています。

もう一つの「セルフサービス」とは文字通り自分達(ここでは現場のビジネスユーザーを指します)自身で使いこなすことができる、ということを指しています。

従来型のBIツールはデータベースやプログラミングなどに精通しているシステムに強いメンバーが関わっていないと十分に使いこなすことが難しいという課題がありました。

一方、セルフサービス型のBIツールはデータへの接続、グラフやダッシュボードといった分析画面の作成などの作業をクリックやドラッグアンドドロップなど直感的な操作でできるようになっており、一般的なPCスキルがあれば誰でも簡単に扱えるようになっています。

Tableauのダッシュボード例

Tableauのダッシュボード例

Tableauの構成

Tableauはデータを前処理して綺麗に整形するための「Tableau Prep」、整形したデータから分析画面を作成する「Tableau Desktop」、作った分析画面をWebブラウザ上で多くのユーザーに共有する基盤となる「Tableau Online」などで構成されており、これら一つ一つの機能が全て簡単に操作できるようになっています。

つまり、Tableauの中だけでデータを有効に活用するための環境が全て用意されており、システムや分析などの専門家がいなくてもビジネスユーザーが自分達だけで簡単に開発、運用ができるようになっています。

なぜ、Tableauを導入する企業が増えているのか

現在Tableauは全世界で86,000社以上、日本国内だけでも4,000社以上の導入実績があります(2021年10月時点)。Tableauの日本市場の参入が2013年ということを考えると急激なスピードで普及が進んでいることがおわかりいただけると思います。

ではなぜTableauがこれほどまでに支持を拡げているのでしょうか?
Excelや従来型BIなどTableauを使っていないケースでの課題から見ていきます。

Excel集計や従来型BIの課題

これまではデータの可視化や活用と言うとExcelでの集計作業であったり、帳票ツールなどを使っているケースが一般的でした。しかし、Excelや帳票ツールでの分析には限界があります。

例えばExcelでの集計作業の場合、複雑な手順やマクロを組んでファイルを作成することで業務が属人化してしまったり、数値の正確性や意味が担保されないまま、ファイルだけが一人歩きしてしまうといった課題点があります。

また、Excelファイルのデータを見て業務に活用するビジネスユーザーの目線でも、似たようなファイルが氾濫してどれが自分が見るべき正しい最新のデータなのかがわからなかったり、本当は違う軸で集計した結果を見たくても時間やスキルの関係で自分自身で作業ができない、などと言った点で困っているという話をよく伺います。

帳票システムなど従来型BIを使っている場合でも同様にいくつかの問題点があります。

従来型BIの場合、データの接続や加工、分析画面の作成、ユーザーへの共有環境の構築などそれぞれ異なったシステムやツールを使い、コストや工数も大幅に必要とする大規模なシステム開発となるケースが多くあります。

その場合、導入検討時の課題だった要件がリリース時には陳腐化してしまいユーザーからはあまり必要とされないシステムがリリースされてしまう懸念があります。

また、軽微な改修や追加要件であってもシステム部門や外部ベンダーでないと対応できないため、メンテナンスの観点でも現場のユーザーとしてハードルが高くなってしまいがちで、結果としてあまり活用されないまま放置されてしまうといった状況につながりかねません。

上記はあくまでも例ですが、Excelや従来型BIを使っている場合だと多くの課題があり、現場での効果的なデータ活用がなかなか進まないのが現実です。

これらの課題は、本質的には分析や可視化を必要とするビジネスユーザーが自分達自身でデータドリブンできていない点がそのまま顕在化していると言えます。

一方セルフサービス型BIツールのTableauであればデータの接続や加工から分析画面の作成、共有基盤の構築までワンストップで対応できるようになっています。

ビジネスユーザーが自分達の好きな時に好きなタイミングで必要なデータを取り出し、分析できる環境が現代のビジネスシーンでは求められており、Tableauがそのニーズに対応できることが多くの企業で導入が進んでいる背景と言えます。

▼ヴァリューズではTableauの導入支援も行っております。BIツールの導入でお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

資料請求はこちら

▼Tableau Desktopは無料トライアルができます。以下よりダウンロードしてぜひお試しください。

Tableau 無料トライアル

デモを交えて短時間でTableauの概要をお伝えしたり、Tableauを活用した事例紹介のウェビナーも随時開催中です。下記のリンクよりぜひご参加ください。

この記事のライター

新卒でソフトウェアベンダーに入社しBIツールを使ったシステム構築やデータ分析の他、顧客向けのトレーニングやセミナー講師を担当。
その後、WEB系事業会社のWEBマーケティングの担当として新規顧客獲得や広告運用の業務を担当した後ヴァリューズに入社。
現在はお客様が持っているデータを活用してマーケティングの支援を行う他、WEBマーケティングデータとBIツール「Tableau」を組み合わせた新たなサービスの開発にも従事。

関連するキーワード


Tableau

関連する投稿


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第1回】LOD表現の基本的な考え方

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第1回】LOD表現の基本的な考え方

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な追加方や考え方をマスターしていきましょう。


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第3回】売上データを細分化してみる

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第3回】売上データを細分化してみる

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。<br> 本連載の最終回となる第3回は、前回でTableauにデータを突っ込んでみた状態から、実際にデータを深堀りしてみていきたいと思います。


 Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第2回】Tableauにデータを突っ込んでみる

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第2回】Tableauにデータを突っ込んでみる

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。<br>第2回は前回ご紹介したOODAループの考え方で、実際にTableauで簡単な分析をしてみたいと思います。


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー