Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。
第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


Tableauをご紹介していると、アウトプットが同じならExcelを使っても、たいして分析結果は変わらないのでは?というお声をいただくことがあります。

ただ、実際にはExcelでのレポート作成とTableauを使った分析とでは大きな乖離があり、この連載ではデータの見方の観点でその違いをご紹介します

PDCAサイクルでデータを見ていく

データ分析と言うとまず最初に「どう見ていくか?」というゴールの観点から出発するケースが多いと思います。

具体的に言うと、経営状況を把握するために売上を見ていくとか、広告の成果を測るためにCV数を見ていく、といった例です。

このデータの見方は予め計画(Plan)が存在し、計画を達成するための行動(Do)とその結果をモニタリング(Check)し、次の施策(Action)に繋げていくという、いわゆるPDCAサイクルに則った考え方といえます。

予めモニタリングすべき指標や改善につながる変数などが明確になっている場合、このデータの見方は非常に重要です。DX推進を考えたときにまずここから始めるというケースも多く、データ活用の第一ステップといえるでしょう。

OODAループでデータを見ていく

一方で、ビジネスの現場においてはそもそもどのような数値をモニタリングしていくべきかが明確でないケースも多々あります。

新規の取り組みや事業の立ち上げで評価すべき指標が明確に決められなかったり、計画の立案に非常に時間がかかったり、そもそも計画を立てることが難しい、といったケースです。

この場合、モニタリングすべき数値を模索したり計画を練っている間にも時間が過ぎてしまい、PDCAサイクルでは一向にデータ分析が進まないという事態に陥ってしまいます。

そういった時に重要になってくるのがPDCAサイクルの考え方ではなくOODA(ウーダ)ループの考え方です。
OODAループとはアメリカ空軍の元軍人が提唱している思考方法です。

詳細な説明はここでは割愛いたしますが、「データを観察(Observe)してから理解(Orient)し、意思決定(Decide)と行動(Action)する」ことのそれぞれの頭文字を取った言葉です。

簡単に言うと「まずはデータを見て、それから考えろ」という意味合いの言葉ですが、実際にこの考え方に基づいてデータを分析すると仮定して考えてみましょう。

OODAサイクル

あなたが分析の担当者と仮定し、データの塊を渡されてとりあえず分析してくれと言われた場合、Excelだとどのようにすればよいでしょうか。

恐らく多くの人が具体的にどうすればよいかわからず困ってしまうと思います。

これは担当者が悪いのではなく、Excelでの分析が関数やマクロを組むことが前提となっているためです。

関数やマクロを駆使するためにはまずExcelの構造やシート内の配置を正しく理解し、集計する軸や数値項目を探しだして適切な単位でグルーピングしたり、時にはVlookup関数で他のシートを参照しにいったりなどの手順が必要になります。

PDCAサイクルのように予めどの指標をどの定義で集計すべきか、という正解が定まっている場合はExcelの習熟度の問題ですが、OODAループが求められるシチュエーションだといくらExcelのスキルが高くても分析が困難ということがわかると思います。

一方、Tableauを使った場合はどうでしょうか。

Tableauは難しいことを考えずに、まずはデータを取り込んでそこから色々な集計軸や集計項目を組み合わせて簡単に分析ができます

基本的な分析を行うレベルであれば難しい関数やマクロのような知識もなく、習熟度の低い人でも簡単にデータの深掘りができるため、正解が定まっていない分析でも短期間で対応ができるようになっています。

この辺りの具体的な分析イメージについては次回以降詳しくご紹介していきたいと思いますが、Tableauを活用することによってOODAループ的な分析が求められるケースでも柔軟に対応できるといえます。

まとめ

昨今のビジネスにおいては外的要因や環境の変化、テクノロジーの進歩などが頻繁に発生しており、計画に依存する分析だけだとうまくいかないケースもあります。

PDCAサイクルに則ったデータ分析だけだとこのような変化に対応することが難しく、時には計画に依存しないOODAループでの考え方も重要になってきます。

しかし、現実問題としてExcelだけだと柔軟に対応できないケースもあります。

その点、Tableauはまずデータを見てから色々と試行錯誤することができるためOODAループでの分析に適していると言えます。

▼ヴァリューズではTableauの導入支援も行っております。BIツールの導入でお困りの方は、お気軽にご相談ください。

資料請求はこちら

▼Tableau Desktopは無料トライアルができます。以下よりダウンロードしてお試しください。

Tableau 無料トライアル

デモを交えて短時間でTableauの概要をお伝えしたり、Tableauを活用した事例紹介のウェビナーも随時開催中です。下記のリンクよりぜひご参加ください。

この記事のライター

新卒でソフトウェアベンダーに入社しBIツールを使ったシステム構築やデータ分析の他、顧客向けのトレーニングやセミナー講師を担当。
その後、WEB系事業会社のWEBマーケティングの担当として新規顧客獲得や広告運用の業務を担当した後ヴァリューズに入社。
現在はお客様が持っているデータを活用してマーケティングの支援を行う他、WEBマーケティングデータとBIツール「Tableau」を組み合わせた新たなサービスの開発にも従事。

関連するキーワード


Tableau

関連する投稿


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第3回】FIXED以外のLOD表現「EXCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第3回】FIXED以外のLOD表現「EXCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な追加方や考え方をマスターしていきましょう。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第1回】LOD表現の基本的な考え方

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第1回】LOD表現の基本的な考え方

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な追加方や考え方をマスターしていきましょう。


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第3回】売上データを細分化してみる

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第3回】売上データを細分化してみる

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。<br> 本連載の最終回となる第3回は、前回でTableauにデータを突っ込んでみた状態から、実際にデータを深堀りしてみていきたいと思います。


 Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第2回】Tableauにデータを突っ込んでみる

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第2回】Tableauにデータを突っ込んでみる

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。<br>第2回は前回ご紹介したOODAループの考え方で、実際にTableauで簡単な分析をしてみたいと思います。


最新の投稿


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2022年8月版)|ホワイトペーパー

国内外のSEO対策・SNSでの集客法など、コンテンツマーケティングに関する最新情報をまとめてご紹介。検索順位に影響する指標とは?TikTokの今後は?コンテンツマーケター必見のレポートを、毎月お届けします。


競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を効果的に活用するためのポジショニングマップの作り方

競合分析を経てマーケティング戦略を立案するには、自社が市場のどのポジションを狙うかが大事。「ポジショニングマップ」は、市場のどの分野で自社の競争優位を確立するか整理するのに役立つツール。今回はポジショニングマップの基本から作り方までを解説します。


中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

中国における洗濯・ボディケアのトレンドとは?「身の周り」に関する調査レポート

洗濯アイテム、お風呂用品など、消費者がどんな日用品を好んでいるのかを把握するのは、中国でのビジネスを考える上で重要です。今回は、そんな中国消費者の「身の回り」に注目し、現在のトレンドを調査しました。(ページ数|25ページ)


実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

実例でイメージを掴む!競合調査の事例集

競合調査の必要性やツールを使った分析の話は聞いていても、そのメリットや実際のイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。膨大なWeb行動ログデータ等を元に各社のユーザー属性や集客構造を把握したり、自社との差分を洗い出して改善施策に活かした例など、具体的な事例をご紹介していきます


「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

「マスク」をめぐって ~ 少子化・行動経済学

米国の起業家でありテスラ最高経営責任者のイーロン・マスク氏の日本に対するツイートが話題になり、改めて浮き彫りになった日本の少子化問題。また、新型コロナウイルスの予防対策の1つであるマスク着用をめぐっては、世論でも様々な意見が見られます。2つの「マスク」をめぐって、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が考察します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら