「バズ狙いよりも専門的な情報発信が大事」トゥギャッターが語るTwitter公式アカウントの運用法

「バズ狙いよりも専門的な情報発信が大事」トゥギャッターが語るTwitter公式アカウントの運用法

いまやTwitterは広報活動に欠かせないツールであり、公式アカウントを作成し、日夜運用に苦慮している企業は少なくありません。一体どんなツイートを投稿し、アカウント運営を行うのが効果的なのでしょうか。そこで今回は誰でも簡単にツイートをまとめられるサイト“Togetter”を展開するトゥギャッター株式会社代表の吉田さん、編集部の道上さんに取材。普段から多くの「バズる」ツイートを見てきたTwitterの専門家に、Twitter運用の注意点や各SNSとの連携など、Twitterに関する様々な話を聞きました。


Togetterさん取材風景

(左)トゥギャッター株式会社 Togetter編集部 道上菜都美さん
(右)トゥギャッター株式会社 代表取締役 吉田 俊明さん

まだTwitterが世の中に現在ほど浸透していなかった2009年にサービスを開始した「Togetter」。誰でも簡単にツイッター上のツイートをまとめられるという体験が多くの人に受け入れられ、登場から10年経った今では年間10万本以上のコンテンツが日々生み出され続けている。

最近のTwitterでは自治体アカウントが面白い

――今日はTwitterを日々見続けているTogetterのおふたりに、企業や自治体のTwitter運用についてお話をうかがえればと思います。まず、これまでTwitterの使い方が上手いと思った企業や自治体はありますか?

道上さん(以下、道上):最近は自治体のアカウントが面白いと思っています。京都府福知山市がオリンピックパラリンピックで注目されたピクトグラムをアレンジしたものを作成し、同市のPRを行いました。オリンピック後、ピクトグラムを自作するムーブメントはTwitter上で見られましたが、その流れを汲み取って上手くPRに繋げたと思います。また、ツイートだけに留まらず、Togetterを活用して更なる拡散を狙う姿勢にも感心しました。

▼京都府福知山市のTwitter

――他の自治体でも好事例はありましたか?

道上:自治体とカテゴライズして良いのかはわかりませんが、ナウル共和国の政府観光局日本事務所の公式アカウントが挙げられます。同アカウントは「日本の皆様のお陰で、フォロワー数がナウル国民の26倍に到達しました」といった同国の人口の少なさを逆手に取ったユーモラスなツイートをはじめ、ナウル共和国という日本ではあまり馴染みのない国のPRに成功しています。

▼ナウル共和国政府観光局のTwitter

道上:また、駐日ジョージア臨時代理大使を勤めるティムラズ・レジャバさんも、「仕事帰り、ジョージア大使館のメンバーでコーヒーのジョージアを飲みながらしばらく帰れていない故郷ジョージアについて想いを馳せております」とユーモアを交えながらジョージアの魅力を発信されています。

▼ティムラズ・レジャバさんのTwitter

転換点を迎えた企業のTwitter運用

――自治体の順応性の高さがうかがえましたが、一般企業ではいかがでしょうか?

道上:以前はシャープさんやタニタさんの公式アカウントが注目されていましたが、最近作られたアカウントのなかでは、印象的なものはあまりないかもしれません。昔は公式アカウントとして、砕けた内容の発信をしながら、ユーザーの共感を誘って拡散を狙う“軟式アカウント”がトレンドでした。しかし、最近は奇をてらったトリッキーな発信よりも、ユーザーが知らない専門的な情報を真摯に発信する公式アカウントが好まれるようなりましたね。

――軟式アカウントが下火になり、いわゆる「硬式」のアカウントが盛り返した要因は何ですか?

道上:様々な要因がうかがえますが、まず企業視点から話します。そもそも、企業がネタに走ったツイートは炎上リスクが高いです。昨今、働き方に対する意識が変わり、ジェンダー観もアップデートされ、保守的な運用に見直されるようになりました。

――時代の流れが影響しているのですね。

道上:はい。次にユーザー視点です。最近のTwitterは成熟期を迎え、いろいろな人がつながる空間から、特定の関心を持つ人同士が排他的に交流する“村社会”的な雰囲気がより強くなりました。軟式アカウントが目指すような不特定多数の人から注目を集めるツイートでは、拡散が難しくなり、仮にバズっても自分たちのターゲットに刺さらない可能性が高い。そのため、公式アカウントとして、自分たちを応援してくれる人・応援してくれそうな人に向けた発信にシフトしているように感じます。

――どのようなタイミングで「硬式」のアカウントが盛り返してきたと気付きましたか?

道上:明確なタイミングはわかりません。ただ、ここ最近のトレンド入りしているワードを見てみると、専門的なものが増えたと思います。以前は『トレンド入りワード=みんなが関心を抱いている物事』でしたが、一部の熱狂している人たちの手によってトレンド入りするワードが散見されるようになっています。中には全然知らないトレンドワードもあり、興味関心の細分化が進んでいると感じますね。

いいねやRTの数は意味がない?「ひとつのツイート」が重要な理由

――Twitterの流れが変わりつつある状況はわかりました。この流れを踏まえると、従来の「いいね」や「RT(リツイート)」の数追いは改めるべきですか?

道上:そうですね。やはり拡散それ自体の効用が薄くなりました。いかに自分たちのターゲットを明確にして、そこに届くツイートができるかが、これからは企業のTwitter運用において重要かもしれません。ネタとして消費された1,000RTのツイートよりも、10RTでもターゲットに届いたツイートのほうに価値があります。数字は当然大切ではありますが、届けたい人に届いているかがより重要です。数字に振り回されない視点が企業には求められるのではないでしょうか。

――反響を確かめるためにはどうすれば良いですか?

道上:例えば、メーカーであれば、どういった人が購入し、どういった意見を持っているかを一つ一つ確認するしかありません。地道な作業ですが、単純な反応の数よりも、どんなツイートをされているかという定性情報に目を向けた方が分かりやすいと思います。

吉田俊明さん(以下、吉田):私も同意見です。道上が話している通り、軟式アカウントのような共感を集めるツイートは確かに爆発力があります。しかし、炎上リスクだけでなく、ターゲットに適切な情報が届かない可能性も高いです。ターゲットを意識しながら、コツコツ発信している企業の公式アカウントはやはり強いですし、効果的なやり方だと思います。

反響を確かめる方法を強いて挙げるなら、ツイートした際に一番早く反応した人のツイートに注目することですね。その人の反応次第で広まり方が大きく左右されるため、まずは一番最初に反応してくれた熱心なファンの動向を注目すると良いでしょう。

Togetterでは、Twitterユーザーの生の声を集めたツイートのみで構成する記事広告を提供している。ヤクルトの期間限定商品「カップ de ヤクルト」に対するユーザーの反応をまとめた記事広告では、「家にあったら無限個食べてしまう」「カップdeヤクルトの霊圧感じれて今年も安心」といったツイッターならではの語彙が多く使用されている

金言ツイートを見流さないためのサービス

――最近はInstagramやTikTokなど、個性豊かなSNSが台頭しています。Twitterを始め、各SNSの特徴を教えてください。

道上:先述した福知山市のツイートからもわかる通り、Twitterにはハイコンテクストな情報・ネタを好むユーザーが多いです。また、大前提ではありますが、Twitterは他のSNSと比較して、ユーザーが文章を好む傾向があり、意外と数行に渡るものでも目を通してくれます。もちろん写真も添付したほうがインプレッションは稼げますが、常にコピーライティングの視点を意識しなければいけません。

――各SNSも勢いがあり、Twitterも村社会化が進んでいるため、ユーザー離れも懸念されます。Twitterの行く末についてどのようにお考えですか?

吉田:Twitterは1ツイートのハードルが非常に低いです。広報活動の第一段階として活用し、Twitterを軸に各SNSと連携していくと良いと思います。

――今からTwitter運用を始めても遅くはない、ということでしょうか。

吉田:そもそも、Twitterで使用されている言語は日本語が2位ですので、日本人との親和性は非常に高いです。また、無理に凝ったツイートをしなくても、自社の製品やサービスの感想をリツイートするだけで、十分広報としての役割を果たせるのではないでしょうか。

▼関連記事:当メディア、マナミナではTwitterやInstagram、TikTokなど主要SNSアプリユーザーの利用実態を調査しています。ぜひ併せてお読みください。

【最新版】Twitter、Instagram、TikTokなど主要SNSアプリユーザーの利用実態を調査。シニア利用が伸びる

https://manamina.valuesccg.com/articles/1533

今回は、当メディア「マナミナ」を運営するヴァリューズが<a href="https://manamina.valuesccg.com/articles/888" target="_blank">2020年6月に調査した内容</a>の最新版を作成しました。過去に調査した4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)に「TikTok」を加え、アプリのユーザー数やデモグラフィックについて調査しました。一体、どんな変化がみられたのでしょうか。

――最後にTwitterを運用している企業にアドバイスなどあればお聞かせください。

道上:共感を誘うようなツイートももちろん重要ですが、バズを狙いすぎて四苦八苦し、ターゲットではない人に届いてしまったのでは元も子もありません。先述した例のように、自分のアカウントが持っている専門的知識を活かし、情報を真摯に、ときにTwitterのミームを織り交ぜながら発信するのが現在では効果的なのかなと思います。

その上で重要なのは、表面的なバズよりも、熱心なファンのツイート一つ一つに目を向けることが大切です。Togetterを活用することで、埋もれそうな金言も可視化されるため、PR施策を計画する重要なヒントが見つかります。

吉田:Togetterにそうしたツイートをまとめるだけでも効果は高いと思いますね。無料でも簡単に使用できますが、有料版であれば専門のスタッフが記事広告として、より拡散する情報を発信できます。ぜひ一度検討してみてください。


取材協力:トゥギャッター株式会社
トゥギャッターへの広告のお問い合わせはこちら

この記事のライター

ライター兼動画編集者。“マーケテイング”という、よくわかりそうでよくわからない世界をわかりやすく伝えていきます。

関連する投稿


メタバース市場における代表的な企業・プレイヤー(中編)|メタバースの現在地と未来を考える

メタバース市場における代表的な企業・プレイヤー(中編)|メタバースの現在地と未来を考える

「Facebook」が社名を「Meta」に変更するなど、いまテックトレンドとして注目度が急速に高まっている「メタバース」。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality:VR、AR、MRなどの総称)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんが、XRビジネスの今と未来を解説するこちらの連載企画では、前回に続き、メタバース市場の主要企業やプレイヤーを紹介していきます。中編となる本稿では、Meta社をはじめとした、ソーシャル系企業とメタバースの方向性を探ります。


マーケティングリサーチとは何か?事例でリサーチャーが基礎知識を解説

マーケティングリサーチとは何か?事例でリサーチャーが基礎知識を解説

マーケティングリサーチの基礎知識について具体例を交えて紹介します。マーケティングリサーチとは、「組織が商品・サービスを提供するために、お客様を知り、お客様にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用するために顧客を知る活動」のこと。マーケティングリサーチを自社のマーケティング活動のなかに取り入れるには、どのタイミングで、何を、どのように行えばいいのでしょうか。当メディアを運営する株式会社ヴァリューズのリサーチャーがマーケティングリサーチについて解説したセミナーから、ポイントをまとめました。


マーケティングの見本!USJマーケティング戦略をひもとく

マーケティングの見本!USJマーケティング戦略をひもとく

マーケティング戦略の成功事例として有名な「USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)」。USJの経営をV字回復させた森岡 毅氏の手腕が、マーケティング戦略のお手本としてよく取り上げられます。消費者視点を重視しイベント・アトラクションの成功率を高めたマーケティング戦略の転換とは。


マーケティング戦略の策定プロセスを解説

マーケティング戦略の策定プロセスを解説

自社の商品・サービスを市場に認知、普及させるために欠かせないマーケティング戦略。マーケティング戦略を立てようとなった場合、どのようにすべきかが悩みどころではないでしょうか?今回はマーケティング戦略の立て方、策定のプロセスをご紹介します。


購買プロセスの理解がマーケティング戦略を実行する上で重要な理由

購買プロセスの理解がマーケティング戦略を実行する上で重要な理由

効果的にマーケティングの戦略・施策を練る上では、ターゲットユーザーの購買プロセスなどの市場環境の把握が重要になります。しかしWeb利用の拡大により、検討・購買行動が多角化し、全体像を掴む調査が難しくなっています。そこに消費者の意識と行動間のギャップも合わさり、既存の意識調査のみでは市場環境の把握が難しくなっていると言えます。その課題を解決できるのが、アンケートと行動ログを用いてターゲットの意思決定プロセスと離脱要因を把握する購買プロセス調査です。今回はこの購買プロセス調査について、仕組みや利点、実際の調査事例を解説します。


最新の投稿


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナ禍による緊急事態宣言の発令やマッチングアプリの普及など、交際に関する様式も大きく変わりつつあります。そんななかで、「告白」の事情はどうなっているのでしょうか?今回の調査で共通して関心が高い項目やユーザーの属性による関心の違いが明らかになりました。今回はWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や属性別の掛け合わせワード、流入ページ・サイトを分析し、告白にまつわる関心を調査しました。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

リモートワークの普及に伴い、急速に普及したWeb会議ツール「Zoom」。Zoomでは背景画像を設定しなくても、背景をぼかす機能が備わっていて便利です。Zoomで背景ぼかしを設定したり、それがうまくいかない場合の改善方法について解説します。


2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

コロナ2年目となる2021年も残り僅かとなりましたが、今年はどんな1年だったのでしょうか。ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し、毎週急上昇している検索キーワードを調査しています。昨年に引き続き、今年も2021年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードと、2021年新語・流行語大賞の分析から2021年のトレンドを分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー