【最新版】Twitter、Instagram、TikTokなど主要SNSアプリユーザーの利用実態を調査。シニア利用が伸びる

【最新版】Twitter、Instagram、TikTokなど主要SNSアプリユーザーの利用実態を調査。シニア利用が伸びる

今回は、当メディア「マナミナ」を運営するヴァリューズが2020年6月に調査した内容の最新版を作成しました。過去に調査した4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)に「TikTok」を加え、アプリのユーザー数やデモグラフィックについて調査しました。一体、どんな変化がみられたのでしょうか。


「TikTok」のユーザー増加数が2年前の2倍以上に

まずは、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」「TikTok」のアプリユーザー数の推移を見てみましょう。

過去の調査と同様、アプリユーザー数の順位としてはLINEが首位独走のままでした。2年前の2019年10月と比較すると2021年9月時点では112%で増加しており、毎月微増を続けて2021年6月からは6000万人を超えていることがわかりました。

「Twitter」「Instagram」も増加傾向にある中で、「Facebook」だけは減少傾向にあるようです。

アプリユーザー数推移

アプリユーザー数推移

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

中でも増加数が顕著だったのが「TikTok」でした。

他4つのSNSアプリと比較すると利用ユーザーの絶対数は少ないものの、2年前と比べると2倍以上となっており、着実に成長をしていることがわかりました。

アプリユーザー数推移:「TikTok」のみ

アプリユーザー数推移:「TikTok」のみ

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

「TikTok」はユーザー数増加の一方、アクティブ率は減少傾向

続いて、アプリのアクティブ率も見てみましょう

「LINE」は横ばい、「Twitter」は微増となっており2021年9月時点ではアクティブ率8割まで伸ばしてきています。
ここでも「Facebook」は微減と下降傾向でした。
「Instagram」は上昇傾向で2年前から115%アップと「Twitter」に迫る勢いとなっています。

また、「TikTok」はアプリユーザー数が急伸している一方で、アクティブ率に関しては2020年1月ころから下降傾向にあることがわかりました。

新型コロナウィルスの感染が国内で初めて確認された2020年1月にアクティブ率が8割を切り、2020年2月は前月から5ポイントも減少しています。そこからは微減で推移し、1回目の緊急事態宣言が解除された2020年5月は微増となっていました。

2020年7月はアメリカのトランプ前大統領が「TikTok」の国内使用を禁止すると発言したことに加え、広報活動の一環として「TikTok」を利用していた日本の地方自治体や行政機関も活動を停止しており、その影響もあってか、その後も下降傾向にあるようです。さらに、TikTokerが「Instagram」のアカウントへの誘導を強めていることも一因としてあるかもしれません。

アプリアクティブ率推移

アプリアクティブ率推移

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

各アプリのユーザー属性を調査

次は、各アプリのユーザー属性を見てみましょう。

「Instagram」は女性比率が高め

まずは性別から見ていきましょう。どのアプリも男女比率がほぼ均等という中で、「Instagram」は女性比率が54.7%と比較的高くなっていました。

「Twitter」「Facebook」は男性比率が半数を超えているという結果でした。

ユーザー属性:性別

ユーザー属性:性別

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

「LINE」と「TikTok」は60代以上の割合も比較的高い

続いて年代別を見てみましょう。「Twitter」「TikTok」は20代の利用率が高い結果に。

また、「LINE」と「TikTok」は60代以上割合が20%を超えており、比較的高いことも特徴的でした。

ユーザー属性:年代別

ユーザー属性:年代別

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

どのSNSアプリもシニア利用が躍進

各アプリの年代別の推移を見てみたところ、年代割合の入れ替わりが発生していることがわかりました。

例えば、「LINE」を見てみると、60代以上の割合は2019年10月は2割弱で他世代を下回っていましたが、直近の2021年9月は21.4%と2割を超えて40代に次ぐ割合まで迫ってきていました。

ユーザー属性推移:年代別(LINE)

ユーザー属性推移:年代別(LINE)

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

「Twitter」も同様で、微増ですが60代以上の割合が増加傾向にありました。

ユーザー属性推移:年代別(Twitter)

ユーザー属性推移:年代別(Twitter)

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

「Facebook」においては、2021年4月を境に20代と60代以上が逆転しており、2021年9月時点では、20代割合が最も低くなっていました。

ユーザー属性推移:年代別(Facebook)

ユーザー属性推移:年代別(Facebook)

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

「Instagram」ではどうでしょうか。ここでも、60代以上の割合が増加していることがわかりました。2年前と比較すると4ポイントもアップしていました。

50代も増加傾向にあることから、中高年の増加が顕著のようで、40代も20代に迫っています。

ユーザー属性推移:年代別(Instagram)

ユーザー属性推移:年代別(Instagram)

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

最後に「TikTok」を見てみましょう。20代割合が高いままを維持していますが、60代以上も2020年6月をきっかけに増加していることがわかりました。

ユーザー属性推移:年代別(TikTok)

ユーザー属性推移:年代別(TikTok)

期間:2019年10月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

「LINE」と「Facebook」の主要年代は40代「Twitter」「Instagram」「TikTok」は20代となっているようです。

また、全体を通して60代以上の割合が増加しており、今後の変化に注目したいところです。SNSアプリは若年層のツールでなくなってきていることもうかがえました。

複数のSNSアプリを併用しているユーザーは8割弱も

最後に、用途の異なるSNSアプリをどう使い分けているか見てみましょう。

最も割合が高かったのは、「3つのSNSアプリを利用」で、25.6%という結果に。次いで「4つのSNSアプリを利用」の24.3%、「2つのSNSアプリを利用」の23%となっていました。

全体的に複数のSNSアプリを併用している様子がうかがえました。

アプリ併用率

アプリ併用率

期間:2021年4月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

では、どのSNSアプリがよく併用されているのでしょうか。

アプリ併用状況

アプリ併用状況

期間:2021年4月〜2021年9月
デバイス:スマートフォン

SNSアプリ同士の併用状況まとめ

LINE

最も併用者が少なく「LINE」のみ利用しているユーザーが2割。

他のアプリの利用割合も比較的、低め。          

Twitter
ほとんどのユーザーが併用しており、特に「LINE」と「Instagram」を併用している割合が高く、「Facebook」の利用割合は低め。
Facebook
ほとんどのユーザーが併用しており、「LINE」「Twitter」「Instagram」を活用している。
Instagram
ほんとどのユーザーが併用しており、中でも「LINE」と「Twitter」を併用している割合が高く、「Facebook」の利用割合は低め。傾向が「Twitter」と似ていることも特徴的。
TikTok
ほんとどのユーザーが併用しており、「LINE」「Twitter」「Instagram」を併用している割合が高く、「Facebook」の利用割合は低め。「Twitter」「Instagram」と傾向が似ている。

「LINE」はどのSNSアプリユーザーからも利用されており、「Twitter」や「Instagram」は比較的、多くのユーザーに併用されていることもわかりました。

また、それと比較すると「Facebook」の併用割合は半分程度と低く、さらに「TikTok」に関してはあまり併用されていないという結果になりました。

まとめ

今回は、「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」「TikTok」のアプリについて調査しました。

前回の調査同様、「LINE」は安定的な強さを見せていました。
ユーザー数においては、「TikTok」の今後の成長ぶりに注目したいところです。

また、2020年に入った頃から60代以上のシニア層の割合が増加傾向にあることから、SNSアプリの主要年代がどう変化するかも気になります。

そして、併用状況に関しては複数のアプリを併用しているという実態も変わっていませんでしたが、「TikTok」の併用率が今後どこまで伸ばせるかは見どころです。

長きに渡る緊急事態宣言が解除された後、SNSにおいて「多種多様な情報の発信や共有」がどう展開されるのか、今後の動向も引き続きウオッチしていきます。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年10月~2021年9月におけるユーザーの行動を分析しました。
※アプリのユーザー数はスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

様々なジャンルのスポーツ観戦を身近なものに変えるVODサービス。スポーツ動画配信市場でのDAZNの躍進は目覚ましいものがありますが、今年2月の料金値上げに際して、他プレイヤーとのシェアのバランスなどに変化は起きているのでしょうか。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」で探っていきます。


自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

コロナ禍を通じてサービスへの認知がの高まってきた自動車のサブスクリプション・サービス。本記事では、黎明期から数年経過したいま現在の自動車サブスク市場と、サービスを提供する各社の現状を、Webサイト訪問者のデータを用いて分析・解説していきます。


SNSブランディング用途で利用者急増中…link in bio主要サービスのWebサイト訪問者数を調査

SNSブランディング用途で利用者急増中…link in bio主要サービスのWebサイト訪問者数を調査

SNSなどを通じた、新しいマーケティング手法の1つとして注目されている「link in bio」。この記事では、link in bioの拡大する背景と、国内でも利用者が伸びている「lit.link」や「Linktree」といったサービスについてユーザー数の推移を調査していきます。


Twitterで人気の単語当てゲーム「Wordle」の主要プレイヤーは誰か?Web行動ログで属性を調査

Twitterで人気の単語当てゲーム「Wordle」の主要プレイヤーは誰か?Web行動ログで属性を調査

Twitterで人気拡散中の単語当てゲーム「Wordle(ワードル)」について、ユーザー数の推移やユーザーの特徴をWeb行動ログから調査しました。その結果、若年層・高所得層の利用率が高く、知的好奇心が高いユーザー像の傾向がみえてきました。


最新の投稿


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー